タグ:ごっくんの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:ごっくん

バイト仲間の高校生が可愛くて童貞を奪っちゃいました

ラブホで童貞とセックス
画像はイメージです

 

カップルのイチャイチャに興奮してホテルへ

 

私は21歳の女子大生です。T君は高校2年生でバイトの仲間です。T君は眼鏡をかけてて頭が良くて、要するに優等生タイプです。

 

ところが、なかなか面白くて仲間からも結構好かれています。前の週末、バイト仲間での飲み会があり、帰り道がT君と一緒の方向で二人きりになったんです。

 

私たち二人とも軽く酔いが回っていて、飲み屋の近所の公園にはカップルが大勢いるので有名なんですが、覗きに行こうと大盛り上がりになりました。

 

公園に到着すると、噂通りかなりのカップルがいます。ベンチに腰掛けてセックス開始しちゃってる人たちもいて私とT君は、

 

「おぉ!」

 

とか言いながらこっそり見物してました。しばしカップルを数組眺めながら歩いてると、T君の様子がだんだんおかしくなってきたんです(当たり前か)。

 

T君が軽く充血した目で私の顔をじっと見つめて

 

「奈美さんは、公園とかでしたことありますか?」

 

といきなり聞いてきました。私もだいぶ酔ってきてたから、

 

「あるよ!超気持ちいいよ!見られるかもってスリルが興奮するの」

 

とか言っちゃっいました。

 

T君はそれのことを聞くと切なそうな表情になったんです。私はそのT君の顔を見て急に欲情してしまい、思わずこう言っちゃいました。

 

「T君もしたいの?」

 

と聞いてしまったのです。T君は答えずに、

 

「奈美さん、奈美さん」

 

と言いつつ私に抱きついてきたんです。T君、超カワイイ!ここで私の理性は吹っ飛びました。

 

けれど、いくらなんでもバイト先の傍にある公園では知っている人に見つかる可能性があります。なので私はT君を近くのラブホテルに誘いました。

 

部屋に入るとT君はスッキリと酔いも覚めた風の顔で、興味津々で部屋中を眺めています。

 

「こういうとこ来るのは初めてなの?」

 

と聞くとT君は

 

「初めてもなにも、俺、童貞ですし・・」

 

と気恥ずかしそうに言ったんです。一瞬、私の頭の中で

 

(まずい!)

 

と思ったけど、T君の可愛さが勝ちました。

 

「そっか、ひとまずお風呂に入ろうよ」

 

と私は話を逸らしてT君を誘いました。

 

T君が照れくさそうに先にお風呂に入ると、私も全裸にタオルを巻いて入りました。

 

私が入ってきたその姿を見て、T君のおちんちんがムクムクって大きくなったのが超可愛かったんです。

 

「奈美さん、恥ずかしいですよ」

 

もうT君に萌え萌えキュンキュンです。

 

「大丈夫よ、洗ってあげるね」

 

とT君を座らせ背中をゴシゴシ擦ります。チラチラ見えるおちんちんはずっと勃起したままです。

 

「大事なとこも洗っていい?」

 

と聞きます。T君は気まずそうな表情ですが、

 

「は、はい」

 

と頷きました。

この体験談の続きを読む

中学生の弟の友人をフェラチオしてザーメンごっくんしました

フェラチオ
画像はイメージです

 

弟の友達2人とお風呂に入りました

 

ミクです。女子大生です。

 

この前、中学生の弟の友達(大貴君と智也君)が自宅を訪ねて来た時の事です。

 

ともかく弟はすぐ帰ってくるだろうと想定して、2人を家に招き入れてリビングで麦茶を出して待っていました。

 

「健太のお姉ちゃんがこんな可愛い人だなんて知らなかった」

 

とか言われて、私もちょっとだけドキドキしてしまったものです。

 

中学生とかから判断すると可愛い部類に含まれていたのでうれしかったです。

 

しばらくするとメールを見ていた大貴君が愚痴り始めました。

 

