2018年07月の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

月別:2018年07月

競泳水着のもっこりチンポを見た女友達が触りたがってフェラチオもしてくれました

もっこりチンポ
画像はイメージです

 

もっこりがくっきり

 

もう20年以上も前の、僕が高校1年の夏休みの出来事です。

 

夏休み中は友達と近所の市営プールによく遊びに行ってたんですが、たまたまその日は都合が合わず、僕1人でプールに行く事にしました。

 

多少過激な水着を穿いてみたくて、その年に買ったビキニタイプのものを穿きました。

 

スポーツ用品店で購入した遊泳用のビキニは、見た目はちょっと地味な色ですが、ビキニ自体は浅くて小さく、横幅も2センチくらいのやつでした。

 

僕のチンポは他の友達と比べてもちょっと大きくて太めで、いわゆる巨根でした。

 

ビキニを穿く時はチンポを斜め45度くらいにして中に収めていました。

 

巨根なので股間のもっこりは大きく膨らんでいました。

 

しかも中学1年から皮が剥けて亀頭が露出するようになっていましたので、ビキニのもっこりにはカリの段差も浮き出ていました。

 

プールで泳いでいると、遠くから僕を呼ぶ声が聞こえました。

 

「Tく~ん」

 

流れるプールの後方を見ると、中学の時の同級生のK子とM美がいました。

 

K子とM美は同じ女子高に通っていて、2人が着ていた水着も同じで青の競泳水着でした。

 

「あれ?1人なの?」

 

「うん、みんなバイトとか部活で都合つかなかったから・・・」

 

しばらく彼女たちとプールの中で一緒に遊んだ後、プールから上がるとK子とM美が、

 

「えー!ビキニじゃん」

 

「T君てそういうの穿くの?」

 

「今年の夏からだよ。もう何回か穿いてるよ」

 

って言うと、

 

「凄いちっちゃいビキニじゃん」

 

「でもT君てビキニ似合うね」

 

って言ってくれたんですけど、女の子にジロジロ見られるとやっぱり恥ずかしい気もしました。

 

しかもプールから上がった直後なので、チンポのもっこりが凄いクッキリ浮き出ていたので、当然チンポの形も見られたはずです。

 

K子とM美の水着も肌にピタッと張り付いた感じだったので、2人の乳首のポッチも確認できました。

 

後で聞いたんですが、K子の胸はDカップと大きめで、M美は若干小さめでした。

 

K子は中学の時から胸は大きかったんですが、競泳水着を着ていると、身体のラインがくっきりと分かるので、K子の巨乳にちょっとチンポが反応してしまいました。

この体験談の続きを読む

【射精管理】ドSの女上司に手コキで射精させられるのを待ち侘びています

射精管理 手コキ
画像はイメージです

 

おっぱい触ったのがバレてた?

 

会社の飲み会があって、家もわりと近かったので酔っ払った女上司を僕がタクシーで家まで送っていくことになりました。

 

タクシーに乗ると、

 

「ごめんね」

 

と言いながら辛いのか僕の膝枕で横になる由紀子さん。

 

すると脇からキャミソールかブラジャーか薄暗い中で見えてしまいました。

 

胸はそんなに大きくないみたいですが、膨らんでいるのが分かります。

 

背中をさすってあげると、

 

「ありがとう」

 

と言っていましたが、途中から

 

「スー、スー」

 

と由紀子さんは寝息を立て始めました。

 

胸も見えている無防備な女上司の姿に、僕のチンコは反応し始めていました。

 

「大丈夫ですか?」

 

と言いながら背中を擦る手を、そっと胸の方へ持って行きます。

 

そして開いた脇から、直接じゃないけどおっぱいに軽く触ってみました。

 

反応がないので、少し揉んでみます。

 

「んん・・・」

 

とわずかに声を上げたので手が止めます。

 

そしてまたゆっくりと揉みます。

 

小さいと思ってた胸ですが、手の平にスッポリ収まる感じでちょうどいいんです。

 

起きる気配はないので、大胆にも直接おっぱいを揉みました。

 

しっとりと汗をかいた肌が手に吸い付きます。

 

「んん・・・うぅん・・・あん・・・」

 

と時々小さな声を上げてましたが、それでも起きる気配はないので、勃起してきた乳首を軽く摘みました。

 

