カテゴリー:OL・お姉さん(男性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:OL・お姉さん(男性告白)

淫乱看護婦が新婚の僕のチンポにむしゃぶりついて騎乗位で中出しさせられました

淫乱看護婦
画像はイメージです

 

看護婦がチンポを咥えてきた

 

新婚して間もない頃、腎臓結石になってしまって救急車で運ばれ、入院する事になりました。

 

めちゃくちゃ痛いんです。

 

死ぬというか、痛すぎて

 

「今すぐ俺を殺してくれっ」

 

て思うレベルの痛さでした。

 

最初の数日はチンポに管を入れられて身動きする事も出来ず、妻が居る時には妻が、妻が自宅に帰っているときは看護婦さんが大の方の世話をしてくれていました。

 

初めは病気の苦しみで、看護婦さんにチンポを弄られるのにあまり恥ずかしさは感じていませんでした。

 

数日経ってチンポからパイプは抜かれましたが、お医者さんからは

 

「四時間おきに看護婦さんが見にくるから」

 

と言われました。

 

看護婦さんは四時間おきに僕のベッドに来て、本を読んでいようと寝ていようとお構いなしにパンツをずらし、チンポを摘んで見回して帰っていきました。

 

当然でしょうが、その態度は事務的なものでした

 

しかしその中で、30代ぐらいで若妻風の看護婦さんだけは、チンポを持つ手つきが他のナースさんとは違い、妙にいやらしいんです。

 

そしてそれから二日目の晩のことです。

 

寝ている僕のパンツをずらそうとする手に気づき、目が覚めました。

 

看護婦さんが来る時間ではないと思っていたのでびっくりすると、その三十路で若妻風の看護婦さんは、

 

「一応心配だからね」

 

と笑って言いました。

 

その看護婦さんはチンポを持ったまま、なかなか離してくれませんでした。

 

そして僕の耳元で、

 

「あなた新婚さんだから、股間が落ちつかないんじゃないんじゃない?」

 

と囁きました。

 

僕は、

 

「痛みで辛かったし、パイプ入れられたりで元気なんか無いですよ」

 

と答えました。

 

確かに僕のチンポは看護婦さんに触ってもらっても萎えたままでした。

 

すると看護婦さんは急に、

 

「これでも?」

 

と言って僕のチンポを咥えてきました。

この体験談の続きを読む

ストーカー女にチンポ握られた?突然訪れた童貞卒業しかも付き合うことに

痴女 逆痴漢
画像はイメージです

 

満員電車でチンポを握られた

 

僕は入社1年目のサラリーマンです。

 

金曜日の21時ごろだったと思いますが、いつものように帰宅の電車に乗りました。

 

当然ながら電車はかなり混んでいて、周りの人たちと密着していました。

 

発車してしばらくしたら揺れるポイントがあるんですが、揺れた後、僕のズボンの股間のところに手が伸びてきました。

 

疲れてて眠かったんですが、一気に眠気も吹っ飛んで、

 

(うわ、ヤベっ!)

 

と思ったけど、反射的に勃起してしまいました。

 

その時は痴漢とか痴女とかそんなことを考える前に、まず勃起を収めようと思いました。

 

すると今度は、確実にチンポを握られました。

 

今度は、

 

「うっ」

 

とか少し声が出てしまって恥ずかしい思いしたんだけど、結構強い力でぐっと握られたんです。

 

(これはヤバイ)

 

と思って身をよじろうとしたましたが、満員の電車内で逃げ場もありませんでした。

 

(あぁ、どうしよう)

 

と悩んでいたら、今度はチンポをモミモミしてきました。

 

もうやばいと思って手を見ると、細くて小さい手がチンポ握っているのが分かりました。

 

その手を辿っていくと、なんと僕の前の女の人でした。

 

髪はセミロングの黒髪で、背は160cmくらいだと思います。

 

ちなみに僕の性癖のひとつなんですが、満員電車に乗る時は、よく女の人の後ろに並びます。

 

しかもできるだけ美人な女性の後ろです。

 

そして電車内で密着した時に、その女性の匂いを嗅ぐのが好きなんです。

 

もちろん手を出したりはしません。

 

それで、僕のチンポを触ってるその女の人は、そうやって目を付けて並んだ女の人だったんです。

 

(うわっ、やべぇ)

 

とか思いながら、本当に満員で身動き取れないからじっとするしかありませんでした。

 

そしたら、僕のズボンのジッパーが下ろされました。

 

(えぇぇぇぇぇ、ちょい待てえぇぇ)

 

と思ったけど、手はスルリと中に入ってきて、チンポをモミモミしてきます。

 

もうこの時は、ギンギンに勃起していました。

この体験談の続きを読む

女王様に寸止めされチンポもアナルも刺激され連続射精で気が狂いそうでした

女王様 寸止め 連続射精
画像はイメージです

 

女王様の過激なサービス

 

以前、性感ではないSMクラブでM調教された時の話です。

 

鞭、ロウソク、逆さづりでエネマグラなど、かなりハードなプレイだったのですが、少し休憩したあと、後半戦の時に女王様から、

 

「今日はもう後が入ってないんでサービスしてあげるけど時間ある?」

 

と聞かれ、即座に

 

「はい!」

 

と返事をしました。

 

その女王様は3度目だったのですが、

 

「じゃ、面白い事してあげるね」

 

と急に優しい口調に変わりました。

 

(何をされるんだろう)

 

と不安に思っていると、全裸で尻をついた状態で柱に後ろ手に縛られました。

 

(いつもとあまり変わらないけどな)

 

と思っていたら、そのまま足を柱に引き上げるように縛られ、子供のおしっこスタイルみたいな格好にされました。

 

「今から気持ちいいことしてあげるけど、いいと言うまで出したらだめよ!」

 

