カテゴリー:OL・お姉さん(男性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:OL・お姉さん(男性告白)

見られると興奮する変態痴女ギャルと彼氏の目の前で青姦したけど怖くなって逃げた

青姦 変態 痴女
画像はイメージです

 

女の喘ぎ声が聞こえた

 

以前、超がつくほどのド変態カップルと遭遇した事がある。

 

俺はその日、仲の良い男友達2人と3人で酒を飲み、いつものようにハイテンションでナンパするために深夜の街をうろついていた。

 

しかし、その日はナンパが全然うまくいかずに失敗しまくりだった。

 

いつの間にか友達のTがフッと消えていて、残った俺たちも諦めて帰ろうとしていた。

 

そういう時だった。

 

どこからともなく女の喘ぎ声が聞こえてきた。

 

ここは地元ではナンパスポットで有名な公園だった。

 

カップラーメンを片手に持っていた俺は箸を止め、その喘ぎ声がする方向へ目をやると、
薄暗い中から女の姿が見えた。

 

その女の片足からはパンツがぶら下がり、もう片方の足は思いっきり横に開き、壁に寄りかかってマンコに男のチンポを受け入れている状態だった。

この体験談の続きを読む

泥酔した僕を逆レイプで中出しさせたお姉さんたちに数年後出合うと衝撃の事実が!

逆レイプ 中出し
画像はイメージです

 

泥酔した僕はお姉さんたちの部屋に

 

僕は受験勉強を頑張った甲斐があって、某国立大学に合格することが出来ました。

 

当時、僕は母と二人暮らしの母子家庭でした。

 

僕がまだ小さい頃に父が交通事故に遭い、亡くなったからです。

 

母に苦労をかけたくないとの思いから、塾にも行かず必死に勉強し、大学に合格する事が出来ました。

 

看護師だった母に連絡して合格を伝えると、

 

「本当に頑張ったね」

 

と泣いて喜んでくれました。

 

そして、母と次の日にレストランでお祝いをしようと話をしました。

 

その日は母が夜勤で、朝まで仕事だったからです。

 

その当時、僕達家族は、4世帯が入居するアパートに住んでいました。

 

中年夫婦とお婆さんの1人暮らし、それに友達同士で同居する20代後半位のお姉さん達、そして僕達親子です。

 

中年夫婦は水商売の仕事をしていて、ほとんど顔を合わすことがありませんでした。

 

お婆さんとお姉さん達には日ごろから親しくして貰っていて、3人とも僕の合格を知ると、我が事の様に喜んでくれました、

 

特にお姉さん達は、色々と大学の事などを聞いてくれました。

 

「良かったね~」

 

と抱きしめてくれたりしました。

 

高校生の僕には刺激的でしたが・・・

 

夕方ごろ友達から電話があり、合格祝いをカラオケ店でしてもらえる事になり、皆で騒ぎました。

 

みんな受験が終わって進路が決まっていて、ホッとたんで騒ぎたかったんだと思います。

 

その時、初めてお酒を飲みました。

 

耐性が無かったのかアルコールに弱い体質なのか分かりませんが、直ぐに酔っ払ってしまい、友達に担がれて帰るハメになりました。

 

「大丈夫か!ちゃんと鍵開けて寝ろよ!鍵も閉め忘れるなよ!」

 

と友達の声が聞こえていました。

 

「はーい」

 

と返事はしたものの、自分のアパートの部屋のドアにもたれて、そのまま寝てしまいました。

 

朦朧としながらも意識が戻ってくると、大きなベットの上に寝かされていました。

 

しかし、自分の部屋ではありません。

 

すると女の人達の声が聞こえてきました。

 

同じアパートのお姉さん達だと分かりました。

この体験談の続きを読む

【短小で早漏」長身のイケメンで逆ナンされるしセックス経験も豊富な俺だけど・・・

短小 早漏
画像はイメージです

 

イケメンだけどチンポが短小の俺

 

俺は社会人3年目の25歳の男です。

 

去年の話なんですが、会社から資格をとるように言われ、休日に近所のスタバで昼から夕方ぐらいまで勉強していました。

 

そのスタバは駅の近くにあったので、休日は学生や若い社会人が多く利用していました。

 

夕方5時ごろだったと思いますが、そろそろ帰ろうと思って店を出ました。

 

少し歩いたところで、後ろから声を掛けられました。

 

「すいません、ちょっといいですか?」

 

見ると、スタバで近くの席にいた女の子でした。

 

スタバにいた時からちょっと気になってたので、すぐに分かりました。

 

なぜ気になってたかというと、着ているニットの盛り上がり方が凄いんです。

 

しかもロリ顔です。

 

俺はロリ巨乳が大好きなんです。

 

EカップかFカップはありそうでした。

 

20代前半の背は低めで、可愛らしい子でした。

 

薄手のニットにスカートという格好です。

 

あとで聞いたんですが、22歳で社会人1年目でした。

 

実は俺、容姿にはそこそこ自信があって、身長は180センチで細マッチョ、顔もまあまあイケメンと言われてわりとモテるんです。

 

だから声掛けられるのも慣れてて、

 

(あ~またか)

 

ぐらいに思ってました。

 

「どうかしました?」

 

「あの、もしよかったら、連絡先教えてもらえませんか?」

 

相手の女の子は恥ずかしげでしたが、こっちは結構慣れたもんです。

 

けど慣れてる感じが伝わるのはよくないと思って、びっくりした感じで応えました。

 

「は、はい!俺なんかでいいんですか?」

 

そう言って、お互いのLINEを交換しました。

 

「急に声掛けられたんで、びっくりしましたよ」

 

「ごめんなさい、スタバにいたときから気になってて」

 

「もしよかったら、晩ご飯どうですか?ちょうど家に帰ってご飯食べようと思ってたとこですし」

 

「本当ですか?是非おねがいします!」

 

いきなりの展開にビックリですが、これはチャンスです。

 

このまま飲みに行って、ホテルに連れ込んでやろうと思いました。

 

元々は逆ナンなので余裕ですよね。

 

しかし、俺には悩みがあるんです。

 

実はチンポがかなり小さいんです。

 

長さで言うと10センチぐらい?

