カテゴリー:熟女(男性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:熟女(男性告白)

早漏の僕は妻から射精管理されて男性用スケスケショーツとリングを装着しています

射精管理
画像はイメージです

 

射精を我慢しなさい

 

僕は26歳で、雄一といいます。

 

半年前に、1年間交際していた妻の千奈美と結婚しました。

 

妻は38歳と一回りも年上ですが、僕が営業で困っている時に、同じ会社の方を紹介してくれたりして、すごく助けられていました。

 

そして付き合い始めて半年が経った頃に、千奈美さんの方から告白され、結婚することになりました。

 

千奈美さんも仕事をされていて、毎日スーツ姿での仕事なのですが、見た目よりも若く、プロポーションもよくて豊満な体型です。

 

といっても太っているわけではなく、バストが97cmセンチのIカップもあり、ウエストは64cmくらいで、ヒップは93cmくらいです。

 

ボン、キュッ、ボンを絵に描いたような体型です。

 

千奈美さんとの結婚生活はとても楽しくて、しかも人生の先輩でもあるので、なにかと教えてもらうこともあります。

 

いつかは僕の給料だけで養いたいと思っていました。

 

でもその楽しい新婚生活は、わずか3ヶ月で途切れてしまいました。

 

千奈美さんとの夜の性生活が原因です。

 

付き合っていた時から分かっていたことではあるのですが、僕はかなりの早漏で、挿入してから平均2、3分、早ければいわゆる“3擦り半”で射精してしまうこともあります。

 

千奈美さんのオマンコの中が気持ちいいのが原因なのですが、最近ようやく5分を越えるようになったところです。

 

そして、ついに千奈美さんから“キツいお仕置き”が下されてしまったのです。

 

それは2ヶ月前の7月の暑い日でした。

 

僕が仕事から帰ってくると、千奈美さんは超セクシーなベビードールを身にまとっていました。

 

薄いピンクのキャミソールはお尻までしか丈がなく、下のブラとショーツは同じような色合いですが、隠している生地は小さく、ブラはハーフカップ、ショーツはTバックでした。

 

帰るなり玄関口で着替えるように命令され、素っ裸にされました。

 

渡された袋に入っていたものは、男性用Tバックのショーツで白のシルク地のものでした。

 

穿いてみるとスケスケで、チンコの色や形が丸分かりでした。

 

おまけにSサイズと小さく、少しでも勃起しようものならはみ出してしまいそうな状況でした。

 

なんとこの格好で朝まで過ごし、しかも、

 

「射精を我慢しなさい」

 

と言うのです。

この体験談の続きを読む

中学生の時ショタコンのおばさんを相手に逆売春させられていました

 

ショタコン 逆売春
画像はイメージです

 

3人のおばさんたちに全裸にされました

 

僕が中学2年の時の話です。

 

期末テストも終わり、もうすぐ夏休みになろうとしていたころです。

 

その頃の自分はテニスに夢中で、その日も近くの公園で壁打ちしてると、ラケットを持った近所の清子さんというおばさんに声をかけられました。

 

近くのクラブに所属しているので、コートに誘われました。

 

有名なクラブで、コートも8面あるクラブです。

 

そこで清子さんと、フルセットして僕が勝ちました。

 

それから度々清子さんとテニスをするようになり、親しくなっていきました。

 

8月に入ったある日、清子さんの家に呼ばれました。

 

そこにはクラブで顔なじみのおばさん二人もいました。

 

昼間からお酒を飲んでいて、みんな陽気でした。

 

みんな40代前半ですが、スポーツしているせいか、年齢の割には綺麗な人たちでした。

 

自分もお酒を進められましたが、中学生でしたし断ると、清子さんがいきなり口移しで飲ませて来たのです。

 

びっくりしてると周りからは、

 

「ファーストキス?」

 

とかはやしたてられ、

 

「私もキスしたい」

 

とか言って、次々に濃厚なキスを三人から受けました。

 

それからソファーに押し倒されると、ズボンとトランクスを一気に脱がされ、シャツも脱がされました。

 

三人のおばさんによって僕は全裸にされたのです。

 

三人ともかなり酔っていました。

 

僕のチンコを、三人でよってたかって触ってきました。

 

思春期でオナニーも覚えたころでしたから、チンコを弄られるとすぐに勃起してしまいました。

この体験談の続きを読む

責め好き熟女に出会って調教されつつある僕はM男に洗脳されそうです

アナル責め
画像はイメージです

 

今日は責めたい気分なの

 

出会い系サイトで知り合った熟女と、食事をすることになりました。

 

僕は大学生で、相手は20才も年上の四十路熟女です。

 

最初はアラフォーの熟女とリアルに会って、どんな会話をすればいいのか不安もありました。

 

しかし、写メを交換すると可愛らしいおばさんだったので、勇気を出して会うことに決めました。

 

ご飯を食べに行く約束で、待ち合わせ場所まで車で迎えに行きました。

 

車種と色を言っておいたのですぐ分かったのか、相手の女性らしき人が手を振っていました。

 

実際に会うと、写メよりも可愛くはなかったですが、それでもエロそうな熟女という印象だったので、期待がかなり膨らみました。

 

アラフォーの年上熟女を助手席に座らせました。

 

スカートが少しあがって、太股丸見えです。

 

この時点で勃起しました。

 

彼女は聞き上手なお姉さん風といった感じで、食事しながら楽しく会話ができました。

 

旦那さんとはセックスレス気味でマンネリしているせいか、かなり欲求不満な主婦生活を
送っているそうです。

 

