カテゴリー:熟女(男性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:熟女(男性告白)

水泳教室で3人の熟女に無理やり逆レイプされて辛かったけどやみつきに

水着 更衣室
画像はイメージです

 

女子更衣室に連れ込まれて競泳水着を脱がされ

 

若いってだけのことで熟女にモテるんですね。

 

僕は二十歳過ぎのフリーターなのですが、家の近くのジム内にあるプールに通っているんです。

 

軽い気持ちで頑張って水泳を習おうかという、大人向けの水泳教室に参加申し込みをしました。

 

フリーターで空いた時間が多いので、昼に通うことが多く、中年の主婦の方ばかりでした。

 

競泳水着のおばさんばっかりで、最初は不釣り合いかと思ってましたが、熟女の皆様は僕を暖かく受け入れてくれ、すぐにフレンドリーになりました。

 

会員は6人で男は僕しかいません。

 

女性は40歳から50歳ぐらいの中年熟女達です。

 

先日のある日のこと、一人の熟女が男子更衣室をノックしました。

 

「ねえ、こっちに来ない?」

 

でも女性の更衣室ですのでお断りしたのですが、

 

「そんなのいいじゃない、ねっ」

 

と競泳水着のままの熟女は、強引に腕を組んで引き寄せました。

 

僕は競泳パンツをはいたままの格好で、タオルだけ所持して行きました。

 

女子更衣室には、その熟女を入れて3人いました。

 

「○○君来たわね!いらっしゃい」

 

なんて歓迎を受けました。

 

「今まで男っけなくてつまんなかったのよ、○○君が来てからはみんな楽しいねって言ってるのよ」

 

相手はおばさんとはいえ、そう言われると嬉しいもんです。

 

すると、いきなり一人の熟女が競泳水着を脱ぎ始めたんです。

 

僕は、

 

「ちょ、ちょっと何してるんですか?」

 

「ここは更衣室よ、着替えに決まってるじゃない、おかしな子ね」

 

って笑って言いました。そしたらもう一人が、

 

「私も着替えるわよ」

 

って言いました。

 

僕は困りました。いくら最近仲良くなったといっても、それはヤバイんじゃないかと思っていると、

 

「○○君、見てもいいのよ」

 

と言って、最初に競泳水着を脱いだ熟女が、素っ裸になって僕の膝の上にに跨りました。

 

「ちょっとAさん、いくらなんでもまずいですって!」

 

「○○君は可愛いから特別よ」

 

って言いました。すると、

 

「○○君、興奮してるじゃない!」

 

と横からBさんが言いました。

 

女子更衣室で競泳水着の熟女に連れ込まれて逆レイプされるという、まるでアダルト動画みたいなシチュエーションに、チンコが勃起して水着からはみ出しそうになっていました。

 

「すごい○○君のおちんちん、窮屈そうじゃない、ねえ見せて」

 

「こ、困りますよ!」

 

「そんな、いいじゃない」

 

そう言うと、

 

「ジャジャーン!」

 

という楽しそうな声を出しながら、無理やり熟女に競泳パンツをズリ下ろされました。

この体験談の続きを読む

叔母の性処理奴隷から逃れられない俺が放出した精液は2500回

叔母 近親相姦
画像はイメージです

 

厳格と思っていた叔母の性欲の吐け口に

 

俺は和也で、現在21歳の大学3年生です。叔母の従順になってから丸5年になります。

 

この生活がスタートしたのは俺が高1の時、商社に勤務していた父が母を連れてアメリカに転勤した時からでした。

 

俺は父が単身赴任するものと思っていましたが、父の前任者だった人が単身赴任で、現地の女性と揉め事があったなどもあって、会社から夫婦で行くように促されたらしいのです。

 

俺は当時父と仲が悪く、また、地元で有名進学校に入学したばかりだったので日本に残る事にしました。

 

