スケバン 手コキ
画像はイメージです

 

女番長のマンコを舐めさせられるいじめられっ子

 

これは僕が高校生の頃で、かなり昔の話です。

 

僕の通っていた高校は、今で言うヤンキーが多くて有名な私立高校で、特にヤンキー女子のガラの悪さは有名で、女番長もいました。

 

当時はヤンキー女子のことを女番(スケバン)といい、そのブームは最盛期で、女子のスカートは長く、特にスケバン達のスカート丈は足首までありました。

 

ある日、スケバン達に一人の男子が、体育館内にある用具室に連れて行かれているのを僕は目撃しました。

 

その男子はE君という体が小さく気の弱い、いじめられっ子の典型的な男子で、いつもスケバングループにイジメられていました。

 

用具室は壇上とつながっており、僕と友達は壇上の暗幕に隠れて、こっそり中の様子を覗いていました。

 

中にはが5人とE君がおり、女子達がマットを折り曲げて、ソファーのように形成していました。

 

そこに女番長が座り、E君はその前に怯えながらしゃがみこんでいました。

 

そして女番長が長いスカートを捲り、パンティーを脱ぎました。

 

そしてそのまま足を広げてE君に、

 

「マンコ舐めな」

 

と言いました。

 

E君は女番長の股の間に顔をうずめて、マンコを舐め始めました。

 

女番長は長いスカートをE君の頭から被せたので、E君はスッポリとスカートの中に入り込む形になりました。

 

と見ていたら女番長はE君を蹴り、

 

「もっと強く舐めろ」

 

と言いました。

 

E君は従ったのでしょう、女番長はアゴを上げて気持よさそうな顔をしながら、

 

「あっ、んっ」

 

と小さな声を出していました。

 

スカートの中に入り込んでいるE君は靴だけが外に出る形で、スカートはE君の頭の部分が盛り上がってモゾモゾ動いていて、可笑しな光景でした。

 

E君は時折ムセながら、

 

「ガハッ、グエッ」

 

と苦しそうな声を出してました。

 

その時は7月上旬の暑くジメジメした時期だったので、女番長のマンコはムレムレで、臭いもきつかったのではないでしょうか。

 

さらには長いスカートを被せられていたわけですが、

 

「ほら」

 

と言いながらスカートの中のE君を蹴ったりもしていました。

 

そのうち女番長は満足したのか、E君をスカートから出しました。

 

女子の一人がティッシュを出し、女番長はそれで自分のマンコを拭きながら、

 

「誰かやる奴いるか」

 

と他の女子達に聞きました。

 

女子の一人が、

 

「チンコ見たいね」

 

と言いました。

 

すると女番長はE君に、

 

「ここで、せんずりこけ」

 

と言いました。

 

E君は

 

「やだよ」

 

と泣きそうな声で言いました。

 

女番長は

 

「てめぇ、痛い目見てぇのか?」

 

と凄むとE君は、

 

「勘弁して下さい」

 

と土下座しながら言っていました。

 

女番長が女子達に目配せをすると、女子達はE君を羽交い絞めにし、無理やりズボンを脱がせました。

この体験談の続きを読む