カテゴリー:OL・お姉さん(男性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:OL・お姉さん(男性告白)

痴女ナースにトイレでフェラされ溜まった濃い精子を何度も中出し

ナース
画像はイメージです

 

入院中の夜中のトイレで美人ナースが

 

大学生の時の話です。

 

ラグビーで負傷して入院することになりました。

 

病院に入院した時のお目当ては看護婦さんですよね。綺麗子はいるかな~と観察したけど・・・、酷すぎます、おばちゃんだらけでした。

 

入院して3日ぐらい経過して、急にボルテージがあがりました。長澤まさみ似の魅力的なナースさん(25)がいるではないですか!

 

その看護婦さんはかなり親切で、患者個人個人に気さくに声をかけてくれます。

 

ですが、彼女も出来たことがありませんし、人見知りする自分は、目も合わせられず、話もまともに出来ませんでした。

 

入院して1週間経った日の夜中、オシッコに行きたくなり目が覚めてしまいました。松葉杖をつきながら、トイレに向かう自分。

 

(夜中の病院本気で怖いな)

 

その道中、長澤まさみ似のナースさんに遭遇し、トイレまで付き添ってくれました。オシッコしていると、そのナースさんが男子トイレに入って来たのです!

 

そして

 

「◯◯さん」

 

と、僕の名前を呼びながら接近してきます。

 

「は、はい??」

 

普段の親切なイメージと違う看護婦さんは、

 

「私の、オマンコの疼きを止めてくれない?」

 

と、いきなりスカートを捲り上げ、パンツを見せてきたのです。

 

「えっ!・・・自分、まだ童貞なんですけど」

 

「そうなの?じゃあ、いっぱいしてあげちゃう」

 

そう言うとすぐに、僕のズボンとトランクスをずり下ろしてチンコを咥えてきたのです。

 

唾をめっちゃ出してフェラしてくるので、トイレに卑猥な音が響きまくっていたと思います。

 

金玉や竿も丹念に舐めてくれて、童貞の僕が我慢できるはずがありません。

 

「もう、イ・・・イキそうです」

 

「ダ~メ!!まだ我慢だよ」

 

と、相当な痴女っぷりです!

 

「◯◯さん、童貞だっけ??女の子のオマンコ見たいでしょ??」

 

そりゃ見たいです。でも自分は声が出せずに、頷くことしか出来ませんでしたけど。

この体験談の続きを読む

奥手だった元カノがパイパンでドエロな痴女に豹変!

潮吹き
画像はイメージです

 

久々の再会で色気が出ていた元カノ

 

俺が大学生の時に付き合ってた元カノの名前は由美です。当時合コンで知り合い、3年の時に交際スタートし、卒業して別れました。

 

この前、その元カノの由美と何年かぶりに偶然表通りで会い、そのままの流れで飲みに行ってセックスしました。

 

付き合ってた当時の由美は、男性経験がほとんどありませんでした。

 

俺もそれほどセックス経験は無かったので、今思えば子供っぽい交際だったと思います。

 

セックスも普通にしてたけど、簡単にお互い舐め合って正常位で挿入して、腰振って終了みたいな感じです。

 

本当はもっといろんな体位とか器具とか試したかったんですけど、大人のオモチャ持って行ったら泣き出した事がありました。

 

「私はそんな下品な事したくない」

 

(どうして下品?)

