カテゴリー:OL・お姉さん(女性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:OL・お姉さん(女性告白)

たくさんの男性とセックスしてきたけど彼氏のおちんちんが最高です

騎乗位
画像はイメージです

 

大好きな私の家に彼氏が泊まりに来ました。

 

私が彼氏の家に行くことが多くて、まだ今回で数回目です。

 

もう何十回もセックスをしているけど、ここ最近で膣奥が気持ちよくなってきました。

 

女の子のイキやすいポイントって幾つかあると思うんですけど、私は外派です。

 

つまりクリトリスなんですけどね。

 

おちんちんをオマンコに入れられてる最中に、クリトリスが擦れて

 

「気持ちいいっ!」

 

ていう感じだったんです。

 

足を上げられて膣奥をガンガン突かれても、気持ちいいけどイクまでは達しなかったんです。

 

でも最近、騎乗位で膣奥に当たると、痺れるような、頭が朦朧とするような感じになるようになって、オマンコ大洪水になっちゃいます。

 

彼がベッドの端とかと持って体を固定して、おちんちんを突き立てるっていう感じかな。

 

私のベッドはスプリングが利いてて簡単に動くことが出来るんだけど、もう気持ちよすぎてヤバかったです。

 

隣の家に聞こえちゃうんじゃないかな?って思うぐらいでした。

 

気持ちよすぎて喘ぎ声が抑えられなかったんです。

 

最近寒くなってきたので、布団から出ずに私から彼を責めました。

 

キスしてどんどん下がっていって、乳首を舐めたり脇腹を舐めたりします。

 

その最中は、私のおっぱいが彼のおちんちんに当たるようにします。

 

彼のおちんちんは普通よりちょっと太めで、長さも少し長めで形は真っ直ぐです。

 

十人十色じゃないけど、おちんちんの形って男の人によって違うよね。

 

彼氏が大好きってのもあるけど、フェラしてるだけで私まで感じちゃいます。

 

(これが私の中に入ってくるんだ)

 

とか、

 

(めちゃくちゃにされちゃうんだ)

 

とか思って興奮します。

 

ある程度フェラしてから、彼が催促したのでシックスナインの体勢になります。

 

彼はクンニするのもかなり上手なので、何度もイキそうになります。

 

でも、もったいないからイキません。

 

彼がクリトリスを吸ったり柔らかく舐めたりしてきて、もうオマンコがキュンキュンしてました。

 

10分くらいしてて、

 

「もう無理」

 

って言って彼のおちんちんを催促します。

 

最初は正常位でって思ったら、なかなか焦らして入れてくれないんです。

 

クリトリスとオマンコの入り口を、彼のおちんちんでニチャニチャいやらしい音を立てながら擦ってきます。

 

それでも気持ちいいんだけど、早く彼のおちんちんが欲しくって、

 

「焦らさないで入れて・・・」

 

って何度かお願いしちゃいました。

 

体勢をちょっと立て直して、私のオマンコに彼のおちんちんがヌルンって入ってくると、勝手に口から

 

「んぁ・・・」

 

って声が漏れました。

 

彼の下腹部と私のクリトリスがくっついた状態で、おちんちんを私のオマンコにゆっくり出し入れして膣内を味わうかのように動かしています。、

 

クチュクチュ音がして、もっともっと感じてしまいました。

 

私は彼の首に手を回し、私に全体重をかけまいと少し気を使いつつも、二人で息遣いがすごく荒かったです。

 

私は終始感じまくっていて、

 

「あぁん・・」

 

って喘ぎまくりでした。

 

ゆっくり出し入れしつつ、おちんちんで膣中をかき回す彼。

 

オマンコで彼のおちんちんを最大限に感じられる瞬間です。

 

私も勝手に腰が動いて、彼の首に回していた手を、彼のお尻や腰付近を触って、

 

「もっと奥に、もっと奥に」

 

って感じで自分のオマンコを押し当てました。

 

ずっとこうして繋がっていたいです。

 

ずっと彼にオマンコをかき回されていたいです。

 

彼もとても気持ちよさそうにしていました。

 

今度は私が上になります。

 

私は騎乗位がとても弱いんです。

 

おちんちんがオマンコの奥まで入るし、クリトリスは擦れるし、彼は乳首を転がしたり摘んだりするからなんです。

 

あと、彼が私のクリトリスのところに指を置くので、そうされるとすぐにイッてしまうんですよね。

 

今回は、彼のおちんちんを堪能したくて、指を置かないでもらいました。

 

私のオマンコの奥にもっと入ってきて欲しいんです。

 

彼のおちんちんでオマンコをいっぱいにして欲しいんです。

 

そう思って、腰を前後に動かします。

 

めちゃくちゃ気持ちいいです。

 

彼もマットの端を掴んで、おちんちんを突き立ててきます。

 

