カテゴリー:女子高生(男性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:女子高生(男性告白)

【巨根の高校生】ヤンキー女子から性的イジメにあった僕の復讐劇(中)

 

ヤンキー女子
画像はイメージです

 

(前回の続き)

 

↓ ↓ ↓

 

 

 

僕のせんずりを見ながらオナニーしてる?

 

そして夏休みも終わりかけた頃、僕はいつものようにミカの家に行きました。

 

ミカの部屋に入ると、いつもとは違って誰もいませんでした。

 

(おかしいな?)

 

と思ったところにミカが一人で現れて、

 

「お前何してんの?」

 

と言ってきました。

 

僕はいつも通りにみんながいるものと思って来たので、

 

「あれ?・・・今日は?・・・」

 

と聞くと、

 

「今日は誰もこねーよ、知らなかったのか?」

 

と言われました。

 

僕はまったく知らなかったので、

 

「じゃあ・・・帰るね・・・」

 

と言って帰ろうとすると、ちょっと慌てた感じでミカが、

 

「いや、ちょうど暇だったし、入れ!」

 

と言いました。

 

なんだかいつものミカとは違う感じがしました。

 

ミカは普段通りにしているつもりみたいですけど、何故か二人きりだと照れてる感じがしました。

 

僕も何年にも渡ってミカにイジメられてきましたが、ミカと二人きりになるのはこれが初めてのような気がします。

 

ミカが、

 

「オナショーでもしろよ」

 

と言ってきました。

僕はなんだか複雑な感じになりました。

 

僕はこの夏休みに、この部屋であらゆるエッチな経験をしました。

 

噂では、ミカはいまだに処女です。

 

公開せんずりショーも何度もさせられてきましたが、今は違います。

 

僕のせんずりを見ているのはミカ一人です。

 

僕は今までとは違って、ミカを挑発するようなせんずりをしました。

 

目隠しはされているのですが、ミカの顔を想像してわざと、

 

「あーっ、はーっ」

 

とか声を出してせんずりをしました。

 

いつもだったら数人のヤンキーギャルが周りを囲んでいるので、茶化されたりしながらガヤガヤとうるさいですが、今日は違います。

 

しばらくすると、何か物音がして、ミカの声も微かですが聞こえました。

 

どうやら声を殺しながら、呼吸を荒くしているようです。

 

そして同時に、クチュクチュという音が聞こえてきました。

 

(ミカがオナニーしている?)

この体験談の続きを読む

【巨根の高校生】ヤンキー女子から性的イジメにあった僕の復讐劇(上)

公開セックス
画像はイメージです

 

高校になってもヤンキー女子から呼び出された

 

僕は小学校低学年の時からクラスの男子からイジメられていましたが、高学年になると女子からもイジメられるようになりました。

 

同じクラスに、とても態度が大きいリーダー的なミカと言う女子がいました。

 

しかもミカは顔も綺麗で可愛くもあり、家もお金持ちということもあって、いつもクラスの中心的存在でした。

 

しかし、僕はいつもミカとその取り巻きにイジメられていました。

 

中学生になっても、公立なのでミカと同じ学校になり、僕へのイジメは続きました。

 

しかもミカは中学校に入ったらヤンキーっぽい雰囲気になったので、イジメはもっとエスカレートしました。

 

放課後になるとミカ達の使いっパシリをさせられて、荷物も持たされ、宿題もさせられていました。

 

もう人間としての扱いではなく、家畜みたいな扱いを受けていました。

 

それだけじゃなく、性的なイジメも受けていて、女子の見てる前で公開せんずりをさせられた事もあります。

 

しかも一回してしまうと恒例行事のようになってしまい、何度も公開せんずりさせられました。

 

実は僕は背は小さいほうなんですが、チンポが大きくて困っていました。

 

プールの時間には、男子からも巨根をからかわれていました。

 

大人になれば自慢にもなりますが、子供の時は本当に恥ずかしかったです。

 

でも、いじめられる生活も中学校で終わりです。

 

