カテゴリー:OL・お姉さん(男性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:OL・お姉さん(男性告白)

電車内で痴女OLにおっぱい押し付けられてチンコ握られてドクドク射精しました

電車 痴女 手コキ
画像はイメージです

 

女と間違えて痴漢されてる?

 

高校2年の3学期のことです。

 

毎朝、満員電車に乗って通学していました。

 

駅員が押し込まなければ乗れないほど満員です。

 

しかも次の駅でも、また人が押し込まれます。

 

目的の駅まで数十分でしたが、本当に毎日の通学が辛かったです。

 

そんな1月半ばのある日、いつもと同じように僕は満員電車に乗ってグッと押し込まれました。

 

嫌だなと思いながらも、次の駅でまた数人が押し込まれてきました。

 

その時の僕は、ドアに向かって後ろを向いた状態で立っていました。

 

最後の人が押し込まれてしばらくすると、何やら僕の太ももの裏側に手が当たっているのに気が付きました。

 

偶然当たっているもんだと思っていたのですが、どうも違うみたいです。

 

手の平が太ももにピタッと張り付いているんです。

 

変だなと思いましたが、混み過ぎていて見動きが取れません。

 

後ろを振り返るにも全く動けないんです。

 

しばらく我慢していると、その手は今度は尻に移動してきました。

 

しかも尻をゆっくり撫で回してくるんです。

 

これは何かの間違いではないかと思いました。

 

痴漢が女と間違えて、僕の尻を触っちゃってるんじゃないかと思いました。

 

身をよじって、なんとか

 

(ヤメろ)

 

と訴えかけました。

 

それでもずっと尻を撫で回してきます。

 

僕は気持ちが悪くなり、動ける方向に少しだけ動きました。

 

ちょうど横向きになる姿勢になると、尻から手が離れていきました。

 

やっと僕のことが男だって気が付いたと思って安心しました。

 

でもどんな奴が痴漢なんてしてるのかと思い、興味が湧きました。

 

僕の後ろ辺りにいるのは分かっていたので、降りる瞬間に確認しようと思いました。

 

駅で一気に人が吐き出される瞬間が勝負です。

 

体をひねって、僕は後ろにいる人を確認しました。

 

そこにはOLっぽい女性と、オジサンと、大学生風の男がいました。

 

この大学生っぽい男か、オジサンのどっちかが痴漢なんだなって思いました。

この体験談の続きを読む

ウブだと思ってた女性がドS痴女だった!僕は彼女の性奴隷として生きて行きます

ドS痴女 性奴隷
画像はイメージです

 

ウブっぽい女性に下ネタを振ってみた

 

仕事の得意先に、美沙ちゃんという女性がいます。

 

顔見知りになって、少し会話もするようになりました。

 

話をしていると、

 

(まだ男を知らないのでは?)

 

と思うくらいウブっぽくて、処女ではないかと思ってしまうような女の子です。

 

小柄で、身長は155cmくらいの華奢な体型です。

 

胸もあまり無く、幼児体型のような感じです。

 

去年の12月初旬ごろに仕事の帰りに車を走らせていると、信号待ちで偶然美沙ちゃんを発見しました。

 

「美沙ちゃん!今帰り?」

 

と声をかけると、美沙ちゃんも気づいてくれてニッコリと、

 

「はい、そうです」

 

と返してくれました。

 

「どこまで帰るの?送ろうか?」

 

「いいんですか?」

 

「いいよ!乗って」

 

美沙ちゃんを車に乗せて走らせました。

 

正直この時、僕に下心は全くと言っていいほどありませんでした。

 

「家はどの辺?」

 

「少し遠いですけどいいですか?」

 

「いいよ、今日は暇で後は帰るだけだったから」

 

「ありがとうございます」

 

「今日は金曜日なのに美沙ちゃんはデートとかしないの?」

 

「彼氏いないんですよ」

 

「そうなの?長いこと彼氏なし?」

 

「う~ん・・・ここ1年くらいかな」

 

「ふ~ん、じゃぁこの1年は処女なんだ」

 

と下ネタを振ってみました。

 

恥ずかしがるのか、嫌な顔をされるのかな?と思ったのですが、美沙ちゃんからの返事は意外でした。

 

「いえ・・・あ、そうですよ」

 

と、中途で言い換える意味深な発言です。

この体験談の続きを読む

チンコを縛っていたゴムが切れるとオマンコの中で勢いよく精子が溢れ出しました

チンポ縛り 射精
画像はイメージです

 

居酒屋で股間を撫でてきた

 

私は30歳のサラリーマンです。

 

先日、仕事で会社の倉庫に在庫調査に行った時、別の業者の女性と出会いました。

 

話をしていると妙に気が合い、意気投合し、

 

「近々お酒でも飲みましょう」

 

