カテゴリー:女子高生(男性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:女子高生(男性告白)

彼女がいる男子のチンポを射精に導かせる女子高生の方法と結末(下)

顔射
画像はイメージです

 

(前回の続き)

 

↓ ↓ ↓

 

 

私が初めての人になってあげる

 

<月曜日>

 

再び志穂が来た。

 

気まずい雰囲気で会話をしていると、志穂は恵理香がくれたスポーツタオルに気づいて恨めしそうな目で見ていた。

 

そして再び俺のチンポを触ってくる。

 

「もうやめようよ」

 

志穂は、

 

「この前のこと、恵理香に話しちゃおっかな?」

 

と脅してくる。

 

「浩次君の右腕、すぐ邪魔しにくるからじっとしててもらわないとね^^」

 

俺の右手首をスカーフのようなものでグルグル巻きつけると、ベッドの格子に縛り付ける。

 

そしてズボンとパンツを下ろされ、チンポを扱きだす。

 

すぐさま反応して勃起状態へ。

 

「私の手で感じてくれてる浩次君って可愛い^^」

 

シュコシュコシュコシュコ・・・。

 

俺はすぐにイキそうになった。

 

「で、出ちゃう・・・お願い、もうやめて」

 

俺がそう言うと志穂は手を離して、信じられない行動へ出た。

 

スカートの中に手を入れて、パンツを脱ぎ出したのだ。

 

「な・・・何するの・・・?お願いだからやめようよ」

 

「浩次君って童貞でしょ。私が初めての人になってあげる^^」

 

俺に跨ってチンポを掴んでマンコに宛てがい、ゆっくりと腰を沈めてくる。

 

「だ、だめだってば・・・」

 

ニュル・・・。

 

「ほらっ、入ったよ^^」

 

志穂は処女じゃなかったが、そんなことはどうでもいい。

 

それよりもこの快感がすごい。

 

2~3回腰を上下されると、たちまち射精感が。

 

「で、出ちゃうよ・・・お願いだから抜いて」

 

志穂「いいよ、出して。私、浩次君の子供なら産んでもいいよ^^」

 

腰の動きが速くなった。

この体験談の続きを読む

彼女がいる男子のチンポを射精に導かせる女子高生の方法と結末(上)

ナース 手コキ
画像はイメージです

 

俺のチンポを掴んできた

 

俺が高校2年の時の話です。

 

まず簡単に人物の紹介をしておきます。

 

浩次:俺。部活で左腕を骨折して入院してしまいます。

 

恵理香:小学校からずっと一緒で、同じ高校に通う俺の彼女。

 

志穂:小学校からずっと一緒で、恵理香の仲良し。俺に異常に思いを寄せている。

 

吉川:病院の担当ナース(27歳)。事務的で性格が悪く、俺の嫌いなタイプの女。

 

俺は志穂に何度も告白されていたが、俺は恵理香のことが好きだったので断り続け、そして高2の夏についに告白して恵理香と付き合い始めた。

 

エッチはしたかったが、嫌われるのが嫌でなかなか機会を作れずにいた。

 

夏休みが終わって・・・。

 

<金曜日>

 

俺は部活で左腕を骨折してしばらく入院することになった。

 

吉川という強気なナースが担当で、いつも見下されてる感じがしてすぐに嫌いになった。

 

しかもデブでウザい。

 

男にモテないからといって、八つ当たりされてる感じがした。

 

ちなみに病室は4人部屋で、俺の隣のベッドは空いていて、対面の2人は70歳くらいのおじいちゃん。

 

いつもヘッドホンで、ラジオを聞いたりテレビを見ている。

 

<水曜日>

 

昼間っから志穂が見舞いに来た。

 

学校をサボったらしい。

 

俺のベッドに来ると、カーテンを閉めて椅子に座って、他愛もない会話をした。

 

俺としては志穂の告白を断り続けて恵理香と付き合ってるので、2人っきりは非常に気まずいが、見舞いに来てくれたので仕方なく話していた。

 

