カテゴリー:女子大生(男性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:女子大生(男性告白)

女子大生の露天風呂を覗いてるのがバレた中学生の僕はチンコを弄られ…

女子大生
画像はイメージです

 

露天風呂覗きがバレて謝罪するハメに・・・

 

僕は東北の田舎育ちで、あれは中学2年生の時でした。

 

僕の育った田舎にはスキー場や旅館があり、冬のシーズンでは観光客で混雑するような、そんな地域でした。

 

冬になったら、旅館やホテルに若い人を中心に沢山の人が泊まりに来ていました。

 

旅館には当然露天風呂がありますので、土地勘のある僕と友達数人とで、時々露天風呂に覗きに行っていました。

 

寒い中、あの日も友達4人とこっそり忍び込み、死角になったいつもの覗きポイントへ行きました。

 

おばちゃんばかりの時も多く、当たり外れがありますが、その日は大当たりでした。

 

なんと女子大生と思われるグループが入浴中のラッキーな時間帯でした。

 

しかも入浴しているのは4人の女子大生だけという状況で、その女子大生達はお互いのおっぱいを揉み合ったり、オマンコに手を滑り込ませたりして悪ふざけで遊んでいました。

 

その眺めはとてもエロく見え、中2男子には刺激が強く堪りませんでした。

 

しかし幸福な時間も束の間で、普段から度々覗いていたため、目を付けられていた旅館のオヤジに見つかってしまいました。

 

「こらー!」

 

という怒鳴り声が聞こえたその瞬間、皆大慌てで一目散に逃げました。

 

もちろん僕も逃げましたが、足の遅い僕は1人だけ捕まってしまいました。

 

散々説教されて、

 

「お客様のところに一緒に謝りに行くぞ!」

 

と、覗いていた女子大生の部屋まで、旅館のオヤジに引き連れられて行きました。部屋をノックすると、

 

「はーい」

 

と若い女性の声がしました。もう恥ずかしさと緊張で逃げ出したい気分でした。

 

しかし、手遅れです。無情にもドアとふすまは開けられ、オヤジが、

 

「夜分に大変失礼致します。こいつが先ほど覗いていた犯人です」

 

と僕の頭を抑えながら言いました。僕は、

 

「の、覗いてしまいました。ごめんなさい!」

 

と、何度も頭を下げて謝りました。

 

しかし女子大生の4人はケラケラ笑って、

 

「謝って済む問題じゃないわね。どうしようかな?」

 

と協議し始めました。旅館のオヤジは

 

「まだ子供ですし、きつく叱って本人もこうやって反省してますので・・・」

 

と一緒に頭を下げてくれました。女子大生達は、

 

「せっかく旅行にきて警察沙汰にするのもなんだし、全員にみっちりとマッサージする事で許してあげようかな」

 

と言いました。僕は、

 

「はい!何でもやります」

 

と答えました。旅館のオヤジも、

 

「親御さんには内緒にしてやるから、十分に謝罪していきなさい」

 

と言い、僕を残して部屋を出て行きました。

 

僕はオロオロしてどうしていいか分からず、顔を上げられなくてうつむいていました。

女子大生の1人が、

 

「どうしたの?こっちに来なさい」

 

と僕を呼びつけました。近づいて正座し、うつむいていました。

 

すると、女子大生4人が一斉に大爆笑です。

 

「ケラケラ、キャハハ」

 

と大笑いしだして・・・僕は何が何やら分からず戸惑いました。

 

すると女子大生の1人が、

 

「キミ、中学生?」

 

と聞いてきたのです。

 

「はい、中学2年です」

 

「いつも女湯を覗いてるの?」

 

「いつもじゃないです。たまに・・・」

 

「僕達の裸見たんでしょ?興奮した?」

 

「!!!」

 

「怒ってるんじゃないわよ、安心して。女の裸は興奮した?どう?」

 

「こ、興奮しました。綺麗だし凄くエッチでした。」

 

と正直に答えました。

 

他にもいろいろ聞かれましたが、観念していたので正直に答えていました。

この体験談の続きを読む

短小・包茎・早漏の僕は家庭教師のお姉さんに罵倒されて搾り取られました

家庭教師
画像はイメージです

 

優しい家庭教師のお姉さんが豹変

 

僕は現在高校2年生ですが、運動オンチで成績も悪いので、親が僕に家庭教師を付けました。

 

僕はそんなものは嫌だったんですが、反対できるはずもありませんでした。

 

そして数日後、家庭教師が来たんですが、女性でしかも結構美人な女子大生で、美緒という名前でした。

 

僕はこれほど美人なら、家庭教師が付いてもいいかなと思いました。

 

さらに、美緒に教えてもらうようになってから1か月ほどしてから、父親の海外赴任が決まり、母親も一緒に海外に付いていくことになりました。

 

家庭教師の美緒がいる時は、家で僕と二人っきりになるので、なんだかワクワクします。

 

