カテゴリー:女子小学生(女性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:女子小学生(女性告白)

小学6年の時に射精の瞬間を目撃!初セックスは痛かったけど病み付きになりました

初体験 射精の瞬間
画像はイメージです

 

お向かいのお兄ちゃんがおちんちんを擦ってた

 

私は子供の頃から発育が良くて、小学4年で生理が始まり、小学6年で身長はすでに160cmを超えていて、ブラジャーもEカップのものを着用していました。

 

ランドセルが似合わないし、高校生にナンパされることもありました。

 

うちは母子家庭で裕福ではなく、市営団地に住んでいました。

 

向かいの家も母子家庭で、大学生のお兄ちゃんと中学生のお姉ちゃんがいました。

 

家族ぐるみで仲がよく、私が幼い時から可愛がってもらっていて、3人兄妹のように感じでした。

 

小学6年の夏休みのある日、朝からお向かいの家に遊びに行った時のことです。

 

いつものように勝手にドアを開けて、

 

「こんにちは~」

 

って入っていったんですけど、何の反応もありませんでした。

 

家の中に上がって見渡しても、誰もいませんでした。

 

閉まってる襖の部屋をそっと開けてみると、お兄ちゃんがいました。

 

ヘッドホンをつけてベッドにもたれて、テレビを見ていました。

 

(だから聞こえなかったのか)

 

と思いましたがお兄ちゃんをよく見ると、上半身裸でパンツを下げて、おちんちんを擦っていました。

 

小学校低学年までは一緒にお風呂に入ることがあったので、お兄ちゃんのおちんちんは見たことがありました。

 

でも今見たおちんちんは、今まで見たこともないほど大きくなっていました。

 

私はビックリしましたが、声もかけられずにじっと見ていると、お兄ちゃんが

 

「ウッ!」

 

と声を漏らした瞬間、私に気づいたようで、

 

「うわっ!チカちゃん!」

 

時すでに遅しで、お兄ちゃんは慌てていましたが間に合わず、おちんちんの先から白い液体がピュッと出ました。

この体験談の続きを読む

小学6年の時にイジメられた私はリーダー的男子をフェラチオして味方につけました

女子小学生 フェラチオ
画像はイメージです

 

男の人は常にエッチ

 

私は小学校6年生の時に、転校してイジメにあいました。

 

地方から都会に引っ越したため、訛りのある言葉がいじめの一番の原因だと思ってます。

 

クラスの女子からは「かっぺ」「キモイ」「田舎菌が遷る」など散々なことを言われていました。

 

初めは女子だけだったのに、男子もイジメに加わるようになって、最終的にはクラスの全員が敵になりました。

 

そのため、私は一週間ほど登校拒否をして、家に引きこもってパソコンでインターネットをやっていました。

 

一年ほど前から仲が良かった自称中年オヤジさんに、チャットでイジメられていることについて話していました。

 

「私、どうしたらいいか分からなくて」

 

「強い男を味方につけちゃえばいいよ」

 

「そんなこと出来ないよ」

 

「男でクラスのリーダー的なやついるでしょ?」

 

「うん、すごく人気でカッコいい男子がいる」

 

「そいつのおちんちんをフェラして気持ちよくしてあげなよ」

 

自称中年オヤジさんは真面目に答えてくれていたと思いますが、小学生の私は下ネタを言う人が嫌いだったので、彼をチャット部屋から追放しました。

 

フェラチオ・・・男の人のおちんちんを口で気持ちよくすること

 

当然経験がないし、どうやればいいか分かるはずがありません。

 

私のチャット部屋にくる男性も親身になって話を聞いてくれましたが、最終的には

 

「顔を見せて」

 

とか

 

「エッチすればいいよ」

 

など同じようなことを言われました。

 

私は嫌気がさしましたが、でもおかげで、

 

(男の人は常に頭の中でエッチなことを考えているんだ)

 

ということが分かりました。

この体験談の続きを読む

【初めての射精】小学生のとき男子のおちんちんから白い液体が出てビックリ!

初めての射精
画像はイメージです

 

頼もしい同級生の男の子

 

私が小学6年生の時の話です。

 

私は小学校を卒業と同時に引っ越す事になっていたのですが、新居の完成が遅れていて、私たち家族は1週間だけ親戚の家に泊めて貰うことになりました。

 

親戚の家は、私が小学生の時に住んでいた街と、新しく住む街のちょうど間にありました。

 

親戚といっても、ちょっと遠い親戚で、その家には私と同じ年の男の子(K君)がいました。

 

K君とは幼稚園の頃に1回会ったことがあるらしいのですが、まったく覚えていませんし、K君も覚てないと言ってました。

 

春休み期間中という事もあって、昼間は大人は仕事や買い物などに行ってしまうので、私とK君は2人きりでした。

 

最初は、お互いに初対面でで恥ずかしくて、少ししか会話をしませんでした。

 

私は、小学校を卒業と同時に引っ越すので、大好きだった友達と離ればなれになった事の寂しさと悲しさで、かなり暗い気持ちでした。

 

K君が、

 

「近くの公園に行こう」

 

とか、

 

「買い物に行こう」

 

って誘ってくれても、最初の頃は断っていました。

 

(私のことは放っておいて!)

