カテゴリー:熟女(男性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:熟女(男性告白)

【強制射精】誘拐犯の女に何度もチンコを扱かれて童貞も奪われました

強制手コキ
画像はイメージです

 

男女2人組に誘拐された

 

僕が中学2年の時の出来事です。

 

僕の父は資産家で、家族は何不自由なく、裕福な生活を送っていました。

 

しかし、世間一般では、その裕福な暮らしを妬む人が多いのも事実です。

 

そんな僕の家のお金を狙って、これから話す誘拐に発展したんだと思っています。

 

学校が終わり、家の方向が一緒の友達と帰っていましたが、途中から友達と別れて一人で帰っていた時のことです。

 

僕の家は高級住宅街にあって、周りは豪華な一軒家ばかりで、あまり人を見かけることがありません。

 

そんな人気の無い帰り道で、もうすぐ自宅に着くという時に、後ろから車が来るのが分かりました。

 

僕は気にせず、道の端に寄って歩きながら、車が通り過ぎるのを待ちました。

 

すると僕のすぐ横で車が急停車し、いきなりドアが開いて目と口を何か布のようなもので押さえられ、車に強引に乗せられました。

 

車に乗せられるとすぐに目隠しをされ、そして口にも布を丸めたような物を突っ込まれ、その上からタオルみたいなもので口の周りをグルグル巻きにされました。

 

そして更に腕を後ろに回され、両手を縛られました。

 

まったくしゃべることも、動くことも出来ません。

 

どこをどれだけ走ったかも分かりませんが、目的地に着いてから車から下ろされ、アジトなのか家の中に連れて行かれました。

 

家に入ると、背中に回された腕と足首をロープで結び、手足の自由を奪われ、全然見動きが取れない状態にされてしまいました。

 

そして、僕の家に電話をしているのが分かりました。

 

お金の話が出たときに、ようやく誘拐されたことを認識しました。

 

誘拐したのは、男と女の二人だけだと思います。

 

話してる声や雰囲気からすると、30代の夫婦といった感じだったと思います。

 

怖かったですがまったく動くことができないので、抵抗を諦めてじっと耐えるしかありませんでした。

 

その夫婦が二人ともいる時は、特に何もありませんでした。

 

テレビは常に付けていて、特にニュースを見ていました。

 

警察に通報されてないか、チェックする為なのかもしれません。

 

男の方は、ちょくちょく外出していました。

 

食料を買いに行ったりしながら、周りに不穏な動きがないか、確認にでも行っていたんだと思います。

 

誘拐された日の夜になりました。

 

でも時計がないので、時刻は分かりません。

 

男が女に何か言って外出したのは分かりました。

 

女と僕の二人きりになって、数分後のことでした。

 

女が僕に近寄ってきて真横に座りました。

 

すると僕の耳元で、

 

「もう分かってると思うけど、あなたは誘拐されたの。お金を受け取ったら帰してあげるから心配しないで、でもそれまではじっとしてるのよ」

 

と言うと、いきなりズボンの上から僕のチンコを掴んできたんです。

 

「うっ!」

 

突然のことでびっくりして、声が出てしまいました。

この体験談の続きを読む

俺のカリデカチンポを使っておばさんたちに男の潮吹きをレクチャー

男の潮吹き
画像はイメージです

 

カリデカチンポにおばさんはうっとり

 

とある団地に住む高校2年生です。

 

俺が童貞を奪われたのが、団地内に住む男好きなおばさんでした。

 

高校1年の夏休みの時ですが、まさか団地内のおばさんとセックスするとはまったく思ってもいませんでした。

 

俺が住む隣の棟の佳子さんと言うおばさんで、当時は40歳で年の割には若くて綺麗なんですが、化粧が濃くて、ちょっとケバイ感じもするおばさんでした。

 

男好きの佳子さんは、特に若い男が好きで、童貞狩りで高校生を中心に食い漁っているみたいなんです。

 

その中でも気に行った男には、セックスのテクニックや変態プレイも教え込んでいたそうです。

 

