カテゴリー:熟女(女性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:熟女(女性告白)

好きになった大学生の甥っ子と避妊せずにセックスしまくって妊娠しました

甥っ子
画像はイメージです

 

大学生の甥が我が家で下宿することに

 

私は35才のバツイチです。

 

2年前の夏のことです。

 

離婚したばかりの時で気は楽でしたが、幸せそうな夫婦を見てはやはり寂しい思いもありました。

 

そんな時に田舎で父の法事が行われ、かれこれ10年以上会ってなかった甥っ子と顔を合わせました。

 

甥っ子は私の姉の子で、この時ちょうど18才で大学生になったばかりでした。

 

最後に会ったのは私の結婚式の時でしたが、子供の頃とは全然違い、すっかり大人の男性っぽくなっていました。

 

父の法事ではありますが、会いたくもない親戚が集まって、法事とは名ばかりの酒の席です。

 

私の顔を見れば、

 

「小さい子供がいるのにどうして離婚なんか」

 

という話ばかりされます。

 

それが嫌で、小学校に上がったばかりの息子と、二人で離れたところに座って静かにしていました。

 

まだ幼い息子も、知らない大人が大勢集まって飲んで騒いでいる酒の席にいても楽しいはずがありません。

 

ところがそんな私たちの状況を見かねた甥っ子が、息子を外に連れ出して遊んでくれたんです。

 

法事も終わって東京に帰る私たちに、

 

「お兄ちゃんも東京だから一緒に帰ろうか」

 

と甥っ子が声を掛けてくれました。

 

帰りの列車の中で話を聞くと、甥は東京の大学に通っており、私たちの住んでいる家の最寄り駅から3駅のところで下宿生活をしているというので驚きました。

 

甥は小学校の先生になりたくて大学で勉強しているそうで、子供と遊んだり勉強を教えたりするのが大好きなんだそうです。

 

そのことがきっかけで、時々我が家に来ては息子の相手をしてくれるようになり、息子も甥を慕って遊んでもらったり勉強を教えてもらったりと、とても嬉しそうにしています。

 

しばらく経つうちに、甥の訪問回数が増え、息子にせがまれることもあって、週末はほぼ我が家に泊まっていくようになりました。

 

「お兄ちゃん、ずっと一緒に住めば良いのに」

 

息子は甥が日曜日に帰っていくのが嫌で、べそをかきながらいつもこう言いました。

 

私も息子の表情や態度を見ていてとても不憫に思い、甥に大学を出るまでの間は私の家で下宿しないかと思い切ってお願いしました。

 

甥は少し考えて、

 

「ここに住まわしてもらうのは構わないけど、叔母さんから僕の親に話しをしてくれないか」

 

とのことでした。

 

私はすぐに姉に電話をし、私の息子のことや甥の家賃のことも含めて話をしました。

 

姉も妹の私が小さな子供との二人暮しよりかは甥がいた方が何かと役に立つだろうし、防犯にもなるだろうということで賛成してくれました。

 

もちろんタダといういう訳には行かないからと、甥の月々の食費を送ってくれるとのことでした。

 

話が決まれば早いほうがいいので、早速甥はその月末にアパートを引き払い、私の家に下宿することになりました。

この体験談の続きを読む

SMに興味を持った小学生の男の子のお尻ペンペンすると射精しました

お尻ぺんぺん
画像はイメージです

 

SMに興味がある男の子

 

私は最近の生活に、ほんの少し不満を感じていました。

 

旦那を見送り、息子を幼稚園へ送り届け、残っていた洗濯物を片手に同じことを繰り返す毎日です。

 

旦那の事は好きだし息子への愛情が薄れることもありません。

 

だけど・・・

 

単に欲求不満と片付けるのも何か違う気がするんです。

 

ありふれた日常への不満が、私の中にあったんだと思います。

 

贅沢かもしれませんが・・・

 

そんなある日のことです。

 

幼稚園へ息子を迎えに行く前に買い物を済ませようと、近所のゴミ置き場の前を通りがかった時です。

 

おそらく中学生だと思われます。

 

まだ幼さの残る顔立ちの男の子が、私に気づいて慌てるように立ち去ったんです。

 

(なんだろう?)