一人暮らししたかったんですが、日本に留まる条件が叔母(母の妹)の所に預けられることでした。

 

叔母はこのとき35歳で、不倫した夫と離婚してバツイチでした。

 

ビジネスセミナーや進学塾の講師もしている結構気の強い女性です。

 

第三者から見ると綺麗らしいが、当時の俺は、気が強く何かとガミガミうるさい叔母が嫌いでした。

 

けれども、そんな叔母と同居し始めて2人だけになってみると想定してたよりも以外に優しいんです。

 

俺の身の回りの世話もキチンとしているし、とにかく母みたいにしょうもない干渉をしないのが快適でした。

 

俺は楽な生活を送っていましたが、叔母の講師という仕事の関係上、学校の成績においてだけは厳しかったです。

 

でもそのせいで1学期は程好く良い成績で終了することができました。

 

夏休みは毎日遅い時間までテレビを見、翌日の昼頃まで寝ている自堕落な生活を送っていましたが、逆に叔母は進学塾の夏期講習とかで忙しく、毎日苛々していました。

 

8月に入った頃、ある日曜日の昼前にまだ寝ている俺を起こしに、叔母が部屋に入って来ました。

 

俺はエアコンを付けて寝るのが嫌いだったので、夏場はパンツ一枚で寝ていました。その日もパンイチで寝てました。

 

叔母は部屋に入るなりベッドに腰を下ろすと、

 

「ふふっ」

 

と微笑みながらいきなり股間に手を伸ばしてきたんです。童貞だった俺は、この不測の出来事にエッチな気分どころではなく恐怖でじっとしていました。

 

叔母は

 

「緊張してるの?」

 

と言いながら俺のパンツをずり下げてきました。

 

昼近い時間でも俺にとっては寝起きだったので、朝起ちでチンコはビンビンに勃起していました。

 

叔母はチンコを優しく握ると、俺の表情を観察しながら最初は徐々に、そして段々激しくしごき始めたんです。

 

いくら怖さが勝っても、こういったことをされたら気持ちよくて仕方ありません。

 

物心ついてから誰にも触られたことのないチンコはあっという間に射精してしまいました。

 

叔母の手や腕、ベッドのシーツなどにも俺が放ったザーメンが付着しています。

 

俺はどうして良いか見当もつかずに、羞恥心と興奮から汗びっしょりで気が動転していました。

 

そんな状態の俺に叔母は、

 

「シャワーを浴びてきなさい」

 

と言いつつ部屋から出て行きました。

 

俺は叔母に言われた通りに精液で汚れたチンコや汗をかいた体を洗い流して、とにかく部屋に戻りました。

 

少ししてからまた叔母が部屋に入ってきたんですが、その外見を見て俺はあっけに取られました。ピタピタのTシャツに小さめのショーツだけの姿だったからです。

 

叔母は俺の横に腰掛けると、

 

「私があなたの面倒を見てあげているんだから、あなたも私の面倒を見なさい」

 

そう話しつつ俺をベッドに押し倒すと、覆いかぶさり体を重ねてきました。

 

この状態で叔母にされるがまま、ファーストキス、童貞、当日中にすべて、血の繋がった叔母に奪われてしまいました。

 

そりゃあ高校生なので女体やセックスには興味がありましたが、相手は実の叔母です。

 

子どもの頃から馴染みの有る実の叔母が甥の俺にこんなエッチなことするなど考えてもいません。

 

しかも何の前触れも無く唐突に起こった事でしたから、少しも心構えが出来ていないうちに叔母の欲求に応えるために、何回となく勃起させられては射精させられる・・・そんな感じでした。

 

その日から俺は“性処理奴隷男”となってしまいました。無条件に叔母の性欲の吐け口にされてしまったのです。

この体験談の続きを読む

熟女の締め付けに耐え切れず中出ししたらオナ禁で何度も会う関係に

お店でセックス
画像はイメージです

 

お得意先の奥さんが誘惑してきた

 