ビクンと反応しましたが、やっぱり起きないので弄って楽しみました。

 

チンコはすでにビンビンに勃起していました。

 

時々動く由紀子さんの頭がチンコに触れそうになって焦りました。

 

しばらくすると、

 

「着きましたよ」

 

という運転手さんの声で慌てて胸から手を抜いて、由紀子さんを揺すって起こします。

 

「んん・・・あら、ごめんね・・・寝ちゃってた?」

 

「大丈夫ですか?部屋まで送りますよ」

 

と由紀子さんの脇を抱えて部屋まで連れて行きました。

 

鍵も開けられないほど酔っていたので、代わりに僕が開けて部屋の中へ入ります。

 

さすがに部屋は綺麗に片付けられていました。

 

すぐに由紀子さんはベッドに倒れ込みます。

 

干してある黒のレースの下着なんかにドキッとしました。

 

「じゃぁ、帰りますね」

 

と言ったんですが返事がないので、そのまま部屋を出ました。

 

オートロックなので鍵をかけなくても大丈夫でしょう。

 

そしてまたタクシーを拾って家に帰りました。

 

部屋に帰ってすぐに寝ようとしたんですが、手に残る恵子さんのおっぱいの温もりと感触が頭から離れず、オナニーしてから寝ました。

 

そして週が明けて会社に出勤すると由紀子さんから、

 

「この間はありがとう」

 

という社内メールが来ました。

 

そしてちょっと遅めの昼食の時、社内食堂でバッタリと会いました。

 

その時は食堂はガラガラでした。

 

由紀子さんに誘われて一緒に食事をしましたが、なんだか緊張していました。

 

まさかおっぱいを触ったのがバレてないかと多少は心配でした。

 

すると、無事に食事を終えて食器を片付けてる時に、

 

「そうそう、そう言えば竹下君、タクシーの中で私の胸触ったわよね」

 

由紀子さんは世間話でもするように軽く言いました。

 

僕は一瞬で凍りつきました。

 

「・・・」

 

不意を突かれて言葉も出てきません。

この体験談の続きを読む

小学6年のデカチンを友達のお母さんがフェラチオで初射精させて中出しまで

小学生 デカチン
画像はイメージです

 

友達のお母さんが僕の股間に手を・・・

 

僕(尚幸)は小学6年生の時の夏休みに、当時スイミングスクールに通っていた同級生の孝志とそのお母さんの明子さんとの3人で、とある海沿いの旅館に泊りがけの旅行に行きました。

 

旅館に到着して荷物を置くと、すぐに競泳パンツを穿いて海岸に出て泳ぎ始めました。

 

僕も孝志もスイミングスクールでは上級クラスで、海でもお互いにライバル意識しながら、沖にある岩場まで競争したりしていました。

 

すると岩場で孝志が怪我をしてしまい、一旦旅館に戻って病院で診察してもらうことになりました。

 

たいした怪我でなくてホッとしましたが、さすがに泳ぐのは無理なので、2人で海の家で遊ぶことにしました。

 

怪我をした時に助けてくれたガードの人達が、僕達の遊び相手もしてくれました。

 

僕も一緒にカードゲームをしたりしていたけど、やっぱり海で泳ぎたい気持ちが強く、つまんなそうにしていたんだと思います。

 

そんな僕の様子に気付いたのか、孝志のお母さんの明子さんが、

 

「尚ちゃん、せっかく海に来たんだから泳ぎたいでしょ??私とあの岩場まで泳いで競争しない?」

 

と言ってくれました。

 

「孝志はここでお兄さん達に遊んでもらっててね、お兄さん達お願いしますね」

 

と言って、明子さんが僕の手を引いて海岸まで連れていってくれました。

 

「実は私も高校まで水泳やってたんだよ。まだまだ尚ちゃんには負けないと思うよ」

 

と言って明子さんは張り切って泳ぎ出しました。

 

僕もすぐに後を追い、明子さんを追い越して先に岩場に着いて待っていました。

 

「うわぁ~、やっぱり尚ちゃんは早いわね~」

 

と言って、明子さんも岩場に上ってきました。

 

しばらく二人並んで座って会話してたんですけど、突然明子さんが僕に抱きついてきました。

 

しかも、僕の穿いている競泳パンツの股間の膨らみに手を当ててきたんです。

この体験談の続きを読む