 

仮性包茎だし、太くもありません。

 

しかも身長が高いだけに、余計に小さく見えちゃうんです。

この体験談の続きを読む

俺の巨根が気に入って中出しを求めてきた巨乳の人妻と絶賛不倫中

巨乳人妻 不倫
画像はイメージです

 

気になってた巨乳の人妻に誘われた

 

飲み会は、俺と取引先の男性3人と女性4人の合計8人だった。

 

居酒屋からカラオケとお決まりコースで終了した。

 

帰ろうしていると、人妻の恵理子さん(32歳、事務員)から

 

「もう一軒飲みに行きましょう」

 

と誘われた。

 

恵理子さんは見た目も綺麗でスタイル抜群、しかも巨乳。

 

(チャンスがあれば一度は抱きたい)

 

と思っていたが、取引先でしかも人妻ということもあり、ハードルはかなり高かった。

 

そんな矢先、恵理子さんからお誘いがきた。

 

2人で飲みに行くと、恵理子さんは旦那の愚痴や仕事の愚痴をこぼしていた。

 

特に旦那の愚痴が多かったが、

 

(なんでそんな事俺に言うのだろう?)

 

と不思議に思いながら聞いていた。

 

すると恵理子さんは、大胆な発言をしてきた。

 

「旦那は運転手だから、一度でいいからスーツの人に抱かれたい」

 

俺はビックリしたと同時に、

 

(これはいける!)

 

と思ったが焦らすことにした。

 

「会社にスーツの男はいっぱいいるし、恵理子さんのスタイルだと、しょっちゅう声かけられるんじゃないですか?」

 

「会社の人はないわ、どこで噂になるか分からないし」

 

「だったら旦那さんにスーツ着てもらって抱かれたらどうですか?」

 

「旦那に抱かれても気持ち良くないし、いつもワンパターンですぐイクし、それにアソコがちっちゃいのよ、結婚相手間違えちゃったかも」

 

旦那が気の毒になるほどの毒舌だった。

 

出会い系サイトとかに登録すればすぐ見つかるでしょう。恵理子さん綺麗だし巨乳だし」

 

褒めながらなおも焦らし続けた。

 

恵理子さんがだんだんイライラしてきたのが感じ取れた。

 

すると恵理子さんがついに、

 

「マサルくん(俺)は、年上の人妻はタイプじゃない?」

 

「年齢なんか関係ないですよ。相手に彼氏や旦那がいようが、抱きたいと思ったら抱きますよ」

 

「私のことはどう?」

 

「取引先の事務員さんだし、でも・・・」

 

「でも何?」

 

「魅力あるし、巨乳だし」

 

「マサルくんが良ければ私を抱いて」

 

「本当にいいんですか?」

 

「だって私、前からマサルくんのこと気になってて。今日の飲み会にマサルくん呼んでって言ったの私なのよ。シラフじゃ言えないけどお酒が入ったら言えると思ったから」

 

「でもこれからだと遅くなりますよ、旦那さんにバレるんじゃないですか?本当に抱いていいんですか?」

 

「旦那は今日帰って来ないし、マサルくんに抱いて欲しいの、私の家に来る?絶対旦那帰って来ないから」

 

「初めてはホテルで」

 

店を出てタクシーを拾い、ホテルへ向かう。

この体験談の続きを読む

不倫中の淫乱妻はフェラが大好き!安全日じゃなかったけど中出しを求めてきた

淫乱不倫妻
画像はイメージです

 

不倫妻がいきなりフェラチオごっくん

 

不倫している人妻が、朝10時にやってきました。

 

玄関のベルが鳴り、部屋へ通してソファーに座った途端、僕の前にしゃがみ込んで、

 

「しゃぶらせて・・・」

 

「どしたの急に?」

 

「フェラして全部飲んじゃう夢見たの」

 

そう言うと僕のトズボンとパンツを一緒に引きずり下ろしてきます。

 

「そんなエッチな夢見たの?」

 

「見ちゃったんだもん、しょうがないじゃん」

 

「見たからって、いきなりそんな、おおっ!」

 

温かい口の中に、まだ勃起してないチンポが吸い込まれました。

 

一気に根元まで吸い込まれ、咥えたままで舌を使って刺激されるとあっという間に勃起しました。

 

硬くなったチンポを一度吐き出し、金玉袋を唇と舌でほぐしてくれます。

 

竿も舐めたり吸い付いたりしながらゆっくり上に向かい、時々我慢汁をチロチロ吸ってくれて、

 

(もうイキたいんでしょ?)

 

みたいな目をして見つめてきます。

 

彼女の口だけが上下しています。

 

確かにだんだんと射精感が込み上げてきて、

 

「イキそう、このまま出るよ」

 

と言うと、

 

「うん、いいよ」

 

とチンポをしゃぶるスピードを上げてきます。

 

「あっ、出るっ」

 

ドピドピドピドピュ・・・ドピュッ、ドピッ

 

口の中に思いっきり射精しました。

 

「んんん、んー」

 

ズリュズリュズリュッと音を立てながら吸い取り、口を開けてザーメンを見せてからゴクンと飲み干してくれました。

 

お掃除フェラも丁寧にしてくれ、尿道に精液が一滴もなくなるくらいまで吸ってくれました。

この体験談の続きを読む