途中から会話が大胆になってきて、

 

「浩次君って恵理香とエッチしたの?」

 

とか、やたら恵理香との関係を聞いてくる。

 

「じゃあ、こういう事もまだなんだー?」

 

突然布団に手を入れてきた。

 

そしていきなり俺のチンポを掴んできた。

 

「ちょっ、やめろって」

 

「大きな声出すとバレちゃうよー」

 

そう言いながらチンポを揉んできた。

この体験談の続きを読む

水泳の授業中に女子生徒からアナル、金玉、チンポまで弄られた俺は…

水泳の授業中
画像はイメージです

 

先生、オナニーしてるの?

 

俺は体育大の3回生。

 

去年の6月、出身高校に4週間、体育の教育実習に行ったときのことだ。

 

実際に教育実習に行ったことのある人なら分かると思うが、教育実習生はモテる。

 

俺も勿論、電話番号なんかを何人かの女子生徒にしつこく聞かれていたがきっぱり断っていた。

 

とは言え俺も悪い気はせず、俺からも気軽に接してすぐに皆とうちとけた。

 

数日後プールでの授業が始まった。

 

俺は、ガキの頃から水泳をやっていた関係で、当然中・高も水泳部だった。

 

俺は久しぶりに泳げ、後輩と練習できることがとても嬉しかった。

 

ある日の体育の授業のことだ。

 

担当教師の急な不在で授業内容は自主練習に切り替えられた。

 

生徒の女の子のT美から個別指導を頼まれた俺は、軽い雑談を交わしながら彼女に指導をしていた。

 

俺はプールサイドに両手をかけて上半身を水面から出し、腰から下を水中に沈めた体勢で、水中にいるT美を見下ろして談笑していた。

 

「センセー、彼女いるの?」

 

と聞かれたので

 

「去年別れた」

 

と答えると

 

「へー、かっこいいのにー」

 

と言われて俺もまんざらではなかった。

 

調子に乗った俺にT美は、

 

「じゃあセンセー、オナニーしてるの?」

 

とニヤニヤしながら聞いてきた。

 

俺は苦笑いしながら、

 

「ああ、男はみんなやってるよ」

 

と答えた。

 

するとT美は興味津々に、

 

「えー、ほんと!?どうやってやるのか教えてよ!」

 

と言ってきた。

この体験談の続きを読む

【姉との近親相姦】俺が童貞と思っていた彼女に結婚後も言えない秘密

近親相姦
画像はイメージです

 

女友達とセックスを始めると・・・

 

俺は中学を卒業して1人暮らしをしていました。

 

中学の同級生だった美優とよく遊んでたんですが、卒業後1年くらいしてから、

 

「1人暮らし羨ましいな!家行っていい?」

 

って行ってきたんでOKしました。

 

彼女がうちにきて二人で色々話してると、自然に恋愛話になりました。

 

俺はいまだ童貞のままで、彼女なんてずっといません。

 

彼女はどうやら、色々経験しているようでした。

 

「教えてあげる」

 

って言われてキスしてきました。

 

唇の軟らかさに驚きました。

 

次の瞬間、彼女の舌が入ってきました。

 

(キスってこんなに気持ちいいものなのか・・・)

 

彼女が先導しながら、キスだけで勃起していた俺のチンポを取り出し、軽く握って優しく手コキしつつ熱いキスを続けました。

 

俺は彼女の胸に手を伸ばします。

 

(軟らかい、大きい)

 

興奮がどんどん増していきます。

 

「フェラチオしてくれない?」

 

美優に聞いてみました。

 

「フェラした後にキス出来るならしてあげてもいいよ、いっぱいキスしたいから・・・」

 

今なら平気ですが、その時は、俺のチンポをしゃぶった口とキスをすることに抵抗を感じました。

 

「キスがいい」

 

手コキをされながら、彼女のマンコに手を伸ばしました。

 

