カテゴリー:OL・お姉さん(女性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:OL・お姉さん(女性告白)

巨根の性欲処理に落ちぶれ逃れられない私は後輩の女の子を連れてきました

 

後輩OL
画像はイメージです

 

(前回の続き)

 

↓ ↓ ↓

 

 

大量のザーメン浴びて童貞をいただき

 

童貞巨根の上田君にクンニされて2回続けてイカされてしまいました。

 

私はちょっとだけ悔しくなって、上田君の顔面に股がってクンニさせていたので、この状態で回転してシックスナインの形になって、私も彼のおちんちんを攻撃しはじめました。

 

上田君の巨根は全部は口に入りこまないので、亀頭を舐めながら、ツバをしたたらして両手擦っていました。そうするとそれまで度々寸止めしていたので、上田君は

 

「もうダメです、お願いです、出してもいいですか」

 

と情けない声でお願いしてくるので、微笑ましくなってしまい、

 

「それじゃあいいよ!思いっきり射精して」

 

と言って一層激しく扱きました。そしたらアッという間に上田君は

 

「ああ、出ます、イク、ああ~ああ」

 

と絶叫しました。

 

私は射精する瞬間が見たかったので口を離して眺めていると、おちんちんが一瞬大きくなった瞬間に大量のザーメンが飛び出してきたのです。

 

物凄い勢いで飛び出してきたので、お顔がザーメンまみれでベトベトになってしまいました。

 

予想してなかった顔面シャワーをされて、胸の奥底がジンジンしてきて、支配された気分になってしまいまして、私は凄く興奮しました。

 

私は上田君が射精した後も、すぐに巨根を扱いて、亀頭をしゃぶりまくりました。

 

男性は射精した後に触られるのを嫌がる人が多いので、逆にイタズラをしてやろうと思い、無理矢理攻撃を続けてました。すると上田君が

 

「ああ、ダメです、それ以上はダメです、ああ、やばいです、ああ~ああ」

 

と大きな声で叫んだかと思えば、ビシャッ、ビュッ、と透明な液体が飛び出しました。

 

私は驚愕してそれを先ほどのように顔中に浴びてしまいまして、上田君は呆然としています。その液体は何であるのか知りません。

 

それ後はいくらなんでもおちんちんに触られるのは辛いみたいだったので、ちょっとひと休みしました。

 

でも私はまだ満足してないので、上田君の巨根を勝手にしゃぶりはじめました。

 

上田君はビクッとしていたのですが、もう問題ないみたいで、すぐに硬く勃起しました。私はもうオマンコビチョビチョで早く巨根を入れたかったので、上田君の上に股がると

 

「ほら見て上田君、童貞卒業の瞬間だよ」

 

と言って巨根をオマンコに当てました。そしてじっくりと腰を沈めましたが、大きくて中々入りません。ニチャ、ブチュと卑猥な音を出しながら、徐々に入れたんですけど、やっぱりちょっとだけ痛いです。

 

私は辛抱してそのままブチュ、ズリュと言わせながらおちんちんを根元まで入れると、普通じゃ無い感覚でした。まるでワインの瓶に一旦抜いたコルクを再度入れるみたいに、きゅうきゅうに押し込んでいる感じです。

 

上田君は嬉しそうに

 

「うああ、ハァハァ、僕もう童貞じゃないんですね」

 

と言っていました。

 

私はとても上田君が愛くるしく見えてしまい、上田君にもたれ掛かって激しく唇を重ねました。

 

キスをしているとオマンコの奥から濡れてくるのが分かり、もっと激しく巨根で突いて欲しくなりました。私は自分であせらずに腰を動かしてみましたが、やっぱり少し痛いんです。

 

何度か反復していると、痛みはもう無くなり、上田君の巨根サイズにオマンコがぴったり拡大した感じがしました。

 

そして段々過激に腰を振ると、今まで実感した事の無い気持ち良さがなだれ込んできました。私は自分でも気付かない位、自然にイッてしまいました。

 

とても不思議な感覚で、声も全く出ないで、頭だけ普段のイッた感じになって、自然と体が痙攣し、自分ではまったく止めることができなかったです。

 

そうすると、私が全く動かないので、上田君が下から腰を突き上げてきました。私は

 

「ちょっと待って」

 

と言ったんですけれど、声にならなくて聞こえていない様子でした。上田君は初体験なので、遠慮なく激しく突き上げます。

 

私も段々正気になってくると、とてつもない快感が身体の内側に駆け巡りました。

 

「ああ、うはあっ、あうっ、イヤッ、ダメッ、またイッちゃう~、イクう」

 

アッという間にまたイカされてしまったのです。

 

私は以前から巨根に目がなかったので、これ程若くて硬いビッグサイズのおちんちんを入れられたら、この先他の男性では満足出来ない体になってしまうかもしれないと思いました。

 

そして上田君は

 

