カテゴリー:女子大生(男性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:女子大生(男性告白)

【逆レイプ】水泳で鍛えたマッチョでイケメンな俺のチンポを姉と女友達が…

逆レイプ 姉と友達
画像はイメージです

 

マッチョなイケメンが近くにいる?

 

俺が高校1年の時の話です。

 

夏休みに水泳部の練習を終えて帰宅すると、姉が帰宅していました。

 

「おっ雅人!真っ黒に焼けて部活がんばってるな~!背もかなり伸びたんじゃない?」

 

姉は東京で一人暮らしをしていて4歳年上です。

 

姉は昔から美人でしたが、久しぶりに見る姉は、さらに美しさを増していました。

 

俺はちょっとドキッとして目を合わせる事が出来ず、適当に挨拶をして自分の部屋に逃げ込みました。

 

ベッドに転がってマンガを読んでいると、隣の姉の部屋が騒がしくなってきました。

 

「かんぱ~い!久しぶりだね~、みんな変わらないね~」

 

声を聞いただけで誰がいるか分かります。

 

姉の親友の由美さんと育子さんが来ています。

 

俺は小柄でかわいい由美さんが小学校の頃から大好きでした。

 

一方、育子さんはかなり太っていて顔も不細工です。

 

姉達の話も徐々に過激になっていきました。

 

「章子(姉)の彼氏、超イケメンだよね~!」

 

「でもあいつ顔だけでさ~、エッチ下手くそなんだよね~、チンコ小さいし~」

 

「エ~!そ~なの~?ギャハハ~」

 

(女は怖い、怖すぎる)

 

「育子はあの彼とはどうなってるの?」

 

「あいつとはもう別れたよ~、たまに来てエッチだけして私の財布からお金取って、もう~サイテーだったよ!」

 

「それって、育子の身体だけが目当てなんだよ~、サイテーだね~!」

 

(違う違う、お金お金)

 

「どっかに、マッチョなイケメンいないかな~」

 

「アッ!いるよ~」

 

「えっ!誰?章子、紹介してよ~」

 

そこからはヒソヒソと何か話しているようでした。

 

そしてしばらくすると、俺の部屋の扉がノックされました。

 

扉を開けると、姉がニヤリと笑いながら立っています。

 

俺は知っています。

 

あの笑いは何かイタズラを思いついた時の顔です。

この体験談の続きを読む

中3の時に童貞を卒業させてくれたお姉さんが結婚前に僕の巨根を求めてきた

相互オナニー
画像はイメージです

 

親戚の家庭教師のお姉さん

 

もう30年ぐらい前の話ですが、僕が中学3年生の時の話です。

 

自分で言うのもなんですが、少年のころは真面目で成績の良い子供でした。

 

中学時代は、試験で常に学年でトップ10に入るようなタイプでした。

 

友達も、同じような真面目なタイプの男子とばかりと仲良くしていました。

 

しかし、本当の僕はむっつりスケベでした。

 

初射精は小学6年生の時です。

 

寝ている時になんだかエッチな夢を見ていて、突然おしっことは違う込み上げてくるものを感じました。

 

そして我慢できずに、おちんちんの先からドクドクと精液が出たときは本当にびっくりしました。

 

それからオナニーを覚え、女性の体にとても興味を持つようになりました。

 

僕はおちんちんも大きく巨根で、体育の授業の時、まだ小学校では男女一緒に授業を受けていたのですが、体育座りをすると、しょっちゅう横からハミチンしていました。

 

親の買ったトランクスを穿いていましたが、収まりきらなかったのです。

 

中学になると、近所の書店で小遣いの中から、グラビア雑誌を買うようになっていました。

 

グラビア雑誌ぐらいなら店員のおばちゃんに咎められることはりありません。

 

お目当てはもちろん、ヌード写真やエッチなコラムでした。

 

当時はまだ我が家にビデオもなかったですし、インターネットもない時代だったので、オナニーのおかずは雑誌が多かったですね。

 