俺が佳子さんに喰われた時は、ちょうど新しい若い男を探していたようです。

 

しかも、男に潮を吹かせるテクニックをエロ仲間に教えてもらったそうで、それも実験したかったみたいです。

 

俺が童貞を奪われた当日は、たまたま団地で佳子さんと出会い、平日の昼間に部屋に連れていかれました。

 

童貞狩りをしているせいもあってか、若い男の扱いには慣れている感じでした。

 

部屋に入ると佳子さんは体を密着させてきて、ズボンの上からチンポを撫でてきました。

 

びっくりしましたが、おばさんといえども綺麗な女性に触られると、あっという間に勃起します。

 

佳子さんは勃起したのを確認すると、ズボンのチャックを下ろし、手を入れて直接俺のチンポを握ってきました。

 

「16歳でこのおちんちんは初めてだわ。太くて長いの男の子はいるけど、こんなにカリが太いのは初めてよ」

 

と俺の顔を見ながら言いました。

 

しばらくパンツに手を突っ込まれたままチンポを扱かれると、俺はすぐに逝きそうになりました。

 

「まだ出しちゃダメよ」

 

と言って手の動きを止めたんですが、その後は俺の表情を見ながら、手の動きを速めたり、緩めたりと強弱をつけて手コキされました。

 

「どんなおちんちんか見せてちょうだい」

 

と言って、チャックから俺のチンポを引っ張りだしました。

 

すると佳子さんは、一瞬ハッとした表情で、

 

「いやだぁ・・・こんなにいやらしいおちんちんだったのね・・・おばさんビックリだわ」

 

と嬉しそうに言って、

 

「カリデカチンポだわ・・・素敵」

 

と言いながら、チンポに頬ずりしてきました。

 

そして、

 

「いただきます」

 

と言うと、口を開けて俺のカリデカチンポを咥えました。

この体験談の続きを読む

出会い系で知り合ってセックスしたアラフォー熟女があの時の先生?

タイトスカート セックス
画像はイメージです

 

こんなおばさんでもいいの?

 

出会い系で人妻の雪江さんと知り合いました。

 

彼女は40歳で、結構何度もメールをくれました。

 

下ネタもわりと問題ない感じだったので、今後に期待していました。

 

2週間くらいやり取りし、彼女は

 

(平日の昼間なら大丈夫)

 

と連絡をくれたので、それにあわせて有給休暇を取って、彼女と会うことにしました。

しかし、

 

「私アラフォーなんだよ、ガッカリしない?」

 

と躊躇ってるようでしたが、

 

(年上が好きなんです)

 

と返事をし、なんとか誘い出せました。

 

午前11時に大型ショッピングモールで待ち合わせました。

 

俺の車の特徴を教え、しばらくすると軽の車が近くに止まりました。

 

俺が近づくとドアが開き、

 

「雅史君?」

 

と聞かれたので頷き、助手席に乗りました。

 

彼女は長めの黒髪でスカートを履いていましたが、足は綺麗でスレンダーな女性でした。

 

アラフォーといっても十分美しいと思いました。

 

車内は甘い香水が漂っていて、今からのことを考えるとワクワクしてきます。

 

隣町のレストランまで彼女は車を走らせ、食事をしました。

 

面と向かうと、

 

(どっかで見たことあるような気が・・・)

 

気のせいかもしれないと思ってきにせず、そのまま食事をして店を出ました。

 

再び車を走らせ、

 

「何時までに帰ればいいんですか?」

 

と聞くと、

 

「16時ぐらいには子供が帰るから、それまでなら大丈夫よ」

 

あと3時間ほど時間があります。

 

「どこ行こうかな?」

 

としらじらしく言う雪江さんに、

 

「静かな場所ですかね」

 

と言うと、

 

「静かな場所って?」

 

とニコニコしながら聞いてきました。

 

当然ながらラブホテルに着くと、

 

「本当にこんなおばさんでもいいの?」

 

とまた念を押されて、

 

「雪江さんはスレンダーで、美人で、さっきから堪らないんです」

 

