カテゴリー:OL・お姉さん(男性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:OL・お姉さん(男性告白)

勃起チンポに豹変したお局様の濡れマンコを散々焦らして挿入してやった

露天風呂
画像はイメージです

 

露天風呂は混浴だった

 

僕は27際のサラリーマンです。

 

以前努めていた会社が倒産してしまったため、再就職先を探していたところ、ようやく採用してもらえることができました。

 

その会社では、総務課へ配属されました。

 

周りは女性社員ばかりで、男性は課長のオッサンだけです。

 

女性だらけの部署で正直ラッキーだと思っていました。

 

初めのころは…

 

それは、再就職してから、3ヶ月ほど経ったころのことでした。

 

同じ部署内のお局様(良子、37歳、独身)が、

 

「あ~あ、最近疲れたわ!今度の休みは温泉にでも行かない?美味しいもの食べてのんびりしようよ」

 

と言い出しました。

 

「いいですね!行きたい、行きたい!」

 

と他の取り巻き連中2人(美香、31歳、既婚、由香里、29歳、独身)が同調しました。

 

それは別にいいのですが、

 

「幸雄くん、一緒に連れて行ってあげるから予約とかお願いねぇ!頼んだわよ」

 

と、まさか僕まで誘われるとは思いませんでした。

 

誘われるというよりは、面相なことを僕に押し付けてきただけですけどね。

 

僕は反論することなく適当な旅館を予約し、いよいよ旅行当日になりました。

 

「幹事さん、荷物持って!こんな美人だらけの職場に来れて幸せよねぇ!はい、荷物お願い!皆も持ってもらえば?男なんだから大丈夫よねぇ!」

 

お局の良子は遠慮なく言ってきます。

 

ほとんど命令です。

 

確かに美人ではあるのですが、普段から僕のことを小馬鹿にした態度を取っています。

 

僕は荷物を持たされながら、やっとの思いで宿に着き、チェックインしました。

 

そしたら一息つく暇もなく、呼び出されてしまいました。

 

「ねぇ、疲れたからマッサージしてちょうだい!」

 

良子は言いました。

 

(疲れたのは俺の方だ)

 

と思いながらも、僕は仕方なく良子の肩を揉みました。

 

「変なとこ触らないでよ。あなたは、私達の幹事なんだから、言われたことを守るのよ。分かった?粗チン君」

 

取り巻きの美香や由香里もキャッキャッと笑います。

 

「えぇ~?良子さんいつ見たんですか?一人だけずる~い!本当に粗チンなの~?」

 

二人は笑いが止まりません。

 

「見るわけないじゃない!想像よ、想像。パッとしない男は粗チンが多いって言うじゃない?」

 

また私を小馬鹿にして遊ぶつもりだったのです。

 

確かに僕はパッとしないし、言い返す度胸もないので、ひたすら耐え、その場をやり過ごしました。

 

やっと解放された僕は、露天風呂に入りに行きました。

 

そこはなかなか立派な露天風呂で、他には誰もおらず、一人でゆっくり入って寛いでいました。

 

(しかし、あいつらはムカつく連中だな。いつか仕返ししてやりたいな)

 

などと考えていました。

 

すると脱衣所で何やら声が聞こえてきます。

 

明らかに女性の声です。

 

「良子さん、スタイルいいですね!腰がくびれてるぅ!」

 

(やっぱり!)

 

あの三人が入ってくるのです。

 

そう、この露天風呂は混浴だったんです。

この体験談の続きを読む

【恐怖】嫌がる主婦と無理やりエッチしたらハサミで俺のチンポを…

無理やりエッチ
画像はイメージです

 

逃げようとする主婦に無理やりキス

 

俺は趣味でブログをやってます。

 

日記のようなもので、毎日ちょっとした出来ことを書き綴っていたんですけど、続けてると徐々にアクセスが増えてきました。

 

その中に、よくコメントを残してくれる女がいました。

 

ブログにはメールアドレスも記載していて、いつ頃からかコメント以外にも、その女から直接メールが届くようになりました。

 

メル友もみたいになってやり取りしていると、なんと住んでるのは同じ県で、わりと家も近いという事が分かりました。

 

いつしか写メまで交換する間柄になりました。

 

年齢は俺より5歳年上の30歳で主婦。

 

見た目はまあまあ綺麗です。

 

そこまでやり取りしたら会ってみたくなり、誘ってみました。

 