 

と気になって男の子がいた辺りを見てみると、5、6冊ほどのエロ本が落ちていました。

 

しかも重なった一番上にあったのはSM系のエロ本です。

 

表紙を見ただけで少し引いてしまうようなインパクトのある本でした。

 

私は買い物をとりあえず止め、雑誌を処分しようと2回に分けて持ち帰ったんですが、ふとゴミ捨て場に目をやると、なんとさっきの男の子が戻ってきていたんです。

 

私は迷いました。

 

中学生の男の子であれば、女性に興味があるのは当然の事です。

 

ただ、SM雑誌を見ていたというのが、同じ男の子を持つ母親として口を挟まずにはいられませんでした。

 

「ちょっと、キミ」

 

男の子が、しまった!という顔で私を見ます。

 

さっき見かけた時よりも幼く見えました。

 

もしかしたら、まだ小学生なのかもしれません。

 

エロ本を探していたところを女性に見られたのですから、幼い彼にとってはとても恥ずかしかったんだと思います。

 

「ここにあった本はキミの?」

 

男の子は首を横に振ります。

 

考えてみれば、この質問にはほとんど意味がありませんでした。

 

例えエロ本を捨てたのが彼だったとしても、首を横に振るでしょう。

 

たまたま通りすがりに見つけてしまったのだとは思いますが、中身を見たくて立ち止まったのかもしれません。

 

「ちょっとウチにいらっしゃい、すぐそこだから」

 

男の子が逃げ出したらそこまでと考えていたんですが、素直についてきたので、息子を迎えに行くまでの間、その男の子に性教育しようと思いました。

この体験談の続きを読む

電車で童貞っぽい男の子に巨乳を押し付けて誘い出してホテルで食べちゃいました

童貞 逆痴漢
画像はイメージです

 

童貞っぽい男の子を見つけます

 

結婚4年目の主婦です。

 

旦那とは職場結婚しました。

 

今でも部署は違いますが、旦那と同じ会社で働いています。

 

私は見かけは地味でとても大人しそうに見られるのですが、胸がFカップもあるので、よく痴漢やセクハラ被害に遭っていました。

 

それを助けてくれたのが、今の旦那なのです。

 

旦那は真面目で優しいのですが、子作り目的以外のセックスにはほとんど興味がないみたいなんです。

 

セックスするにはするんですが、淡白で短時間で終わってしまい、私は全然満足できないし、物足りない感じです。

 

不倫をしたくても、旦那と同じ会社なので社内の男性とでは絶対無理です。

 

しかも三十路も過ぎるとなかなか新しい出会いもありません。

 

出会い系にも登録してみましたが、なんだかいまいち信用できません。

 

そこで考えたんですが、通勤電車の中で可愛い童貞と思われる男の子を物色しては逆ナンパするんです。

 

生理前など欲求不満になると、電車の中やホームで好みの可愛い男の子を探します。

 

誰でもいいというわけではないのですが、欲しくて欲しくて仕方がない時は、もう見境いなくなってしまいます。

 

そういう男の子を見つけて目の前に移動すると、ジーッと顔を見つめます。

 

だいたい満員電車なので、自然な振りして自慢のおっぱいを男の子の胸に押し付けます。

 

同時に男の子の太ももの間に足を入れます。

 

そこまですると、男の子も気になって仕方がなくなるみたいです。

 

どうしていいのか分からないといった感じでモジモジし始めます。

 

この反応がとても可愛くて、胸がキュンキュンしちゃいます。

 

ここでモジモジしない男の子は、女性に慣れていたり、童貞じゃなかったりするので、その場を離れます。

 

モジモジしている男の子に、さらにギューッとおっぱいを押し付けたり、太ももでそっと撫で上げたり、さりげなくおちんちんに触れてみたりします。

 

反応のいい男の子だと、すでにおちんちんが勃起しています。

 

