カテゴリー:熟女(男性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:熟女(男性告白)

中学生の僕は水商売のおばさんに筆下ろししてもらいました

アパートセックス
画像はイメージです

 

水商売のおばさんの家に行きました

 

私が中学3年生の時の話です。

 

5月のある日、学校から家に帰るとアパート2階の自宅は誰もいなくて留守でした。鍵もなく、母は近所に買い出しではないかと思い、階段に座って待つことにしたのです。

 

数分すると階段の下から足音が聞こえてきました。母が帰って来たかと思いましたが、3階に住む女性でした。今考えると30代後半ぐらいで、子供の時はよく遊んでもらっていたんです。

 

母は嫌悪感を抱いていましたが、彼女は夫を亡くして、水商売で自立していました。そんな彼女が男を時々家に入れるのは、仕方のないことだったのでしょう。

 

「まーくんお家に入れないの?だったら、お母さん帰宅するまでアタシの家においでっ!」

 

と言って、スグサマ上に行きました。断るタイミングを失くした私は後を追いかけ、

 

「いや、でも、あの」

 

と言おうとしたんですが黙ってしまいました。なぜかというと、スカートの中が見えて、白い太腿と赤のパンティーが見えたからなのです。

 

おばさんは家のドアを開けて、私を招き入れました。部屋の中から、

 

「鍵はかけてね」

 

と言ってました。ドキドキしながら部屋に入り、鍵をかけた私に

 

「ヤキソバでも作ってあげるね」

 

と、リビングのソファーに座らせました。ここで食べさせてもらうのは、小学校3年以来だと思います。幼い頃に可愛がってもらっていた記憶を思い返していると、ヤキソバを作って運んできたおばさんが

 

「私シャワー浴びてくるから遠慮せず食べててね」

 

と微笑みました。

 

アパートの階段でチラッと見てしまった赤い下着が頭の中から離れず、味もまるでわからないままヤキソバを完食すると、シャワーから出てきたたおばさんは、ネグリジェ姿で私の前に現れました。しかも純白のパンティーがうっすらと透けていました。

 

「あれ、まーくん、制服が少し汗臭いよ。シャワー浴びなさい」

 

「え、いや、そんな、いいよ」

 

「いいから早く入ってきなさい」

 

もはや完璧におばさんのペースでした。

この体験談の続きを読む

俺のデカチンに興奮したバイト先の熟女たちとエッチしまくりました

カラオケBOX
画像はイメージです

 

熟女に囲まれたカラオケBOXでアルバイト

 

俺は21歳の大学3年生で宏樹と申します。

 

1年、2年の時に真面目に単位を取得したので3年からは楽になり、アルバイトをしようかなと思っている時にサークルの仲間が、

 

「僕のアルバイト先のカラオケBOX入らない?」

 

と誘われたのです。友人がやっているバイトは24時間営業のカラオケBOXで、9時~17時、17時~深夜1時、深夜1時~9時のシフト制で昼、夜、深夜の3交代制になっています。

 

友人は夜の時間帯に入っていました。昼の時間に1人探しているとのこと。昼はパートのおばちゃんばかりで、できれば男が1人入れば安心らしくて、それもあって求人しているとのことでした。

 

店長は19時~深夜3時が基本的な出勤時間帯で何も無い限り昼間出てくることが無いらしい。

 

すべては入れませんが、3日でもいてもらえると役立つと言われ、昨年の夏休みからカラオケBOXでアルバイトを始めました。

 

週3でバイトしました。昼間のバイトは、俺を除いて5人の婦人です。37歳の正美さん、38歳の理絵さん、40歳の洋子さん、43歳の佳恵さんと繁子さんの5人のご婦人達です。

 

そもそも高校正の頃は熟女とセックスしまくっていたこともあり、この年代の女性は全然やるのもアリでした。ただ、ここ2年は勉強に真面目に取り組んでいたので少し心配もありました。

 

5人ともスタート日からバイト中に質問攻撃でした。俺が来るまで奥さんたちだけだったので21歳の男子大学生に興味を抱いていたようで、5日後後にはバイト中にエロトークばかりしていました。

 

「俺は熟女が好きですけどここ1、2年はHしてないですよ、恋人もいないし」

 

とか、5人は

 

「旦那とは夜の営みがまったくなくて欲求不満よ」

 

とか慣れっこになって話す様になってました。しかも理絵さん、洋子さんと一緒に入った時は逆セクハラがもの凄かったんですよ。

この体験談の続きを読む

女装した僕を責める2人の熟女、ノーパン黒タイツを破ってチンポ挿入

女装黒タイツ
画像はイメージです

 

タイツフェチの僕は姉がいると嘘をつきました

 

学生の頃に変わったアルバイトをしました。ある通販会社がモニターを募集していたのです。その会社は女性向けのランジェリーやストッキング類が豊富で、タイツ好きな僕は何度かその会社の通販でタイツを買った事がありました。

 

今回の募集は新発売のタイツのモニターで、穿き心地をレポートすれば報酬が貰えるという内容でした。そんな美味しいバイトを重度のタイツフェチだった僕が見逃すハズがありません。

 

すぐさま応募しようとしましたが、女性向け商品なので男性名前では断られると思い、架空の姉の名前で応募したところ、商品を渡すので取りにきて欲しいと言われました。どうしようかと迷いましたが、姉の代理で受け取りに来たと言う事にしようと思いました。

 

通販会社の営業所に着きました。営業所と言ってもマンションの一室です。ドキドキしながらチャイムを押すと、30代後半の女の人が招き入れてくれました。部屋の中にはもう一人、40代前半の女性がいました。

 

二人とも濃い化粧でしたが、顔立ちは整っており、スタイルも年齢の割には良さそうです。そして僕の目を引いたのは二人とも、僕の大好物の濃い黒タイツを穿いている事でした。

 

二人の説明によると、用意されたタイツを毎日穿いて、着用感をレポートして欲しいという事でした。

 

簡単な内容でホッとしましたが、報酬支払いの条件として、タイツを穿いたモニターの写真を撮らせて欲しいと言われました。

 

姉にそう伝えると言うと、商品引き渡しの際に写真が必要で、今撮らせて欲しいと言います。架空の姉がモニターすると言う嘘を付いたので、撮影は無理と言うと、二人は困った顔になりました。

 

実はモニターの集まりが悪く、今日中にタイツモニターの写真を撮って、本社に送らないと叱られると言うのです。それは困りましたね、でも姉は今いないので、と白々しい嘘を付くと、二人は隣の部屋に下がり、何事かを相談し始めました。

 

この体験談の続きを読む