「先輩、後ろから入れてみたいんですけど」

 

と言うと、私の答えも聞かずに身体の位置を変え始めました。

 

このくらいから上田君の様子が変化してきて、これまでは私に主導権があったんですけど、気が付けば上田君がリードしていました。

 

私は主導権を取りもどす事なんて無理な位にフラフラでした。そして上田君はバックでおちんちんを入れなおすと、

 

「ああ、気持ちいい~」

 

とひとり言の様につぶやくと、たちまちブチュッ、ニチュッ、ズリュッと突いてきました。

 

私は一突きされる度に失神しそうになり、声も出せずにビクンビクンぐらついていると、継続して凄く強烈な腰使いで突いてきました。

 

「ああ、あんっ、ダメッ、スゴイ、何これ、凄い、おかしくなるう、イク、あうっ、うぐう」

 

とまたすぐにイッてしまいましたが、上田君は確実に知らんぷりをして腰を突きまくっています。ある程度経過した頃、

 

「ああ、出る、このまま中に出していいですか?ああ~、出る~」

 

 

と上田君は雄叫び始めました。

今日は危険日の可能性があるので中出しは駄目と思いましたが、先程の凄い量のザーメンを思い出してみて、

 

(精液をオマンコの中に出されたい)

 

と思ってしまったのです。そうして何も答えないでにいると上田君は

 

「ああ、もう無理です、イキます、ああ、出る、ああ」

 

と喚いて、すごい量の温かいザーメンをオマンコの中に放出しました。中におしっこをビュービューされたみたいな感じで、すっごい量のザーメンが入ってきました。

 

私はすっかり支配された気分だったのですが、この巨根ならやむを得ないと諦めました。

 

そうこうしているとみんなが戻ってくると思われる時間になっていたので、二人で急いで着替えました。つい先ほどまではシャイだったはずの上田君なのに、今はとってもナユラルに私に話し掛けてきます。

 

「美紀さんの体マジたまんなかったです。またお願いしてイイですか?」

 

なんて平気で言ってくるんです。でも彼から離れられないのは私の方なので全然オッケーですけどね。

この体験談の続きを読む

デカチン童貞の新入社員を酔った勢いで誘惑しました

デカチン新入社員
画像はイメージです

 

宴会中にちらっと見えたおちんちんが凄かった

 

私の勤務している会社は、従業員数が350人程度の会社でした。男女の割り合いが7対3程で、男の人達が大部分ですが、わりと女の人もたくさん会社でした。

 

そういう会社なので、合コンと言うというわけではないですけど、週末には会社内の違う部の人と宴会がある事があったのです。

 

2~3回飲み会を繰り返していると、今期のルーキーの中に「デカチンの童貞」が存在すると言う情報を耳にしました。私はそのことを聞くと、少し「ドキッ」っとしてしまったものです。

 

その当時は20代後半でしたので、年下男性もありかもと思い始めた時だったのです。

伝え聞いたところでは、一緒に出張した他の社員が、デカチンの彼と風俗に出掛けた時に確かめたらしいのです。

 

その風俗は「ピンサロ」というものらしいですが、なんでも暗いフロアで、個室と異なる場所でお口だけで奉仕するみたいなのですが、隣にいたデカチン君の方から、風俗嬢が

 

「こんな大きいの無理です」

 

と言っていたため、覗いてみれば、500ミリのペットボトルくらいの大きさがあったそうです。他の社員もその話を聞いて

 

「えーー!うそーー!」

 

と愕然していましたが、私は自分だけ興奮していたんです。

 

男性の社員によると、女の人と会話するのが下手で、良い男性なんですが、恋人ができなかったみたいなのです。

 

私はどうにかして声をかけてみたいと考えたのですが、キッカケはなかなか有りませんでした。そういった話も忘れそうになった暮れに、社員旅行に行きました。

 

参加数人数が多いので、例年箱根のホテルを2箇所手配して行っていました。その日、男性の大半はゴルフに行き、女性のみなさんは前倒しして温泉で体を休めていました。その後飲み会が始まりました。

 

宴席はホテルが2箇所で半分くらいに離れてしまうので、部署に限らず、抽選を行います。短絡的に席を決めると派閥等の問題でしつこく言う人がいるらしいです。

 

私もスタート時は面識のない人ばかりで、テンションに欠けましたけど、アッという間に打ち解けて、逆に面識のない人同士の方が盛り上がっていました。

 

私の飲んでいた一団は大方6人位で集まっていましたが、その中の一人が例の「デカチンの童貞君」の話をするようになったので、私もそういえばと思い出しました!

