カテゴリー:OL・お姉さん(女性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:OL・お姉さん(女性告白)

【デカチン】高校卒業したばかりの若い男の子に潮吹かされました

潮吹き
画像はイメージです

 

若い男の子のおちんちんがデカかった

 

春になって若い男を狙っていました。

 

若い男の子は出会い系サイトにたくさん登録されてるから、元気がいいおちんちんなんてすぐ見つかるはずって思ってたんだけど、そうでもないんですよね。

 

若い男の子ってセックスの経験が少ないことの方が多いみたいだし、なかなか満足させてもらえるおちんちんを探すのは難しいのかもしれません。

 

ちなみに去年は、高校卒業したばかりの男の子に狙いを定めて、童貞狩りばっかりしてたんですよね。

 

そしたらこの間、素敵なおちんちんに巡り合うことができました。

 

せっかく若い男の子が集まる時期なんだから狙って頑張ってたんだけど、想像以上に強烈なおちんちんでした。

 

今年高校を卒業したばっかりのパワフルな男の子。

 

しかもおちんちんもパワフル。

 

とにかくデカかったんです。

 

別に私はデカチンが好きっていうわけでもないんだけど、やっぱりおちんちん大きいと迫力あるし、

 

(このデカチンがチカのオマンコに入るんだ…)

 

と想像しただけで興奮して濡れてきちゃうってところもありますし。

 

亀頭もカリも発達してて、段差があって張り出してて、フェラチオするのが大変でした。

 

でもチカはお姉さんだから、余裕ぶっこいた感じでペロペロ舐めてました。

 

実際は入れて欲しくて仕方なくって、デカチン舐めてるだけでチカのオマンコはグショグショに濡れてたんです。

 

そしてついに、リードしながらデカチンを挿入しました。

 

でも入れてすぐイッちゃいました。

 

実際入れてみたらめちゃくちゃ気持ちいいの。

 

大きいおちんちんがオマンコに入った時の、あの密着感は凄いです。

 

デカチンだからオマンコとの摩擦がたまんないんです。

 

カリも張り出してたから、オマンコの壁が擦られて、ちょー気持ちいいんです。

 

「あんっ!凄い…気持ちいいっ!チカのオマンコ裂けちゃう~…」

 

だんだん腰のスピードが早くなって、入り口から奥まで何度もデカチンが往復してます。

 

「あぁっ!…ダメッ!壊れちゃう!!凄いよ、このおちんちん!たまんないっ!もっと突いて!もっとオマンコ擦ってーっ!!」

 

いやらしい言葉も発しながら、我を忘れて悶えまくってました。

この体験談の続きを読む

射精直後の亀頭責めに苦しむ男 萎えても強制勃起で連続射精

亀頭攻め
画像はイメージです

 

生意気な男のチンポに思わずうっとり

 

この間は生意気な男を懲らしめてきたよ。

 

エリカのサイトに書き込まれたのがこれ。

 

「いつもブログ見てます!でも、ちょと信じられないなー。10回以上イカせるとかってホントにできんの?なんだったら俺のちんぽイカせて見ろ!!この淫乱女が!!」

 

この手の書き込み結構くるんだよねー。

 

エリカを挑発してセックスに持ち込もうっていうのが、もう見え見え。

 

いつもだったらこういう書き込みは無視するんだけど、なんだか妙にムカついて、今回は生意気な書き込み主のチンポ退治に行くことにしたよ。

 

相手は20歳、大学生の孝弘君。

 

ラブホテルに入って、早速チンポ退治スタート!

 

「生意気なチンポ見せてよ。偉そうなこと言う男に限ってダメチンポだったりするんだよね」

 

「俺のチンポはそんなことないよ」

 

孝弘君がパンツを下ろすと、すでにギンギンに勃起したチンポが勢いよく飛び出してきた。

 

いつも思うけど、やっぱり若い男の子のチンポっていいよね。

 

今にも破裂しそうなくらい血管が浮き出てて、とにかく硬くて弾力があって・・・

 

エリカは元気一杯なチンポに思わずうっとりしちゃった。

 

(ヤバい…このチンポ入れたい)

 

って。

 

危うくチンポ退治を忘れちゃうところだった。

 

なんとか入れたい衝動を抑えて、チンポ退治スタート!