 

っていうのが、正直な気持ちでした。

 

私とK君が急接近したのは、私がK君の家に来て4日目の事です。

 

近くのお店にお菓子を買いに一緒に行きました。

 

途中でK君のクラスメートと思われる男子が3人来て、

 

「K、この子誰?可愛いじゃん、紹介してくれよ。見たこと無い女の子だな。何年生?」

 

って私に聞いてくるんです。

 

その3人組って、どうみてもワルそうなっていうか、バカそうな(ごめんなさい)男子でした。

 

「6年生で、4月から中学です」

 

って私が答えると、

 

「タメ?でも見たことないな。こんな子、いなかったぞ。名前は?」

 

って言ってくるので私が名前を答えようとするとK君が、

 

「遠い所から遊びに来てるんだ。オレの親戚なんだから、手を出すなよ!」

 

って言って友達を追っ払ってくれたんです。

 

なんかすごく

 

(頼もしい!)

 

って感じがしました。

 

そして、

 

(K君なら信頼できるかな?)

 

って思いました。

 

なんか無意識にK君の手を握ると、K君も嬉しそうに私の手を握ってくれて一緒に歩きました。

 

買い物の帰り、K君が

 

「ちょっとオシッコタイム。ここで待ってて」

 

って言うと私を残して道端の壁際に向かってオシッコをし始めました。

 

K君は私の背中を向けてオシッコ(立ちション)をしていましたが、私の位置から、K君のおちんちんの先っぽと、そこから出ているオシッコが見えました。

 

私は凄く興奮していました。

 

本当に心臓がドキドキしていました。

 

先端のほんの一部しか見えていませんでしたが、それが余計に興奮をかき立てた気がします。

 

小学6年生だった私ですが、喉がカラカラになって胸がドキドキしていました。

 

(もっと見たい)

 

っていうエッチな気持ちと、

 

(そんなヘンなこと考えちゃダメ)

 

っていう神聖な気持ちが、私の心の中で渦巻いていたような感じでした。

 

夜になると、なんか悶々とした気分でした。

 

ほんの数時間前までは小学生の友達や思い出の事ばかり考えていた私が、今はK君のおちんちんの事や、K君の優しさ、さわやかな頼もしさなどばかり考えていました。

この体験談の続きを読む

【近親相姦】小学生の妹が父や兄とセックス…ママは誰の子を妊娠?

小学生の妹
画像はイメージです

 

小学生の妹とパパがセックスしてる?

 

私は高校1年生の16歳で、兄妹には大学生で19歳のお兄ちゃんと、小学6年生で12歳の妹がいます。

 

私と妹の部屋はつながっていて、8畳間を可動式のクローゼットとパーティションでし切った部屋になっていて、上の方は15センチくらいの隙間が開いています。

 

去年の夏休みも終わりかけたころに、夕食後に妹が、

 

「宿題が終わってないの、パパ手伝って」

 

て言ってパパに甘えると、ママに

 

「もう、遊んでばかりだからでしょ」

 

って叱られながらも、優しいパパと部屋で一緒に宿題をやってました。

 

私は1時間ほど好きなTV番組を見て、20時頃に部屋に戻り、本を読んでました。

 

すると、妹の部屋から、泣いているようにも聞こえる小さな声が聞こえて来ました。

 

(夏休みの宿題を残しすぎて、パパに叱られたのかな?)

 

そう思って聞き耳を立てると、キシキシと椅子が軋むような音も聞こえてきました。

 

(何だろ?)

