カテゴリー:熟女(男性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:熟女(男性告白)

お隣の淫乱で豊満な奥さんに誘惑されて中出しも出来て不倫を続ける無職の私

淫乱 人妻 中出し
画像はイメージです

 

隣の奥さんが豊満な体で誘惑

 

私には妻も子供もいるんですが、とある理由で仕事を辞めてしまい、現在無職のダメ亭主です。

 

嫁が働いていますのでなんとか暮らせているんですが、いつまでも無職じゃいられないとハローワークに通って就活しています。

 

そんなある日の朝、隣に住む奥さんが回覧板を持ってきました。

 

9時少し前だったと思います。

 

隣の奥さんはというと専業主婦で、旦那さんは公務員です。

 

今までは仕事に出かけていたので、会っても挨拶程度で、話した事はほとんどありません。

 

私は元々営業の仕事をしていましたし、人と会話をするのに抵抗はありません。

 

隣の奥さんも話し好きみたいで、玄関先で話していたら、

 

「失礼していいかしら」

 

と言って上がり込んできました。

 

話しやすい奥さんで、色々楽しく話をしていましたが、そのうちに夜の生活とか、旦那の事での愚痴など下品な話までするようになりました。

 

愚痴っぽくなってくると、ちょっと面倒くさくなってきましたが、一方的に話してくるので、私は適当に相槌を入れながら聞いていました。

 

すると、リビングのソファーで向かい合っていたので、奥さんが突然横に座ってきました。

 

「奥さん、どうしたんですか?」

 

と聞いたら、

 

「最近セックスレスなの」

 

と言いました。

 

聞くと、旦那は糖尿病の合併症を患っていて、EDでインポ気味みたいだと言うことでした。

 

私は何て言っていいか分からずに困惑していると、なんと奥さんの手が私の股間に伸びてきたんです。

 

驚いた私は、

 

「妻もいるし、朝からそんな事はやめて下さい」

 

と言いました。

 

奥さんは私よりも年上ですが、年齢のわりには綺麗で豊満な体をしており、正直股間が反応しそうでした。

 

奥さんはいったん止めましたが、さりげなく大きなおっぱいをちらつかせたり、わざとパンツを見せたりしてきました。

 

この色気で誘惑されたら私もムラムラしてしまい、ついにチンコが勃起して、奥さんにもバレてしまいました。

 

すると奥さんは私のズボンに手を伸ばし、脱がせてチンコを取り出し、口に咥えてきました。

この体験談の続きを読む

爆乳・巨尻の友達のお母さんに勃起がバレたけど筆下ろしに中出しまでさせてもらいました

ムチムチ 爆乳 巨尻
画像はイメージです

 

友達のお母さんのムチムチボディーがたまりません

 

僕は祥太郎で、高校2年生です。

 

隣に住んでる友達のお母さんは、ちょいポチャで爆乳の巨尻なんです。

 

年は40代前半で、ピタッと身体にフィットしたジャージ姿でいることが多いです。

 

このお母さんとは僕も仲良くしてもらっていますが、僕はこの明子さんの体に欲情して仕方ありません。

 

僕が中学の時に、明子さん家族が隣に引っ越して来て、明子さんの身体に一目惚れしました。

 

それ以来、毎日のように明子さんを想いながらオナニーしていました。

僕の部屋からは、明子さん夫婦の寝室が見えるんですが、夜はいつもカーテンが閉まってて、一度も明子さん夫婦のセックスを見た事はありません。

 

何度も覗こうとチャレンジしてみましたが、ダメでした。

 

童貞だった僕は、明子さんに筆下ろししてもらいたいと本気で思っていました。

 

そしてある日、昼前から突然雨が振り出し、僕は学校から濡れながら自転車で帰りました。

 

その日は学校は昼までだったんですが、なんとか家に帰り着き、家の鍵を探したら鍵が無い事に気付きました。

 

