カテゴリー:OL・お姉さん(女性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:OL・お姉さん(女性告白)

「オマンコにチンポ入れて」下品な淫語で興奮する私は妄想が止まりません

下品 淫語
画像はイメージです

 

年下の男性に誘われました

 

私は32歳の専業主婦で、これまでの男性経験は6人です。

 

今は結婚2年目で、まだ子供はいません。

 

私の初体験の相手は、大学1年の時に付き合っていた先輩です。

 

その後大学3年の時に、次にお付き合いをした社会人の男性と二人目のセックスをしました。

 

会社に勤めだして、合コンで知り合った男性が3人目です。

 

この人は2ヶ月しか交際しておらず、1回しかセックスしていません。

 

次がまた合コンで知り合った男性でしたが、その人は結婚していて不倫関係にありました。

 

もうひとりの男性は行きずりで、酔った勢いでワンナイトラブです。

 

そして、私の最後の男性になるはずだったのが今の旦那です。

 

過去には短いお付き合いの人や不倫関係とかありましたが、どれも素敵なセックスだったと思います

 

じつは私、すごくエッチで下品な妄想をするんです。

 

男性経験のない頃から、少ない性知識の中で色んなエッチな妄想をしていて、本当はとてもエロくてムッツリスケベな女なんです。

 

でも好きな人とエッチな関係になっても、そんな卑猥な妄想を実現できません。

 

恥ずかしいですし、やはり好きな人にそんな淫らでヤリマンな女だと思われたくありません。

 

だから今までの関係を持った男性(旦那を含めて)とは、本当に同じようなセックスしかしていません。

 

でもムッツリスケベな私は、卑猥な妄想が止まらないんです。

 

前置きが長くなりましたが、先週末にパート先の飲み会に参加しました。

 

そんなに頻繁に参加してる訳ではない私が行ったので、他の人が気を遣ってくれて、三十路熟女な私なのに、年甲斐もなくお嬢様扱いされていました。

 

確かにオジサマ方が多くて、一番若い男性が29歳のT君で、その他の男性はみんな30代後半か40代以上でした。

 

女性も私が一番下で、他に3人いましたが、みんな40歳前後の年配女性でした。

 

ただ、少し飲み過ぎてしまいました。

 

早い時間から飲み始めたので、まだ夜の7時だというのに、かなり酔っていました。

 

これでは醜態を晒してしまうかもと思い、

 

「帰ります」

 

と告げると、みなさんも私が酔ってるのを理解してたみたいで、T君に私を送るように言いました。

 

「大丈夫ですから」

 

と遠慮する私でしたが、ちょっとカッコイイし可愛いと以前から思っていた年下のT君だったので、送ってもらいたい気分もありました。

 

ただその時は、エッチな気持ちなんて全くありませんでした。

 

T君とお店を出て駅までお話をしていたら、T君も酔っていたみたいで、異常なくらい私を褒めるんです。

 

「○○さん(私の名字)は若いですね」

 

「優しいし、理想の女性って感じです」

 

「それにスタイルもいいし、ご主人が羨ましい、俺も○○さんみたいな人と結婚したい」

 

「独身って言ってもいけますよ」

 

「いや、高校生は無理でも大学生なら大丈夫かも」

 

笑わせてくれるくらい、褒められていました。

 

「どうしたの?私にそんなに言っても何もでないよ」

 

「酔ってるから言いますが、職場内で一番好きなんです。一番女性として意識してしまうんです」

 

手を握られてしまいました。

 

「俺の部屋すぐ近くなんです。ちょっと飲み直しませんか?」

 

「ダメだよ。もうかなりお互い飲んでるし」

 

「ちょっとだけでいいんです。もう少し○○さんと話がしたいだけなんです」

 

「・・・」

 

T君が何も言い出せないでいる私の手を強引に引っ張って、2人で歩いていました。

 

(アブナイな!)

 

とは思っていましたが、その時はなぜかいつも心の奥にあるエッチな私が現われていたと思います。

この体験談の続きを読む

イケメン高校生の巨根に興奮してフェラチオで大量に射精させました

イケメン高校生 フェラチオ
画像はイメージです

 

試着室でモッコリさせるイケメン高校生

 

私は紳士服フロアで接客担当をしています。

 

ちなみに25歳の女で、彼氏はいません。

 

子の前、男子高校生にいたずらしちゃいました。

 

スラリとした長身で長い手足、小さめで引き締まったお尻に、ジーパンが良く似合っていました。

 

小顔で目鼻立ちはクッキリしていて、かなりのイケメンでした。

 