 

って思いましたが、それ以降本当にノーマルなセックスでした。

 

由美はふわっとした印象で、強いて言うなら清潔感があるような女性でした。

 

身長も155cmぐらいの割と小柄で、でもDカップのなかなかの美乳の持ち主です。外見が少し幼いところがあって、あまり色気は感じませんでした。

 

休日出勤した祝日の日、夕方ごろ仕事が済んで街を歩いていました。

 

ブラブラしてるとこに、後ろから肩を叩かれ、驚いて振り向くと由美だったんです。

 

「やっぱり!久し振りだね!元気?」

 

開口一番元気に声をかけてきた由美だったんですが、その由美を見て俺は愕然としました。

 

以前の面影はあるものの、女の色気で満ちていました。

 

「ええ?お前由美か?ずいぶん変わったなあ!」

 

「そお?変わったぁ?年取っただけじゃない?」

 

22歳で別れてからかれこれ5年ぐらい会っていません。

 

よく俺だと気が付いたなと聞いたら、歩いてる後ろ姿に間違いないと思ったと笑っていました。

 

くたびれているように歩く後ろ姿は昔のままだと言うんです。しかもヘアースタイルも大学当時とあまり変わっていませんしね。

 

「最近はどうしてる?」

 

と聞かれて、歩きながら近況を話していました。彼女はいるけどまだ結婚していないで、仕事もそこそこ忙しいといった話ですね。

 

驚いたのは由美はもう既に結婚していた事です。

 

結婚して1年ちょいだと言っていたのですが、相手はなんと10歳年上だそうです。今27歳だから亭主は37歳?ビックリです。

 

「この後なんか予定ある?」

 

と由美に聞かれ

 

「何も無いよ」

 

と答えると、

 

「じゃ、ご飯奢ってよ!」

 

と強引に腕を絡めて歩かされました。

 

由美が行きたがっていたというイタリアンのお店に入り、少しだけアルコールも飲みながら昔話をしていました。

 

由美の胸元は、寄せて上げるタイプのブラジャーなのか、胸の谷間がキッチリと見えます。

 

「お前って昔そんな胸元の空いた服なんか着なかっただろ?」

 

「そうねえ、まだあの頃って子供だったしね」

 

「今は以前と違って色気ムンムンだぞ」

 

「そりゃ結婚もしたからね!色気ぐらい出さないと」

 

話す内容も外見も相当変わっていました。

 

昔のような恥じらいもなく、色気をかなりアピールしている感じに見えます。

 

スタイルは元々良かったので、ちょっぴりムラムラしてきたのは確かです。

この体験談の続きを読む

顔見知りのデリヘル嬢とプライベートで偶然会ったらエッチさせてくれた

爆乳 デリヘル
画像はイメージです

 

馴染みのデリヘル嬢とホテルへ

 

その当時俺はミカちゃんというおっぱいの大きなデリヘル嬢が気に入り、足しげく通っていた。

 

ただ、あんまり収入がある感じでもないので、パチンコに行き、勝ったら会いに行く位のペースだった。

 

この間、近くの駅前のパチンコ屋で5万円分くらい出て、近いうちミカちゃんに会いに行こうとか考えながら打っていた。

 

そしたら横にピチッとしたTシャツにホットパンツという、エロエロの姿をした女が座ってきた。

 

男なので当然気になり、チラッと横顔を見ると、なんとミカちゃんだったのだ。

 

いくらなんでもプライベートで声掛けられるのは嫌だろうなと、気付かない振りしてたらミカちゃんが、

 

「あれ?○○さん」

 

と反対に声をかけてきた。

 

おしゃべりを始めてすぐミカちゃんに当たりが出て、そこから大フィーバー。トントン拍子で12万円分位出た。

 

俺は本当はもう止めようとしてたのだけど、ミカちゃんとプライベートで話す事ができて嬉しくて止めることも出来ず、そのままダラダラ打ち、結局1万円くらいの勝ちにはなった。

 

そして換金して帰ることになったのだけど、俺は車でミカちゃんは地下鉄で来たという話をしていた。俺は

 

「じゃあ近くまで送ろうか?」

 

とダメ元で聞いたら、

 

「本当?いいの?」

 

と結構ご機嫌なリアクション。車の中でミカちゃんが

 

「○○さんさえ良ければ今からお仕事してもいいけど・・・」

 

と言われた。当たり前だがお仕事というのはデリヘルの事だ。俺は悩んだけど

 