何度か断られましたが、諦めずにアタックしていると、ついにOKが出て会う事になりました。

 

お互い都合のいい日を選んで駅で待ち合わせし、2人で焼き鳥屋に入りました。

 

ブログやメールでお互いを知ってるので、話も早いし気が合います。

 

気を許した彼女は、芋焼酎をロックで何杯も飲み、気が付くとベロベロになっていました。

 

「今日は旦那に何と言って出て来たの?」

 

と聞くと、

 

「高○の友達と△○□※」

 

と何言ってるか分からないほど泥酔してます。

 

目がうつろになり、会話が成立しなくなってきました。

 

「家まで送って行こうか?」

 

と声をかけても、返事も出来ない状態です。

 

「しっかりしないと、ホテルに連れていくよ?」

 

と言ってみると、何故か体を寄せて来ました。

 

そういうことなら遠慮なくって事で、タクシーに乗せてそのままラブホテルへ直行です。

 

ラブホに着いたのはいいのですが、彼女はとっくに泥酔で意識不明状態。

 

触っても服を脱がしても無反応です。

 

これじゃエッチしても面白くありません。

 

俺も結構酔ってるし、楽しみは朝まで取っとく事にして、全裸のまま寝かせました。

 

俺も全裸になって寝ました。

 

そして朝7時になり、彼女を起こします。

 

最初は寝ぼけてた彼女も、俺の顔と自分の裸に気付き、慌ててベッドを出ようとしました。

 

もう手遅れです。

 

俺は彼女の腕を掴み、ベッドに引き戻して上から覆いかぶさりました。

 

彼女は嫌がって顔を背け、

 

「やめて・・・」

 

と言いました。

 

嫌がる顔にますます興奮した俺は、アゴを掴んでこちらを向かせ、強引に唇を重ねました。

この体験談の続きを読む

満員電車で逆痴漢!手コキで射精させられパンツはザーメンでグチョグチョ

逆痴漢
画像はイメージです

 

満員電車でちんこを擦られた

 

僕は高校2年生の時、歩美ちゃんという彼女がいました。

 

歩美ちゃんとは同じ中学に通っていましたが、クラスも一緒になったことはなく、可愛くて気にはなっていたんですけど、話す機会もなくて、中学の3年間は何事もなく終わりました。

 

ところが同じ高校に入学することを知り、しかも高校では同じクラスとなり、だんだん仲良くなって、高校2年になった時に付き合うことになりました。

 

僕は当然のように童貞でしたが、焦らずに歩美ちゃんとの純愛を大事にしていました。

 

付き合ってからは、同じ中学で家もわりと近いこともあって、駅で待ち合わせをして、一緒に電車通学することになりました。

 

僕たちが乗る駅は、座れるか座れないかいつもギリギリで、運が良いと座れるといった感じでした。

 

その次は大きな駅で、たくさんの人が乗り込んでくるので、一気に通勤ラッシュとなり、ほとんど身動き出来なくなります。

 

座る事ができない時は、いつもドアのそばに歩美ちゃんを立たせて、後ろに僕がぴったりとくっつき、変な男から痴漢されないように守っていました。

 

そんなある日、歩美ちゃんと僕のすぐ横に、20代半ばと思われる女性が立っていたので、ラッシュになっても痴漢が寄ってこれないと思い、その日は安心していました。

 

そして次の駅に到着した途端、いつものように大勢の人が乗り込んできて、電車内はあっという間に超満員になり、まったく身動き出来なくなりました。

 

歩美ちゃんはドアにくっついて、その後ろに僕が立っている状況です。

 

そして僕と歩美ちゃんの横に、ぴったりとくっつくように例の女性が立っていました。

 

ここまでは、痴漢から歩美ちゃんを守るという意味では、完璧な配置でした。

 

ところが、電車が動き出すとすぐに、ズボンの上から誰かが僕のちんこを触ってきたんです。

 

最初はカバンか何かが当たっているのかと思いましたが、明らかに手で触られていることが分かりました。

 

しかも意図的に僕のちんこを上下に擦ってきたんです。

 

僕は驚くと同時に、心臓の鼓動が高まりました。

 

まさか男である僕が痴漢されるなんて、想像もしていませんでしたから。

 

(一体誰が?)

