カテゴリー:OL・お姉さん(女性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:OL・お姉さん(女性告白)

マッサージ師にエッチな誘惑 中出しされる快感が忘れられない私

マッサージ
画像はイメージです

 

マッサージ師にエッチなアピール

 

私はOLなんですが、営業職で出張も多く、月に3,4回は全国各地に出張するんです。

 

出張とストレスで疲れた私は、夜になると、毎回のようにマッサージを頼みます。

 

体をほぐして欲しい訳じゃなくて、マッサージ師の男性に、エッチな誘惑をしてSEXするのが目的なんです。

 

逆痴漢みたいなことして、マッサージ師を誘っちゃうんです。

 

初対面の男性に触られる興奮が病みつきになり、そのままSEXまでしちゃうんです。

 

いつもマッサージ前にシャワーを浴びますが、その後下着は付けず、露出度が高いワンピース一枚で男性を迎えます。

 

マッサージ師によっては、もちろん普通にする人もいますが、わざと際どい場所にまで手を伸ばし、

 

「マッサージの一部」

 

と言って触ってくる人もいます。

 

私がいくらエッチな誘惑をしても、乗ってこない場合は諦めますが、ほとんどの男性は乗ってきます。

 

先日の出張時も、うまいことSEXまでしちゃいました。

 

そのマッサージ師さんは、初めから触り方もいやらしくて、すぐに私は濡れてしまいました。

 

太ももの付け根付近をマッサージされた時、わざと、

 

「はぁ~ん」

 

とかいやらしい声で反応してみせ、軽く足を開きました。

 

(触ってもいいですよ)

 

という態度を示したんです。

 

マッサージ師は、まだ遠慮がちにですが、オマンコぎりぎりまで手を這わせてきました。

 

すると、すでにグショグショに濡れているオマンコに気づき、私の反応を確かめながら、直接触れてきました。

 

私は、

 

「あんっ…いやん…」

 

と、吐息まじりに感じているエロい喘ぎ声を出し、

 

「もっとして下さい」

 

と言わんばかりに、更に足を開き、エッチなアピールをしたんです。

 

そしたらゆっくりとオマンコに指が入ってきて、私は男性のされるがままに受け入れました。

この体験談の続きを読む

寝ている彼のおちんちんが朝立ち!ムラムラした私は縛って跨りました

朝立ち
画像はイメージです

 

寝ている彼が朝立ち

 

私は28歳のOLで、26歳の彼が借りてるマンションで半同棲状態の生活をしています。

 

週に3~5日で泊まりに行ってます。

 

彼の仕事の都合で、一昨日、昨日と泊まりに行けなかったので、早く会いたい気持ちから、朝早くに合鍵を使って、彼のマンションに侵入することにしました。

 

3日ぶりに会えることにワクワクするというよりも、3日もエッチしてなくてムラムラしてます。

 

(私って性欲強いのかしら?)

 

彼が寝ている寝室にそーっと入ると、上半身裸でパンツ一枚で寝ていました。

 

横向きで体を丸めたような格好が可愛くて、ちょっと萌えました。

 

すると、彼は寝返りを打って仰向けになったので、自然と股間に目が行ってしまいました。

 

(あっ!おっきくなってる、キャー!)

 

おちんちんがパンツを突き破りそうに、もっこりと朝立ちしていました。

 

それを見た私はムラムラしてしまい、彼のパンツの上から朝立ちおちんちんを撫でて頬ずりしました。

 

「うーん・・・ダメだよ・・・まどか・・・」

 

(あれ?起きてる?)

 

「すー、すー・・・」

 

(なんだ、寝言か)

 

「ねぇねぇ、マサオ・・・起きてよ~、起きてー」

 

耳元で囁きながら体を軽く揺すってみましたが、彼は起きません。

 

そう言えば、昨日は会社の飲み会だって言ってたのを思い出しました。

 

今日は二人とも仕事が休みなので出掛けようという事になっていたんですが、なかなか起きない彼氏に悪戯してやろうと思います。

 

もう一度、朝立ちしたおちんちんを撫で、彼のパンツを下ろそうとしました。

 

彼は、

 

「ん~・・・ん・・・」

 

と、やはり起きそうにありません。

 

パンツをゆっくり、ゆっくりズリ下げてようやく脱がすと、ピョコンと勃起おちんちんが露わになりました。

 

(キャー、やったー!)

この体験談の続きを読む

【ニンフォマニア】ヤリマンでM女で淫乱?オチンチンとザーメン大好き

乱交パーティー
画像はイメージです

 

私はマニアックなM女で淫乱?