スラックスはウエスト、それに股下を測ります。

 

普通は服の上からですよ。

 

その男の子は試着したけど、サイズが合わないみたいで私は試着室に呼ばれました。

 

「じゃあサイズ測りましょうか?」

 

って言ったらジーパンを脱いじゃって・・・

 

彼の前で片膝ついて、ウエスト測りました。

 

「75ですね」

 

って彼の顔を見上げたら、彼の視線は私の胸と太ももに注がれていたんです。

 

彼の位置からだと、ブラウスの中やスカートの中のパンツまで見えていたと思います。

 

股下を測る時、わざと彼のブリーフの前に手を当てて測りました。

 

メジャーの端を持って、手の平がちょうど彼のおちんちんに当たるようにしました。

 

そしたらすぐに勃起しちゃって・・・

 

いつもは測らないけど、ヒップも測りました。

 

私が膝立ちしてるから、彼のおちんちんは、ちょうど私の顔の前にあります。

 

メジャーを彼のヒップ側へまわす時、ビキニっぽいブリーフからはみ出しそうな亀頭部分へわざと頬をつけました。

 

すると激しい息遣いが聞こえてきて、ふと少年の股間に目をやった私はびっくりしました。

 

少年のブリーフの股間は大きくモッコリと盛り上がっていました。

 

「あら、エッチねえ。ところであなた名前は?」

 

「あっ、◯◯です」

 

「下の名前は?」

 

「祐二です」

 

「年は?」

 

「17です」

 

私は興奮で頭がクラクラしてきました。

 

見ると、祐二のブリーフの前はパンパンに膨れ上がっていました。

 

「祐二く~ん、どうするの~?こんなにモッコリさせちゃって」

 

祐二は、一瞬腰を引きました。

 

恥ずかしそうに勃起を隠そうとします。

この体験談の続きを読む

【絶倫の彼】朝立ちのおちんちんをフェラしてから何度も激しいセックス

パイズリフェラ
画像はイメージです

 

朝立ちのおちんちんをフェラチオ

 

交際中の彼氏の家にお泊りし、いっぱいセックスしました。

 

季節はちょうど夏真っ盛りです。

 

朝だというのに、まるで熱帯夜のような暑さで、目が覚めてしまいました。

 

彼も起きていて、

 

「おはよう」

 

と言ってきましたんで、私も、

 

「おはよう・・・」

 

とまだ寝ぼけながら目を開けると、なんと彼はボクサーパンツ一丁だけの姿になっていました。

 

「何でパンツ姿なの?」

 

「暑いから脱いだ」

 

「お前は、おっさんか!」

 

と私は思わずツッコんだのですが、ふと彼の股間を見ると・・・

 

「しかも、朝勃ちしてるし」

 

明らかにパンツの中のおちんちんは大きく膨らんでいて、あらためて見ると、

 

(こんなに大きいおちんちんが何度も私のオマンコに入っていたなんて・・・)

 

と、彼氏と激しくセックスした昨夜のことが頭の中かに浮かんできました。

 

「どうした?」

 

「きゃっ!」

 

突然彼が近づいてきました。

 

「もしかして、朝勃ちした俺のチンコ見て興奮した?」

 

「えっ・・・いや・・・その・・・」

 

彼が近づいてくる間も、股間から目が離れませんでした。

 

「ちょうど抜きたくなったからさ、フェラチオして?」

 

彼はベッドの上で、盛り上がった股間を突き出すように腰を上げました。

 

もっこりが一層強調されて、とてもいやらしく見えました。

 

すでに私も舐めたくなっています。

 

「ん~・・・あれ、いい香り?」

 

「起きる前に身体洗ったからね」

 

私は犬のように彼の股間に鼻をつけてスーッと匂いを嗅ぐと、彼の使ったボディーソープの匂いが私の嗅覚を刺激し、さらに興奮しました。

 

「おっきぃ・・・!」

 

私は我慢できなくなり、彼のボクサーパンツを脱がせると、お腹にくっつく程そそり立ってたおちんちんが現れ、また昨日の激しいセックスを思い出してしまいました。

 

「んふっ」

 

私は大きなおちんちんを口に含み、フェラチオを始めました。

この体験談の続きを読む

ヤリマン女と呼ばれるようになった私は男たちのザーメンを飲みすぎて…

ヤリマン女
画像はイメージです

 

クンニが好きすぎる男

 

私は30代前半の独身女で、女性向けのアパレル関係の仕事をしています。

 

職場も女性がほとんどで、出会いなんか滅多にありません。

 

そんな私は3年ほど前から、あるネットのサークルに入ってしまいました。

 