 

歩美ちゃんは外側を向いて手摺りにつかまっているので、そんなことはで出来るはずもなく、するはずがありません。

 

ギュウギュウでしたが、僕はどうにかして下を向き、その手が伸びている方を見ました。

 

すると、先ほどから僕たちの横に立っていた、あの女性の手でした。

 

僕はその女性の顔を見ました。

 

すると、女性は不敵な笑みを浮かべて、僕の顔を見つめ返してきたのです。

 

すぐ近くに女性の顔があり、僕は慌てて目を反らしてしまいました。

この体験談の続きを読む

【ナース達の性奴隷】中学時代に骨折して入院した俺は悪戯が過ぎて…

ナース
画像はイメージです

 

お仕置きが必要みたいね

 

僕は中学時代、かなりの不良でした。

 

ケンカ、酒、タバコ、万引き、教師への暴行、いろんな悪事に手を染めていました。

 

そんな中学3年の時の夏休み、先輩にバイクをもらって街中で乗り回していたら、パトカーに追われてしまいました。

 

その当時は、パトカーなんてまったく恐れてなくて、調子にのって乗り回していたらカーブで転倒し、全身強打で左腕と左足を骨折したうえに、右足は靭帯損傷の重傷です。

 

しばらく病院へ入院することが決まりました。

 

入院中、不良仲間が来て騒いだり、彼女が来てフェラチオさせたりしていたら、同室の人から苦情があり、説教されて個室に移されました。

 

仲間たちも病院側から厳重注意され、見舞いに来る人も少なくなりました。

 

個室な上に、人も来ないので部屋で悶々としていましたが、ちょうど新人のナースがいたので、からかったり、尻を触ったりして悪戯していました。

 

見兼ねた先輩ナースが説教をしに来ましたが、

 

「身体も動かねえし、友達も呼べないんだから、暇なんだよ。歳の近いナースと遊んでるだけじゃねえか、ババアは黙ってろ」

 

なんて悪態をついたら、先輩ナースは、

 

「このガキには、お仕置きが必要みたいね」

 

と言われ、新人ナースと他のナースたちも呼び出して、みんなで俺のパジャマを脱がしにかかりました。

 

「なにすんだ、やめろ!」

 

とギャーギャー騒いで抵抗しましたが、素っ裸にされ、口の中に脱がされた自分のパンツを突っ込まれてしまいました。

この体験談の続きを読む

義妹に子作りしてるか聞かれてディープキスされたら断れるわけがない

ディープキス 手コキ
画像はイメージです

 

子作りしてるの?

 

僕と妻は同い年の26歳で、妻には2歳年下の妹がいます。

 

妻と付き合っていたころに、妻の実家に行くと妹がいることもありましたが、挨拶するくらいで殆ど話した事はありませんでした。

 

そして義妹もしばらくして結婚し、子供を出産しました。

 

それからは育児相談とかで、我が家に週3ぐらいのペースで来るようになりました。

 

僕ともよく話すようになり、冗談も言ったりするぐらいになりました。

 

そんなある日、義妹から連絡がありました。

 

なんでも、旦那が仕事で家に居ない時に、通販で頼んだソファーが一人で運べないから手伝ってほしいとのこと。

 

妻からも、

 

「手伝いに行ってあげて」

 

と言われて、僕1人で義妹の家に行きました。

 

ソファーのセットが終わり、お茶を飲みながら話していると、義妹がいきなり、

 

「お義兄さん二人目の子供は作らないの?というか子作りしてるの?」

 

と、なんとも答えずらい質問をしてきました。

 

「いやー、子作りどころか、その、最近は触れてもいないよ」

 

「そうなの?お義兄さん可哀相、姉ちゃんは酷いなー」

 

なんて言ってましたが、その後は普通の会話をしていました。

 

しばらくしてから、

 

「そろそろ帰ろうかな」

 

と言って席を立とうとしたら、義妹が立ち上がって、

 

「ちゃんとお礼するから、目を瞑って」

 

と言われ、意味が分からないけど言う通りに目を瞑ると、突然義妹がキスをしてきました。

 

僕はビックリして目を開け、

 

「うわっ!ちょ、ちょっと」

 

と言うと、義妹はニコッと笑いながら、

 

「ごめん、びっくりした?今度はちゃんとお礼するから、もう一回目を瞑って」

 

とまた言ってきましたが、さすがに2度同じことはしないだろうと思って目を瞑ると、またキスしてきました。

この体験談の続きを読む