仕事の関係で週に1、2回訪問しているお得意さんがあります。そこは家族で小売店を営んでいます。

 

オーナーである御主人は行事や会合なんかが多く、さほどお会いすることはありません。しょっちゅう奥さんが応対してくれます。

 

いつもはお茶を出してくださり、30分程度お喋りをします。仕事の用事は最初のみです。その他は俺のしょうもないジョークに笑って対応してくださいます。

 

年は40歳前後だと思います。

 

少学生の女の子がいるようですが、訪れるのは昼間の時間帯だから女の子には会ったことがありません。

 

奥さんは一言で言えば、ものすごく清楚でチャーミングです。スレンダーな体型でありながら、おっぱいも大きめです。腰はくびれていて、お尻は大きく、しかも丸くていい形です。

 

雑談しながらも、視線はいつも奥さんの胸やお尻を気付かれないように見ています。そしたら先日、とても楽しい事がありました。

 

奥さんはいつもはキチンとした身なりにもかかわらず、この日は、ゆるめのトップスとタイトスカートという装いだったんです。

 

わずかな時間、お店を閉めて外出するところだったみたいです。そんな時に訪問しても、普段の笑顔でお茶を入れてくれました。

 

発注書に商品名を書いてくれている時に、なにげなくトップスの胸元に目を向けてしまいました。

 

奥さんが前屈みになった瞬間に、胸元が開いてしまったのです。一瞬凍りついたように固まってしまいました。

 

ゆるめのトップスなので胸元が開き、奥さんの大きなおっぱいが、生々しいぷるんとしたおっぱいが、目に飛び込んできたのです。

 

「こらっ、何処見てるの?」

 

という奥さんの声にドキッとしました。

 

「えっ、その・・・」

 

言葉になりませんでした。

 

「高橋君は私みたいなおばさんで嬉しいの?」

 

「いやっ、えっと・・・」

 

なんて返答していいのかあたふたしていました。そしたら発注書を書き終わった奥さんがお店のシャッターを閉めたんです。

 

その様子に多少冷静さを取り戻すことが出来ました。

 

「あっ、僕はこれで失礼しますね」

 

「あれっ?忙しいの?」

 

「いえ、だって、奥さんはこれからお出かけなんでしょ?」

 

「出かけようと思ったけど急用じゃないし、また今度にするわ」

 

「えっと、じゃあ、どういう理由でシャッターを?」

 

「ねぇ、高橋君、ちょっとだけここの所に手を入れてみて!」

 

そう言いつつ奥さんは俺の手を取り、自分の胸元へ導いていったのです。

この体験談の続きを読む

私が巨根だと知って誘惑するお隣の巨乳奥さんが実は妻公認でした

巨乳 騎乗位
画像はイメージです

 

お隣の奥さんがノーブラで誘惑

 

私と妻は高校時代の同級生で、30代前半の時に開催された同窓会で久々に再会して交際、結婚に至りました。

 

現在、結婚3年目で私達は39歳になります。

 

結婚が遅かったのもあり、子供も今のところ出来ず、共稼ぎということも影響して、セックスもそんなに多くありません。

 

でも仲は良いと思っています。ただ最近、少し気になることがあるんです。

それは、お隣の奥さんのことなんです。

 

お隣のご夫婦はご主人が48歳で、奥さんが35歳の年の差夫婦です。お隣も子供に恵まれてないようです。

 

奥さんは専業主婦です。

 

私がお隣の奥さんの何が気にかかるかということなんですが、私が朝出勤するのと、隣の奥さんがゴミ出しに出る時間が、いつも重なるんです。

 

と言うよりはむしろ奥さんが玄関で控えていて、私が家を出るとそれに合わせて奥さんも出来るようなタイミングなのです。

 

ですので、いつもエレベーターで私と奥さんは一緒になります。妻は私よりも先に出勤するので、このことは妻は認識していません。

 

それともうひとつ気になることがあります。

 

それは奥さんの格好です。そりゃあ朝からちゃんとした格好でゴミ出しはしないと思います。

 

しかし、ほぼキャミソールかピッタリめのTシャツで、しかもノーブラなんです。奥さんは巨乳なのでもろに強調されています。これは私に巨乳アピールしているとしか思えません。

 

いや、私が勝手に考えすぎているとも考えられます。

 

しかし、こうも毎回同時にエレベーターに乗ってきて、隣の主人にそんなエロチックな格好を見せ付けてくるでしょうか?