僕はミカと違う高校に行くことが決まっています。

 

僕は卒業する日を楽しみにしていました。

 

そして高校生になると、僕は同じ中学出身の人が少ない男子校に通っていたので、何の心配もなく高校生活を送っていました。

 

しかし、そんな生活は1学期だけでした。

 

夏休みになると、ミカから携帯に電話がかかってきて、呼び出されてしまいました。

 

行かなければいいんですが、それまでのイジメからの恐怖で、断ることができませんでした。

 

僕は一気にガッカリした気持ちになりましたが、仕方なく呼び出された場所に行きました。

 

そこはミカの家でした。

 

ミカの家はかなりの豪邸で、ミカの部屋が離れになっていたので、他の家族と会うことはありません。

 

僕がミカの部屋に入ると、中はかなり広くて、20畳ぐらいはあったと思います。

 

部屋には女の子だけで6人いて、何故か一人だけ床に正座していました。

 

明らかにミカ達ヤンキー女子とは雰囲気が違って、真面目そうな女の子でした。

 

久しぶりに見たミカはすっかり変わってしまい、髪を金髪に染めていました。

 

周りにいたヤンキー女子もほとんどが染めていて、真っ黒に日焼けしたギャルもいました。

 

僕は昔のいじめられた恐怖がよみがえって怖くなりました。

 

震えているとミカが、

 

「お前童貞だろ?今日で卒業させてやるよ」

 

といきなり言ってきました。

この体験談の続きを読む

【ビッチなJK】バツイチ女性の娘に変態あつかいされて逆レイプ

ビッチなJKの手コキ
画像はイメージです

 

ママと結婚してあげて!

 

私は42歳の時に、17歳の女子高生の娘がいるバツイチ女性(40歳)と結婚しました。

 

彼女との出会いは昨年の春のことですが、私の会社にパートとして彼女が来た時でした。

 

私たちは何度か話すうちに、お互い気が合って二人きりで飲みに行ったり、独身の私を気遣って晩御飯に招待してくれたりと、少しずつ深い仲になり、セックスをする関係までになりました。

 

JKの娘を紹介してくれたのもその頃でした。

 

おそらく彼女は、その時点で私との結婚を意識していたと思います。

 

しかし、私は迷っていました。

 

初婚でいきなりJKの娘の親というのは、やはり抵抗があります。

 

(この子の親になれるだろうか?)

 

と思い、とても自信がありませんでした。

 

そんな時、突然その娘が、私の自宅を訪ねて来たのです。

 

仮に名前をサキとします。

 

サキは、

 

「ママの事で話があるの」

 

と言って家に上がりました。

 

するといきなり、

 

「ねえ、ママとセックスしたでしょ」

 

「え?」

 

「あたしも女だから分かるの。ママはあなたのこと好きなんだよ。ママと結婚してあげて。本当のパパと別れてから、ママはあたしを育てるために必死に生きて来たの。あんな楽しそうなママ見るのは初めて。だから結婚して!」

 

そう言いながら、JKの娘は私に詰め寄って来ました。

この体験談の続きを読む

ヤンキー女子の電気アンマと金蹴りで激痛に耐えて泣きながら射精した

電気アンマ
画像はイメージです

 

ヤンキー女子のボスに騙された

 

あれは俺が高校3年生の時、クラスのヤンキー女子集団のうちの一人を、俺が好きだということが、その中のボスにばれてしまったんだ。

 

当時俺は暗くて、クラスに友達と呼べるやつが一人もいなかったし、休み時間も寝たりして一人で過ごしていた。

 

ボスは俺に、

 

「クラス中にばらしていいか」

 

と言ってきた。

 

「それはやめてくれ」

 

ということで、仕方なくボスのいうことを聞くことにした。

 

ボスからの命令が下った。それは、

 

好きな子(Aさん)の体操服を盗めと言うものだった。

 

そんなことはしたくないが、弱みを握られた俺は、仕方なく指定された土曜日に、ボスと一緒に教室へ行った。

 