しかし、その期待がこういったことになるとは、思ってもみなかったです・・・

 

美緒は綺麗でプロポーションもよく、僕に勉強を丁寧に優しく教えてくれました。

 

僕もその期待に応えようと、必死に勉強しました。

 

しかし、次のテストも全然成績が上がらず、情けないやら申し訳ないやらで、美緒にテストの結果を見せました。

 

すると美緒は、今まで僕が見たこと無いような怒った顔になり、大きな声で

 

「どうして分かりやすく教えたのにこんな点数なの!できが悪いならお仕置きするしかないわね!」

 

と言って僕の腕を捕まえました。

 

優しかった美緒は、突然怖いお姉さんに豹変したのです。

 

僕は逃げようとしましたが、美緒は柔道をやっていて力も強いので、逃げられるはずがありません。

 

美緒は僕を四つんばいにさせると、僕のズボンとパンツを荒々しく脱がせました。

 

僕は抵抗しようとしましたが、怖くて動けませんでした。

 

美緒は

 

「今からお尻たたきするから、ちゃんと反省しなさい!」

 

と言って僕のお尻をたたき始めました。

 

僕は、

 

「ごめんなさい!痛い、やめて!」

 

と言いましたが、美緒はSっ気があるのか、僕の嫌がる声をまるで楽しんでいるように見えました。

 

何十回もお尻をたたかれて、ようやく終わりました。

 

そして僕は、下半身丸出しのまま立たされました。

 

恥ずかしいので手で隠していましたが、美緒は僕のチンコを隠している手を振り払いました。

 

美緒は僕のチンコを指さして笑いながら、

 

「何このおちんちん、小さいわね~、しかも包茎で毛も生えてないし、本当に高校生なの?」

 

僕は悔しいやら恥ずかしいやらで真っ赤にして下を向いていると、美緒は定規を持ってきて、なんと僕のチンコを測りだしました。

この体験談の続きを読む

中学3年で射精管理させられた俺のチンポはお姉さんのオナニー道具

射精管理
画像はイメージです

 

勃起しなくなるまで搾り取られました

 

あれは俺が中学3年生の時の夏休みでした。

 

当時通っていた塾の夏期講習で、国語を担当していた大学4年生の女子大生・由美さんと街で偶然会ったんです。

 

まだ夏期講習が終わって数日しか経っていなかったのでお互いすぐに分かり、時間もあったので話をし、いつのまにか俺は由美さんのアパートにお持ち帰りされたんです。

 

「徹君、さすがに女の子には興味あるでしょ?性に関心を持つ思春期だもんね。もう女の子とはエッチした?」

 

「いや、ないですよ」

 

「じゃあ、オナニーする時、何を想像するの?」

 

中3の男子からしたら、大学4年のお姉さんの色っぽさにドギマギしていました。

 

由美さんは1学年上の先輩と交際していたんですが、3月の卒業で別れていました。

 

その寂しさを中3の少年で埋めようとしていたのか、元々ショタコンだったのかは分かりません。

 

由美さんに迫られ、ズボンを脱いで、パンツを脱ぎ、チンポを出すと、

 

「ふーん、ちゃんとここは剥かないと駄目よ、お風呂で綺麗に洗わなきゃ」

 

ゆっくりと亀頭を剥かれ、付着していた黄色い恥垢を拭いてくれました。

 

女子大生にチンポを握られて、思春期の俺は当然勃起します。

 

「あら、元気いいわね。うふふ、溜まってるの?じゃあ出してあげよっか」

 

三擦り半とはこのことで、数回シコシコされただけであっという間にドビュッと発射してしまいました。

 

「ちょっと、やけに早いわね。もうちょっと我慢しないと女の子とセックスできないよ」

 

由美さんは俺を仰向けに倒すと、バッグから髪を束ねる黒いゴムを取り出し、金玉を縛りだしました。

 

「うーん、片方ずつ縛れないかしら」

 

そう言って、金玉を片方ずつ縛りだしたんですが、少し痛かったです。

 

「うわータマタマパンパン!あとはおちんちんの根本を締めちゃえば・・・うわあ、もうビンビンだね。」

 

再び勃起させられ、チンポの亀頭部分をナデナデするように優しく撫でられます。

 

中学生の俺はそれだけでもまた射精感が沸いてきましたが、出そうで出ない快感地獄に追いつめられました。

 

「ふふっ、ねえ、ドピュッて出したい?」

 

「は、はい!出したいです!」

 

「いいわよ、出してみなさい」

 

「出したいけど、で、出ません!」

 

俺は快感に我慢できず、亀頭だけ握っている由美さんの手でオナニーしているような形で腰を動かしました。

 

その様子を含み笑いしながら見ていた由美さんは、急に強くチンポを握って扱き始め、たまらずあっという間に2回目の射精をさせられました。

 