 

私はバツイチのOLです。

 

以前、ハプニングバーといわれる所に行った経験があります。

 

私の会社は平日が休みのサービス業です。

 

なので、平日の昼間に行きました。

 

昼間は夜に比べて当然お客さんが少ないのですが、夫婦やカップルで来ている人がいて、セックスについていろんなお話をさせていただき、性に対する私の考えも大きく変わってきました。

 

というか、幅が広がったと言った方がいいでしょうか。

 

また、これまで気づかなかった自分の性癖も分かってきました。

 

夫婦やカップルで来られている方は、皆さんすごく仲が良い人たちばかりなんです。

 

これには驚きましたね。

 

いろんなカップルを見ていると、2パターンあるようです。

 

1つめは、奥さんが他の男性とセックスするのをご主人が見て興奮するという、寝取られフェチのカップルです。

 

だいたい最初は奥さんは嫌がるそうですが、一度ハマると奥さんの方が意欲的になるみたいです。

 

2つめは、奥さんが依存症かと思うほどセックス大好きで、年齢を重ねて旦那さんが体力的に奥さんを満足させられなくなったという中年ご夫婦のパターンです。

 

ニンフォマニア(色情症)で、毎日セックスしないと気がすまないという淫乱奥さんもいました。

 

中には、セックスというよりも、オチンチンやザーメンが大好きという奥さんもいました。

 

意外にも、露出するのが好きな奥さんも多いみたいです。

 

ハプニングバーに来ている人たちは、若い人よりも30代、40代の、一見すると普通の夫婦が多いのには驚きました。

 

私も皆さんに自分のエッチな体験談や、離婚してから現在のオナニー三昧の生活など、普通では話さないようなことを告白しました。

 

私が、

 

「見られると興奮するかも」

 

と言うと、

 

「じゃあ、試してみようか」

 

と言って服を脱がされ、カウンターに全裸で横に寝かされたり、足を広げてオマンコ丸見えにされたりしたとこを写真に撮られ、インターネットの掲示板に投稿されたりしました。

 

もちろん、顔にもオマンコにもモザイク処理はしています。

 

皆さんが言うには、私にはかなりの露出癖があるということです。

 

また、

 

「マゾ願望もあるかも」

 

と言うと、手錠と目隠しをされ、3人の男性に次々と、口にもオマンコにもオチンチンを入れられて犯されました。

 

実は目隠しされただけで、

 

(何をされるんだろう?)

 

とワクワクして濡れてしまいました。

 

途中でバイブも使われましたが、とても気持ちよかったです。

 

でもバイブ責めが続くと、

 

「オチンチン欲しい」

 

と懇願してしまいました。

 

皆さんが言うには、私は結構マニアックなM女で、奴隷願望も有るということです。

 

私はMな部分もありますが、自分から奉仕するのも好きなんですけどね。

 

私が、

 

「日本人のオチンチンしかみたことがない。もちろんセックスも日本人男性しか経験してない」

 

と言うと、

 

「今度、外国人の男性を紹介する」

 

と言われました。

 

これはいまだに実現していませんけどね。

 

オチンチンが凄く大きい人もいるけど、勃起しても柔らかい人が多いそうです。

 

私は小さくてもいいから、硬いオチンチンがいいかなあ。

 

皆さんの私に対する結論としては、

 

「Mっ気がある淫乱女」

 

ですって、う~ん。

 

でも色々アドバイスもしてくれました。

 

コンドームを使っても、漏れたり破れたりすることもあるので、ピルを飲んだ方が良いということや、ピルを飲んでても性病の心配があるので、知らない人とする際にはコンドームをつけた方が良いことなど。

 

また、

 

「今は独身なんだから、もっと自分に素直になってセックスを楽しむべきよ。いい男ならいくらでも紹介するわ。あなたはスタイルもいいから、もっと男を惹き付けるエッチな格好したらどう?女は化粧、髪型、眼鏡を変えれば、知っている人に会っても絶対分からないわよ」

 

などと言われました。

この体験談の続きを読む

【童貞】昼寝している私の体を触ってきた義弟に女を教えました

昼寝中の義姉にいたずら
画像はイメージです

 

昼寝中の私の体をいたずらしてくる義弟

 

この間の夏の時期の話です。

 

義父が急な体調不良で入院する事になり、義母が付き添いで介護をすることになりました。

 

そうなると、実家には祖母と義弟だけになってしまうため、私が家事とか身の回りのお手伝いをしに行く事になりました。

 

夫は仕事があるので、私1人で手伝いに行きました。

 

私と夫が住む家からは、車で3時間くらいかかるので、泊まり込みで行きました。

 

お手伝いに行って、5日目の事です。

 

祖母はデイケアに行ってて、高校1年の義弟は部活で、家には誰もいませんでした。

私は一人でお昼ご飯を食べ、疲れてちょっと横になって昼寝をしていました。

 

しかし、寝ている途中で、何だか息苦しくなってきたんです。

 

しかも、誰かが上に乗っかっているような気が・・・

 

シャツの中に手を入れて、おっぱいを触っているみたいなんです。

 

まだ寝ぼけていた私は、

 

(夫が触ってるのかな?)

