カテゴリー:OL・お姉さん(女性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:OL・お姉さん(女性告白)

【妊娠してもいいや】淡白な旦那で欲求不満になった私は元カレと会って…

 

元彼とセックス
画像はイメージです

 

元カレと会ってホテルへ行きました

 

主人とのセックスは結婚前からですが、淡白で物足りないと思っていました。

 

ただ私も30歳目前だったし、20代で結婚したかったので迷いはしましたが、セックスだけが全てじゃないと思って結婚しました。

 

でも案の定、結婚しても新婚というのにセックスは月に1回程度しかなく、日々欲求不満が溜まって行きました。

 

それでもすぐに子宝に恵まれ、長男が生まれると、その後はほとんどセックスレス状態になってしまいました。

 

まだ30歳前半だし、もっとセックスを楽しみたいと思っていましたが、主人にはもう期待できないことは分かっていました。

 

それで、主人と結婚する前に付き合っていた元彼に、連絡してみようと思いついたんです。

 

ただ結婚するときに、携帯電話から元彼の連絡先は削除してしまっていたので、SNSでまだ友達としてリンクしていたことを思い出し、そこからメールしてみたんです。

 

するとmすぐに折り返しのメールが来て、

 

「俺はまだ独身で遊んでるよ(笑)」

 

とのことでした。

 

私が主人の愚痴をこぼしてたら、

 

「主婦だって、たまには息抜きも大事だよ。よかったら遊んであげようか?」

 

と言ってくれたんです。

 

そして彼が、

 

「翌週なら平日の水曜日は休める」

 

と言うので、その日に会うことになりました。

 

決まっちゃったので、そこからはバタバタです。

 

まず母親に連絡して、

 

「大学時代の友達とランチするから」

 

と嘘をついて、翌週の水曜日に子どもを預かってもらうように手配します。

 

さらに美容室に行って、軽くカットしてもらい、毛先に緩いパーマをかけてもらいます。

 

勝負下着なんてとうの昔になくなっちゃったので、通販で上下お揃いの白のレースのTバックを買って、ムダ毛処理もきちんとして・・・

 

と色々準備しました。

 

彼の

 

「息抜きで遊んであげようか?」

 

というのは、もちろんセックスを意味しています。

 

久しぶりに期待しちゃって、心待ちにしてしまいました。

 

こんな気持ちになるのも久しぶりで、乙女のようにドキドキして、その日を待ちました。

 

そして当日、待ち合わせしたカフェに向かうと、すでに彼はいました。

 

私と付き合っていた頃とまったく変わらない彼でしたが、私は結婚して子どもも産んでて、老けたんじゃないかと、引け目を感じてしまいました。

 

でも彼に、

 

「子ども産んでも変わらないね」

 

とか、髪型を見て

 

「結婚してもちゃんとお洒落してるんだね」

 

なんて、主人には言われたことのない言葉をポンポン言われ、舞い上がってしまいました。

 

カフェを出ると何も言わず、付き合っていた頃によく利用していたラブホテルに向かっていました。

 

ホテルに入ると彼は私を押し倒し、キスで口を塞ぎながら、体中を服の上から触って来ました。

 

その時点で、すでに私のアソコは洪水のように濡れてるのが、自分でもわかりました。

この体験談の続きを読む

痴漢してくる少年に欲情した私は痴女になって精液を搾り取りました

逆痴漢
画像はイメージです

 

まさかあの少年が?

 

毎日のラッシュ通勤、嫌なものですね。

 

でも私、楽しみを見つけちゃいました。

 

学生さんが夏休みに入って、少しは空いたかなと言う感じですが、やっぱり混んでますね。

 

私の乗ってる電車は予備校の多くある駅を通るので、予備校生らしき子や制服姿の高校生もいます。

 

私も若い頃はよく痴漢にあっていましたが、30半ばになった今は年に数回程度、脂ぎったハゲおやじに触られる位です。

 

7月の終わり頃のことです。

 

窓際に立っていた私のお尻に手が当たりました。

 

最初は混んでいるからと思っていました。

 

でもその手がモゾモゾ動くんです。

 

「え、痴漢?」

 

私はまさかと思い後ろを振り向くと、高校生とおぼしき少年が、密着するように立っていました。

 

手がお尻に触れて、慌てて退けようとしているんだと思いました。

 

(痴漢と間違えてごめんね)

 

私は心の中で謝りました。

 

