カテゴリー:熟女(女性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:熟女(女性告白)

童貞で緊張して勃起しない時は何も言わずフェラチオしてあげるといいですよ

童貞 大学生
画像はイメージです

 

真面目な男の子を狙います

 

私はスーパーに勤務する35歳のバツイチ女です。

 

27歳の時に結婚しましたが、わずか2年で離婚し、それ以来はずっと一人で生活をしています。

 

フルタイムですが時給は安いので、けっして楽な生活というわけではありませんが、もう結婚はこりごりなので、それなりに自由に暮らしています。

 

いざとなれば、実家に戻ればいいという気持ちもあります。

 

私は二人姉妹の長女なので、いつか実家に帰って両親の面倒を見なければならない日も来るかもしれません。

 

でもそれはまだ当分先のことだと思います。

 

ちなみに私は実年齢より結構若く見られろことが多く、28歳ぐらいでも十分通用します。

 

今は独身のせいか、同年代の生活に疲れた主婦より若く見えるのかもしれません。

 

あと、しょっちゅうセックスしているので、女性ホルモンの分泌もいいのか、肌もツヤツヤしていると思います。

 

そんな私の楽しみが、私の勤務するスーパーにアルバイトで来る大学生の男の子とのセックスです。

 

ここで働き始めて5年になりますが、その間、5人のアルバイト大学生とセックスしました。

 

ここでバイトする男の子は、だいたい半年から1年、長い子でも2年ぐらいで入れ替わるのですが、複数の男の子と同時進行ではセックスしません。

 

私が狙うのは、調子のいいタイプや、チャラそうなタイプではなく、どちらか言えば大人しくて真面目なタイプの男の子です。

 

その方が、職場で言いふらされることもなく、安全だからです。

 

二十歳前後の男の子って、性欲旺盛でセックスがしたくてたまらない年代ですから、女性から誘えば簡単に乗ってきます。

 

男の子に言わせれば、私には性的なオーラが漂っているらしいのですが、確かにそうかもしれません。

 

私もいつもセックスがしたくてたまらない女だからです。

 

今は、いつでもセックスできるようになったおかげで、オナニーはほとんどしなくなりました。

 

それにしても最近の男の子は、女の子に消極的な子が多く、大人しいタイプが多いですね。

 

そこが私の狙い目でもあります。

 

職場でも、狙う子にはアイコンタクトをしたりして、徐々に印象付けていきます。

この体験談の続きを読む

包茎手術をした高校生の息子が巨根に!思わずフェラチオして中出ししてもらいました

息子の巨根 フェラチオ
画像はイメージです

 

俺のチンチンどうかな?

 

私は44歳の専業主婦です。

 

主人は48歳のサラリーマンで、高校2年生で17歳の1人息子との3人家族です。

 

息子は、主人とはあまり会話がないのですが、私とは気楽に何でも話してくれるので、とても可愛く思っています。

 

中学時代から女の子とそれなりに遊んでたみたいで、いままで3人付き合ってた子も知っています。

 

すでにセックスも経験しているでしょう。

 

7月の初めごろに彼女と別れ、

 

(夏休み終わるまでに彼女出来ないかな)

 

と言ってましたが、そんなに簡単に出来る訳も無く、

 

(バイトするから)

 

と夏休みはアルバイトばかりしていました。

 

しかし、アルバイトで稼いだお金の使い道を聞いて驚きました。

 

それは先週の土曜日の事です。

 

主人は仕事に出かけていたので、家には私と息子の2人でした。

 

息子は10時ごろ起き出してお風呂に入り、私はリビングでテレビを見ていたら、息子が風呂から出て来ました。

 

なんと息子は全裸のままで、私のところに向かって来ます。

 

10歳ぐらいから息子の裸を見てなかったので、驚きとともに、当然おちんちんに目が向いてしまいました。

 

息子が私の目の前に来るまで見続けてしまいました。

 

ダラリと垂れ下がったおちんちんが左右に揺れて、亀頭が露出して大きいんです。

 

私は、主人から息子が包茎だと聞いていたのでびくりしましたが、とりあえず

 

「パンツぐらい穿きなさいよ」

 

と言うと、

 

「お母さん、俺のチンチンどうかな?女から見てどう思うかな?」

 

と聞いてきました。

この体験談の続きを読む

絶倫小学生のデカチンをフェラチオと中出しで射精させてセフレにしました

絶倫デカチン小学生
画像はイメージです

 

小学生の男の子がデカチン

 

私、S子と、ママ友のM美、Y香とその娘の4人でショッピングセンターに買い物に行った時のことです。

 

Y香の娘がゲームセンターでアイドルゲームをやったのですが、まるでうまくいきませんでした。

 

Y香の娘はワーワー泣き出し、私達に助けを求めてきましたが、アイドルゲームなどしたことが無いし分からないのでどうしようもありません。

 

するとY香の娘は、隣りで同じアイドルゲームをしていた男の子に泣きつきました。

 

その男の子K君が、そのアイドルゲームで高得点を出していたからです。

 

泣きつくY香の娘にはびっくりしましたが、K君は事情を察し、Y香の娘にゲームのやり方を優しく教えてあげていました。

 

ほとんどK君の動きに合わせていただけのY香の娘ですが、それで高得点を獲得したのですっかり上機嫌になり、K君に懐いてしまいました。

 