この体験談の続きを読む

【不倫セックス】本当はスケベで淫乱だった私を開花させた同級生の彼

背後からおっぱい揉み
画像はイメージです

 

抱いて欲しいって素直に言えるの

 

私は結婚3年目の29歳主婦です。

 

夫以外の男性と肉体関係を持ってから、もうすぐ2年です。

 

夫とはセックスレスでもないし気持ちいいんですけど、同級生の浩之は、これまで眠っていたスケベで淫乱な私を開花させてくれた人です。

 

夫の事を心から愛しているんですが、どうしても身体は浩之を求めてしまうのです。

 

会えない日が続くと、浩之との濃厚なセックスを思い出しながら、昼間一人でオナニーすることもあります。

 

ついこの間もムラムラが抑えきれなくて、休日の昼間、突然一人暮らしの彼のマンションに行っちゃいました。

 

夫には欲求不満だなんて思われたくないから、私からセックスしたいなんて言えないけど、彼には素直に、

 

「抱いて欲しくて来ちゃった・・・」

 

って素直に言えるんです。

 

そんな私を、

 

「可愛いな」

 

って玄関先でギュッて抱きしめてくれるんです。

 

もうそれだけでオマンコが濡れちゃいます。

 

浩之はそのまま玄関先で私を立たせたまま、荒々しくTシャツを捲くってブラジャーをたくし上げ、ポロンと出てきたおっぱいをむんずと掴んで大きく揉みしだきます。

 

そして乳首にむしゃぶりついて、舌でレロレロしたりチューチュー吸ったりしてくれます。。

 

私がクリと乳首が弱いのを知ってるんです。

 

でも浩之もおっぱいが大好きです。

 

チュパッ、チュパッ・・・ってわざと大きい音を立てたりしていっぱい舐めてくれます。

 

指と舌でたくさん乳首を愛撫されると、もう立っていられなくなります。

 

「あっ・・・あんっ・・・」

 

って声を上げてよがる私に、

 

「気持ちよかった?もうこれで満足?」

 

って意地悪なこと言うんです。

 

「いやっ・・・もっと気持ちよくしてぇ・・・」

 

って甘え声でおねだりすると、部屋に上がってベッドへ直行です。

 

上半身を裸にされて、浩之は後ろから抱きつき、おっぱいを激しく揉み揉みしてきます。

 

後ろからされるのって、襲われてる感じがして凄い興奮するんです。

 

浩之はおっぱいを片手で揉みながら、もう片方の手は下半身へ伸ばしてスカートをまくり、パンティーの上から指先でオマンコの割れ目を何度もなぞってきます。

 

私のオマンコは、もうすでにビショビショに濡れていました。

 

「あん・・・いやん・・・」

 

感じていた私は、たまらずに腰をクネクネさせました。

 

「もう、すげぇ濡れてるよ・・・いやらしい女だな」

 

また意地悪なこと言って、ニヤニヤしながら私の顔を覗き込んでくるんです。

この体験談の続きを読む

【小学生フェラチオ】恥垢がついた包茎おちんちんの臭いに興奮する私は変態

小学生フェラチオ
画像はイメージです

 

小学生の男の子がおねしょ

 

私は小学校の教員ではあるのですが、とにかく少年が大好きなのです。

 

しかも包茎の男の子なら、なおさらです。

 

女性の多くは、変態って思うかもしれません。

 

でも、好きなものはどうしようもありません。

 

大人の男性とは違う魅力があります。

 

汗の匂いやおしっこの臭い、思春期の男の子ならではの独特の甘い精子の臭い、それら臭いを嗅ぎながら、少年のおちんちんの先に舌を這わせてフェラチオしてあげます。

 

想像しただけでも、オマンコが濡れてしまいます。

 

私が今、関係を持っているのは、小学校の教え子ではなく、近所に住んでいる宏君です。

 

驚くことに今の子供って、早い子では、小学4年生でおちんちんが勃起もするし、射精もするんです。

 

子供でも気持ちよくなって、精液ピュッピュッて飛ばしちゃうんです。

 

女の子の生理も、小学3年生で始まる子もいます。

 

信じられないでしょ?今の子供は発育が早いのです。

 

宏君とは、ここ1年ぐらい、エッチな関係にあります。

 

最初は地域の子供会のスキー旅行で、宏君の両親がどうしても行けなかったため、教師でもある私と、私の父が面倒を見たのがきっかけでした。

 