すでにグッショリ濡れていました。

 

今思えば、かなり開発されたマンコだったと思います。

 

いつでもチンポを受入れられる状態です。

 

「もう我慢できない、美優とセックスしたい!」

 

「いいよ、ずっと好きだったから・・・嬉しい」

 

手コキを止めて、彼女がリードする形で上に跨ってもらいました。

 

お互い全裸になり、俺は美優のおっぱいを舐め回し、揉みまくりました。

 

めちゃくちゃ気持ちがいい・・・

 

と、そこへ突然ガチャガチャガチャ!とドアノブを開けようとする音が響きました。

この体験談の続きを読む

【巨根の高校生】ヤンキー女子から性的イジメにあった僕の復讐劇(下)

バック
画像はイメージです

 

(前回の続き)

 

↓ ↓ ↓

 

 

 

お前の処女は俺がもらったんだよ

 

僕は次の日、ミカの様子を見に行くことにしました。

 

とても緊張しました。

 

自分のしてしまった事の重大さを後から実感し、昨日はあまり眠れませんでした。

 

それどころか、

 

(もしかして警察が来るかもしれない)

 

とか、

 

(ミカの仲間が呼び出しに来るかもしれない)

 

とか考えてしまい、不安で仕方ありませんでした。

 

家にいても不安が募るので、朝早くから外に出て、しばらくブラブラしてから早めにミカの家に行きました。

 

もう覚悟を決めて、

 

(どうにでもなれ)

 

と思い、ミカの部屋に入りました。

 

部屋に入ると、ミカはパジャマ姿のままベッドの下に座り込んでいました。

 

僕の顔を見ると、ビクッと反応して立ち上がり、黙ったまま睨んできました。

 

意外な反応でした。

 

僕はてっきり怒鳴られ、蹴られるもんだと思っていました。

 

そうされる覚悟もしていました。

 

しかしミカの反応は、睨みながらも僕に怯えているようにも見えました。

 

ミカは若干震えたような声で、

 

「なんだよ、きもちわりー顔見せんじゃねぇよ」

 

と言ってきました。

 

僕は昨日から、強がってるミカが可愛く思えるようになりました。

 

そして変態扱いにされるのも、逆に快感に思えていました。

 

ミカは睨んでいますが、とても可愛く、愛おしく思い、僕はミカに飛びついてしまいました。

 

そして自分でも気持ち悪いと思うほどの言葉をかけました。

 

「ミカ、愛してるよ、ああ、ミカの体が忘れられないよ、昨日はたまらなかったよ」

 

と言いながら思いっきり抱きついて、ミカの体を触りまくりました。

夏場で薄い生地のパジャマを着ていて、ミカはノーブラでした。

 

パジャマの上からでも肉感がモロに手に伝わってきます。

 

ミカは抵抗して、引っ掻いたり叩いたりしてきましたが、痛みも心地よく感じ、むしろ興奮しました。

 

「てめぇ、マジで殺すぞ!」

 

と怒鳴ってきたので、

 

「ミカ、お前の処女は俺がもらったんだよ、みんなに言うよ?いいのか?お前の裸の画像もあるんだよ?」

 

と耳元で言いました。

 

ミカは一瞬固まり、

 

「てめぇ・・・殺してやる、マジで画像消せよ!ざけんなっ!」

 

と罵声を浴びせてきましたが、今までのミカとは威勢が違いますし、さっきより抵抗が少なくなりました。

 

僕はパジャマの上を捲くり上げて、生おっぱいをモミモミしてから乳首にむしゃぶりつきました。

 

ミカはまだ抵抗していますが、ベロベロ乳首を舐め続けると、ピンピンに勃起しました。

 

「ミカ、乳首すごい立ってるよ、感じてるんだね」

 

と言うと、

 

「ざけんな、んなわけねーだろ、うっ、あっ」

 

と言ってましたが、感じているのに我慢しているようでした。

この体験談の続きを読む