それからお昼になり、お礼を兼ねてK君も一緒に誘って、公園でご飯を食べました。

 

そこでK君と話をしているうちに、最近の小学生の恋愛事情も聞けました。

 

K君は彼女はいなくてセックスの経験も無いようでしたが、自分のおちんちんはクラスで一番大きいと言うのです。

 

食事を終えた後、私は冗談半分にK君に、

 

「おちんちんを見せてくれたら、私のパンツ見せてあげる」

 

と言うと、

 

「本当?いいよ」

 

と言いました。

 

私はK君を公園の共用トイレに連れて行きました。

 

その時私の夫は海外出張中でセックスはご無沙汰でしたので、小学生とはいえ、興味本位でデカチンを見てみようと思ったのです。

 

M美もそれに追従し、3人で共用トイレに入りました。

 

K君はやっぱり恥ずかしいのかモジモジしましたが、私が

 

「じゃあパンツはお預けね」

 

と言うと、すぐにズボンとパンツを脱いで、おちんちんを出しました。

 

「えー、うそー」

 

と私とM美は驚きました。

 

本当に大きいのです。

 

まさにデカチンです。

この体験談の続きを読む

【イケメン童貞中学生が巨根】ショタコンの気がある私は男の子に夢中です

巨根中学生
画像はイメージです

 

イケメン中学生に助けてくれたお礼

 

もうすぐ、16時にあの男の子が家に来てくれます。

 

ああ、あと、30分でまたあの大きいおちんちんでヒイヒイ喘ぎまくれると考えるだけでオマンコがジュンと来ます。

 

準備はもう出来ているんです。

 

裸にエプロンだけ付けた恥ずかしくていやらしい格好です。

 

こんな事になったのは、先週の土曜の午後に中学2年生の真治くんに出会ってからです。

 

私のような37歳のおばさんに、とても男らしく、やさしい態度で接してくれたあの時からです。

 

ドラマみたいな場面でした。

 

変な男に町で言いがかりをつけられて困っていた私を助けてくれたんです。

 

中年の男2人を相手に堂々とした態度でした。

 

彼は2,3発殴られてしまったんですが、私の自宅へ連れてきて手当をしてあげました。

 

真治くんは、今時の中学生とは思えないほど純情な子で、私の同じ年の息子とはくらべ物にならないほど素敵でした。

 

それにイケメンなんです。

 

最初は、ただ純粋に傷の手当をしてあげるためにウチに上げたんですが、楽しく会話をしている内にどんどん好きになっていきました。

 

頭の中ではイケないと分かっていても、悪い気持ちが私の中に発生してしまったのです。

 

真治くんは中学2年生で、当然思春期の男の子ですから、女性に興味が有りすぎる年頃のはずです。

 

でも、

 

(お母さんのような年齢の私でも女として見てもらえるかしら)

 

と一瞬不安にはなりましたが、私が傷の手当で少し体を寄せただけで、緊張しているのが分かりました。

 

しかも、おちんちんもズボン越しに立派にモッコリしていて、恥ずかしそうにしていました。

 

私は嬉しくなって、

 

「真治君・・・ふふっ、元気だね、ズボンがもっこりしてるわよ」

 

「可愛いわね」

 

「助けたもらったお礼に、エッチなことしてあげるよ」

 

と、立て続けに困らせてみました。

この体験談の続きを読む

【巨根】若い男の子の体を拭いて勃起したおちんちんを思わず咥えてしまいました

巨根フェラチオ
画像はイメージです

 

両手が不自由で夢精?

 

私は39歳の主婦です。

 

主人の会社に高卒で入社した19歳の男の子が、両指と手首を骨折してしまいました。

 

一人暮らしで両手が不自由になってしまい、洗濯や食事の手伝いで、1ヶ月ほどその男の子のアパートに通ってました。

 

両手が使えないのはかなり大変なようで、食事や掃除と洗濯など家事全般をしました。

 

お風呂にも入れないとのことで、3日目くらいに、

 

「身体を拭いてあげるね」

 

と服を脱がせてあげました。

 

45歳の主人とは違う若くてスリムな体系で、彼は恥ずかしがってましたが、

 

「何もおばさん相手に恥ずかしがることもないでしょ」

 

とパンツ一枚にして拭いてあげました。

 

「サッパリしました」

 

とお礼を言われ、次の日また来て洗濯をしようと昨日彼が穿いてたパンツを手に取ると、湿った感じがして、確認してみるとシミが付いていました。

 

しかもふき取ったような感じがあり、

 

(若いから仕方ないのかな)

 

と思いましたが、ふと考えると両手が使えない彼は自分でオナニーもできないのかなと思い、

 

(これって夢精っていうヤツ?)

 

と思いました。

 

それから、

 

「身体を拭くわよ」

 

と拭いていると、彼の股間が凄く気になってしまい、

 

「座ってたら拭きにくいから寝てくれる?」

 

と言って寝かせました。

 

まずは背中を拭き、上を向いてもらい彼の顔を拭くと、私は

 

「胸とお腹を拭くね」

 

と彼のTシャツを捲くり上げ、顔を隠しました。

 

そして彼の股間をみると、ボクサーパンツがモッコリしており、明らかにおちんちんは勃起していました。

 

私は一気に恥ずかしくなってドキドキしてしまい、集中して上半身を拭きました。

 

ドキドキしたままその日は帰りました。

この体験談の続きを読む