宏君はお泊まりは初めてと言う事で、バスの中でも緊張していましたが、スキー場に着くと、子供らしく元気いっぱいに滑っていました。

 

飲み込みも早くて私よりも上手で、私が

 

「宏君、滑り方教えてよ」

 

って言うと、

 

「うん、お姉ちゃん一緒にすべろ」

 

なんて無邪気な笑顔で私の手を取り、丁寧に滑り方を教えてくれました。

 

ホテルに戻ると、たくさん汗をかいたので、私は温泉に入りに行きました。

 

部屋に戻ってくると、さっきまで大はしゃぎで遊んでいた宏君は、お風呂も入らずに、そのまま布団でぐっすりと寝ていました。

 

部屋は私の父と私、そして宏君の3人だけでした。

 

夕食は大人数なので宴会場で食べる予定なのですが、宏君が起きないので、父だけ宴会場に行って貰い、私は宏君と部屋に残る事にしました。

 

父は浴衣に着替えると、

 

「じゃあ、夕飯は後で食べに行くか、買ってくるかしなさい」

 

と言って、私に5千円を渡してくれて、宴会場に向かいました。

 

父が部屋から出て行ってから、すぐのことでした。

 

なにか、

 

ジョ、ジョー

 

という音が聞こえてきたんです。

 

(なんだろう?)

 

と思ってキョロキョロしていると、宏君が目を覚ましたみたいです。

 

時間は夜の6時過ぎでした。

 

「あれ?宏君、起きたんだね」

 

と私は声を掛けましたが、宏君は寝ぼけているのか、一言もしゃべりません。

 

むしろ、落ち着きがない感じでした。

 

寝ぼけているのとは明らかに違います。

 

私は

 

(もしかして?)

 

と思い、宏君に近づいて布団に手をかけました。

 

すると宏君は、

 

「やめてー」

 

と大きな声で嫌がると、真っ赤な顔をしながら私の手を掴んで払いのけました。

 

私は何も言わずに立ち上がり、部屋のお風呂場からバスタオルを取ってくると、

 

「大丈夫よ」

 

と言って、布団をめくりました。

 

そうです、宏君は「おねしょ」をしてしまったんです。

この体験談の続きを読む

マッサージ師にエッチな誘惑 中出しされる快感が忘れられない私

マッサージ
画像はイメージです

 

マッサージ師にエッチなアピール

 

私はOLなんですが、営業職で出張も多く、月に3,4回は全国各地に出張するんです。

 

出張とストレスで疲れた私は、夜になると、毎回のようにマッサージを頼みます。

 

体をほぐして欲しい訳じゃなくて、マッサージ師の男性に、エッチな誘惑をしてSEXするのが目的なんです。

 

逆痴漢みたいなことして、マッサージ師を誘っちゃうんです。

 

初対面の男性に触られる興奮が病みつきになり、そのままSEXまでしちゃうんです。

 

いつもマッサージ前にシャワーを浴びますが、その後下着は付けず、露出度が高いワンピース一枚で男性を迎えます。

 

マッサージ師によっては、もちろん普通にする人もいますが、わざと際どい場所にまで手を伸ばし、

 

「マッサージの一部」

 

と言って触ってくる人もいます。

 

私がいくらエッチな誘惑をしても、乗ってこない場合は諦めますが、ほとんどの男性は乗ってきます。

 

先日の出張時も、うまいことSEXまでしちゃいました。

 

そのマッサージ師さんは、初めから触り方もいやらしくて、すぐに私は濡れてしまいました。

 

太ももの付け根付近をマッサージされた時、わざと、

 

「はぁ~ん」

 

とかいやらしい声で反応してみせ、軽く足を開きました。

 

(触ってもいいですよ)

 

という態度を示したんです。

 

マッサージ師は、まだ遠慮がちにですが、オマンコぎりぎりまで手を這わせてきました。

 

すると、すでにグショグショに濡れているオマンコに気づき、私の反応を確かめながら、直接触れてきました。

 

私は、

 

「あんっ…いやん…」

 

と、吐息まじりに感じているエロい喘ぎ声を出し、

 

「もっとして下さい」

 

と言わんばかりに、更に足を開き、エッチなアピールをしたんです。

 

そしたらゆっくりとオマンコに指が入ってきて、私は男性のされるがままに受け入れました。

この体験談の続きを読む