カテゴリー:熟女(女性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:熟女(女性告白)

【近親相姦】酔って倒れた私に息子が乗っかり腰を動かしていました

近親相姦
画像はイメージです

 

息子のオナニーが気になって

 

私は44歳のバツイチです。

 

主人とは6年前に離婚し、今は一人息子と二人きりでアパート暮らしをしています。

 

部屋は四畳半と六畳の二間のみです。玄関のある四畳半の部屋は、台所、居間、脱衣所と併用です。

 

奥の部屋で主に生活しており、タンスがあり、息子の勉強机があり、私たちの寝室でもあります。

 

高校生の年頃の息子と同じ部屋で寝るというのは、あまりよろしくないのは分かるのですが、そんなこと言ってる余裕などありません。

 

しかしこんな狭い家での生活ですので、お互いの裸を見るのは日常茶飯事です。

 

私も息子も同じ部屋で着替えますし、お風呂に入るときは、台所の横で裸になります。

 

お風呂のお湯がすぐに冷めてしまうので、息子が中学2年の時までは二人で一緒にお風呂に入っていました。

 

一緒に入るのを止めた理由は、息子のおちんちんが勃起するようになったからなのです。

 

息子は中学2年ぐらいから急に男性っぽくなってきて、オナニーも覚えたようなのです。

 

健全な男の子だったら当然のことだと思い、私は一人の時間を作ってあげたくて、寝るまではできるだけ居間ですごしていました。

 

でも寝た後でも、時々私の寝ている横で、こそこそとおちんちんを扱いていることもあります。

 

寝ているふりをしつつ、私もドキドキしながら聞き耳を立てていました。

 

そんな生活が続いて、息子が高校2年生になった夏休みのことです。

 

「自分の寝室を作りたい」

 

と言って、押し入れの下の段を片付けた頃から、私を見る目が変わったように思うんです。

 

しかも息子はお風呂から上がっても、素っ裸でしばらくウロウロすることもあります。

 

「早くパンツ穿きなさい」

 

って言うこともしばしばです。

 

もう高校2年性ですから、チラチラと見えるおちんちんは立派な大人のもので、陰毛もしっかりと生えています。

 

そして私が着替えているとこを凝視したり、あろうことか私の下着を使ってオナニーしているのを目撃したこともあります。

 

どうして突然そうなったのか見当が付かないまま、私は、息子にどう接していいのか分からず、そのままオロオロしているだけでした。

 

それに、私自身主人と別れて長いことセックスしていません。

 

息子がいないときに時々オナニーしていますが、それだけでは欲求不満が溜まってしまい、どうしても息子のおちんちんに目がいってしまうのです。

この体験談の続きを読む

乱交でオマンコもアナルも犯されて喜ぶ私は変態プレイの病み付きに

乱交
画像はイメージです

 

耐久セックス?

 

私は東京に住む32歳の主婦です。

 

主人は仕事柄、出張が多くて留守がちで、子供はいません。退屈しのぎに出会い系なんかで知り合った男性とセックスしまくって遊んでいます。

 

それが私の日課で、趣味なのです。

 

3年ほど出会い系サイトで相手を集めて、これまでセックスした男性は120人くらいかな。

 

愛称のいい男性とは長くお付き合いが続きます。いろんな業種の人と出会えるし、性癖もひとりひとり違っているので毎回楽しいんです。

 

最近、私が最も高ぶったセックス体験に関して報告します。

 

大阪在住のサラリーマンで年齢は35歳。月に1、2回、東京に出張でやってきます。

 

そのたびに会ってホテルでセックスしています。

 

彼の趣味というのは、露出プレイとソフトSMで、バイブで責めたり、縄で縛ったり、首輪つけて屋外でセックスしたり、カップル喫茶に行ったりと、そういう特殊なプレイが多いんです。

 

先月は驚いた事に、同僚の男性を2人紹介されました。

 

「悪いけど後輩にバレたんで、一緒に連れてきて良いかな?」

 

と言われて、私も乱交に興味あったのでOKしました。

 

彼らの仕事が終了した後ホテルに行き、4人で耐久セックスをする事になったのです。

 

彼の後輩は32歳と30歳です。なかなか二人とも良い体格をしていて、性欲もスタミナもありそうです。

 

私のオマンコとアナルに、必ず誰かのおちんちんかバイブを挿入し続けて、どれくらい私が持ちこたえられるか?