オマンコ奥の子宮口に当たって、より一層濡れてきます。

 

愛液がグチュグチュ音を立てて、おかしくなりそうでした。

 

気持ちよすぎてもう我慢出来なくって、

 

「いきそうなの、いっちゃう・・・」

 

って彼のおちんちんをオマンコで包んで、クリトリスを擦りあてながら、腰を前後に動かし、

 

「あぁっ!」

 

ってイッちゃいました。

 

その時彼が、

 

「んあっ!」

 

っておちんちんをオマンコから抜きました。

 

彼も射精しました。

 

同時にイったみたいで、ちょっと嬉しいです。

 

彼とのセックスは最高です。

 

今までかなりの男性とセックスしてきました。

 

すごく太いおちんちんの人や、犯されてる感じになるくらい巨根な人もいたけど、やっぱり自分の「気持ち」ってのが一番気持ちよくなれる要素なんだなぁって思います。

 

あと、クリトリスも気持ちいいけど、子宮口におちんちんを擦り付けられると、意識が朦朧とするほど気持ちいいです。

 

今の彼氏とのセックスが一番相性が良いです。

 

今まで付き合った彼氏の中で、一番大好きだからかもしれません。

 

彼氏の事を考えるだけで、オマンコからエッチな汁が出てきて、パンツが濡れてシミ付きパンティになっちゃいます。

 

あ~ん、また彼のおちんちん欲しくなっちゃった。

 

巨根の元カレに誘われて何度もイカされ、忘れるために帰って主人に襲い掛かりました

元カレ 巨根
画像はイメージです

 

元カレに偶然再会

 

私(美咲)は現在28歳で、結婚して子供もいます。

 

体系はちょっとポッチャリかな。

 

結婚して3年になります。

 

子供も2歳になり、主人ともうまくいっていますし、特に不満もありません。

 

夜の営みはと言うと、最近仕事で遅くなることが多くて、あんまりしてなかったですけど、欲求不満というほどでもありませんでした。

 

そんな私が、あの日元カレに偶然出会ってしまい、一回限りの過ちを犯してしまいました。

 

今は元カレも転勤して会っていませんし、連絡も取っていません。

 

今から数ヶ月前のことでした。

 

ある日子供とデパートに行き、買い物をしていると後ろから声がしました。

 

「美咲じゃん、やっぱり!元気だった?その子美咲の子供?可愛いねー」

 

元カレの孝一でした。

 

主人と結婚する前に付き合っていました。

 

別れた原因は、彼が転勤で遠距離になってしまったからです。

 

「あれ?なんでこんなところにいるの?仕事変えたの?戻ってきたの?」

 

と言うと彼は、

 

「仕事で出張なんだよね~、偶然この辺だったんだけど、まさか美咲に会っちゃうなんてね」

 

結婚して主人を愛してやまない私は、元カレに出会っても特に胸も高鳴ることはなく、普通に私は

 

「久しぶりだね、孝一はあんまり変わってないね、私は今結婚して子供もいるのよ」

 

なんて普通の会話をしてその日は別れました。

 

数日後、なんと元カレからメールが来ました。

 

「こないだ久しぶりに会って美咲に会いたくなった。明日空いてたら連絡ちょうだい!孝一」

 

私は、

 

「結婚してるし無理だよ~ゴメンネ、もうメールもしないで」

 

と返信しました。

 

すると彼から、

 

「昼飯食うだけだよ、ダメ?」

 

と返ってきました。

 

私も昼ごはんだけならまぁいっかと思い、

 

「昼ごはんだけだよ~」

 

と返事をしました。

 

私は実家暮らしのため、親に子供を任せて出かけることにしました。

 

すると、

 

「ありがとう!じゃ明日迎えに行くよ!」

 

と元カレ。

 

「分かった、待ってるね。じゃ明日」

 

しかし、これが間違いでした。

この体験談の続きを読む

【3Pセックス】出会い系で知り合ったおじさんと居酒屋でエッチなことしていたら…

出会い系 居酒屋 3P
画像はイメージです

 

おじさんと居酒屋の個室へ

 

私の初体験は中学2年でした。

 

当時の彼氏とセックスしまくり、クリがとても敏感になって、すぐお漏らしをしてしまうエッチな体になりました。

 

家で普通にセックスするのも好きですが、少しアブノーマルなセックスも好きです。

 

セックス大好きで、彼氏がいなくてもセフレは絶え間なくいる私ですが、23歳の時に1度出会い系サイトで知り合った人とセックスしました。

 

ある日、チャットをしていると、

 

「こんにちは~23歳です」

 

「こんにちは、55歳です。大丈夫かな?」

 

(55!?正直ないわ・・・)

 

と思いました。

 

でも彼は誠実で、とても話しやすく、楽しくチャットをしていました。

 