それから数日して、また同じ事が起きました。

 

あの少年です。

 

可哀想にと私は思い私は、お尻を前に出しました。少年が手を退けたのが解り、お尻を戻すと、少年は押されたのか、私のお尻に腰を押し付けてきます。

 

私はお尻に大きく固くなる物を感じました。

 

(やだ、この子)

 

私が振り向くと、少年は顔を赤くして目を逸らしました。

 

「私じゃなかったら痴漢に間違われて大変なことになっていたかも」

 

と思うと本当に可哀想で、なにごともないように窓の外をぼんやり眺めました。

 

30半ばの私に痴漢するのは、奥さんにも相手にしてもらえないおやじ位ですから。

 

でも、次の日もその次の日も少年は、私のお尻に固い物を押しつけて来たんです。

 

(まさか、この子が痴漢?)

 

私は少し疑いを持ちましたが、まさかという気持でした。

 

振り返ると、少年は真っ赤な顔をしていました。

 

(やっぱり、私の思い過ごしね)

 

そう思いました。

 

会社に着くと後輩の子に

 

「先輩、ファスナーあいてますよ」

 

と言われました。

 

(なんで?ちゃんと閉めたはずなのに)

 

駅でトイレにも寄ってないし、壊れていた訳でもないし、開いてるはずがないんです。

 

誰かに開けられたとしか思えません。

 

(まさか、あの子が)

 

少年の顔が浮かびました。

この体験談の続きを読む

【13歳の父親】浮気OKで結婚した私は中学生に中出しさせて妊娠・出産しました

中学生の父親
画像はイメージです

 

中学生の可愛い男の子

 

私は25歳の人妻のOLです。

 

2年前にとある企業に就職し、秘書課に配属されました。

 

秘書課といっても名ばかりで、美人OLに取引先の接待をさせて、ご機嫌取りをするのが主な仕事でした。

 

自分で言うのもなんですが、それなりの美貌とスタイルを持っていたので、それゆえの配属でした。

 

社内はもちろん、取引先の相手から交際の誘いはあり、その中で選んだのは20歳年上の人事部の部長でした。

 

大人の男といった感じの紳士でしたが、付き合って一ヶ月もしないで破局。

 

部長には内縁の奥さんがいたのと、紳士なのは表の顔だけで、自分に都合のいい女である事を求められたので別れました。

 

次に同期の男性と付き合いました。

 

ハンサムで仕事ができる自信家でした。

 

ただしセックスは下手。

 

私に命令するだけの、ただの冷凍マグロなのです。

 

まあ私は奉仕するセックスは嫌いではありませんし、何より彼は自分に都合のいい女である事は求めませんでした。

 

私が結婚を申し込んだとき、

 

「俺は女癖がよくないので浮気するけど、それでもいいのなら結婚してもいい」

 

と言われました。

 

私は、

 

「それなら自分も浮気をして子供を産む」

 

と言うと、彼はなんと承諾。

 

付き合ってすぐに結婚しました。

 

しかし結婚後、すぐさま夫は海外転勤。

 

仕事もあるので、私は日本に残りました。

 

夫が転勤した後、部長からの誘いがありましたが、相変わらず自分に都合のいい女である事を求められたので、相手にしませんでした。

 

そんな私に対し、部長は紳士的な態度はもはやなく、罵詈雑言を浴びせられ、図太い神経の私も、酷く傷つき落ち込みました。

 

夫を追って外国に行こうかと真剣に考えていた時、私は一人の男の子と会社で出会いました。

 

名前はトモ君といい、秘書課の課長の子供で、中学生になったばかりのとても綺麗な美少年です。

 

私はトモ君を一目見て気に入り、憂鬱な心が癒されました。

 

名ばかりの秘書課なので課長も営業、それも夫のいる支社の運営の手伝いをしており、トモ君は外部の支援会社との、必要な書類の運搬係を手伝っています。

 

まあ早い話、経費節減をするためのお手伝いとして来ておりました。

 

手伝いとはいえ、会社内でうろつかれると困るので、待機中は秘書課の隣にある防音室にいるように言われていました。

 

お近づきになるために、急いでその日の仕事を終わらせ、一人でいるので相手をしようという名目で、トモ君の所に行きました。

 

トモ君は、私が来るとおっかなびっくりな表情で、少し顔を赤らめていました。

 

そんなトモ君を見て私はますます、

 