 

そして男の人達は、何回私に射精できるかという、可能な限りのチャレンジです。

 

ということで耐久セックスなんです。

 

私に限界がきて嫌がっても、男性陣が射精困難になるまでストップしないと言う取り決めにしました。

 

私はこんなの、

 

(メチャクチャだな~)

 

と思う一方で、この男性人が一体どれだけ射精できるのか楽しみでもありました。

この体験談の続きを読む

【高校生】セックスしたいと告白された私は自分から腰を動かしていました

熟女と童貞セックス
画像はイメージです

 

 

高校生の男の子が突然の告白

 

何を隠そう私、知人の息子さんとセックスするようになってどなたにも相談できなくて悶々としていたんです。

 

直也君が高校生になったばかりの春、たまたま、うちにやってきた直也君に、

 

「高校生になったお祝い、何が欲しい?」

 

って聞いたとき、直也君はなんと、

 

「おばちゃん」

 

って平然と言ったのを、つい昨日のことのように思い出します。

 

まだ、幼く見える直也君でしたので、

 

「おばちゃんは、この家の奥さんだから、あげられないわよ」

 

って笑って冗談っぽく受け流そうとしたら、下を向いて無言になってしまったので、

 

「おばちゃんを貰えたとしたらどうするの?」

 

って言ったんです。そうしたら、顔を上げてまた平然と私を見て言うのです。

 

「セックス」

 

その時はちょっとオロオロしました。

 

そしてやんわりと、言いくるめるように話したつもりでしたが、もう、その時私はハラハラしてしまってちょっと噛みながらながら必死に話しました。

 

「セックス?直也君、セックスってどういうことか知ってるの?」

 

直也君は軽く頷きました。

 

「セックスっていうのは、とても恥ずかしいことなの。だから本当に好きな相手としか、しちゃいけないものなの。」

 

そう言いました。そしたら、直也君は、

 

「だって僕、おばちゃんのことが好きなんだ。」

 

って言うんです。

 

その瞬間に、直也君がとても可愛く思えて、直也君が座っているソファーの隣に私も座り、軽く抱きしめてあげたんです。

 

そしたら直也君もギュッと抱きしめてきました。直也君は私の耳元で、

 

「おばちゃん、いい匂いだね」

 

って囁くんです。もう私、オマンコがジュン!って感じて濡れてきたのが分かりました。

 

直也君もズボンの中でおちんちんを大きく、固くさせているのが確認できました。

この体験談の続きを読む

【主婦】イケメンマッサージ師の指使いに感じてオチンチンを催促

マッサージ セックス
画像はイメージです

 

イケメンで好青年なマッサージ師の指使いに感じてしまいました

 

千葉に住む27歳の主婦です。

 

心配で簡単には手が出なかったんですが、家事で肩や腰が凝っていたので、ようやく友達から教えてもらったマッサージさんに連絡してしまいました。

 

その人は30歳で、趣味のようなものでマッサージをされていて、本職は別にあるみたいなのです。

 

(大丈夫かなあ)

 

と心配しながらも、メールでいろいろやり取りした後、やっぱり会ってみる事にしました。

 

カフェでお話ししたところ、なかなかのイケメンで指がとっても綺麗な、しかも笑顔が素敵な男性だったので、直接あっさりとお願いすることにしました。

 

と言えども初対面で我が家は怖いので、ホテルでマッサージしてもらうことにしました。

 

ホテルに近付くと緊張しましたが、明るく気さくに話し掛けて下さったおかげで、リラックスすることができました。

 

ホテルにチェックインしてちょっとだけ会話した後、

 

「じゃあそろそろ始めましょうか、シャワー浴びてきて下さい」

 

と言われたので、

 

(ついに来た~!)

 

って感じです。

 

シャワーを浴びてバスタオルだけ巻いて出てきた時、その男性はホテルのパジャマを着てたのでちょっとびっくりしました。

 

「汗をかいたり、オイルが付くので」

 

とのことです。

 

でもほんのちょっとだけ期待しちゃいます。

 

ベッドでうつ伏せになるよう促され、バスタオルの上から腰、背中、肩をマッサージ。

 

その後オイルを塗って滑らすようにマッサージ。

 

男性の力なので多少強めでしたが、私にはそれがちょうどよくて、肩から両手にかかってきた時はかなり気持ちよくなってました。

 

そうして足の先から徐々にお尻に手が上がってきたときは、もうゾクゾクきてました。

 

「バスタオル外してもよろしいですか?」

 

と聞かれたときにはちょっと焦りましたが、

 

(まあうつ伏せだし)

 

と思い、

 

「はい」

 

と答えて、私の裸を背中とはいえ、初対面のイケメンに見せた恥ずかしさから、何だか体が火照ってしまいました。

 

太腿からお尻に手が上がってきて、優しく揉まれたり強く揉まれたりすると、思わず声が出そうになり、必死に我慢していました。

 

お尻を揉まれると、たまに私のオマンコ付近に小指が当たるので、体が自然に反応して動いてしまいました。

 

こんなゾクゾク感、旦那相手にも感じた事がありません。

 

「じゃあそのまま仰向けにしますね」

 

(えっ!?)

