タグ:ごっくんの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:ごっくん

ヤリマン女と呼ばれるようになった私は男たちのザーメンを飲みすぎて…

ヤリマン女
画像はイメージです

 

クンニが好きすぎる男

 

私は30代前半の独身女で、女性向けのアパレル関係の仕事をしています。

 

職場も女性がほとんどで、出会いなんか滅多にありません。

 

そんな私は3年ほど前から、あるネットのサークルに入ってしまいました。

 

そのサークルとは、大人の性癖の集いサークル。

 

4年ほど前に2年間付き合っていた彼と別れ、寂しい思いもしていたので、軽い気持ちでそのサイトに入りました。

 

そのサイトには私の他に4人ほどの女性がいたし、どこの誰かわからないという安心感もあって、ついつい入り浸っていました。

 

最初はサイト内の複数の人達が集まるチャットに入り、色んな人の性癖を聞いているだけだったのですが・・・。

 

みんなの話を聞いているうちに、色々なことに興味を持ってしまいました。

 

それからは、独り妄想して自分で慰める毎日になっていました。

 

自分が経験したことのない話を聞いては驚き、興奮していました。

 

それから数ヶ月して、そのサイトで知り合った男性とリアルで会って、お茶をしたり食事したりして、3回目に会った時にその男性とセックスしました。

 

彼はクンニが好きらしく、1時間近くオマンコを舐められ、彼の舌だけで4回くらいイカされました。

 

1時間近くもクンニされてるもんですから、私も彼のを1時間近くフェラしてあげて、彼の出すザーメンで口の中が苦くなっていました。

 

途中で、

 

「入れて欲しい」

 

とお願いしてもクンニばかりされ、やっと挿入された時には1分くらいでイッてしまって、彼が射精するまでに3回ほどイカされました。

 

こんなに一日でイカされたのは初めてだったので、癖になりそうでした。

 

それから数回、彼とは会ってセックスを楽しんでいました。

 

私が今までに付き合った人は3人で、それぞれ関係を持ちましたが、普通のセックスがほとんどでした。

 

フェラチコ、シックスナイン、正常位、バック、騎乗位くらいは経験していましたが・・・。

 

彼とのセックスでは片足を持ち上げられて立って挿入されたり、立ったまま両手をベッドに付かされバックで突かれたり、彼の首に手を回して彼にお尻を抱えて持ち上げられ挿入されたり(駅弁と言うそうです)・・・。

 

フェラチオも、ただ舌で舐めたり口に含むだけしかしてこなかったのに、彼の指示でタマタマを舐めさせられたり、口に含んで転がしたり、アナルまで舐めさせられたりしました。

 

彼が射精する時は、口の中で出すというより、私に口を大きく開けさせて、そこにザーメンを流し込む感じで出されました。

 

その後も、彼のザーメンで汚れているおちんちんを綺麗に舐めて、先っぽに吸い付いて尿道に残っているザーメンを残らず吸い取って、最後はごっくんさせられました。

 

なんか不思議な感じでした。

 

彼に言われると、

 

(してあげなきゃ!)

 

という気持ちもあったり、少しレイプっぽい感じもして興奮しました。

 

彼とはまるで、スポーツを楽しむようにセックスしていました。

この体験談の続きを読む

彼氏以外のおちんちんに興味を持った私は寝ている幼なじみに跨り…

幼なじみ
画像はイメージです

 

寝ている幼なじみのトランクスからおちんちんが…

 

大学四年の夏休みに、東京で一人暮らししてる幼なじみの男性の部屋に泊まりました。

 

小さい頃は、女の子の方が成長が早かったから、昔から彼にはお姉さんの様な接し方をしてきました。

 

お互いに恋人がいたから、その時も昔と変わらず、気兼ねなく過ごすつもりでした。

 

彼がベッドに寝て、私は床に布団を引いてもらいました。

 

暑かったので、タオルケットにトランクスで彼はベッドに入りました。

 

互いが風呂から上がった後、灯りを豆球にした状態で話していたのですが、次第に彼の返事が虚ろになり始め、しばらくして彼は完全に寝てしまいました。

 

私も観光で疲れていたので、うとうとと眠りに入りました。

 

しばらくして、暑さで私は起きてしまいました。

 

暑かったので、クーラーを付けさせてもらおうとしましたが、リモコンがどこにあるか解らなかった為、仕方なく目がなれるまで待ちました。

 

目が慣れてきてようやくリモコンの場所が分かり、移動しようと顔を上げると、視線に彼の股間が入りました。

 

彼も暑かったらしく、タオルケットを蹴飛ばして、仰向けに足を広げて寝ていました。

 

その隙間から、彼のおちんちんが見えそうだったのです。

 

私は一人の男性のおちんちんしか見たことが無かったので、彼のおちんちんにとても興味がありました。

 

しばらく迷いましたが、私は彼のおちんちんを見たい衝動に勝てませんでした。

 

「○○ちゃん、寝た?」

 