「誰も来ないか見張っててやるから」

 

とボスは教室の前で見張り役。

 

俺は急いでAさんの体操服を手に取り、教室を出た。

 

ボス「何してんの?」

 

俺「え?」

 

ボス「それ、着なよ」

 

俺「それは・・・いくらなんでも無理だよ」

 

ボス「あ、そう、バレしてもいいんだ」

 

この辺りから、

 

(バラされたほうがましだったかも・・・)

 

と思い始めたが、仕方なく着ることにした。

 

しかも、

 

「上下とも肌に直接着ろ」

 

とボスは言ってきた。

 

今の俺に、断ると言う選択肢はない。

 

その当時は、体操服をハーフパンツでも、見せパン用としてブルマを穿いている女子が大半だったと思う。

 

俺はAさんの体操服に、上下とも着替えた。

 

当たり前だが、生まれて初めてブルマを、しかもフルチンから直接穿いた。

 

この状態からどうすればいいのか分からなかったが、とりあえず体操服の上から制服を着て、ボスに報告しようと思った。

 

制服を着ようとした瞬間、教室の戸が開いた。

 

俺がモタモタしてるから、ボスが見に来たのかと思った。

 

だが、違った。

 

俺は、絶句した。

 

俺の好きなAさんを含む、ヤンキー女子5人が入ってきた。

 

彼女らも、絶句していた。

この体験談の続きを読む

インポは治ったけど勃起したチンポに興奮した姉ちゃんが跨ってきた

近親相姦 騎乗位
画像はイメージです

 

(前回の続き・・・)

 

↓ ↓ ↓

 

 

インポが治り、姉が勃起したチンポをフェラチオ

 

「よかった、苦労した甲斐があったってもんだわ」

 

「ねぇ、姉貴。せっかくだしさ、最後まで面倒見てくんない?」

 

「え?最後まで?どういうこと?」

 

「あの~、その~、もうちょっと・・・お口でしてくんない?」

 

「まあっ!勃起した途端にそんなこと言って。勇二はインポを治してって相談してきたわけでしょう?もう目的は達成したじゃないの!」

 

「それはそうなんだけど、姉貴のフェラチオ、すっげー気持ち良かったからさ、もう一回だけ、お願いします。お姉さまっ!」

 

「まったく、もうっ!しょうがないわね。じゃ、もう一回やってあげるわ。だけど、お口の中で出したりしたら承許さないからね、イク時はちゃんと言いなさいよ」

 

「本当?やったぁー!じゃ、お願いします、お姉さまっ!」

 

俺はビンビンのチンポを姉の顔の前に突き出した。

 

「本当にすごいおちんちんね、青筋が立ってるわ、なんだか男らしい」

 

そう言うと姉は、顔を横にして、竿を挟むように咥えた。

 

「あっ、くはぁっ!」

 

想定外の快感に、俺の体は仰け反った。

 

姉の顔が、俺のチンポに沿ってスライドしている。

 

(き、気持ちいい!)

 

俺は立っていられなくなり、ソファにくずれ落ちるように座った。

 

再び姉が俺の下半身に近づく。

 

「ふふっ、気持ちいい?ハーモニカフェラって言うのよ。次は今度はこんなのはどう?」

 

そう言うと姉は、思い切り俺のチンポを喉奥まで咥え込んだ。

 

ジュルジュルッ!

 

音を立てて、姉の口いっぱいに吸い込まれる俺のチンポ。

 

姉の頬が大きく凹んだ。

 

口の中の舌と粘膜がチンポを締め付け、ジュルジュル擦られて、たまらなく気持ちいい。

 

そのバキュームフェラが何度も続いたかと思うと、今度は姉の唇が先端部分で止まり、舌をカリ首に這わせながら亀頭全体を刺激してきた。

 

カリ首と亀頭が同時に責められて、気持ちよすぎて俺の腰はモゾモゾしっぱなしだった。

 

様々なフェラチオテクニックを駆使され、俺は射精感が込み上げてきた。

この体験談の続きを読む