 

って興味が湧いて、自分の机の上に乗って、隙間から妹の部屋をそっと覗きました。

 

パパが妹を膝の上に乗っけているのが見えました。

 

机の上にはプリントやノートが広げられていましたが、なんだか変でした。

 

妹は机の角を握り締めるようにしながらうつむいてて、パパは妹を抱きかかえるようにして、なんだかお尻を動かしてるように見えました。

 

しかも、妹のスカートに隠れてるけど、パパはジャージのズボンをずらしてて、わずかにお尻が見え隠れしています。

 

妹も、スカートから少しお尻が見えていました。

 

(なんだかおかしい・・・)

 

そう思ってると、なんとパパが妹の顔を上げさせ、横に向けてキスしたんです。

 

「パパ、パパ・・・」

 

小さい声で妹がパパと呼ぶと、妹を抱えるようにした格好のまま、パパが椅子から立ち上がりました。

 

私は思わず息を飲みました。

 

妹のスカートがずれてお尻が丸見えになり、そこにパパのおちんちんが突き刺さっていました。

 

パパは妹を抱きかかえたままベッドに連れて行き、妹を四つん這いにさせると、後ろからお尻を前後に動かし始めたんです。

 

「パパ~」

 

妹の声が先ほどよりも大きくなり、パパは小声で、

 

「琴美、気持ちいいか?パパも気持ちいいよ」

 

そう言いながら、大きな声を出さないようになのか、妹の口にハンドタオルを咥えさせ、パパはさっきよりも激しくお尻を動かし出しました。

 

(これは・・・セックス?)

 

初めて見ました。

この体験談の続きを読む

【羞恥】スカートめくりの罰でおちんちんを丸出しにされる男子小学生

おちんちん丸出し
画像はイメージです

 

スカートめくりをした男子に罰

 

ずいぶん昔のことですが、私がまだ小学校5年生の時でした。

 

男子がいたずらとかイジメとか、何かやらかすと必ずお仕置きとして裸にさせる担任の女の先生(30代前半)がいたんです。

 

その先生は今思うと、男性を目の敵にしている田嶋陽子みたいな先生だったかもしれません。

 

ある日、遅刻をして来た男子と女子1名ずつがいて、女子の方は一時間目の授業中ずっと教室の後ろに立たされていましたが、男子の方はなんと、

 

「パンツ一丁で教室の前に立ってなさい」

 

と言われたんです。

 

当然男子は抗議していましたが、

 

「男子と女子が同じな訳ないでしょう!」

 

と一喝されていました。

 

昔は学校という場所で先生は絶対的な存在でした。

 

今のように親がクレームをつけるようなことはほとんど無かったと思います。

 

つまり、小学生である私たちが逆らえるはずがないのです。

 

男子はいやいや服を脱ぎ、パンツ一丁の姿になって黒板の横に立たされました。

 

女子の中にはクスクス笑いながら見ている子もいて、その男子はめちゃくちゃ恥ずかしかったと思います。

 

宿題を忘れた男子は更にひどく、パンツ一丁でバケツを持って廊下に立たされ、休み時間が終わるまで許してもらえません。

 

もちろん女子には先生はそんな事はしません。

 

注意されるか、後ろに立たされるかだけです。

 

そして休み時間になると、廊下に立たされた男子は他のクラスにもバレることになり、情けない格好をからかわれたりします。

 

そんな男子に厳しい女の先生がいる私のクラスに、一人の男子が転校して来たんです。

 

そして今でも忘れられないショッキングな出来事があったのです。

 

その男子はずいぶんなお調子者で、何かと私たち女子にちょっかいを出すような子でした。

 

私たちは怒ったり無視したりしますが、ある日エスカレートして、一人の女子がその男子にスカートをめくられたのです。

 

結構派手にめくられたので、回りにいた他の男子にも見られていたはずです。

 

パンティーを見られた女子はその場で泣いてしまい、私たち女子も怒り心頭だったので、すぐに女子全員で先生に言い付けに行きました。

 

すると先生は、放課後に女子全員は教室に残るように言ったのです。

 

そして放課後、男子全員は教室を出て女子たちは席に座って待っていると、先生がスカートをめくった男子を連れて入って来ました。

 

「全員もっと前の方の席に座ってちょうだい」

 

先生に言われ、女子全員が前の方に固まりながら座りました。

 

「ほら!女子たちの前に立ちなさい!」

 

先生は男子の背中を強めに押して私たちの前に立たせました。

 

男子は今にも泣きそうな顔で下を向いています。

 

「さあ早く脱ぎなさい!さっき先生と約束したでしょう。スカートめくりされた女子の恥ずかしさをあなたにも分からせるって」

 

先生の言葉に男子は手を握り締めて体を震わせています。

 

「ほら!早く裸になりなさい!女子がパンツを見られた恥ずかしさに比べたら、本当はあなたは裸ぐらいじゃ済まないのよ!」

 

先生に怒鳴られ、涙を浮かべながら男子は服を脱ぎ始めました。

 

上着、シャツ、ズボンと男子が服を脱いでいくストリップショーを、すぐ目の前で女子たちがクスクス笑いながら見ているのです。

 

女子はほとんど全員この男子が嫌いでしたから、可愛そうと思う子はいなかったと思います。

 

とうとう男子はパンツ一丁姿になってしまいました。

この体験談の続きを読む