と私は声をかけましたが、彼からは何の返事もありませんでした。

 

その時も少しためらいましたが、結局私は恐る恐る彼のトランクスの隙間を広げ、彼のおちんちんを見ようとしました。

 

先程よりはだいぶ見えましたが、トランクスの影に隠れて全貌が見えませんでした。

 

私は何とかして見ようと、携帯の灯りをトランクスの隙間に差し込ませ、おちんちんを照らしました。

 

おちんちんは小さく頼りなくへたれており、とても可愛く見えました。

 

トランクスの隙間から、ボディソープの良い香りに交じって、少し汗臭い匂いがしました。

 

その時私は、生唾を音を立てて飲み込んだ自分に気付きました。

 

もう一度、

 

「○○ちゃん」

 

と声をかけました。

 

先程と変わらず、彼からは何の反応もありませんでした。

 

私は我慢出来ずにトランクスの窓を広げて、おちんちんを私の顔の前に出現させました。

この体験談の続きを読む

【ザーメン大好き】ナンパしてきた男性が射精するたびに飲み干しました

ザーメン ごっくん
画像はイメージです

 

私がナンパされてるの?ついフラフラと…

 

私は40歳の主婦です。

 

29歳で結婚しましたが、主人とはもう5年ほど夜の営みがありません。

 

年々回数が減っていくのは仕方ないことだと分かっていますが、5年間もセックスしていないと欲求不満も溜まります。

 

でも主人は他の女と浮気をしているみたいで、自分ではうまく隠しているつもりのようですが、私には見え見えです。

 

(私も浮気をしてやろう)

 

などと思って最近、ネットで出会い系サイトを覗いたりしていましたが、なかなか二の足を踏んで決断できません。

 

そしたらこの間、学生時代の女友達と女子会をした帰りで、私より若い男性にナンパされちゃいました。

 

後で年齢を聞いたら31歳と言ってました。

 

最初は、まさか私みたいなおばさんがナンパされるとは思わなかったので、そのまま歩いていたのですが、完全に私に話しかけていることに気づき、

 

(えっ?私がナンパされてるの?)

 

と思って男性を見ると、なかなかのイケメンでした。

 

別にイケメンが好きってわけではないですが、40歳にもなってナンパされたことへの驚きと嬉しさで、急に身体が熱くなってきて、その男性に誘われるがままにフラフラとついて行っちゃいました。

 

ちょっと薄暗いバーで隅っこの席に座り、カクテルを飲まされました。

 

少し酔ってきたなと思ったころ、男性は私の太ももを触ってきました。

 

酔ってきたこともありますが、日ごろの欲求不満が爆発するようにそれだけで感じてきてしまい、私も男性のおちんちんをズボンの上から撫でちゃいました。

 

するとおちんちんはすでに硬くなっていて、さらに私は興奮しました。

 

彼は私の耳元で、

 

「ここを出よう」

 

と囁くので私は頷き、すでにセックスしたくてウズウズしていた私は、彼と一緒にラブホテルに入っちゃいました。

この体験談の続きを読む

【小学生フェラチオ】恥垢がついた包茎おちんちんの臭いに興奮する私は変態

小学生フェラチオ
画像はイメージです

 

小学生の男の子がおねしょ

 

私は小学校の教員ではあるのですが、とにかく少年が大好きなのです。

 

しかも包茎の男の子なら、なおさらです。

 

女性の多くは、変態って思うかもしれません。

 

でも、好きなものはどうしようもありません。

 

大人の男性とは違う魅力があります。

 

汗の匂いやおしっこの臭い、思春期の男の子ならではの独特の甘い精子の臭い、それら臭いを嗅ぎながら、少年のおちんちんの先に舌を這わせてフェラチオしてあげます。

 

想像しただけでも、オマンコが濡れてしまいます。

 

私が今、関係を持っているのは、小学校の教え子ではなく、近所に住んでいる宏君です。

 

驚くことに今の子供って、早い子では、小学4年生でおちんちんが勃起もするし、射精もするんです。

 

子供でも気持ちよくなって、精液ピュッピュッて飛ばしちゃうんです。

 

女の子の生理も、小学3年生で始まる子もいます。

 

信じられないでしょ?今の子供は発育が早いのです。

 

宏君とは、ここ1年ぐらい、エッチな関係にあります。

 

最初は地域の子供会のスキー旅行で、宏君の両親がどうしても行けなかったため、教師でもある私と、私の父が面倒を見たのがきっかけでした。

 

宏君はお泊まりは初めてと言う事で、バスの中でも緊張していましたが、スキー場に着くと、子供らしく元気いっぱいに滑っていました。

 

飲み込みも早くて私よりも上手で、私が

 

「宏君、滑り方教えてよ」

 

って言うと、

 

「うん、お姉ちゃん一緒にすべろ」

 

なんて無邪気な笑顔で私の手を取り、丁寧に滑り方を教えてくれました。

 

