カテゴリー:女子小学生(男性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:女子小学生(男性告白)

小5女子の生理前でパイパン・ツルツルな子供マンコは中出しOK

パイパン・ツルツルな子供マンコ
画像はイメージです

 

(前回の続き・・・)

 

↓ ↓ ↓

 

 

小学5年の妹がノーパンで出てきた

 

終わってからサヤを家に送ったんですけど、何か物足りない感じだったんですよね。

 

2回セックスしたけど、1回目は早漏ぎみでしたんで・・・

 

時計を見ると夜の11時でした。

 

サヤを車から降ろした後、帰りにコンビニでも寄って帰ろうかと思い、サヤが家の中に入るのを確認してからライトを付けたら、目の前に人がいました。

 

(ヤバい!サヤの親か!)

 

と一瞬思いましたが、どうやら人影が違うみたいです。

 

よく見ると、大きなTシャツだけを着た小学生の女の子みたいです。

 

近寄ってきたので、運転席の窓を開けました。

 

「お姉ちゃんと、どこ行ってたの!?」

 

と大きな声を出しました。

 

俺は慌てて車から降り、女の子を助手席に乗せて車を走らせました。

 

話を聞くと、サヤの妹でハルカという、小学5年生でした。

 

「どこに連れて行くの!?これって誘拐じゃないの?犯罪じゃん!」

 

そう言いながらも、ちっとも慌てる様子もなく、妙に落ち着いいる感じです。

 

(ひょっとしてこの子は、知らない男の車に何回も乗ってる?)

 

そう思ってたら、ハルカはやたらと馴れ馴れしくしてきます。

 

「あ~!お姉ちゃんとエッチな事してたんでしょ!ほら!」

 

ハルカがそう言いながら見せたのは、コトが終わってサヤがマンコを拭いた時のティッシュでした。

 

捨てるのを忘れていました。

 

「イヤらしい!スケベ!変態!」

 

この子はすでに、セックスのことを知ってるみたいです。

 

さすがサヤの妹。

 

「別に良いだろ!俺もお姉ちゃんもエッチなことしたかったんだから!」

 

「ふ~ん、じゃあお兄さんもハルカとエッチな事したい?」

 

そう言いながらハルカは、着ていたブカブカなTシャツを自分で捲りました。

 

ヒザまであったブカブカTシャツを捲り上げると、なんとその下はノーパンだったんです。

 

俺はびっくりして、ブレーキをかけて車を止めました。

 

ハルカは、

 

「キャハハ」

 

と笑っています。

 

サヤとヤッた時はマンコを拝めませんでしたが、今は妹のハルカが俺の前でマンコをさらけ出しています。

 

小学5年生の、まだ陰毛が生えてないパイパンでツルツル、そして1本縦に筋が入った子供マンコ。

 

俺はロリコンではないと思っていましたが、目の前でそんなマンコを見ると、瞬く間にチンポがビンビンに勃起してしまいました。

この体験談の続きを読む

【エッチな女子小学生】初潮前の締め付ける幼いマンコに中出しし放題

女子小学生 中出し
画像はイメージです

 

小学生の女の子と一緒にお風呂に入った

 

俺は30歳、親戚の子に沙耶ちゃんという、小学校5年生で、もうじき12歳になる女の子がいます。

 

沙耶ちゃんは小5なのに、見た目は14~15歳に見えるので、中高生の男子からナンパされることもあるらしいです。

 

そんな沙耶ちゃんが、俺の家に泊まりで遊びに来ました。

 

赤ちゃんの頃から知ってる親しい親戚の子なんで、幼いころからよく一緒にお風呂に入ったりもしていました。

 

沙耶ちゃんが小3になってからは、さすがに一緒にお風呂には入らなくなりました。

 

どっちかというと、俺が遠慮してたんですけどね。

 

ところが、沙耶ちゃんが小5になって家に泊まりに来たんですが、2年ぶりぐらいに一緒にお風呂入る事になったんです。

 

いざ一緒に沙耶ちゃんとお風呂に入ってみると、おっぱいは膨らみ始めでぷりっとしてて、オマンコにも少し毛が生えてきてて、お尻もふっくらと大きくなってて、思わず見回してしまいました。

 

「おじちゃん、どこ見てんの?いやらしい~!」

 

と沙耶ちゃんはキャッキャと笑いながら、自分で身体を洗っていました。

 

俺は30歳だけど、小学生から見れば十分おじさんでしょうね。

 

大人になりかけの沙耶ちゃんの体を見ていると、正直俺が体を洗ってあげたかったんですけどね。

 

交代で身体を洗い、沙耶ちゃんが先に入っている湯船に俺が浸かると、二人で入るにはかなり狭かったです。

 

沙耶ちゃんと身体が触れるほど密着し、俺はもうドキドキと緊張しました。

 

小学生相手に緊張してるなど、感づかれてはいけません。

 

緊張をほぐす為に、沙耶ちゃんの身体をくすぐったりと、ちょっかいかけていたら、沙耶ちゃんも

 

「やだー」

 

とか言ってくすぐり返してきます。

 

そうやってふざけあっていると、いつの間にか俺の膝の上で、沙耶ちゃんと向かい合う格好になっていました。

 

向かい合って俺の膝の上に座ってる状態です。

 

沙耶ちゃんは今度は小学校での出来事とかを話し始めたんですけど、沙耶ちゃんの体が動くたびに、俺のチンポが沙耶ちゃんのオマンコに微妙に当たったりしています。

 

意識するなというほうが無理です。

 

次第にチンポがニョキニョキと勃起し始めたんです。

 

「でね、友達がさぁ・・・」

 

と相変わらず楽しそうに沙耶ちゃんは話してるんですけど、俺は話を聞くどころじゃありません。

 

そしてついに、俺のチンポはギンギンに勃起してしまいました。

この体験談の続きを読む