 

って思ったけど・・・

 

(そう言えば、ここは夫の実家だ)

 

と我に返って、急に怖くなりました。

 

薄目を開けて見てみると、なんと義弟でした。

 

義弟はいつの間にか帰ってきていて、寝ている私の上にのしかかる様な体勢でシャツを捲り上げ、恐る恐るおっぱいを揉んでいました。

 

まだ僅かに寝ぼけ気味の私は、

 

(ヤバイヨ、ヤバイヨ)

 

と何故か出川哲朗の物まねを頭の中でしつつも、ひとまず寝たふりをしていました。

 

義弟は手の平でゆっくりと両方のおっぱいを揉み、乳首をクリクリと転がしながら触っています。

 

時々、おっぱいの谷間に顔を埋めて、スーッと息を吸って匂いを嗅いでいるみたいでした。

 

(どうしよーっ)

 

て困っていたら、義弟はとうとうスカートを捲り、パンティーの中に手を入れてきました。

 

しかし、どこをどう触っていいか分からないみたいで、指でオマンコをなぞったり、思いつきで弄っています。

 

そのぎこちない指使いが、焦らされているみたいに感じて、私は興奮してしまってオマンコが濡れてきちゃいました。

 

こんな状態で、

 

(濡れてるのがバレたらヤバい!)

 

って心配してたら、指が動く度にニチャッと音がし始めちゃって、義弟も濡れた事に気がついたみたいです。

 

手を抜いたと思ったら、一気に足首までパンティーを脱がされてしまいました。

 

「ごくんっ」

 

とつばを飲み込む音が聞こえて、興奮している義弟の息がオマンコにかかり、私は思わず声が出そうになりました。

 

そして私のオマンコを指で開き、じっくり見ているようでした。

 

オマンコの匂いも嗅いでいるみたいで、私の愛液を指で触って音を立てたり、舌先で突ついたりしていました。

 

そしてゆっくりと、オマンコに指を入れてきました。

 

頑張って声を押し殺していましたが、もう限界です。

 

「あぁん!」

 

と喘ぎ声が出て、腰を反らして反応してしまいました。

 

義弟はかなり驚いて、オマンコから指を抜きました。

 

私が身を起こすと、

 

「お、お義姉さん!起きてたんですか?」

 

相当に動揺しているみたいでした。

この体験談の続きを読む

【ポルチオイキ】恋愛感情ないけど相性がいいおちんちんの虜になりそう

ポルチオイキセックス
画像はイメージです

 

恋愛感情のない男友達と二人きりに

 

私はお酒を飲むと、必ずというほどエロくなってしまってしまい、勘違いされて今まで何度もお持ち帰りされた経験があります。

 

目が覚めると知らない人と寝てたとか、泥酔してまったく覚えてないとか、そういう記憶がなくなるとかではないんです。

 

ちゃんと覚えてるし、酔うとエッチになるというか、人肌恋しくなってセックスしたくなるんです。

 

私って、寂しがり屋さんなのかもしれません。

 

彼氏がいる時は、当たり前だけど彼氏とセックスします。

 

浮気なんかしたこともありません。

 

問題は彼氏がいない時なんです。

 

でも酔っぱらいながらも、相手を選んでいるみたいなんです。

 

初対面とかは無理だけど、多少は私に興味を持っている人だとついつい・・・。

 

私からじゃなくて、男性から言い寄られると、酔ってエロい気持ちになってるし、断れずに後は勢いっていうか、付いていっちゃうんです。

 

自分でも

 

(もっと相手を選べよ)

 

って後から思う事もあるけど、お酒が入ると駄目なんです。

 

男性とキスしたり、抱き合ったりしてセックスしたくなっちゃうんです。

 

決して痴女ってわけじゃないですよ。

 

そんな私ですが、先日置き去りにされました。

 

仮にK君としておきます。

 

K君は、友達の彼氏の友達です。

 

その友達の家でホームパーティがあり、そこで初めて会って紹介されたのがK君で、他に何人かいた中の一人です。

 

その友達を中心とした集まりは、みんな仕事もバラバラで個性的な人が多く、結構楽しくて、時々集まっては遊んだり飲んだりしてました。

 

いつも同じ顔触れってわけじゃなくて、K君もいたりいなかったりです。

 

その頃私には彼氏がいたから、飲んでエロくなっても、その仲間の誰かとエッチな関係になることもありませんでした。

 

K君はバックパックにカメラを詰めて、海外を放浪して写真に撮り、お金が無くなると日本に戻ってきてアルバイトしてお金を貯め、そしてまた放浪の旅に出るというアグレッシブな男性でした。

 

そのK君が、私に関心があるっぽい気配は、うすうす感じていました。

 

海外に行った時の話なんかは面白いし楽しい人だけど、恋愛感情とかは全然なくて、セックスしたりってのもありえないと思っていました。

 

ただ、一緒にいて楽しい仲間の一人って感じです。

 

しばらく月日が経って、私は彼氏と別れることになりました。

 

そんな中ある日、何人かで集まって飲んでて、K君の海外放浪話で盛り上がり、その時の写真を見せてもらおうということになり、流れでみんな一緒にK君のアパートに押し掛けたんです。

 

今思えば、あれは仲間の作戦だったのかもしれません。

 

みんな私が彼氏と別れたのを知ってましたし・・・。

 

K君の家で飲んで話しているうちに、いつの間にか他の仲間は一人二人と帰ってしまって、気が付くとK君と二人っきりになってたんです。

この体験談の続きを読む