弟と遊ぶ約束をしていたみたいですが、弟には彼女がいて、彼女を優先してまだ帰らないと大貴君にメールを送ったみたいなんです。

 

「ゴメンね2人とも」

 

申し訳なく思い、2人に謝りました。でも2人ともさほど気にはしていないようで、

 

「いや、いいんですよ」

 

って言ってくれたのです。良い子達なのでしょうね。

 

「しかし今日は暑いですね」

 

「そうだね。汗かいてきちゃった」

 

この日は暑く、気温が30度をオーバーしていて、暑い中来てくれた2人は当然の事、ずっと家にいた私もジットリと汗をかいていました。

 

「なんなら2人ともお風呂に入っていく?」

 

「え?いいんですか?」

 

「いいよ。ほら、そこの洗面所で着替えて」

 

2人を先導していくと、洗面所で2人は服を脱ぎました。

 

思春期の成長中の男の子の体にドキドキしながら、何度もチラ見していました。

 

「あの・・・お姉さんも一緒に入りませんか?」

 

おそるおそる大貴君がそう言うと、智也君が

 

「お前バカか!」

 

とツッコミを入れました。それがちょっぴり愉快で、つい私も、

 

「じゃあ、一緒に入ろっか」

 

と返事してしまいました。

 

大貴君と智也君はもうパンツ一枚だけの姿で、私の返事にビックリしていました。

 

私は即行で脱いで、2人よりも先に全裸になりました。ブラジャーとパンティー脱いで、洗面所の籠に置きました。

 

籠は一つしかないので、汗をかいている2人の服と一緒です。

 

「ほら、2人も早く脱いで。私一人だけ裸なんて恥ずかしいじゃない」

 

「は、はい」

 

2人はあたふたしてパンツを脱いで、私の下着の上に放り投げました。

この体験談の続きを読む

中学生の僕は水商売のおばさんに筆下ろししてもらいました

アパートセックス
画像はイメージです

 

水商売のおばさんの家に行きました

 

私が中学3年生の時の話です。

 

5月のある日、学校から家に帰るとアパート2階の自宅は誰もいなくて留守でした。鍵もなく、母は近所に買い出しではないかと思い、階段に座って待つことにしたのです。

 

数分すると階段の下から足音が聞こえてきました。母が帰って来たかと思いましたが、3階に住む女性でした。今考えると30代後半ぐらいで、子供の時はよく遊んでもらっていたんです。

 

母は嫌悪感を抱いていましたが、彼女は夫を亡くして、水商売で自立していました。そんな彼女が男を時々家に入れるのは、仕方のないことだったのでしょう。

 

「まーくんお家に入れないの?だったら、お母さん帰宅するまでアタシの家においでっ!」

 

と言って、スグサマ上に行きました。断るタイミングを失くした私は後を追いかけ、

 

「いや、でも、あの」

 

と言おうとしたんですが黙ってしまいました。なぜかというと、スカートの中が見えて、白い太腿と赤のパンティーが見えたからなのです。

 

おばさんは家のドアを開けて、私を招き入れました。部屋の中から、

 

「鍵はかけてね」

 

と言ってました。ドキドキしながら部屋に入り、鍵をかけた私に

 

「ヤキソバでも作ってあげるね」

 

と、リビングのソファーに座らせました。ここで食べさせてもらうのは、小学校3年以来だと思います。幼い頃に可愛がってもらっていた記憶を思い返していると、ヤキソバを作って運んできたおばさんが

 

「私シャワー浴びてくるから遠慮せず食べててね」

 

と微笑みました。

 

アパートの階段でチラッと見てしまった赤い下着が頭の中から離れず、味もまるでわからないままヤキソバを完食すると、シャワーから出てきたたおばさんは、ネグリジェ姿で私の前に現れました。しかも純白のパンティーがうっすらと透けていました。

 

「あれ、まーくん、制服が少し汗臭いよ。シャワー浴びなさい」

 

「え、いや、そんな、いいよ」

 

「いいから早く入ってきなさい」

 