(可愛い)

 

と思い、優しいOLのお姉さん的に話をしました。

この体験談の続きを読む

【巨根小学生】競泳パンツのモッコリに興奮したので誘惑して食べちゃった

巨根小学生
画像はイメージです

 

小学生のおちんちんに目が釘付け

 

私は24歳の独身OLです。

 

週に3~4回、美容と健康のためにプールで泳いでいますが、そこで超カワイイ小学生を見つけました。

 

ゴールデンウィーク中で、昼間のプールは空いていました。

 

休憩時間にプールサイドで休んでいたら、隣に華奢なジャニーズ系の男の子が来ました。

 

(なんてカワイイ子なんだろう)

 

と思い、全身を舐めるように見てビックリ!

 

水色の小さな競泳パンツの股間が、モッコリ大きく膨れ上がっているんです。

 

よく見てみると、おちんちんの形や大きさがパンツにくっきり浮かんでいます。

 

もう剥けているのか、亀頭のエラの張り具合まで分かります。

 

驚いたのはその大きさ!

 

大人顔負けって言うより大人以上!

 

思わず声かけちゃいました。

 

「ボク、何年生?」

 

身長からして、中1位かなって思ってたんですが、

 

「5年生です」

 

って返事。

 

思わず

 

(ウソ―ッ)

 

て叫びそうになりました。

 

「素敵な水着ね。とっても似合ってるわ。いつもそんなに小さいの穿くの?」

 

前の膨らみをじーっと見つめながら聞いてみると、

 

「うん、いつもスイミングスクールで穿いてるから」

 

って答えながら、見られてるのが分かったのか、パンツの中でおちんちんの膨らみが一層大きくなりました。

 

そばに人がいないのをいいことに、もっといやらしいことを聞いてみました。

 

「おちんちん凄く大きいね。勃ってるの?」

 

すると男の子は、少し顔を赤くして

 

「勃ってなんかないよ~!」

 

って答えるんです。

 

私はたまらなくなって、

 

「ボク、もうお姉さんと一緒に上がらない?」

 

って言うと、

 

「うん、今日の練習はもう止めた」

 

って言うんで、プールの外のロビーで待ち合わせることにしました。

この体験談の続きを読む

どっちの子供?旦那と連れ子の両方と中出しセックスして妊娠したけど…

中出し
画像はイメージです

 

旦那の連れ子に誘われた

 

2年前、私は旦那と結婚して一緒になった。

 

旦那は再婚で、前妻はすでに他界し、私とひとまわり違うすでに社会人の息子アキラが同居している。

 

再婚当初、旦那は毎晩私のオマンコの中に生で精液を注ぎ込み続け、

 

「子供が欲しい」

 

と言ってくれたが、私は不倫で不本意な妊娠をしたことがあり、堕ろしたことがあるので内緒でピルを飲んでいた。

 

親子の会話はほとんど無かったが、夕食を3人でするようになると少し変わってきた。

 

旦那の夜の相手をする時は、喘ぎ声は控えていた。

 

1年ほどして仕事が忙しくなり、旦那の帰宅も深夜になることが多くなった。

 

アキラと2人の夕食で、

 

「兄弟はいつごろかな」

 

「親父は元気かな」

 

などとからかわれることもあったが、時々DVが始まっていた。

 

そして出張の多い旦那との夜の会話も。3カ月ほどご無沙汰だった。

 

アキラから

 

「何かあったら連絡して」

 

と声をかけられ嬉しかった。

 

夕食で少し愚痴を聞いてもらったら、ストレス発散にと外食に誘われた。

 

嬉しさと期待で、繁華街での待ち合わせ場所に向った。

 

美味しいワインをアキラに勧められ、楽しい会話と食事で心地よい時間を過ごした。

 

少し酔い覚ましに、ウィンドーショッピングを楽しみながら、

 

「年の離れた姉弟にみえるかしら 恋人同士にはみえないわよね」

 

と言いながらアキラの腕に寄りかかった。

 

「愛子さんは綺麗だから 恋人同士にみられるとうれしいな」

 

「まぁっ~、口が上手いんだから」

 

「有閑マダムと若い男の不倫に見えるかもよ」

 

「それもいいわね」

 

周りを見ると、ラブホのネオンが眩しく輝いていた。

 

「少し休んでいこうか?」

 

アキラが予想通り誘ってきた。

この体験談の続きを読む