カテゴリー:OL・お姉さん(女性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:OL・お姉さん(女性告白)

童貞の高校生が痴漢してきたのでおちんちんを逆痴漢して射精させました

高校生 逆痴漢
画像はイメージです

 

痴漢されたので逆痴漢しました

 

23歳のOLです。

 

この春に大学を卒業した入社1年目の新入社員です。

 

この前、私は会社が終わり、忙しかったのでヘトヘトの状態で満員電車に乗り込みました。

 

しばらくスマホを触っていると、触るか触らないかぐらいのサワサワした感じでお尻を触ってくる人がいました。

 

びっくりしましたが、はっきり触っているか確信もないし、恥ずかしくて何も言えず、その日はそのまま帰りました。

 

翌朝、いつも乗る電車に乗るとまた痴漢にあって、その触り方が昨夜の人と一緒だなと分かりました。

 

意を決してゆっくり振り返ると、毎朝のように見かける男子高校生だったので、びっくりしました。

 

この時、その高校生は俯いていたので、私が振り返ったことに気づかずそのまま触り続けていました。

 

言おうかどうかちょっと迷ったのですが、いかにも大人しそうで童貞って感じだったので、私にもイタズラ心が出てきて、

 

(この男の子に逆痴漢したらどういう反応をするかしら?)

 

と面白半分で、その子のおちんちんををズボンの上から触りました。

 

男の子はびっくりして、私の顔を見ました。

 

その後は私も知らないふりをしておちんちんを触り続けました。

 

ズボン越しでも勃起しているのが分かり、擦ったりギュッギュッと揉んだりしていると、

 

「うっ」

 

と漏れる声が聞こえ、おちんちんがビクビクしたので、射精したことが分かりました。

 

(やっぱり童貞だな)

 

とその時確信しました。

 

高校生も触られたことが嬉しかったのか、その後も数日に渡って痴漢され、私も逆痴漢を楽しむようになりました。

 

エスカエートして直接ズボンの中に手を入れておちんちんシゴいたり、おっぱいを押し付けたり、私のパンツの中に手を入れさせてオマンコを触らせたりもしました。

 

そのうち、それが日課のようになり、会社に行く前にその男の子を射精させるようになりました。

 

学校に着いてからパンツの中のベトベトの精液をどういう風に掃除してたかは知りませんが、大変だったと思います。

 

休日も平日も電車に乗るようになり、その子と逆痴漢を楽しみました。

この体験談の続きを読む

淫乱な私は彼の前で他人のおちんちんをフェラして巨根で中出しされました

彼の目の前で乱交
画像はイメージです

 

お祭りの後、彼の友達の家へ行きました

 

地元でお祭りがあったので、彼氏と2人で出掛けてきました。

 

エッチな彼が希望していた通り、下着は全く着けず、Tシャツにミニスカートです。

 

本当はTシャツでなく、彼はもっとエッチな格好を望んだのですが、電車に乗るのでこれが限度です。

 

到着するとお祭りは大盛況という感じで、私も彼もテンションが上がりました。

 

地元の友人に会って大声で掛け声をかけ、一緒にはしゃいでいました。

 

さすがに疲れて彼に手を引かれて座り、まだまだ続く喧騒を見ながらキスしました。

 

「こんな健斗見るの初めて」

 

と、私は彼に抱きつきます。

 

「なんか、男って感じ。かっこいいよ」

 

彼は照れくさいような顔をしています。

 

「舞香」

 

と囁かれ、キスをしながらスカートに手をいれてきました。

 

下着を穿いてないのですぐに生でオマンコに触れます。

 

足を広げられ、指を這わされると、既にぐっしょり濡れているのがバレてしまいました。

 

私は、とってもエッチで濡れやすいんです。

 

「もう欲しいんじゃない?」

 

とクリトリスを転がされました。

 

仰け反って大きく息を吸って声を我慢します。

 

そこに、彼の悪友から電話が入り、

 

「Bの家に集合」

 

となってしまいました。

 

私も連れて行かれました。

 

そこには、B,C,D,Eの4人がいます。

 

全員男です。

 

B,C,Dは未婚、Eは既にバツイチです。

 

すでにハイテンションに酔っている彼らは、私を見ると大歓迎で真ん中に座らせ、お酒を飲ませてきました。

 

私は結構酔っ払い男の相手が上手く、楽しませるのが得意なのです。

 

この日もいい雰囲気で時間が経っていきました。

 

「舞香ちゃんってノーブラ?」

 

と調子に乗ったCが胸を撫でました。

 

「キャッ!もうっ!」

 

とCの頭を軽く叩きます。

 

それでも全員の視線が私の胸に集まっています。

 

「やっぱ5歳違うと、胸も違うよなあ。ピチピチ」

 

なんて言ったりしています。

この体験談の続きを読む

満員電車で小学生の男の子が勃起していたので触って射精させました

小学生 射精
画像はイメージです

 

小学生の男の子が勃起してる?