射精の勢いで金玉がせり上がり、縛っていたゴムが飛びました。

 

それからも由美さんはチンポを弄り続け、3回目の射精をさせられ、4回目は空砲、もう勃起しないくらいにまで搾り取られました。

この体験談の続きを読む

一人旅行で知り合った可愛い女子大生と友達の目を盗んでセックスした

洗面所セックス
画像はイメージです

 

一人旅の俺と4人の女子大生

 

俺は大学4年の時、一人旅行が好きであまりお金をかけずに、国内を旅していました。就職も決まりこつこつ貯めたバイト代で、今しかないと思ったからです。

 

常に1人で行くわけですが、なるだけローカル線に乗ったり安い旅館を利用していました。夜行バスもしょっちゅう利用しました。

 

そんな中である体験をしました。

 

仙台へ向かった時の事です。新宿を深夜0時に出ると、朝方6時ぐらいに到着する夜行バスです。

 

バスに乗車するとラッキーだったのか、周りには女の子の仲間4人組が乗っていました。俺と同じく大学生みたいで、4人で温泉旅行に行くのだそうです。

 

別に普通に乗ってるだけなら仲良くなる事なんてほとんどありません。

 

でもこれまでも何回か経験あるんですが、トイレで立ち寄るサービスエリアが狙い目になったりするんです。

 

この時もそうでした。

 

4人組は楽しいのかお酒やお茶を結構飲んでいたのでしょう。深夜のサービスエリアで2人がトイレに行きたくなったようです。

 

深夜の人気のないサービスエリアって、意外と怖いものです。

 

「ねえ、トイレ行こうよ~」

 

「やだぁ、暗くて怖いじゃん」

 

「えぇ~、お願い、一緒に行こうよ~」

 

「もう、我慢しなよ~」

 

俺は煙草を吸いたかったので、チャンスとばかりに話し掛けました。

 

「俺も煙草吸いに行くんで一緒に行きましょうか?」

 

「えっ?イイんですかぁ?」

 

「よかったぁ~」

 

「じゃアタシも行く」

 

「アタシも~」

 

結局4人ともトイレに行く事になったのです。

 

それがきっかけでワイワイ喋るようになったんですが、彼女たちは予想通り都内の大学生でした。俺が

 

「一人旅なんだよ」

 

と言うと、何処に泊まるのか、何処に行くのかいろいろと聞いてきました。

 

4人の中で特に可愛い子がいて、名前は真理子と言ってました。俺と同い年で彼女の出身は福島だそうです。

 

もう就職先も決まったから暇なんだと言ってました。

 

バスに戻ると眠くなってウトウトしていました。多分4時頃だったと思います。トイレに行きたくなったので、運転手さんに聞いてみました。

 

そしたらもう少しのところでパーキングエリアがあるから、そこに寄ってくれることになりました。

 

俺がシートに戻ると、後ろから肩を叩かれました。真理子です。

 

「トイレ?」

 

「うん、運転手さんに聞いたらもうすぐパーキングエリアだって」

 

「じゃアタシも行こうかな」

 

「あぁ、じゃ一緒に行くか」

 

運転手さんは自分も休憩したいから

 

「ゆっくり戻ってイイよ」

 

と言っていただけました。トイレに行った後、缶コーヒーを買って煙草タイムです。そこに真理子が寄ってきて、2人でおしゃべりしながら一息ついていました。

 

「友達4人で温泉旅行なんて楽しそうだね」

 

「やっとみんな内定貰ったんでようやく行けるのよ」

 

「俺はいつも1人だから羨ましいな~」

 

「彼女と行かないの?」

 

「いや、彼女いないし」

 

「へえ、そうなんだ!全然そんな風に見えないけど」

 

「っていうかそっちも彼氏と行かないの?」

 

「彼氏まだ就職決まってないの」

 

(やっぱりこんな可愛い子にはそりゃ彼氏ぐらいいるよな~)

 

と少しガッカリしました。

 

温泉旅館の話をしている内に、俺もなんだか温泉に行きたくなってきました。

 

「俺も温泉行こうかな。俺がその旅館に行ったら、みんなで呑もうよ!」

 

「イイよ~!」

 

ちょっと仲良くなれた感じがしたのでスパッと言ってみました。ニッコリとOKしてくれたので嬉しくてハイテンンションになりました。

 

そしてバスに戻り、仙台に到着してから別れました。

 

バスの中で聞いた温泉旅館をネットで検索すると、意外と安い宿みたいなんです。俺はいつも素泊まりだからちょっとばかし奮発したら良いだけです。

 

携帯も聞かずに別れたので、多少の不安はありました。突然行ったら

 

(なにコイツ?)

 

みたいに思われるんじゃないかと。社交辞令でOKって言われたけど、まさか本当に来るとは思わなかったとか良くある話なので。

 

それでも下心が勝っているので、腹をくくって向かってみました。

この体験談の続きを読む