カテゴリー:熟女(女性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:熟女(女性告白)

若いインストラクターの逞しい身体と硬いおちんちんに夢中の私

逞しい身体 硬いおちんちん
画像はイメージです

 

こんなおばさんでも女として見てくれるの?

 

私は36歳の主婦です。

 

夫は8歳年上です。

 

ほとんどセックスレス状態で、夫は2,3ヶ月に1度ぐらいやる気になるみたいですが、挿入しようとするとすぐに萎えてしまいます。

 

もう私では興奮しないみたいなんです。

 

仕方なくフェラや手コキで射精させますが、私は満足できません。

 

若い男性の硬く反り返ったおちんちんを想像してオナニーしますが、やはり生のおちんちんで突かれたいという思いは増すばかりです。

 

せめて、

 

(若い男性の引き締まった身体を見るだけでも)

 

と思い、スポーツジムに通い水泳を始めたのですが、そこでインストラクターのE君と出会いました。

 

E君は26歳です。

 

胸板は厚くて、お腹は贅肉のない腹筋が浮かび上がる鍛えられた綺麗な身体をしていました。

 

E君は私に声をかけてくれて、優しく泳ぎを教えてくれました。

 

私はE君に会えるのを楽しみに、ジムに通うようになりました。

 

E君は、特に私に優しく親切にしてくれるのを感じていました。

 

そんなある日、E君と話している時、周りに誰もいなかったので、

 

「いつも親切にしてくれるお礼にご飯をご馳走してあげる」

 

と言って誘いました。

 

E君は、

 

「本当ですか?嬉しいです」

 

と喜んでくれました。

 

そして後日、E君と食事をしました。

 

会話も自然と弾み、笑いが絶えない楽しい時間が過ぎました。

 

私はますますE君を好きになり、思春期の少女のように胸がキュンとするのを抑える事が出来ず、思い切って言いました。

 

「おかしいと思われるかもしれないけど、私、E君のことが好きなの。E君に会いたくてジムに通ってるのよ。気付いてた?」

 

「本当ですか?実は僕も果歩さんって素敵だなって思ってました。正直にいいますけど、果歩さんぐらいの年齢の女性にずっと興味があって・・・果歩さんを初めて見たとき魅力的な女性だなと感じました。本当ですよ」

 

私は嬉しくて、

 

「本当なの?こんなおばさんでも女として見てくれるの?」

 

と何度も聞きました。

 

「じゃあ、これからも私が誘ったらご飯とか行ってくれる?」

 

と尋ねると、

 

「もちろんです。俺の携帯を教えますからいつでも連絡して下さい」

 

と番号とアドレスを教えてくれました。

この体験談の続きを読む

セックスレスの私は小学生の男の子にフェラチオして中出しされました

小学生とセックス
画像はイメージです

 

セックスレスでオナニーしています

 

私は37歳の主婦です。

 

主人は41歳で、中学2年になる息子がいます。

 

主人とは数年前からセックスレスで、昼間から1人でオナニーをすることも多くなっていました

 

息子が小学校に上がる時、念願のマイホームを購入して引っ越して来ました。

 

主人は金融機関に勤めていて給料も良く、私は専業主婦をしています。

 

丁度、セックスレス状態が始まった頃に、息子の所に遊びに来る近所の子供2人がいて、彼らは息子より2つ年下の小学5年生でした。

 

今年の夏休みになって数日が過ぎた時、彼ら2人が遊びに来ました。

 

「サトシ君居ますか?」

 

「あら、ごめんね!今日から部活の合宿でいないのよ」

 

「え~、ゲームやらせてもらえる約束だったのに・・・」

 

「TVゲーム?」

 

「うん!サトシ君しか持っていないんだ!」

 

「そうなの?私は分からないけど、ゲームするだけなら上がってもいいよ」

 

「本当?」

 

「いいわよ、スイカでも食べていきなさい」

 

彼らは嬉しそうに靴を脱いで、リビングに設置していたTVゲームの準備を始めました。

 

彼らの名前は、弘一君(コウちゃん)と伸也君(シンちゃん)と言い、両親の事も知っています。

 

2人は今は小学6年生で、コウちゃんは体格も良く160cm以上あってポッチャリ体系、一方シンちゃんは150cmぐらいで痩せています。

 

2人共中学生の息子と遊んでいるせいか、多少大人っぽい感じがします。

 

彼らと知り合って1年になりますが、私は彼らに異常な感情を持つようになっていました。

 

セックスレス状態が続き、オナニーをする様になった事もありますが、夫が浮気をしていると思われ、大人の男に嫌気がさしていた事が原因だと思います。

 

今までも何度か、彼らのおちんちんが勃起しているのを見た事がありますし、そんな姿にオマンコが疼いてしまうんです。

 

彼らがリビングでゲームをしている最中に何度かトイレでオナニーした事もあります。

 

イケないと思いながらも、小学生のおちんちんを想像し、オマンコを濡らしながら指で・・・、

 

いつも以上に興奮し直ぐにイッてしまいます。

この体験談の続きを読む

【息子の子供を妊娠】7歳の時から息子をフェラして12歳で初射精、18歳になって…

近親相姦
画像はイメージです

 

初めての射精

 

私は36歳のシングルマザーです。

 

18歳の息子とほとんど毎日のようにセックスしています。

 

私が25歳で、息子がまだ7歳の時のことです。

 

普通ならとっくに乳離れしているはずのに、息子が私のおっぱいから離れなかったり、乳首をチュパチュパしゃぶったりしていました。

 

(どうしたんだろ?)