と約束までして携帯電話の番号を交換し、その日は分かれました。

 

すると次の日の朝、早速彼女から電話がありました。

 

「あなたは気が弱そうだから、私から連絡しないと駄目かと思った」

 

と言うのです。

 

見透かされていてその通りで、私は気が弱くて自分から女性に声を掛けたことなんてありません。

 

だから今回も電話しようかどうか悩んでいたので、本当に嬉しかったです。

 

夜、待ち合わせの場所に行くと、かっこよくスーツを着こなした彼女が既に待っていました。

 

タイトなミニスカートから伸びる脚は黒いストッキングに包まれていて、締まったウエストから上には大きなおっぱいが確認できます。

 

近くのホテルのレストランで軽く食事を済ませた後、どうしようか悩んでいたら、

 

「もう一軒行こうよ」

 

と彼女に誘われて、彼女の知っているお洒落な感じの居酒屋に入りました。

 

カップル席みたいなボックス席に案内されて、ビールを飲んだり、カクテル飲んだりしていました。

 

そのうちに、なんとなく彼女の手が私の太ももに置かれていて、指先がサワサワと股間の辺りを撫でてきました。

この体験談の続きを読む

見られると興奮する変態痴女ギャルと彼氏の目の前で青姦したけど怖くなって逃げた

青姦 変態 痴女
画像はイメージです

 

女の喘ぎ声が聞こえた

 

以前、超がつくほどのド変態カップルと遭遇した事がある。

 

俺はその日、仲の良い男友達2人と3人で酒を飲み、いつものようにハイテンションでナンパするために深夜の街をうろついていた。

 

しかし、その日はナンパが全然うまくいかずに失敗しまくりだった。

 

いつの間にか友達のTがフッと消えていて、残った俺たちも諦めて帰ろうとしていた。

 

そういう時だった。

 

どこからともなく女の喘ぎ声が聞こえてきた。

 

ここは地元ではナンパスポットで有名な公園だった。

 

カップラーメンを片手に持っていた俺は箸を止め、その喘ぎ声がする方向へ目をやると、
薄暗い中から女の姿が見えた。

 

その女の片足からはパンツがぶら下がり、もう片方の足は思いっきり横に開き、壁に寄りかかってマンコに男のチンポを受け入れている状態だった。

この体験談の続きを読む

泥酔した僕を逆レイプで中出しさせたお姉さんたちに数年後出合うと衝撃の事実が!

逆レイプ 中出し
画像はイメージです

 

泥酔した僕はお姉さんたちの部屋に

 

僕は受験勉強を頑張った甲斐があって、某国立大学に合格することが出来ました。

 

当時、僕は母と二人暮らしの母子家庭でした。

 

僕がまだ小さい頃に父が交通事故に遭い、亡くなったからです。

 

母に苦労をかけたくないとの思いから、塾にも行かず必死に勉強し、大学に合格する事が出来ました。

 

看護師だった母に連絡して合格を伝えると、

 

「本当に頑張ったね」

 

と泣いて喜んでくれました。

 

そして、母と次の日にレストランでお祝いをしようと話をしました。

 

その日は母が夜勤で、朝まで仕事だったからです。

 

その当時、僕達家族は、4世帯が入居するアパートに住んでいました。

 

中年夫婦とお婆さんの1人暮らし、それに友達同士で同居する20代後半位のお姉さん達、そして僕達親子です。

 

中年夫婦は水商売の仕事をしていて、ほとんど顔を合わすことがありませんでした。

 

お婆さんとお姉さん達には日ごろから親しくして貰っていて、3人とも僕の合格を知ると、我が事の様に喜んでくれました、

 

特にお姉さん達は、色々と大学の事などを聞いてくれました。

 

「良かったね~」

 

と抱きしめてくれたりしました。

 

高校生の僕には刺激的でしたが・・・

 

夕方ごろ友達から電話があり、合格祝いをカラオケ店でしてもらえる事になり、皆で騒ぎました。

 

みんな受験が終わって進路が決まっていて、ホッとたんで騒ぎたかったんだと思います。

 

その時、初めてお酒を飲みました。

 

耐性が無かったのかアルコールに弱い体質なのか分かりませんが、直ぐに酔っ払ってしまい、友達に担がれて帰るハメになりました。

 

「大丈夫か!ちゃんと鍵開けて寝ろよ!鍵も閉め忘れるなよ!」

 

と友達の声が聞こえていました。

 

「はーい」

 

と返事はしたものの、自分のアパートの部屋のドアにもたれて、そのまま寝てしまいました。

 

朦朧としながらも意識が戻ってくると、大きなベットの上に寝かされていました。

 

しかし、自分の部屋ではありません。

 

すると女の人達の声が聞こえてきました。

 

同じアパートのお姉さん達だと分かりました。

この体験談の続きを読む