と言うと、女王様はバイブと手コキを交互に混ぜながら、私を射精へ追い詰めていきました。

 

そのテクニックは怖いほどで、カリから裏スジ、金玉、蟻の戸渡り、アナルまで満遍なく刺激され、すぐに追い詰められました。

 

「だめです。もうイキそうです!」

 

というと女王様は、

 

「じゃ、ゆっくり20数えなさい。それまで絶対イっちゃだめよ!」

 

と優しく言ってくれました。

 

「いーち、にーい・・・にじゅう」

 

我慢しながらやっとの思いで数え終わると、

 

「よく我慢したわねー。じゃあもう一回20数えなさい。そしたらイカせてあげる」

 

でも今度は10を過ぎた所で、もう我慢の限界がきました。

 

「ひーっ、もうだめ!逝っちゃう!逝っちゃう!やめて!バイブ止めて!あー!イクー!」

 

と我ながら情けない声を張り上げていました。

 

女王様は分かっていたみたいで、寸前で手もバイブもサッと離して、

 

「だめよ!まだイッちゃ」

 

と言ってニヤッと笑いました。

この体験談の続きを読む

相席居酒屋で若い男性をフェラチオして口内射精後にキスした結末は…

相席居酒屋 フェラチオ
画像はイメージです

 

相席居酒屋で若い男性と一緒に

 

女も35歳にもなると、周りの友達はほとんど結婚しているし、当然子供もいます。

 

親や親戚にもさんざん

 

「早く結婚したら?」

 

とか

 

「お見合いでもする?」

 

とか言われてしまいます。

 

職場の同い年の同僚で、仲のいいT美もほとんど同じ状況のようです。

 

かといって婚活パーティなんて行きたくないんです。

 

「やっぱり恋愛してから結婚したいよね」

 

ってことで意見が一致しています。

 

(でも合コンなんてする年でもないしなぁ)

 

と悩んでいたら、最近流行っている「相席居酒屋」というものがあるのを知りました。

 

なんと女性は破格の値段でお食事ができるというので、仕事が終わってからT美と行ってみることにしました。

 

T美と可愛い服も買って、百貨店のブランドコスメのお店でメイクもしてもらって行ってみると、相席になったのはなかなかに可愛らしい20代後半と思える年下の男性2人でした。

 

「はじめまして。今日はよろしくお願いします」

 

「二人はこのお店、来た事あるの?おすすめのメニューとか教えてくれない?」

 

私たち2人はグイグイ押していきます。

 

でも相手の最初の表情で、

 

(もっと若い子がよかった)

 

なんて風に思ったのはバレバレです。

 

「ちょっとお手洗いに・・・」

 

と言ってT美と作戦会議しました。

 

「私たちは若くはないけど、その分若い子にはない経験がある!それで押していこう!」

 

ということで、強硬手段に出ることにしました。

 

そのお店は、カップル成立の確率をあげるためなのか、半分個室のような作りです。

 

男性2人の両側を、私とT美で挟むようにして座ってしまえば、机があるから出られません。

 

「あ、あの・・・さすがに4人は、せまくないですか?」

 

男性の顔は若干引きつってるように見えたけど、おかまいなしに私は、

 

「なんだか酔ってきちゃったかもぉ・・・」

 

といって、男性の股間に手を置いてみました。

この体験談の続きを読む

電車で痴女ってくる女がいたのでホテルに誘って生チンポ挿入しました

痴女
画像はイメージです

 

痴女られてる?

 

俺が大学生の時の話なんですが、大学の帰りに電車で寝てしまったことがありました。

 

前日、深夜でコンビニのバイトからそのまま大学へ行ったので、疲れて爆睡していたと思います。

 

しばらく寝てたと思うんですが、気がつくと股間の辺りがムズムズしてるので、薄目を開けると何かが股間でモゾモゾ動いています。

 

ビックリして眠気も吹っ飛び、よく見ると俺のポケットに誰かの手が突っ込まれてて、チンポをニギニギしてるじゃありませんか。

 

で、俺のポケットから続く腕の先を見ると、綺麗な感じの25,6歳くらいの女の人と目が合いました。

 

(これはまさか痴女?)

 

実は俺がまだ高校生だった頃、一度痴女に遭遇したことがありました。

 

その時はかなりウブだったんで、身動き出来ずに固まってしまい、次の駅で逃げて終わりだったんです。

 

しかし大学生ともなれば、さすがに少しは余裕があり、俺の脳内は現状を把握しようとフル稼回転を始めました。

 

その女は、後々分かるんですが、163cmでDカップのスレンダー体系です。

 

個人的にはそそられる体系で、美味しい状況ではありました。

 

(確かに女から痴女られてはいるが、もし俺がお返しに胸揉んだりして、それに女がビックリして逆に痴漢扱いされたら、間違いなく俺が悪者にならないだろうか?)

 

という、結構冷静な結論を導き出しました。

 

ただ、個人的に好みな女性だったので、

 

(なんとか食えないものか?)

 

っていう思考が勝ってしまって、

 

「電車降りて続きする?」

 

って思い切って聞いてみました。

 

すると、

 

「うん、そうらね」

 

と女はちょっぴり呂律が回らない感じです。

 

自分の事でいっぱいいっぱいだったんで、その時やっと気づいたんですが、女は結構酔ってたみたいです。

 

幸い、もうすぐ俺の最寄りの駅だったんで、そこで降りて駅近くの駐車場に停めてある俺の車まで連れてきて、女を俺の車の助手席に乗せました。

 

「ホテル行く?」

 

って聞くと、

 

「うん」

 

て恥ずかしそうに言いました。

 

さっきまでの大胆さとのギャップに、俺もちょっと戸惑いました。

この体験談の続きを読む