私の下半身に、硬くて熱いおちんちんが押し付けられてきます。

 

そうなるともうダメです。

 

オマンコがジュンって濡れちゃいます。

 

そうやって焦らしながら、電車が止まるまで男の子のことを誘惑し続けます。

 

さすがに電車の中じゃそれ以上出来ないので、それとなく彼の関心を引いてエッチな気持ちにさせるのです。

 

電車を降りてからが本番です。

この体験談の続きを読む

娘の担任教師の巨根を得意なフェラチオでしゃぶってオマンコに中出しさせました

誘惑 フェラチオ 中出し
画像はイメージです

 

娘の担任の先生を誘惑しちゃいました

 

小学生の娘の担任教師である男性が素敵なんです。

 

先生は28歳で、私より4歳年下です。

 

初めて会ったのは懇談会の時でした。

 

どちらかというと、童顔で可愛いと思える先生でした。

 

年下の男性を可愛いと思うようになるなんて、今までほとんどありませんでした。

 

私も年を取ったんだなと実感します。

 

最初の印象はそんなものでしたが、先生に対する想いは、いつしか欲望へと変わっていったのです。

 

そして家庭訪問の日が来ました。

 

私はずっと先生の訪問を待ちわびていました。

 

家に来られると上がってもらい、娘の普段の生活ぶりなどを一通り話しました。

 

家庭訪問が終わると予想通り、娘は友だちの家へ遊びに行ってしまいました。

 

リビングで先生と2人きりという絶好の状況になったのです。

 

私は、

 

(チャンス!)

 

とばかりに、ソファでお茶を飲んで、そろそろ帰ろうかとしている先生にモーションをかけました。

 

先生の横に座り、太ももに手を置いて、

 

「ねえ、先生・・・。年上の女はお嫌い?」

 

「い、いえ、そんな・・・どうしたんですか?・・・困ります・・・そんなこと・・・いけません」

 

たちまち先生の顔が真っ赤になっていくのが分かります。

 

先生の返事なんかどうでもいいんです。

 

私の手は、すでに先生の股間付近を撫で始めています。

 

「いいじゃないの・・・私、前から先生のことが好きだったの・・・いいでしょ?先生!」

 

「ああ・・・お、お母さん・・・そんな・・・ダメですよ・・・」

 

もう私は決めていたことです。

 

有無を言わさず、先生の唇に唇を重ねました。

この体験談の続きを読む

女体を開発された私は彼の命令で誰とでもセックスして中出しされています

女体を開発
画像はイメージです

 

誰でもいいからエッチしてこい

 

私は45歳の主婦です。

 

2年前までは、主人しか男性を知りませんでした。

 

2年前に、55歳の心がときめくほどの彼と知り合い、人生観が変わってしまいました。

 

その彼は仕事もできるし、女性に対しても積極的で、何でもない私のような主婦にとっては驚きの連続でした。

 

彼と出会うことで、生きてきた過去の45年が一変させられてしまいました。

 

何より、自分がMであった事に気付かされてしまいました。

 

彼とは最初は普通のセックスから始まったのですが、ハプニングバーや乱交も経験し、さらにアナルファックやフィストファックなど、ありとあらゆるものを開発されました。

 

最初は抵抗がありましたが、今ではとても彼に感謝しています。

 

女に生まれて良かったと思っています。

 

最近、彼とは遠距離で、あまり会えないような状況になってしまいました。

 

すると彼は、

 

「誰でもいいから街で男を掴まえてエッチしてこい」

 

と言うのです。

 

そうは言っても、そう簡単に45歳のポッチャリおばさんが男性を掴まえる事など出来るわけがありません。

 

熟女好きな男性は多いと聞きますが、自分から声をかけるなんて恥ずかしすぎます。

 

でも彼に催促されるし、彼の思い通りの女になりたいので、とにかく考えました。

 

そのうち待ちくたびれた彼から、

 

「売春婦のようにショッピングモールに言って声かけたら?」

 

って言われ、意を決して挑戦してみたんです。

この体験談の続きを読む