と言うと、

 

「嘘でも嬉しい」

 

と言って車を降り、ホテルの部屋に入りました。

この体験談の続きを読む

【家庭教師】巨乳をたっぷり揉ませてくれた女の子のお母さん

熟女 巨乳
画像はイメージです

 

家庭教師先の女の子のお母さんが巨乳すぎて

 

大学3年生の時の話です。

 

当時僕は家庭教師のアルバイトをしていました。

 

美智子さんの住まいに初めて伺ったのは初夏の頃でした。

 

小学校1年生の女の子を教えることになったからです。

 

僕は以前にも家庭教師を経験しており、あまり緊張することもなく、お宅へ伺いました。

 

玄関に出て来られたのは、おそらくお祖母さんだと思います。

 

2階にある女の子の部屋へ案内されて、早速勉強をみてあげました。

 

初日はすんなりと終わり、帰ることにしましたが、ご両親の姿が見えなかったので、

 

(共働きなのかな)

 

と思っていました。

 

週2回の予定で伺うことになっていましたので、2日後にまた訪問しました。

 

その日もお祖母さんが出てきて、応対してくれました。

 

勉強をみてあげている途中で僕はトイレに行きたくなったので、女の子にトイレの場所を聞き、用を足しに行きました。

 

行くときは気が付かなかったんですが、トイレから出て部屋に戻る途中、女性のブラジャーが見えました。

 

途中には少し広めの部屋があるんですが、その部屋には洗濯物がいっぱい干してあり、その中にブラジャーもあったんです。

 

僕はおっぱい星人で、AVを見る時も巨乳ものばかりです。

 

大き目のブラジャーだったので触ってみたかったんですが、手に取る勇気はなく、そのまま女の子のいる部屋へと戻りました。

 

それから2週間ぐらい経った頃、初めて女の子のお母さんとお会いしました。

 

お母さんは30代半ばぐらいだと思います。

 

一見普通の女性ですが、胸が結構盛り上がっています。

 

(やっぱり、あのブラジャーはお母さんのだ)

 

胸ばかり見るわけにもいかず、軽く挨拶をした程度でしたが、話のなかでお母さんは看護師をしており、夕方の時間帯は留守にしていることが多いということが分かりました。

 

その日は、女の子ともだいぶうち解けてきた僕は、お父さんのことも聞いてみました。

 

すると、お父さんはいないとのことでした。

 

離婚していたのです。

 

女の子に

 

(辛いことを聞いてしまったな)

 

と申し訳なく思いました。

 

でもその日の本音を言うと、お母さんのボリュームのあるおっぱいが忘れられませんでした。

 

次の家庭訪問の時は雨でした。

 

僕は雨ということに少し期待しながら、女の子の家へ行きました。

 

そうです、雨ということは、またあの広い部屋にブラジャーが干してあるかもしれないのです。

 

巨乳好きな僕には、ブラジャーにしか興味ありませんでした。

 

その日、お母さんはいつものように留守みたいでした。

 

早く確認したかった僕は、女の子の部屋へ入り、勉強を始めるとすぐにトイレを借りることにしました。

 

そしたら・・・青色のブラジャーがありました。

 

お祖母さんは1階にいます。

 

女の子がこちらへ来ることはないでしょう。

 

僕はおそるおそるブラジャーを手に取ってみました。

 

そしてサイズを見ます。

 

「G」という表示がありました。

 

今の僕なら、

 

(アンダーはいくつなんだろう?)

 

とか気にしたはずですが、当時の僕にはそんな知識もなく、ただ「G」というアルファベットに興奮していました。

 

(これがお母さん、いや美智子さんのおっぱいに・・・)

 

それからというもの、時々美智子さんにお会いしたとき、僕は頻繁に美智子さんの胸を見ていました。

 

これから真夏ですが、より薄着になります。

 

美智子さんがしゃがんだ時に見えた胸の谷間に目が釘付けになり、

 

(手を入れたい!)

