カテゴリー:女子高生(男性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:女子高生(男性告白)

【処女・童貞】学校のトイレで初体験同士が出血しながらセックス

学校のトイレでセックス
画像はイメージです

 

ふいに発した一言が思わぬ展開に

 

僕が高校2年生の時の話です。

 

僕の顔はいたって普通レベルで、成績もたいして良くなかったです。

 

学校では、普通にクラスで騒いでる奴らのうちの1人、程度のありふれた男子でした。

 

とある夏の日、英語の小テストで20点しか取れませんでした。

 

英語の先生は僕のクラスの担任で、放課後に30分くらいの自習を命じられてしまいました。

 

その時たまたま教室に残っていた麻里ちゃんを先生が呼び、僕の勉強をサポートしてくれるみたいな事になったんです。

 

麻里ちゃんは僕と同じ中学で仲も良く、高校では成績優秀者でした。

 

丸顔でどちらかというと童顔、肌はほんの少し焼けて若干小麦色、髪型は黒髪のショートカットで、わりと可愛らしい子でした。

 

担任の先生が職員室に行った後、僕達は勉強を開始する事にしました。

 

僕は椅子に座り机にノートを広げ、麻里ちゃんは教えるために僕の前に座りました。

 

「え~、何から教えればいいかな?」

 

(まさかテスト範囲丸ごとなんて、ずうずうしい事言えないよな)

 

「えっと」

 

応えようとした時、暑さのせいか麻里ちゃんの首が汗でちょっぴり濡れているのが見えました。

 

それだけでなく、汗でおでこと首に髪がくっ付いています。鎖骨もくっきり見えて、僕はつい見とれてしまいました。

 

「ねえ、聞いてるの?」

 

ハッと我に帰り、麻里ちゃんに返事をしました。

 

「え、あぁ、セックス。」

 

(……)

 

(…………あれ?)

 

(なにを言ってるんだ?)

 

一変して僕の頭は焦燥感で一杯になりました。

 

ジェットコースターにでも乗っている気分でした。

 

とんでもないことを口走ったおかげで麻里ちゃんの目も見れません。

 

ところが、

 

「え?何?したいの?」

 

麻里ちゃんがニヤニヤしながら僕を見てきます。

 

「いや、その、違うよ、つい・・・」

 

「まぁ、興味あるんだろうね(笑)」

 

(やばい!早く勉強して帰ろう・・・)

 

「ジョ、ジョーダンだよ、勉強教えてよ、ね?」

 

慌てふためく僕にクスッと笑いながら、なんと麻里ちゃんがシャツのボタンを2個外したんです。

 

「え?ちょっ…」

 

ブラジャーが見えています。

 

白にピンクの模様入りのブラジャーでした。

 

僕はいつの間にか勃起していました。

 

「お、おい!何やってんだよ」

 

「だって暑いし」

 

手で顔を仰ぎながら麻里ちゃんが言います。

この体験談の続きを読む

女子高生集団に襲われ、何度も射精させられて彼女とエッチできなくなった

女子高生 車内フェラチオ
画像はイメージです

 

女子高生3人が突然車に乗ってきた

 

昨年の夏、彼女のバースデーに合わせて2泊3日の国内旅行を計画しました。

 

そこはかなりのリゾート地で多くの海岸や高級ホテルがありましたが、ちょっと安めのホテルを予約しました。

 

残念なことに泊まったホテルの近くにはビーチが無いので、最寄りのビーチまで車で行って泳ごうかと思ったけど、入場料が高かったんです。

 

そこで、そのビーチのホテルの宿泊客になりすましてパーキングに入り、お金なしで遊ぶことにしました。彼女は水着を着て出発していたのでそのまますぐ車の外に出て、

 

「ビーチの様子見てくるね」

 

と言って駆け足で行きました。

 

僕はその間、車の中で海パンに着替えようと運転席から後部座席に移りました(後部座席には外から見えないスモークが貼ってありました)。

 

周りに人がいないことを確かめて一気にズボンとパンツを脱いでフルチンになった時でした。コンコンと窓をノックする人がいるのです!

 

驚いて横を見ると、どう見ても女子高生であろう水着姿の女の子がにっこりしながら中を覗いていました。だけでなく反対側にも2人!

 

全部で3人の女子高生に囲まれていて、両サイドから僕を挟むように1人ずつ車に乗ってきました。残った1人はどうも見張り役のようです。

 

女子高生が、

 

「ねえ、何してるの?おちんちん出してオナニー?」

 

とからかって来るんです。急いで海パンを穿こうとしましたが取り上げられ、僕のちんぽをムンズと握ってきました。

 

「おい、やめろ!」

 

と手をどけようとすると、今度はギュッと金玉を掴んで、

 

「大人しくしてないとタマタマ握り潰すよ!」

 

と力を込めてきます。

 

痛くて力が入らなかったので、僕は仕方なく抵抗を中止しました。さらにその女の子はムギュムギュとちんぽを揉みこんできたので、情けないことに勃起してしまいました。

 

「あれ~、おちんちん勃ってきたね~」

 

と今度は上下に扱いてきます。

 

(外から見られてるかもしれない)

 

という恐れもあって、速攻で射精しそうになったのです。

 

「あっ、ダメダメ、そんなにしたら出ちゃうよ!」

 