 

その際はアルコールが入っていたので、変にドキドキしてしまったものです。そうするとその男性が、

 

「あやつどこ行った?」

 

と、その童貞君を探し求め始めました。どうもこちらサイドのホテルにいるらしいのです。それから

 

「お~い、上田、ここに来いよ」

 

と招くと、浴衣姿の若い男性が顔を出しました。思いの外格好良くて驚きました。そうして上田君を招待した男性が

 

「上田、チンコ出してみろ」

 

と言うと、照れくさそうに

 

「先輩、そりゃ無理っすよ」

 

と顔が赤くなっていたんです。

 

けれど、男性が強制的に浴衣に手を伸ばすと、下着が一目見えたんですが、おちんちんの盛り上がりが異常だったんです。

 

私は一緒になって笑っていたのでありますが、本心はもっと見たくて仕方ありませんでした。

 

そして、何とかあの上田君のおちんちんをを味わってみたいと思い始めました。

この体験談の続きを読む

黒光りするデカチンを持つハーフの男子生徒が絶倫すぎて失神しました

プールサイドでセックス
画像はイメージです

 

セックスが好きではなかったのに電マを使ってからは

 

わたしは高等学校で水泳部の顧問をしている女性教師です。年齢は31才で結婚3年目です。いまだに子供は授かっていません。旦那は同じ高校の教師です。

 

私は10代の頃からスポーツばっかりやっていて、周囲の男子も体育会系ばっかりでした。しかし私はどちらかと言うなら口数の少ない男子が好きで、現在の旦那も文系の人です。

 

夫婦生活も申し分ないのですが、たった1つだけ欲求不満があります。夫がいまではセックスに関心が消え失せきてしまっているようなのです。

 

休みの日はいつも本を読んでいるか、模型を作り上げているか、外に行っても釣りをやっているだけです。多くは夫婦としての接点が消失しています。

 

私は年若き頃はセックスにほとんど関心がなかったのです。当時の彼氏は常日頃からでもエッチを求めて来たのですが、私は少々苦痛でした。

 

気持ちいいという感覚はあるのですけど、濡れにくいのかちょっと痛みを感じる時もあり、身近な友達が言うみたいに気持ちいいとはいまひとつ思いませんでした。

ただし、

 

「好きな彼が気持ちよくなってくれるなら嬉しい!」

 

と、ただそれだけでした。

 

しかしながら30才になったときに友人がプレゼントに「電マ」をくれたんです。始めはなんてことはないマッサージ機だと考えてたんですけど、友人が

 

「めっちゃ気持ちいいよ」

 

ってアドバイスしてくれたので、帰宅して一人の時に使用してみたんです。もう驚きでした。友達には

 

「最初から直接当てたら駄目だよ!」

 

って指示されてたので、パンティーの上から当るか当たらないかって程度の位置で当てたのですが、全身が痺れてしまい、ふと気づけば声が出てるぐらい感じてしまいましてアッという間にイッてしまいました。

 

人生経験したことのないオーガズムが電マでした。もの凄かったです。

 

当分体に力が入らず、足は変な具合に痙攣しているし、ベッドにはシミが出来てるし、それならば全員が気持ちいいって言うのもうなづけました。

 

それ以降常日頃から電マでオナニーしてしまうようになってしまい、最近ではクリトリスの皮をめくり上げて直接当ててオナニーしています。

 

クリも凄く大きくなってしまったようです。それと並行してセックスに対する願望も増大してきて、私から主人を初めて誘ってしまったのです。

 

でもとても淡白なセックスだったので全く満足できず、後でトイレでオナニーしました。

この体験談の続きを読む

真性包茎を剥いて恥垢を拭き取り、童貞チンポをいただきました

包茎
画像はイメージです

 

年下の同僚が包茎でしかも童貞

 

ほぼ同時期に入社した5歳年下の男の子・山下君は、初めての就職で、未経験なことばかりのため、私が指導役で仕事を教えることに。

 

彼はマジメなため「早く仕事を覚えたい」と、二人で残業になることもたびたびありました。

 

そんなある週末の日の事、残業中、たまたまTVをつけたままにしていたら、バラエティ番組の中からから聞こえてきたのは、お笑いタレントの「包茎」の話で、手術をしたとか、その結果どうなって、Hの時も自信がでてきたとか…。

 

その内容に、私が笑いながら

 

「男の子は大変ね~」

 

と彼に声をかけると、 彼は、顔を真っ赤にしてうつむいていました。私は、ひょっとしてと思い、多少のいたずら心から、

 

「ねぇねぇ山下君は大丈夫なんでしょう?」

 

と聞くと、彼は少しモジモジしながら、

 

「いや、実は僕も包茎なんですよ」

 

と、なんとあっさり告白。 それからは仕事そっちのけで、色々と彼の身の上話を聞くことになりました。

 

彼の話では、今まで女の子とつきあったことがなく、しかも童貞くん。 幼い時から母子家庭で、女性に対する免疫がまるで無く育ったとのことでした。

 

また友達関係もマジメな子が多く、おちんちんのことは勿論、性の知識もあまりなかったようです。

この体験談の続きを読む