 

と最初は思っていたんですが、そのうち私は息子におっぱいを吸われて感じるようになっちゃったんです。

 

(実の息子なのに…)

 

そう思っても私のオマンコはビショビショに濡れてしまい、その日から息子を1人の男性として見るようになったんです。

 

そしてその日から、私はまだ勃起しないちっちゃなおちんちんを毎日フェラチオするようになりました。

 

息子も嬉しそうにしているので、私も嬉しくなっちゃって、たくさんおちんちんを舐めてあげるようになりました。

 

私が息子に毎日フェラチオするように、息子も自然に私のオマンコをクンニするようになりました。

 

正直に、私はとても感じてしまいました。

 

そして5年ほどが経ち、私が30歳で息子が12歳の時です。

 

息子も小学6年生と言うことで、おちんちんがとても立派になっていました。

 

その日も普通にフェラチオをしてあげてたら、息子は何か言いたげな顔をしました。

 

「どうしたの?」

 

と聞くと、

 

「何かチンコが変な感じする」

 

と言ったんです。

 

「どんな感じ?」

 

と聞くと、

 

「ムズムズする」

 

と言いました。

 

そうです、待ちに待った初射精の時が近付いたんだと思いました。

 

私はいつもより激しく、息子のおちんちんをフェラチオしました。

 

するとやはり、息子は私の口の中で無事に射精をしました。

 

ようやく精通を迎えることができました。

この体験談の続きを読む

娘の家庭教師にボディラインが出る服装で誘惑しホテルで中出しさせました

娘の家庭教師
画像はイメージです

 

娘の家庭教師にアピールしました

 

私は43歳の主婦です。

 

現在、高校1年生の娘がいますが、娘が中学に入った頃からずっと、近所の知り合いの男性に家庭教師に来てもらっています。

 

彼は27歳で学生時代は教師を目指していたそうですが、会社を経営している実家の事情で、現在は経営に関わりながら週に1~2回ほど、娘の勉強を見てもらっています。

 

もう3年ほど家庭教師をお願いしていて、しかも格安でしてもらっています。

 

何度か私も主人も一緒に、お酒を飲んだこともあります。

 

大体3人で飲みに行くと、一番弱い主人が潰れてしまうので、それが合図で帰っていました。

 

早いときは1時間くらいで主人が潰れてしまうこともあり、あまり話せずに解散してしまったこともありました。

 

そして家庭教師に来てもらって、1年ほど経ったころのことです。

 

3人で飲みに行くのは5回目ぐらいでしたが、主人が早々に酔い潰れたので家に送り届けた後、飲み足りないと思って彼と飲み直しに行きました。

 

やたらとスキンシップが多かったのですが、お互いにほろ酔い状態でしたので、あまり気にしていませんでした。

 

というよりも、慣れというのか欲求不満というか、帰りには肩を抱かれて歩きましたが、まったく不快な思いはなく、むしろ私から寄り添うような感じでした。

 

すると家の前でキスをされて、恋人同士のように別れました。

 

主人とはセックスレスでしたが、そこまでの不満はありませんでした。

 

しかしそれ以降、彼を意識するようになってしまいました。

 

キスもされたことですし、それ以上のことを期待するようになったのですが、彼はそれからしばらくしても、デートにすら誘ってくれませんでした。

 

私の方からどことなくサインを出しても、スルーされているような気がします。

 

そんな彼に、私は安易なアピールをしてしまいました。

 

彼が家庭教師に来る日、娘の服を借りて、短いスカートを穿き、わざと体のラインが出るような服を着たのです。

この体験談の続きを読む

「お母さんがしてあげよっか?」両手骨折の息子とお風呂に入ったら勃起していた

息子と風呂
画像はイメージです

 

いやらしいわねえ、小さくしなさい

 

昨年、中学2年生の息子が自転車で転倒して両手を骨折してしまい、ギプスで固定された生活を余儀なくされました。

 

オシッコもままならないので、相当に意気消沈している息子を、母親として、心を込めて看病してやりました。

 

トイレに行くにも、私がパンツを下してやらなければなりません。

 

でも、いつの間にかおちんちんも陰毛も一人前になっていて、ちょっと感慨に耽ったりしました。

 

事故から数日たち、心も体も回復してきたので、事故後初めてお風呂に入れることにしました。

 

もちろん、まだ一人では入れませんので、私が一緒に入ることになります。

 

はじめは息子も嫌がっていましたが、本人もお風呂に入れず気持ちが悪かったのでしょう。

 

結局、私が洗ってやることを受け入れたのでした。

 

まず息子を裸にし、私も濡れるのが嫌だったので裸になりました。

 

他意は無かったんですよ、親子ですし。

 

息子はかなり嫌がってましたけどね。

 

体を洗ってやってるうちに、息子がチラチラと私の胸や股間を見ているのに気付きましたが、知らん顔をしていました。

 

でも、いつの間にやら、息子のおちんちんが膨らみかけているじゃありませんか。

 

そして、

 

「あれっ?」

 

と、思う間もなく、ビンビンと本格的に勃起してしまっています。

 

息子は顔を真っ赤にし、私は私で動転してしまって、

 

「何やってんの!いやらしいわねえ、小さくしなさい!」

 

なんて叫んでしまいました。

 

すると息子は、

 

「しかたないだろ!」

 

と泣きそうな声です。

 

私は、

 

(しまった!そんなこと言っちゃいけなかった)

 

と思いましたが、

 

「若いから仕方ないけどね」

 

と言って、平静を装って洗い続けました。

この体験談の続きを読む