もはや完璧におばさんのペースでした。

この体験談の続きを読む

俺のデカチンに興奮したバイト先の熟女たちとエッチしまくりました

カラオケBOX
画像はイメージです

 

熟女に囲まれたカラオケBOXでアルバイト

 

俺は21歳の大学3年生で宏樹と申します。

 

1年、2年の時に真面目に単位を取得したので3年からは楽になり、アルバイトをしようかなと思っている時にサークルの仲間が、

 

「僕のアルバイト先のカラオケBOX入らない?」

 

と誘われたのです。友人がやっているバイトは24時間営業のカラオケBOXで、9時~17時、17時~深夜1時、深夜1時~9時のシフト制で昼、夜、深夜の3交代制になっています。

 

友人は夜の時間帯に入っていました。昼の時間に1人探しているとのこと。昼はパートのおばちゃんばかりで、できれば男が1人入れば安心らしくて、それもあって求人しているとのことでした。

 

店長は19時~深夜3時が基本的な出勤時間帯で何も無い限り昼間出てくることが無いらしい。

 

すべては入れませんが、3日でもいてもらえると役立つと言われ、昨年の夏休みからカラオケBOXでアルバイトを始めました。

 

週3でバイトしました。昼間のバイトは、俺を除いて5人の婦人です。37歳の正美さん、38歳の理絵さん、40歳の洋子さん、43歳の佳恵さんと繁子さんの5人のご婦人達です。

 

そもそも高校正の頃は熟女とセックスしまくっていたこともあり、この年代の女性は全然やるのもアリでした。ただ、ここ2年は勉強に真面目に取り組んでいたので少し心配もありました。

 

5人ともスタート日からバイト中に質問攻撃でした。俺が来るまで奥さんたちだけだったので21歳の男子大学生に興味を抱いていたようで、5日後後にはバイト中にエロトークばかりしていました。

 

「俺は熟女が好きですけどここ1、2年はHしてないですよ、恋人もいないし」

 

とか、5人は

 

「旦那とは夜の営みがまったくなくて欲求不満よ」

 

とか慣れっこになって話す様になってました。しかも理絵さん、洋子さんと一緒に入った時は逆セクハラがもの凄かったんですよ。

この体験談の続きを読む

【近親相姦】主人の義理の弟に中出しさせることに成功しました

近親相姦
画像はイメージです

 

すでに辛抱できませんでした

 

3年前に結婚のご挨拶に主人の実家を訪問して、出会ってドキッとしてから昨日まで、こういう関係になることを期待していたんです。

 

昨日の昼過ぎから主人は4歳の息子をと一緒に実家に帰省しましたが、私は同窓会がありましたのでついて行けなかったのです。

 

途中に旦那から実家に寝泊まりするとTELがあり、2次会にも加入して終了したのが午後10時を過ぎていました。

かなり酔ってしまっていて歩くとクルマの中から

 

「お姉さん」

 

と言う声が聞こえました。義理の弟の直人君でした。15分程の自宅へ送り届けてくれる事になったのです。

 

自宅に到着してクルマから降りる時にフラフラしてしまって、直人君が手を貸してくれたので家に入ることが出来ました。

 

入口で横たわって飲み水を持ってきて貰うようにお願いし、頭を支えられて飲ませて貰ってリラックスしたそんなときです。

 

マッチョな厚みのある腕に支えられている事により、以前から何回も期待していた事が脳裏をよぎったのです。

 

私は彼の頭を引き寄せ唇を重ねました。いきなり舌を絡めて過激にです。そしたら彼は私に覆いかぶさり、さらに激しくキスをしてくれたのです。長くて猛烈で否応なしで若さいっぱいのキスでした。

 

彼の体重の重みが快適に感じて、これ程感じるキスは生まれて初めてだったのです。彼が私のボディをいじりだした頃、私は自宅ではよくないと思い、主人にTelを入れて友人の家に宿泊することを伝え、彼にラブホテルに出掛けようと言いました。

この体験談の続きを読む