いつも家の鍵は持ってたんですが、どうやら鍵を自分の部屋に忘れたまま学校に行ったみたいで、一人っ子だった僕は家に入れず、玄関で雨宿り状態になっていました。

 

しばらくしすると、隣の明子さんが出て来て、僕に気付きました。

 

明子さんは専業主婦で、雨の様子を確認するために外に出て来たとこに、家に入れないでいる僕に気付いたようでした。

 

明子さんは僕を家に上げてくれました。

 

ビショ濡れの僕は、タオルを貸してもらって頭を拭いてると、

 

「ほら、しょうちゃん全部脱いで、風邪引くよ」

 

と僕を脱がそうとしました。

 

僕は祥太郎なので、明子さんは僕の事をしょうちゃんと呼んでます。

 

恥ずかしかったんですが、明子さんは強引に雨で濡れた学生服を脱がし、さらに僕のパンツまで脱がそうとしてきました。

 

恥ずかしかったんでパンツは拒否すると、

 

「何恥ずかしがってるの、早く脱いで」

 

と怒られてしまいました。

 

仕方なくパンツを脱ぐと、明子さんは僕のチンコをチラ見しました。

 

そして僕の学生服やパンツを持って、脱衣場の洗濯機の方へ行きました。

 

僕はチンコを見られたことに少し興奮し、さらに明子さんの後ろ姿を見て、勃起してしまいました。

 

明子さんは相変わらずジャージ姿でしたが、大きなお尻がプリプリしてたまりませんでした。

この体験談の続きを読む

【淫乱奥さん】病院で知り合った時は清楚なイメージでしたが中出しを求められました

淫乱奥さん
画像はイメージです

 

父の入院で知り合った奥さん

 

親父が検査入院したんですが、胃に腫瘍が見つかってしまい、すぐに手術しなければならなくなりました。

 

幸いにも早期発見だったため大事には至らず、術後の様子見ということで、しばらく経過入院することになりました。

 

個室は差額ベッド代がかかるので、とりあえず大部屋に押し込めたんですが、父は文句言っていました。

 

まあ、文句を言うほど元気な証拠と思って、笑って聞き流していました。

 

隣のベッドには、40代の奥さんらしき女性が、毎日夫のお見舞いに来ていました。

 

毎日顔を合わすうちにいつしか話をするようになり、帰りに僕の車で送るほどになりました。

 

ある日、夫の身の回りの品を買いたいと言うので、帰りにスーパーに寄りました。

 

お礼にお茶でもと言うことになって、駐車場の広いファミレスに入りました。

 

軽食をしながら、他愛もない話をしていましたが、しばらくすると奥さんは、年下の僕に悩みを打ち明け始めました。

 

それは、夫婦2人の生活で子どもはいないので、夫が入院してしまって家に帰っても独りなので、寂しさがストレスになっているとのことでした。

 

だから、

 

「こうして話を聞いてもらえるだけで嬉しい」

 

と言われたので、

 

「年下のこんな僕でよければいつでも話相手になりますよ」

 

と言いました。

 

そして、

 

「それなら明日お見舞いの帰りにちょっとドライブにでも行きませんか?」

 

と誘いました。

 

奥さんは笑顔で、

 

「いいんですか?」

 

と言ってきたので、

 

「もちろんです」

 

と言って早速、明日のドライブが決まってしまいました。

この体験談の続きを読む

【童貞卒業】憧れの人妻にチンポとアナルも舐められて中出しもしました

人妻 童貞
画像はイメージです

 

憧れの女性の家に行きました

 

俺は大学1年生の時に、34歳の人妻に童貞を捧げました。

 

ちなみに、俺は容姿は普通だと思っていて、でも服とかオシャレにはすごいこだわっていました。

 

当時それまでに4人と交際経験はあったものの、肝心な所で小心者の俺は勇気がなくて、セックスどころかキスもする事ができず、童貞のままでした。

 