エロ話も盛り上がったところで、場所を移動します。

 

お互い雰囲気もエロエロな感じで、すんなりラブホテルに突入です。

 

ホテルに入ると、別々にシャワーを浴びます。

 

先に浴びた彼女を待たせて、急いでシャワーを浴びて彼女の元へ行きます。

 

彼女の服を脱がせると、今まで服装では分からなかったんですが、Eカップほどの柔らかそうなおっぱいがポロリと出てきました。

 

隣に座って抱き寄せようとすると、

 

「今日は責めたい気分なの」

 

と言って僕を押し倒して、バスローブを脱がせて、AVの痴女みたいに強引なキスをしてきました。

この体験談の続きを読む

隣の奥さんの痴態を知ってしまい誘惑されたが俺好みのマンコだった

隣の奥さん
画像はイメージです

 

隣の奥さんがテレフォンセックスしている?

 

俺が住んでるアパートの隣の部屋の奥さんが、どうやらテレフォンセックスをしていたらしい。

 

ベランダ越しに喘ぎ声が聞こえてきてたので、間違いないだろう。

 

完全にぷっつん来ちゃってるような淫猥な会話。

 

聞いてたら、不倫している親父に窓を開けて強制露出プレイ。

 

オナにーさせられてたみたい。

 

「ちゃんと窓は開けてやってるわ、近所に声が聞こえたらどうしよう~」

 

とか変態露出のバカ丸出しの会話。

 

思わず

 

「プっ」

 

と吹き出しちまった俺。

 

隣の奥さんは気付いたみたい。

 

まさか平日の昼間に、隣のベランダでオナ声を聞かれてるとは思ってもなかったみたいで、

 

「後で掛けなおす」

 

という声がした。

 

すぐにベランダを確認しに奥さんが出てきて、壁際からコチラを覗き込んで確認してやがった。

 

お互い一瞬

 

「えっ?」

 

って顔になったが、奥さんは真っ赤な顔をして、

 

「こんにちは」

 

って言うと慌てて部屋に戻って、ベランダの窓を思い切り閉めた。

 

ついさっきの話なんだが、ここから何か展開を期待してしまう俺ってアオイよな。

 

普段は挨拶する程度しか知らないけど、妙に興奮してしまってる俺がいる・・・

 

次の日の朝、ゴミ捨てに出た時に隣りの奥さんと遭遇。

 

一瞬固まったようになりながらも、

 

「おはようございます」

 

って挨拶はしてきた。

 

見る見るうちに真っ赤な顔になってたけど、こっちも気まずかったよ。

 

こっちはゴミを出しに行く時で、向こうはゴミを出した後だったから、奥さんは逃げるように早足で戻って行ったけどね。

 

AVやエロ小説みたいな展開にはなりそうな雰囲気ではない。

 

何かリアクションがあったらと思うとワクワクするんだが、流石に現実にそんな状況は起こらないんだろうね。

 

その数日後の日曜日、玄関の掃除をしてたら、向こうから挨拶してきた。

 

こっちも挨拶すると、何故か突然世間話をしてきた。

 

最近の暑さはこたえるとか、雨が少ないから暑さが厳しいとか、ホント他愛もない話をしてきてたんだよね。

 

「はぁ、そうですね」

 

といった感じで適当に相槌を打つ俺。

 

すると突然、

 

「あのぉ、先日のことなんですけど・・・」

 

って、さすがにこっちもちょっとドキっとしたけど、

 

「あぁ、まぁなんですね」

 

とか訳の判らん受け答えをしてしまった。

 

「聞こえてましたよね?」

 

って訊ねられたから、

 

「はぁ。まぁ、聞こえてました」

 

って答えると、

 

「いや~ん、やっぱり~恥ずかしいわぁ」

 

って突然声のトーンが大きくなり、見る見るうちに真っ赤な顔になっていく奥さん。

この体験談の続きを読む

【衝撃の性癖】妻の元カレは避妊せずにセックスしていただけでなく…

妻の性癖
画像はイメージです

 

どうしても変えられない性癖

 

32歳の妻とは、知り合って4ヶ月のスピード結婚をし、4年がたちました。

 

つい最近まで、妻は私とのセックスで一度もイッた事がありませんでした。

 

それが原因で離婚を考えるまでになり、ある日妻と離婚について最終的な話をしている時に私が、

 

「君は、本当に僕のことが好きだった?」

 

と聞くと妻は、

 

「今でも好きです」

 

と言いました。

 

「じゃあ、なぜ?男でもいるのか?教えてくれ!」

 

すると妻は、意を決したように涙を浮かべながら、

 

「ずっと前から、あなたに話そうと何度も思ったけど、あなたに嫌われそうで言えなかったことがあるの…私、どうしても変えられない性癖があるの…それは…」

 

妻はその時、覚悟を決めたのでしょう。

 

過去の出来事も含め、全てを私にさらけ出してくれました。

結婚前に5年間交際していた男がいて、その元カレがある強い性癖を持っていたそうです。

 

時が経つにつれ、いつのまにか妻自身も同じ性癖を持ってしまい、その男以外で2回堕胎し、最後はその元カレの子供を堕胎して別れたと言うものでした。

 

話を聞いていくうち、この大人しくて可愛い妻が

 

(何故?)

 

と強い思いもありましたが、本当の事が分かり、今はある意味納得しています。

 

しかしその性癖というのは、最初は信じがたいものでした。

この体験談の続きを読む