「そうだねー、でも今日はミカちゃんにお金払えるほどは勝ってないしな」

 

と率直に言った。そしたら

 

「今日は私が隣で勝たせて貰えたということで・・・」

 

ってタダでさせてもらえるのか。おそらくとても機嫌良かったんだと思う。断る理由なんかない俺は

 

「いいの?じゃあ、お願いしよっと」

 

とラブホに車を走らせた。

 

ラブホにチェックインし、デリヘルでいつもするように2人で荒いっこしながらシャワーを浴びてベッドへ。

 

いつもし始めるように、まずミカちゃんの巨乳を思う存分揉みまくった。タダで揉みしだく巨乳はいつもより揉み応えがあるように感じた。

 

ミカちゃんはGカップで、体は細くクビレていて胸と尻に肉が付いたいわゆるボンキュッボンのボディで、とにかくグラマラス。

 

そして爆乳の感度もよく、乳首を舐めるだけでも体をビクンとさせてマンコも良く濡らした。

 

それからいつもと同様に、手マンでミカちゃんがヨガり、爆乳をブルブル震わせながらイクまで責めた。

 

そしてその次はミカちゃんが俺を押し倒し、キスから始まり全身リップへ移っていく。

 

ミカちゃんは唇や舌を俺の体にペロペロ這わせながらもおっぱいを常に俺の体に密着させ、興奮を高めてくれる。

この体験談の続きを読む

デブでブスな女どもに逆レイプされたけど謝礼をくれました

デブス
画像はイメージです

 

デブス3人組に押さえつけられ

 

僕は数日前にラインでやり取りした女性と会うことになりました。

 

事前に写真は見せてくれませんでしたが、セックスOKだったので気にせず待ち合わせの場所に足を運びました。

 

赤い軽が停止していて、その車の中で待っているということでしたので、見つけ次第車に近づきました。

 

「○○さんですか?」

 

「そうです、どうぞ乗って下さい」

 

乗車してみたらマスクをしたちょっぴり太り気味の女性がいました。僕の予測とかなり異なっていましたけど、

 

(セックスできるからいいや)

 

と思ってるとそのまま車が発信しました。

 

誰もいないような山の奥に入ると不釣合いとも思える所にラブホテルが建っていました。その近くに白い軽が停車しいて、自分の乗った赤い軽がその近くに停車したんです。

 

すると白い軽から2人の女性が出てきてこっちの赤い軽に乗り込んできたんです。

 

二人とも、お世辞にも綺麗とはいえない外見で少々デブでした。それを見た後に運転席の女性を見て僕は仰天ししました。

 

マスクをとったその表情は、今しがた乗ってきた二人に負けず劣らずのデブスでした。

 

「きゃー!可愛い!」

 

「君、何歳?」

 

「23?いいじゃん、いいじゃん」

 

一方的に会話を盛り上げながら、赤い軽はラブホテルの駐車場に停車しました。

 

僕は腕を引っ張られるような状況でホテルの部屋に入らされ、いきなりベッドに押し倒されるように横にされると、二人が一気に自分の両手両足を握って仰向けにされました。

 

女性の力とは思えない位の腕力で、赤い軽を運転していた女性が僕の横に座り込んできました。

 

「確か童貞って言ってたよね、じゃああたいらが男にしてあげるから、有りがたく思いなよ」

 

そのようなことを言いながら僕のズボンのベルトを緩めてチャックを下ろしました。

 

抵抗して手足を動かそうとしたんですが、手首と足首を掴んでいる二人がきつく押さえつけてきました。

 

ズボンを脱がされ、上着も引きちぎりそうな勢いで雑に脱がされ、ブリーフ一枚にされました。

 

次にリーダー格の赤い軽の女性は、素早く服を脱いで自分の前で素っ裸になりました。

 

そしてリーダー格の女性が手首を握りつけると、今度は腕を押さえていた女が素っ裸になったのです。

 

