カテゴリー:女子高生(女性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:女子高生(女性告白)

ビッチなJK時代に好きな後輩男子を集団で逆レイプしました

女子高生逆レイプ
画像はイメージです

 

可愛い後輩の男の子を部室に呼びました

 

これは私が女子高生の時の話です。

 

私が高校3年生の時の2つ下の1年生に、ある後輩の男子がいました。その男子は同じテニス部の後輩で学校でも人気を集めている、カッコ良い男の子でした。

 

身長はそれほど大きくなく、女の子の様なクリッとした目に長いマツゲ、細い体でもちゃんとした筋肉があり、同級生や先輩たちにもモテていました。

 

可愛いと言われるとカッとなり、カッコイイと言うと喜び、心から実直で愛くるしい後輩でした。

 

しかしながらある日、その後輩、仮に友樹君とします。

 

友樹君を女子の先輩たちで逆レイプしようという話になったのです。

 

もう昔の話ですが、私は援助交際や同級生とも簡単に寝るようなビッチで、周りの女子たちもビッチでした。

 

そして犯す当日がきました。

 

今日の部活は中止という連絡を回し、午前の授業で終了でしたので放課後に友樹君だけを部室に呼びました。

 

友樹君は疑いもなく部活動をする気でありましたが、待機していたのは私達3年生の女子4人。

 

私と仮に知恵と良美と里香とします。

 

「あれ?先輩、今日は部活あるんですよね?」

 

友樹君が不安そうにと荷物をロッカーにしまいながら私たちを見ました。その様子も可愛いくて仕方ありません。

 

「今日はないよ。変わりに秘密の特訓でもしよっか」

 

「本当ですか?是非お願いします!」

 

友樹君はやる気に満ちた目で私達のすぐ側まで来ました。すると知恵が友樹君を突然抱きしめました。

 

「あーんもうー!友樹君可愛いー!」

 

「えっ!ちょっと、何するんですか!恥ずかしいです」

 

友樹君は当然ビックリしていますが、突き放すことも出来ずに困った様子で手足を動かしていました。

 

「ねえ、友樹君って童貞でしょ?私達が教えてあげよっか」

 

「えっ?」

 

友樹君の返事を聞く前に知恵はセーラー服を脱ぎ下着姿になりました。友樹君は目を顔を赤くしてオドオドしていました。

 

「ぼ、僕外に出ましょうか?着替えるんですよね?」

 

そう言って慌ただしく部室を出ようとする友樹君ですが、良美と里香が止めました。

 

「だめよ!今日はお姉さん達が女の身体を友樹君に教えてあげるのよ」

 

2人が友樹君の腕におっぱいを押し付けながら知恵の前まで引っ張っていきました。

 

私は・・・友樹君の事が本当に好きだったので、何もできないでその様子を長椅子に座ってただ見ていました。

 

「友樹君、おっぱい触る?」

 

知恵が大きな胸を下着からポロンと出しました。女子高生でEカップある胸が丸出しになり、友樹君は驚きながらも

 

「はあっ!」

 

と興奮したような声を出し、動きが止まっておっぱいを凝視していました。

 

「ふふっ、触ってもいいんだよ?友樹君だけ特別!」

 

可愛らしい声で知恵がそう言うと、友樹君はゴクリと生唾を飲み込んでおっぱいに手を伸ばしました。

この体験談の続きを読む

【女子高生3人】飲酒してラブホテルで男友達を襲っちゃいました

女子高生 ラブホテル
画像はイメージです

 

チンポが以外に大きかった

 

当時私高校2年の17歳。高校の女友達と3人で飲み屋で飲んでて、帰りのアシが無いから男友達のE男(20歳)に来てもらって車で送って貰うだけのはずでした。

 

女3人は皆ベロベロに酔っ払ってしまっていて・・・。

 

「飲み足りないね~!どっか行こうか!」

 

もう朝方でどこの居酒屋も閉店していたので、お酒買ってラブホテルに4人で入りました。

 

E男とは時々一緒に飲みに行ったりする仲で、ある程度遊んでるような男だったけど、どちらかというと静かで弄られキャラでした。

 

下らない話でヒートアップしてビール飲んで、とうにお酒も進まなくなった頃、

 

「ラブホのAV観てみようよ!」

 

と女の誰かがTVを付けました。男優のしらじらしいセリフを聞いてみんなで大笑いして盛り上がりってたら、A子が

 

「E男、チンポ勃起してたりして~?ねえ見せて~w」

 

と言いいだして。E男は

 

「やめろよっ!」

 

と手でチンポの辺りを隠したけど、女3人で押さえつけて

 

「いいから見せてよ!」

 

とスウェットとパンツを否応なしに引きずり下ろした。

 

かなり反抗されて、シーツはぐちゃぐちゃ。その段階ではまだE男も笑ってたし、冗談のノリでした。

 

E男のチンポは半立ちで、半立ち状態なのにとても大きくて、当時男性経験人数3人しかなかった私はショックを受けて頭がクラクラしました。

 

コレで終わりと思っていたんだけど、A子がいきなり人差し指にツバを付けてE男のチンポの裏スジの辺りを擦り始めたんです。スゴイ速さで。

 

私はポカンとして指の動きを見てたんだけど、E男はちょいちょい

 

「ダメ、マジダメだって」

 

と何度も言っていました。

 

ずい分抵抗されたのでヤバイかな?と思ったけど、火の付いた酔っ払いのパワーは誰にも止められませんね。Y美と私でE男の車の鍵とサイフを拾い上げて、

 

「黙ってろ!」

 

と一喝。A子は

 

「E男、なんか変な汁出てきたよ~」

 

とか

 

「おチンポデッカイね~」

 

とか言ってからかいました。E男は

 

「お願いだから止めてくれよ」

 

と言ったけど、そこからはあまり抵抗しなかった。ついさっきまで笑ってたE男は目を半開きにしてぼんやりとしてました。

 

私とA子で足を持ちあげてチンぐり返しみたいにして、ケツの穴を見て

 

「やだ、お尻に毛が生えてるよ」

 

てからかったり、ラブホテルに用意されていた小分けパックのローションを尻と金玉に塗って2人がかりでぐちゃぐちゃにモミモミしたり触れたりしながら笑ってた。

 

E男は両手で顔を覆ったまま固まった。

この体験談の続きを読む