 

私は現在23歳で、アパレル会社に勤務しています。

 

容姿は、普通よりちょっと上かな、ぐらいに思ってます。

 

男性とお付き合いしたことは過去に1度だけで、今は彼氏はいません。

 

そんな私の趣味は痴女なんです。

 

そうなったきっかけは、通勤電車の中でした。

 

小学校高学年の男の子がいたんです。

 

その子は私よりちょっと背が低くて可愛い感じの男の子で、半ズボンの制服にランドセルで、電車の中で私に向かい合わせになる形で乗ってきました。

 

男の子はランドセルを下したそうでしたが、満員電車で身動きが取れないようでした。

 

しばらく普通に乗っていましたが、私の右手の甲に、なにか固いものが当たっているのに気づきました。

 

その感触は、すぐに何か分かりました。

 

なんと小学生の男の子の股間が当たっていたんです。

 

(え?勃起してる?)

 

ドキドキしました。

 

さりげなく指の関節で、ツンツン押したり、下からなぞったりしてみました。

 

男の子は目をギュッと瞑り、恥ずかしさに耐えているようで、それをみて私はキュンッとなってしまいました。

 

可愛くてたまらなくなってしまい、もっといたずらしてみたくなったのです。

この体験談の続きを読む

18歳の童貞に「やらせて下さい」と懇願されてOKしたけど巨根でビックリ

童貞の巨根
画像はイメージです

 

酔いつぶれた私は気がつくと・・・

 

もう、数年前の年末のことです。

 

私は当時、あるスーパー内のテナントにある洋服屋さんに勤めていました。

 

テナントは他にもいくつかあったんですが、スーパーの直営組の人とはあまり親しくなかったんです。

 

しかし、その年は直営組の責任者が、

 

「年末の閉店後、忘年会と親睦会を兼ねて合同で飲み会をやります」

 

と企画したんです。

 

もちろん自由参加だったんですけど、やっぱり力関係ってものがあり、全員不参加だけは避けなければいけません。

 

結局私の勤めているとこからは、私だけが参加することになりました。

 

私は当時23歳でした。

 

身長は153cmと低く、体重は40kgとちょっとぐらいでした。

 

飲み会は近所の居酒屋で行われました。

 

主催の責任者は28歳でしたが、参加者は全員それ以下の若手です。

 

参加人数は12、13人ぐらいでした。

 

意外と盛り上がって、2次会はカラオケに行きました。

 

3次会でスナック行ったとこまでは記憶があるんですが、私は途中で寝てしまったようです。

 

もともと飲むと寝てしまい、数十分でケロリと目が覚めるタイプなんですが、年末の疲れがあったみたいで、本気で熟睡してしまったみたいです。

 

次に気が付いた時は・・・

 

「ここどこ?」

 

見たこと無い天井・・・、誰かの部屋です。

 

ガバッ!と上半身を起こすと、

 

「うわっ!」

 

と叫び声がしました。

 

私の格好は・・・

 

シャツが首の辺りまで捲り上げられ、ブラが微妙に下にずらされてて乳ポロリ状態です。

 

スカートは捲られ、しかもパンツが両膝に絡まってます。

 

叫び声の主は、青果部の若造でした。

 

(つか、オマエもパンツ下ろして何やってんだ?!)

 

つまり、オナニー中でした。

この体験談の続きを読む

旦那が寝ている横で浮気して中出しさせたのに「ザマミロ」と思う私

旦那が寝ている横で浮気
画像はイメージです

 

3人ともこたつで寝てしまったら・・・

 

家は2LDKで、30歳の旦那と2人で暮らしてる26歳の専業主婦です。

 

子供はいません。

 

現在の状況として、旦那は仕事は真面目にやるけどオンラインゲームが好きで、ここ3ヶ月で15万円くらい課金してる事が発覚しました。

 

旦那への愛も急激に冷めて、別れるかどうかの瀬戸際って感じです。

 

そんな状況で先週、旦那の勤務先で新年会があって、なぜか私も参加することになりました。

 

奥さんを連れて来てる人は他にもいましたけど、私はあまり楽しめなかったので、1人でまったりしていました。

 

みんな凄く盛り上がっていて、旦那はかなり酔って出来上がってる感じでした。

 

3次会まで付き合わされた後、酔い潰れてる旦那を

 

(どうしようかな?)

 

なんて悩んでいたら、同僚の久保さんが家まて運んでくれたんです。

 

久保さんの自宅は我が家からかなり遠く、終電はもう終わってるし、泊まってもらう事にしました。

 

でもリビングの他は一部屋が寝室で、もう一部屋はこたつ部屋なんです。

 

仕方ないのでこたつを隅に寄せて、なんとか布団を敷くことが出来ました。

 

その後、私がシャワーを浴びて上がってみると、2人は冷蔵庫からビールを出して騒いでました。

 

(参ったなー)

 

とか思いながら、誘われて私も付き合うことになったんです。

 

私がテレビを観ながら2人の様子を見ていると、久保さんはさすがに眠くなったらしく、こたつにくっ付いて敷いてある布団に寝転びながら旦那と話していました。

 

その時の体勢は久保さんの布団とこたつがぴったりくっついてて、久保さんの頭側に私が座ってる感じです。

 

そのうち旦那が寝ちゃって、隣の寝室で寝るように言ったんだけど、全く起きないんです。

 

久保さんも寝ちゃったみたいです。

 

何だか私も眠くなっちゃって、そのままこたつに潜り込んで寝ちゃったんです。

 

それからどのくらい経ったんでしょうか・・・

 

人の寝息が顔にかかる感じで目が覚めると、久保さんと私の顔の距離は10センチほどでした。

 

私の顔に久保さんの寝息がかかっていたんです。

この体験談の続きを読む