ホテルに戻ると、たくさん汗をかいたので、私は温泉に入りに行きました。

 

部屋に戻ってくると、さっきまで大はしゃぎで遊んでいた宏君は、お風呂も入らずに、そのまま布団でぐっすりと寝ていました。

 

部屋は私の父と私、そして宏君の3人だけでした。

 

夕食は大人数なので宴会場で食べる予定なのですが、宏君が起きないので、父だけ宴会場に行って貰い、私は宏君と部屋に残る事にしました。

 

父は浴衣に着替えると、

 

「じゃあ、夕飯は後で食べに行くか、買ってくるかしなさい」

 

と言って、私に5千円を渡してくれて、宴会場に向かいました。

 

父が部屋から出て行ってから、すぐのことでした。

 

なにか、

 

ジョ、ジョー

 

という音が聞こえてきたんです。

 

(なんだろう?)

 

と思ってキョロキョロしていると、宏君が目を覚ましたみたいです。

 

時間は夜の6時過ぎでした。

 

「あれ?宏君、起きたんだね」

 

と私は声を掛けましたが、宏君は寝ぼけているのか、一言もしゃべりません。

 

むしろ、落ち着きがない感じでした。

 

寝ぼけているのとは明らかに違います。

 

私は

 

(もしかして?)

 

と思い、宏君に近づいて布団に手をかけました。

 

すると宏君は、

 

「やめてー」

 

と大きな声で嫌がると、真っ赤な顔をしながら私の手を掴んで払いのけました。

 

私は何も言わずに立ち上がり、部屋のお風呂場からバスタオルを取ってくると、

 

「大丈夫よ」

 

と言って、布団をめくりました。

 

そうです、宏君は「おねしょ」をしてしまったんです。

この体験談の続きを読む

【精子大好きおばさん】保険の外交員がミニスカと爆乳の色仕掛けで迫ってきた

精子大好きおばさん
画像はイメージです

 

お隣の奥さんは保険の外交員

 

僕が大学へ入学した時の話です。

 

大学への入学が決まりましたが、自宅から遠かったために一人暮らしをする事になり、アパートを探していました。

 

大学からは少し遠かったのですが、家賃が相場よりも安く、周辺が割と静かだったアパートがあったので、そこに決めました。

 

引っ越しも無事に済ませたところで、同じ階の住人へ挨拶をしようと、一軒一軒訪ねて回りました。

 

私が住むことになったアパートは、2階建ての1階で、一番奥でした。

 

順番に、

 

「よろしくお願いします」

 

と挨拶を交わし、最後に僕の隣の部屋を訪問しました。

 

「こんにちは、先日隣へ引っ越してきた大西義弘と申します」

 

「こんにちは、学生さん?」

 

出て来たのは40歳ぐらいでしょうか、普通のおばさんです。

 

化粧っ気もない、どこにでも居るようなおばさんで、体型もそれなりです。

 

「はい。○○大学です」

 

「あら、そうなの、今どき挨拶なんて感心ね、頑張ってね、私、吉村幸子って言うの」

 

「初めての一人暮らしで、色々とご迷惑をお掛けするかも知れませんが、よろしくお願いします」

 

「一人暮らしだと何かと大変だから、困った事があったら何でも相談してね」

 

「はい、ありがとうございます」

 

こんな感じでひと通り挨拶を済ませ、いよいよ大学生活がスタートしました。

 

大学生活にも少しずつ慣れてくると、あらためて一人暮らしの大変さを感じ始めていた時でした。

 

玄関のチャイムが鳴ったので、覗き窓から確認すると、お隣の吉村さんでした。

 

「こんにちは、どうかされましたか?」

 

とすると吉村さんはこう言いました。

 

「大西君って保険とか入ってない?」

 

そうです、吉村さんは保険のおばちゃん、つまり外交員でした。

 

正直いって保険には興味が無く、鬱陶しく思ったんですが、隣の方に失礼な態度を取るわけにもいかず、しぶしぶ話を聞く事にしました。

 

吉村さんの方が話は上手いので、いつの間にやら部屋へと上がられてしまいました。

 

「随分綺麗にしてるじゃない、彼女が掃除に来てくれるの?」

 

「いえいえ、彼女は居ないです、それよりも、話の方なんですけど…」

 

話を聞くだけ聞いて、とっとと帰ってもらいたかったんです。

 

「この保険はね~・・・」

 

とおすすめの保険を説明する吉村さんです。

 

適当に相槌を打ってたんですが、頭には入ってないし、いい加減疲れてきました。

 

「あの~こんなに長時間話をしてても大丈夫なんですか?夕食とかお子さんの事とか…」

 

と僕が言うと、

 

「あら、うちは大丈夫よ、主人は出張中だし、子供は居ないのよ」

 

と言われ、一向に帰る気配がありません。

 

まぁ、契約する気もないし、適当に話だけ聞いてその日は一旦帰ってもらい、ようやく解放されました。

この体験談の続きを読む