そしてアドレスを交換しました。

 

彼は則夫と言います。

 

則夫は徐々に下ネタを言うようになりました。

 

私も、

 

(この人とだったらセックスしてもいいかなー)

 

と思い、会う約束をしました。

 

初めて会った則夫は紳士的で、とても渋いおじさんでかっこよかったです。

 

則夫に連れられ、個室の居酒屋に行きました。

 

則夫の行きつけらしいです。

 

始めは楽しく呑んでいたのですが、則夫は私の太ももを触り始めました。

この体験談の続きを読む

フニャチンに中出しされて欲求不満の私は若いイケメンを逆ナンしましたが・・・

イケメン 逆ナンパ 中出し
画像はイメージです

 

おじさんに中出しされてた?

 

私は同棲している彼と中出しセックスしています。

 

それとは別に、私が過去に体験した衝撃的なことについてお話します。

 

これでも私は食品関係の商社で営業をしています。

 

入社してすぐ営業に配属され、念願だった事もあり仕事第一の生活でした。

 

この不況の時代、成績を達成させるのは簡単な事ではありません。

 

そこで、女であることを武器に契約を取る事も何度かありました。

 

私にとっては別に嫌な事では無く、むしろセックスが大好きなので、接待にかこつけて取引先の責任者と関係を持ったりしていたんです。

 

この話は、そんな関係を持った男性の中でも特に不快だったので、今でも思い出してしまうんです。

 

相手は2部上場企業のスーパーマーケットで、チェーン本部の食肉仕入の責任者でした。

 

加工肉の売込みで営業していたんですが、ライバル企業と価格面でバッティングしたんです。

 

どうしても一括納入させたくて、禁じ手のスペシャル接待攻撃を仕掛けたんです。

 

後輩の若い男性の営業社員と一緒に食べて飲んでまでは普通の接待で、最後に私がタクシーで送るところからスペシャルコースの始まりです。

 

酔ったフリでなにげに誘う私の演技は我ながら見事で、まんまと敵は罠に掛かり、ホテルへと行き先変更です。

 

問題はこここからです。

 

このおじさん、ここまで来てもおちんちんが勃起せず、私もせっかくの酔いが醒めてしまう感じでした。

 

ゴムもなかなかうまく装着できないほどのフニャチンぶりです。

 

お口でフェラして元気にしてあげても、挿入してしばらくすると中折れ状態に。

 

シラケムードも隠しつつ、何とかイカせることが出来、私の方もイッたフリで締めくくったんですが、相手のおじさん、そそくさと帰り支度をしています。

 

まるで我に返ったと言わんばかりの素振りで、私を置いて帰ってしまいました。

 

それもそのはず、おじさんは中出しをしてたんです。

この体験談の続きを読む

赤ちゃんプレイが好きな私は彼に紙オムツを穿かせてオシッコさせてます

赤ちゃんプレイ
画像はイメージです

 

赤ちゃんプレイが好きな私

 

私には8歳年下で21歳の彼氏がいて、現在同棲しています。

 

私は赤ちゃんプレイが大好きで、彼に紙オムツなどを着けて楽しんでいます。

 

彼とは1年半ほど前に、ネットの出会い系で知り合いました。

 

彼は長靴フェチで、特に女性の長靴姿が好きみたいなんです。

 

ちょうど私の親が水産関係の会社を経営していて、たまに私も手伝う事がありますが、その時は長靴を履くのでメールをしたら、返事が返ってきました。

 

私は私で赤ちゃんプレイをさせてくれる男性を捜していたので、長靴を履く代わりに赤ちゃんプレイをさせてくれる約束をして彼と会いました。

 

彼は若い上にさらに童顔でとても可愛く、会ってすぐに気に入りました。

 

少しお茶を飲んで近くのラブホテルに入り、彼は大きな鞄からお気に入りの白い長靴と体操服を取り出してました。

 

私に体操服に着替えて長靴に履き替えて欲しいと頼んできました。

 

私も鞄から大人用の紙オムツとイチジク浣腸を取り出して彼に見せました。

 

最初は彼は浣腸を嫌がってましたが、私が

 

「ダメなら私もブルマ姿にならない」

 

と言うと、仕方なくOKしました。

 

プレイは私が体操服姿で長靴を履き、彼にオムツをする事で始まりました。

 

彼に、

 

「オムツをするのでパンツを脱いで」

 

と言ったんですけど、なかなか脱ごうとしませんでした。

 

聞くと彼はまだ童貞だったらしく、少し恥ずかしかったようです。

 

しかも脱がせると仮性包茎でした。

 

彼は顔を真っ赤にしました。

 

そんな彼がまた可愛くて堪らなくなって、おちんちんを口に咥えてフェラでイカせてあげました。

 

そして紙オムツを当ててあげました。

この体験談の続きを読む