そのサークルとは、大人の性癖の集いサークル。

 

4年ほど前に2年間付き合っていた彼と別れ、寂しい思いもしていたので、軽い気持ちでそのサイトに入りました。

 

そのサイトには私の他に4人ほどの女性がいたし、どこの誰かわからないという安心感もあって、ついつい入り浸っていました。

 

最初はサイト内の複数の人達が集まるチャットに入り、色んな人の性癖を聞いているだけだったのですが・・・。

 

みんなの話を聞いているうちに、色々なことに興味を持ってしまいました。

 

それからは、独り妄想して自分で慰める毎日になっていました。

 

自分が経験したことのない話を聞いては驚き、興奮していました。

 

それから数ヶ月して、そのサイトで知り合った男性とリアルで会って、お茶をしたり食事したりして、3回目に会った時にその男性とセックスしました。

 

彼はクンニが好きらしく、1時間近くオマンコを舐められ、彼の舌だけで4回くらいイカされました。

 

1時間近くもクンニされてるもんですから、私も彼のを1時間近くフェラしてあげて、彼の出すザーメンで口の中が苦くなっていました。

 

途中で、

 

「入れて欲しい」

 

とお願いしてもクンニばかりされ、やっと挿入された時には1分くらいでイッてしまって、彼が射精するまでに3回ほどイカされました。

 

こんなに一日でイカされたのは初めてだったので、癖になりそうでした。

 

それから数回、彼とは会ってセックスを楽しんでいました。

 

私が今までに付き合った人は3人で、それぞれ関係を持ちましたが、普通のセックスがほとんどでした。

 

フェラチコ、シックスナイン、正常位、バック、騎乗位くらいは経験していましたが・・・。

 

彼とのセックスでは片足を持ち上げられて立って挿入されたり、立ったまま両手をベッドに付かされバックで突かれたり、彼の首に手を回して彼にお尻を抱えて持ち上げられ挿入されたり(駅弁と言うそうです)・・・。

 

フェラチオも、ただ舌で舐めたり口に含むだけしかしてこなかったのに、彼の指示でタマタマを舐めさせられたり、口に含んで転がしたり、アナルまで舐めさせられたりしました。

 

彼が射精する時は、口の中で出すというより、私に口を大きく開けさせて、そこにザーメンを流し込む感じで出されました。

 

その後も、彼のザーメンで汚れているおちんちんを綺麗に舐めて、先っぽに吸い付いて尿道に残っているザーメンを残らず吸い取って、最後はごっくんさせられました。

 

なんか不思議な感じでした。

 

彼に言われると、

 

(してあげなきゃ!)

 

という気持ちもあったり、少しレイプっぽい感じもして興奮しました。

 

彼とはまるで、スポーツを楽しむようにセックスしていました。

この体験談の続きを読む

【絶倫大学生】旦那が出張中にナンパされて浮気したら何度も中出しされた

絶倫大学生
画像はイメージです

 

旦那が出張中に浮気

 

私は現在30歳で、すでに結婚しています。

 

でも昨日は、女友達と独身気分で遊んできました。

 

だって旦那といえば、連休なのに出張中で5日間も家に居ないんです。

 

友達と街を歩いていると、若い服装の効果なのか、それともまだまだ私も捨てたものでもないからなのか、何度かナンパされました。

 

友達と2人で品定めしながら、逆ハーレム状態でついて行ったのは、どちらも21歳の大学生の男の子2人でした。

 

年齢を当てっこする流れになり、胸を最大強調したニットは、U字に胸の谷間を露出していました。

 

しかも、ヒラヒラミニスカートで、アミアミの太腿までのロングストッキングという、若い服装のおかげで、私は26歳に見られました。

 

もちろん、私たち2人ともに旦那がいるのは言いました。

 

それぞれカップルになって、バーとか行ってすごくいい雰囲気になってしまって、そのままラブホに行ってしまいました。

 

私の相手のG君は、背が高くて顔も可愛い系で、いい感じでした。

 

G君は部屋に入るともう興奮しまくりで、服も脱いでないのに私に抱きついてきて、キスしながら体を触りまくってきました。

 

私もあんなに強引なのは久しぶりだったので、それだけでオマンコが濡れてしまうくらい興奮しました。

 

入って10分くらいなのに、服も脱がずに立ったまま後ろから、固くなったおちんちん入れられて、ズンズン突かれてしまいました。

 

安全日だったので、

 

「中でいいよ」

 

と言うとすぐに、G君は精子をオマンコの中に発射しました。

この体験談の続きを読む