そうすると女の子はピタッと手を止めて、

 

「何?もう出ちゃうの~?早すぎだよ、もうちょっと我慢してよ!」

 

そのように言って、なんと水着を脱いで、僕の上に乗っかってオマンコに入れてきたのです!突然が続くけど変に興奮して、わずか5往復した程度で、

 

「ヤバい!ダメダメ!マジで出る、出るってば!」

 

と大声を上げると女の子はちんぽを抜いて、また手でギュッと握り直しました。その時、監視してた女の子が何かしら合図を送ってきたのです。

 

「ちぇっ、しょうがねえな、出していいよ」

 

ちんぽを握ってた子が凄い勢いでで扱きまくります。

 

「お~お~、イク!イク!あ~、出る~~!」

 

僕は騒ぎ立てて、車の中に思う存分射精してしまいました。今夜は彼女とセックスするために精子を溜め込んでいたので、濃いザーメンが出たはずです。

 

射精と同時に、女の子達は急いで走って逃げて行ってしまいました。

 

そんなタイミングで、彼女が戻ってきました。見張りが合図したのはこのためだったのでしょう。僕は焦って海パンを穿いて、

 

「悪いけど、ジュース買ってきて!」

 

とお願いして、車の中のザーメンを急いで拭きしました。ところが、話はこれで終わりではなく、さらに悪夢の始まりでした。

 

その時は、どうにか彼女にバレることなく夜を迎えました。

この体験談の続きを読む

【女子高生】同じクラスのヤンキー女子から痴漢強要、中出しさせられ

女子高生の逆レイプ
画像はイメージです

 

痴漢を仕掛けられて写真に撮られ、脅迫

 

高一の時、同じクラスに4人組のヤンキー娘がいた。顔は綺麗な感じが2人、キュートな感じ1人、そこそこの1人。しかし4人とも明らかにサディスティックのオーラたっぷり。

 

この間の放課後、僕は友達と学食で他愛もない話し合いをしていた。その頃の僕は女子と話す事が不得意で、あいさつを交わす程度。顔もハンサムじゃないし、女子とは無縁だと思っていた。

 

丁度話が一段落した時、4人組が学食に来た。僕は可能なら関与したくないと思っていたので、友人にもう帰ろうといって席を立とうとした。

 

そんな時、4人組がここに近寄って来て、

 

「◯◯(僕の名前)。少しあたいらに付き合えよ」

 

と言ってきた。

 

友人は小走りでその場を離婚し、僕は4人に包囲される形となった。たえず教員達に目をつけられている4人なんで、ろくでもない事になると考えた。でも突っぱねたら、何をされるか分からないとも思った。あんまり良い気はしないでいたが、やむを得ず4人に従うことに。

 

引き連れて来られたところは看板のついていない駐輪所の後ろ。抜け出せないように、KとSが両腕をお互いに抑えつけた。その際は気が動転して脳裏がおかしくなっていたが、現在よく考えれば通学服越しに女の子のおっぱいを感じたと思っている。

 

とりわけKはずい分巨乳で、通学服越しでも納得するほどだった。そういった意味で、なぜここのところに引き連れて来られたのか原因が思い浮かばなかった。

両腕を抑制しているSとKはニヤニヤをして、前方を歩行していたMとUが耳打ちしてた。
そしてUが、

 

「どんなわけであたしらに呼び出されたか、原因わかる?」

 

と言ってきた。

僕は身に覚えが無いから、

 

「すまん、見当が付かないよ」

 

と言った。
さほど4人としゃべった事が無くて、ドキドキで声が変だったように感じる。
そんな時、腕が突如重くなり、両腕を抑制していたKとSが、

 

「こんなんでもなにも無いって言うのかな」
「そんなこと言い切れるの?」

 

とお互い口に出してきた。

 

こうしてみると、2人が抑制していた僕の手をスカートの中とブラウスの内側にすべり込ませていた。しかもパニック状況での時、Uがニヤニヤしながら写メで僕をカメラに写した。

 

U「あー、◯◯がスケベなことやってる」

 

M「うわぁ、2人を襲ってる」

 

そういう事を発言しながら笑っていた。SとKも、

 

「◯◯に触られた」
「痴漢してきた」

 

と言いながら笑っていた。僕が、

 

「これっぽっちもやっていないよ。こんな言いがかりやめにしてくれないか」

 

と言えば、例の写メを見せつつUが、

 

「これ見た人は、そういう言い逃れに耳を傾けると思うの?」

 

と脅してきた。

 

U「これをバラ撒いてみたいな」
S「◯◯がこういう事するヤツだったなんてねえ」
K「みんなあんたの理屈なんか聞く耳持たないよ」

 

そういう事を言う有様。

 

M「この写メをバラされたくなければ、これからあたいらの話すことをよく聞けよ。退学になりたくないだろ?」

 

退学という単語を耳にして僕は青ざめた。こんなやり方で退学ともなれば馬鹿にされるどころの話ではない。僕は我慢しながら

 

「わかったよ」

 

というと、4人はますます人気のない女子更衣室に僕を引きずり込んだ。その場所はちっとも使用されることがなさそうな所で、放課後は誰も立ち寄らない場所だった。

 

この体験談の続きを読む