その日大学が突然の休講で暇だった自分は、服でも見に原宿に行こうと家を出ました。

 

時間は午前10時を過ぎたぐらいでした。

自転車で駅までの道を走っていると、ある女性が目に入りました。

 

俺がずっと憧れていた佐枝子さんだった。

 

佐枝子さんは俺の弟の友人の母親で、うちの母親とも仲が良く、頻繁に家にも遊びに来ていました。

 

俺と弟は8つ年が離れていて、20歳ちょいで結婚と出産をしているので、とても若々しく、ほんの少しだけギャルっぽいとこもある可愛らしい人です。

 

旦那が理不尽らしく、可哀想な話も親から聞いていました。

 

初めて会ったのは俺が小学校の時で、オナニーを覚えてからは、中学、高校とずっと佐枝子さんをオカズにしていました。

 

佐枝子さんは買い物帰りで、ペットボトルのジュースや食材などを持ちながら歩いていました。

 

佐枝子さんの家までは200メートルぐらいの所です。

 

話せるチャンスはあまりないので、話し掛けることにしました。

 

「重そうですね、荷物持ちましょうか?」

 

「あっ、お兄ちゃんじゃない、本当?じゃ、お願いしようかな」

 

俺は、佐枝子さんには「お兄ちゃん」と呼ばれていました。

 

俺の自転車のカゴに荷物を乗せ、家の前まで話しながら歩きました。

 

俺はそれだけでも幸せな気分でした。

 

家の前まで到着し、荷物を下ろおうとすると佐枝子さんに、

 

「助かったわ、ありがとね、あっ、何か冷たいの飲んでいかない?」

 

と言われました。

 

もちろん断る理由もないし、こんなラッキーな事はめったにないので、お邪魔させてもらう事にしました。

 

自転車を駐車場に止め、そのまま買い物の荷物を持ってあげて家の中へ入りました。

 

リビングに通され、冷蔵庫の前に荷物を降ろしました。

 

「そこ座ってて」

 

ソファーに座って待っていると、佐枝子さんがコーラを持ってきてくれました。

 

それを飲みながら、ソファーで1時間ぐらい話してたと思います。

 

話が恋愛の事になってきました。

この体験談の続きを読む

中学生のショタチンポを逆レイプしていたのは結婚している女友達だった

男子中学生を逆レイプ
画像はイメージです

 

中学生を逆レイプしていた

 

僕は33歳のサラリーマンですが、ゴールデンウィークに学生時代の友人達とキャンプに行きました。

 

この年齢だと独身の奴もいれば、結婚してて嫁さん連れて来る奴もいて、皆で一緒にビール片手にバーベキューを楽しみました。

 

そして夜も更けると、泥酔した友人達が

 

「ギブアップ」

 

と自分のテントに行き、脱落する者が出てきました。

 

そろそろ僕も

 

(寝るかな)

 

とその前に便所に行こうと思い、友人と連れションに行きました。

 

そしたら途中の草むらの中から、もう一人の友人が出て来て、

 

「すごい物見せてやるから静かに付いて来いよ」

 

と言うので、草むらの中へ付いて行きました。

 

奥まった所に倉庫と街頭が一本立っていて、倉庫の陰に人がいるのが分かりました。

 

少し回り込んで高台から覗き込んでみました。

 

なんとそこには、中学生の男子4人と、全裸の熟女が一人いました。

 

その光景だけを見ると、複数の中学生が、熟女を野外でレイプしているのかと思います。

 

しかしよく見ると、レイプとは違い、中学生の男子の方が喘いでいて、情けない声を出していました。

 

熟女が主導権を握り、中学生達は自分の服を地面に敷き詰め、その上に四人が寝転がっています。

 

そして体のあちこちに精液をつけた変態といえる熟女が股がり、騎乗位で猛烈にグラインドしていました。

 

露出で逆レイプしているような、衝撃的なシチュエーションです。

この体験談の続きを読む