 

しかも私たちは7階に住んでいるので、結構長い時間一緒に乗っています。

 

挨拶程度の会話しかしませんが、私の目線はチラチラ奥さんのエロい巨乳に向いてしまいます。

この体験談の続きを読む

熟女2人に酔った勢いでホテルへ連れ込まれ、童貞を奪われました

熟女3p
画像はイメージです

 

熟女に酒を飲まされ酔った僕はホテルへ連れ込まれました

 

19歳の大学生です。
大学の近くにある町内会でお祭りがありました。

 

僕が大学で加入しているサークルでは、毎年そのお祭りの手伝いをする依頼を受けて参加しているのです。

 

太鼓の演奏だけでなくサークルのメンバーは出店の手伝いなどもしました。僕はソフトクリーム屋の手伝いをしていました。器具の運搬などです。

 

店番をしていたのは、ご婦人二人組みでした。年は三十代半ば過ぎだったと思います。僕はその二人に

 

「お兄さん、名前は何ていうの?」

 

「可愛い顔ねー」

 

など話しかけられました。
祭りも大詰めにさしかかり、一区切り着くと僕は熟女と終始お話をしていました。二人は

 

「ねえ、彼女はいるの?」

 

とか聞いてきたんです。僕は

 

「そんなのいませんよ」

 

と答えました。加えて、僕は年上の女の人が好みだという事を話すと、

 

「だったら、私達位の年は?」

 

と聞かれたので、

 

「全然問題ないですよ。」

 

と答えました。本当に、僕は30代から40代の女の人が一番の好みだったのです。

 

僕の趣味を聞くと、二人は俄然ウキウキして、このところ夫と一緒にいたところでつまらない、ということを話してくれたのです。最後に

 

「これから、一緒に遊びに行かない?」

 

と誘って貰いました。僕はまだまだ体力も余っていたし、アルコールを奢ってくれるという事なので、

 

(やったー!)

 

と思ってOKをしてしました。

 

サークルの部員が解散をすると、僕は残りのメンバーにバレないように脱出して、熟女二人のところへ行きました。車に乗車して、さあ出発です。

 

二人とも、旦那は祭りの幹部同士の宴会に参加しているので、自宅には帰らなくて大丈夫だそうです。

 

車で町中の居酒屋にいって、僕は二人に次から次へとお酒を飲まされてしまったようです。

 

アルコールは好きですがあまり強いくはなかったので、最後にはフラフラになってしまったのです。

 

二人はそれほど飲まないで、僕のみを酔わせてしまおうという計画だったと思います。

その後、居酒屋を出てラブホテルに引き連れて行かれました。

 

ラブホテルに入ったのは生まれて初めてでしたが、なにせ酔いが回っていたのでどういった内装だったのかいまいち覚えていないのです。

 

部屋に入り込むと、僕は服を速攻で剥ぎ取られました。

 

断固として抵抗すれば抜け出せたかも知れないのですが、二人の熟した妖艶さに僕は完全に魅了されてしまっていたので、

 

「やめて下さい」

 

と冗談みたいな感じで軽く言っただけで、ほとんど受身でした。全裸にされると、熟女の一人が

 

「あら、すばらしい体してるのね!ガチッとしてるし、温かい」

 

と言って僕の体全体をいやらしい手つきで撫で回してきます。

この体験談の続きを読む