女子高生
画像はイメージです

 

野球拳しようよ

 

高校2年の由紀です。

 

私と友達の千恵は、中学からの友達です。

 

二人ともエッチなことが大好きで、オナニーの仕方とか教えあったりするくらいの仲良しです。

 

ある日、私が千恵とファミレスでお茶していると、私の幼馴染で高校3年の博と隆之が偶然入ってきました。

 

なんとなくな流れで、4人で遊ぶことになりました。

 

千恵は二人と初対面です。

 

そのせいか千恵は、普段より妙に女の子っぽく振舞っていました。

 

遊ぶとは言っても特にすることがないので、博の家に行くことになりました。

 

しかし色気のない男二人は、家に着くなりゲームを始めました。

 

退屈だった私と千恵は、ちょっとからかって、二人に

 

「野球拳しようよ」

 

と提案したんです。

 

でも千恵はまだしも、幼馴染の私を相手にそんな気にはならないらしく、

 

「勝手にやってろ」

 

と冷たくあしらわれました。

 

なんとなく悔しい気がした私は、千恵と二人で野球拳を始めました。

 

しかし、その間二人がこちらを振り返る様子はありませんでした。

 

つまらなくなった私たちは、服を着ることにしました。

 

ただし、ブラだけは着けません。

 

なんとか挑発したかったんです。

 

その時の私の服は、屈めば谷間が見えちゃうようなタンクトップにミニスカートです。

 

千恵は、ジーパンに体にフィットするような感じのキャミソールです。

 

千恵は普通にしてても、乳首の形が見えちゃう感じでした。

 

私たちは二人に、

 

「もぅ服着たからこっち見ていいよ」

 

と言うと、やっと隆之がこっちを振り返りました。

 

まだ気づく様子はありません。

 

その時千恵が、

 

「隆之くん、あと3枚でコレ終わりだから一緒に写真撮ろう」

 

と隆之に腕を組んで二人で撮る体勢に。

 

千恵は、しっかり胸を隆之にくっつけていました。

 

ついに気づいた隆之は、

 

「マジかよ」

 

とニヤつきました。

 

千恵は気づいた隆之に、さらに胸を押し付けました。

この体験談の続きを読む