 

と激しく思いました。

 

美智子さんの巨乳に触りたくてたまらない僕は、あるとき廊下ですれ違うときに、さりげなく肘を胸にあてることに成功し、その感触を味わいました。

 

あくまで偶然を装って。

 

一瞬でしたが、柔らかくてボリューミーな感触にとても興奮しました。

この体験談の続きを読む

元カノの母が俺のデカチンに跨ってきたらセックスの相性抜群だった

元カノの母
画像はイメージです

 

別れた元カノのお母さんが家に来た

 

高校の時付き合ってたF子はクラスメイトで、2年から3年まで付き合っていた。

 

髪はサラリとして長く、スレンダーで目も大きく、かなり可愛くて俺には勿体無いほどだった。

 

セックスもお互い処女と童貞同士だったが、無事に卒業した。

 

F子の家に行くと、同じくらいの背丈、同じ髪形の、これまた美人な母親のY美さんがいた。

 

当時39歳で、周りの母親とくらべても結構若いお母様。

 

自分の母も若い方だったが、Y美さんは20歳の時にF子を産んだとか。

 

見た目も若いが、言葉づかいもF子と変わらない感じで、フレンドリーに接してくる母親だった。

 

「へぇ~、彼氏結構格好いいじゃん!F子と別れたら私が付き合おっかな~」

 

なんて言う面白い人。

 

一緒にゲームもしたりして、

 

「◯◯君超うまい!」

 

とゲームを通してY美さんと仲良しになった。

 

それからも時々家にお邪魔してはゲームで一緒に遊んでた。

 

高校卒業になり、F子は遠方の大学に進学となり、結局別れた。

 

自分は地元の大学に入学した。

 

大学に行きだしてしばらくしたある日、突然Y美さんに声を掛けられた。

 

「久し振り!あれから彼女出来た~?」

 

と話すY美さんが、

 

「ねぇ、暇なら新しいゲーム買ったんだけどさ、一人でやるのつまんないから家に来ない?」

 

だって。さすがに元カノの家なんで気が引けたが、Y美さんが

 

「誰もいないし気にしないでいいよ!乗りなよ」

 

と車に乗せられ家に連れていかれた。

 

F子がいなくても気が引けるまま家に上がり、Y美さんとゲームをした。

 

着替えたY美さんは胸元がユルユルで、屈むと谷間が見えてドキッとした。

 

俺は気になってチラチラと覗いていた。

 

ゲームに夢中になって気が付くと夜7時になっていた。

 

帰り車で送ってもらう時に連絡先をを聞かれたので教えた。

 

それからは時々、ゲームの話などでメールしたり、1回だけは俺のアパートで一緒にゲームをしたりもした。

 

そんなある日、夜10時前に携帯電話が鳴った。

 

「ねぇ~、今何してんの~?」

 

と明らかに酔ってる感じの喋り方で、

 

「忘年会やってたんだけどさぁ~、つまんないからそっち行っていい?」

 

と強引な電話だった。

 

ちょうどアダルト動画を見ながら、せんずり中だったので断ると、

 

「お願い、もう部屋の前だし」

 

と言われ、慌てて停止してテレビを消した直後にY美さんがピンポンとやってきた。

 

酔ってフラフラしてるので、支えながら部屋に入れて、とりあえず座らせた。

 

「上司にお尻触られて気分悪いの」

 

と言われ、

 

「どうせ触られんなら若い男がいいし」

 

だって。苦笑いしてると、

 

「◯◯君なら触ってもいいよ!」

 

と笑いながらお尻を突き出すY美さん。

 

細い身体の割に巨尻で、触り心地良さそう。

 

ちょっとだけ触ってみたら柔らかな感触だった。

 

「どう?」

 

と言われ、

 

「柔らかいです」

 

て言ったら、

 

「◯◯君のお尻も触らせて」

 

と言われてお尻を向けたら、

 

「どれ」

 

と触ってきて、

 

「やっぱ男の子のお尻は硬いねぇ~」

 

と。

 

「こっちも硬いんじゃないの~?」

 

そう言っていきなりチンポを触ってきた。

この体験談の続きを読む