 

と思いましたが、あっという間に仰向けにされて、私の胸を上にされてしまいました。

 

旦那に心の中で謝っていました。

 

お腹から脇腹へとマッサージが移るとそのまま胸にいき、これまで感じたことのない快感が押し寄せました。

 

胸を優しく揉まれながら、人差し指がたまに乳首に触れ、

 

「あんっ」

 

と言ってしまいました。

 

「いいんですよ。感じるなら素直に声を出して下さい。我慢すると体に良くありませんから」

 

と言われ、両手で胸を揉まれながら乳首を親指と中指で弄ってくるんです。

 

もう我慢どころの話じゃありません。

 

旦那への謝罪なんかどうでもよくなり、感じるがままに喘いでいました。

この体験談の続きを読む

【近親相姦】息子の精液が出なくなるまで中出しされました

近親相姦
画像はイメージです

 

息子のおちんちんの成長にビックリ

 

衝撃でした。頭では理解できていたけど、息子のあのような姿を見たのは・・・。 2日前の深夜。

 

就寝する前に息子の部屋から漏れ出た明かりを見た私は、息子にもう寝るように忠告するために部屋のノブを手に取りました。

 

そうすると、ドアの隙間からベッドに座って無我夢中で股間を扱く息子の姿が目に入ってきました。

 

(幸二が・・・オ、オナニーしてる)

 

息を荒げ、気持ち良さそうに、シコシコとおちんちんを扱きたてる息子の姿に、私は衝撃を受けてその場を動けなくなってしまいました。

 

そして、息子はボソリと呟いたんです。

 

「か、母さん・・・。」

 

という息子の口から発した私への言葉。

 

真っ赤に腫れあがったおちんちんを見て、私は異常なテンションになっていました。

 

驚愕のシーンに自室にぶらりぶらりと戻った私は、母親としてこのような時にどのようにしたら良いかを調べたくなり、パソコンを立ち上げました。

 

ネットで調べていると、教育関係のサイトに私と同じような母親の目撃談がいくつも出てきました。

 

その中には、そこに至るまで仲の良かった親子だったのに、母親がオナニーを目撃したとたん、息子が反抗期に陥ったような例もあります。

 

ウチは割りと包み隠さず話せる仲良しの親子です。

 

事情があって母子家庭で2人きりですので、そのようなことになったらと思うとゾッとします。

 

焦った私はもう一回調べてみると、そんな中の色々な体験談に、信じられないものを見つけ出しました。

 

(え・・・自分の息子と・・・する?)

 

それは息子の性処理をするお母さんの話です。

 

おちんちんを擦って溜まっている精液の処理をしてあげたり、中には自分の体を使って女を教えてあげるというような人もいるそうです。

 

(信じられない)

 

でもそんな驚きの体験談に熱くなってしまっている自分がいたんです。

 

(幸二のおちんちん・・・大きかったわ・・・。私の名前・・・幸二も・・・母さんとしたいの?)

 

答えの出ない想いに頭はパニックになるばかりでした。

 

そして昨日の朝のことです。

 

私はあのようなことを目撃した翌朝に、どんな顔をして息子と接すれば良いか判断できなくなっていました。

 

休日なので息子はいまだに寝ています。

 

(昨日、あれからもずっとオナニーしてたのかしら。それならばもう少し寝かしてあげても)

 

とはいえ、さすがに9時頃になると、いくら休みの日とはいえ起こさなきゃいけないと思いました。

 

(平常心・・・平常心・・・)

 

そんな事を思いながら、息子の部屋に向かいました。

 

ドアを開けるとベッドの中で、息子はまだ大の字になって眠っていました。

 

気にかけないようにと思いつつも、股間につい目がいってしまったのです。

 

(あっ!お、大きくなってる・・・。)

 

パジャマのズボンの中央部分が大きく盛り上がっていたんです。

 

ボーっとしばらく股間のモッコリを見てしまっていたわけですが、息をのんでなんとか冷静さを取り戻すと、息子の体ををゆすって起こそうとしました。

 

「こ、幸二。朝よ、起きなさい」

 

「う、う~ん」

 

幸二はまだ眠たいのか、むにゃむにゃとあいまいな返事をするのみです。

 

「もう起きて。・・・母さん、パジャマ洗濯したいから。その・・・パジャマ脱いでくれない?」

 

「う、う~ん。パジャマぁ・・・?ちょっと・・・待って。」

 

寝ぼけつつも私の声が聞こえたみたいで、息子はモソモソと寝ぼけたままパジャマを脱ぎ始めました。

 

そしてTシャツとパンツ姿になると、また大の字になり、すぐに寝息を立てて寝始めました。

 

パンツの中心部は先ほどよりモッコリして、驚くほどに盛り上がっているように見えました。

 

股間を見ていたら、どうしても中身が見たくなり、つい口から

 

「パ、パンツも洗おうか?脱いでくれる?」

 

という言葉が出てしまいました。

 

でも、今度は聞こえないのか、寝息ばかりでまったく応答がありません。

 

「か、母さん、脱がせちゃうわよ?・・・脱がせるからね?」

 

そういってパンツを掴むと、力を入れてズリ下げました。

 

すると『ペチン』という軽い音とともに、大きくそそり立ったおちんちんが飛び出してきました。

 

(す・・・凄いっ・・・。)

 

締まった体の中心部分で、立派で大きなおちんちんの裏側の部分がはっきりと目に映ります。

 

数年前までツクシみたいだったおちんちんが、今は先端部分も膨らみ、太さも長さもすでに大人です。

 

(綺麗・・・)

 

と率直にそう思いました。

この体験談の続きを読む