その女性が今度は自分の太腿に乗っかると、足を押さえていた女が素っ裸になりました。

僕が抵抗できないように交互に押さえつけながら、全員が全裸になったのです。

 

赤い軽の女性は僕の腕を押さえたまま僕の顔に腰を降ろし、デブスのオマンコを顔に押し付けてきたんです。

 

臭いと圧迫と肉のかたまりで全然見えない状態の下で、何がなされているかは体が体感していました。

 

ブリーフを荒々しく脱がせた女が僕のチンコを咥えているのが分かりました。乳首や腰などにも舌が這うのが分かりました。

 

フェラチオの経験がなかった僕は不覚にも勃起してしまい、難なく射精してしまいました。

この体験談の続きを読む

痴女お姉さんに誘惑され突然の手コキ!高校生の僕はトラウマに

屋外 手コキ
画像はイメージです

 

お姉さんがいきなりチンコを揉んできた

 

僕の住んでいた場所の近場には温泉街がありました。その温泉街のとある宿屋で、僕は高校時代アルバイトをしていました。

 

ある日、もう時間だからバイトを終えて帰ろうとしていた夜の九時半頃、ほとんど人のいなくなった待合室で、僕はこの旅館に滞在していた若い女の人に声を掛けられました。

 

綺麗なお姉さんなのでちょっぴり嬉しかったですが、もくろみも分からない状態で僕はそのお姉さんに誘惑されて旅館の裏側へと連れていかれました。

 

そして自分達以外周りに誰もいない事を確かめると、お姉さんは突然僕の背中を壁へと押し当て、真正面から覆いかぶさるように体を密着させてきたんです。

 

いきなりの事に僕は動揺し、何のことか分からないまますっかりパニックに陥りました。

 

「君だって、こういうの嫌いじゃないでしょ?」

 

お姉さんは不適な笑みを浮かべ、耳元でそう囁きながら僕の股間へと手を伸ばし、チンコを揉む様に指を動かしてきました。

 

そのびっくり仰天の行動に、僕はどうすればいいのかまったく分かりませんでした。

 

「何するんですか!やめてください!こんな所で!」

 

「へぇ、それじゃあ他の場所ならいいの?私の部屋に来る?」

 

「いや、そういう事じゃなくて」

 

僕は完全におどおどし、抵抗する事も出来ないまま動かなくなってしまい、結果的にお姉さんのペースに持っていかれました。

 

そんなオロオロする僕を、お姉さんは面白そうに見つめてきながら、さらにチンコを大きく揉むように手を動かしてきました。

 

「あらら、おちんちんは正直になってきてるみたいよ」

 

「・・・・」

 

お姉さんからの言葉に、僕は何一つ反論出来ませんでした。

 

お姉さんの手の感触をを股間に感じている間、いつしか僕のチンコはズボンの中で勝手に反応して勃起してしまったのです。

 

仕方ないのかもしれませんが、それは僕にとってどうしても不本意な勃起でした。

 

「ねぇ、君はもう女性とはエッチの経験あるの?」

 

僕は言葉が出ず、無言のままうつむいていました。するとお姉さんは、そんな僕の心の内を見透かす様に、クスッと笑いました。

 

「経験ないなら、私が練習相手になってあげよっか?」

 

さらに硬くなっていく僕のチンコへ、お姉さんの指で強く握られました。

 

「あっ!ああっ!」

 

僕はビクビクしながら、悶えていきました。

 

その途中、ズボンの中ではお姉さんからの手の攻撃で、僕のチンコは何回もビクンビクンと脈打っていました。

 

僕のチンコがますます硬度を上げていくと、お姉さんはとても嬉しそうな様子でした。

 

「若い男の子だけのことはあって、本当に元気ね」

 

と言うとお姉さんは僕の穿いているズボンのベルトを外してきました。

この体験談の続きを読む