そして中3になり、母親から家庭教師をつけることを提案されました。

 

僕は自分で勉強できるので断ったんですが、夏休みの間だけ試しにというので、渋々受け入れました。

 

初日、その先生として僕の元にやってきたのは、学校の先生を目指している、親戚の大学生のお姉さんでした。

 

小さいころからよく遊んでもらっていたお姉さんだったので、嬉しくて急にやる気が沸きました。

 

他にも理由があります。

 

お姉さんはずっと水泳部で活躍していて、水着の写真もたくさん家にありました。

 

僕はそのうちの数枚をこっそり隠し持っていて、オナニーの時のおかずにしていたからです。

 

夏休みはあっという間に過ぎて、残り数回で終わりというある日のことです。

 

母親が出かける用事があるといって、その日は僕とお姉さんと家の中に2人きりになりました。

 

しかもその日は猛暑の日で、僕はタンクトップのTシャツに、デニムのショートパンツ姿でした。

 

お姉さんは薄地の胸元の開いたカットソーに膝上10センチくらいの可愛いフレアスカートです。

 

僕の横に座ると、もうパンツが見えるんじゃないかと思うくらいでした。

この体験談の続きを読む

合宿所で男ひとりの僕のチンポは逆レイプで女性たちのオモチャにされました

合宿 女性 逆レイプ
画像はイメージです

 

男湯に女性が集団で入ってきた

 

僕の高校時代の体験談です。

 

自分でいうのも何ですが、高校1年の時ですでに身長が182cmあり、体重73kg、色白で筋肉も付いていて、顔はジャニーズ系と言われていました。

 

身体も柔らかく、フィギアスケートを小学生の頃から地元で鍛えていたので、高校に入ってすぐに県の強化選手に選ばれました。

 

今でこそフィギアスケートは人気ですが、当時は男子はあまり人気がありませんでした。

 

地元の実業団チームのリンクで練習してましたが、強化チームって実業団の人が数名、大学生が10名、高校生が4名くらいだったんですが、僕以外はすべて女性でした。

 

その他コーチやマネージャーを入れると、合宿所の中は、女性30人の中に僕1人だけ男という状況でした。

 

夏休みには、合宿所でほぼ1ヶ月間に渡って練習するんですが、その合宿が僕の童貞喪失の場となりました。

 

初めての日の練習の後、

 

「哲也君、男子の浴室ひとりで使って良いからね」

 

当然のように僕は男性用の浴室に入ります。

 

すると、外から女性の歓声が聞こえてきました。

 

あわてて湯船に浸かると、お姉さんたちがみんな素っ裸で入ってきました。

 

「あら~、哲也君、入ってたの、一緒に入ろうよ」

 

突然で声も出ませんでした。

 

7、8人の女性が湯船の中に入ってきます。

 

「緊張してるの?」

 

「練習の時、わざと私の胸に触ったでしょ」

 

「そうそう、哲也君って、練習しながら、上からおっぱい覗きこんでるわよ」

 

「ヘー、哲也君ってエッチなんだ」

 

何人もの年上女性(大学生、実業団)からからかわれて、恥ずかしさから声も出ませんでした。

 

その時、同じ高校生の恵理子が先輩たちに掴まれて、風呂に入ってきました。

 

恵理子は学校は違いましたが、中学の頃から大会に出ている可愛い子で、中学生当時から好きでたまらない存在でした。

 

その恵理子ちゃんが、裸で僕の前に立ったのです。

この体験談の続きを読む

「溜まってるんでしょ?」バイト先の女の子がカラオケBOXでフェラしてくれた

カラオケBOX フェラチオ
画像はイメージです

 

カラオケで二人っきり

 

バイト先に、テキパキと仕事をこなす女の子がいる。

 

スタイルも良くて顔は小さく、細いめがねの似合う女の子。

 

俺は最初その子を性の対象としてはあまり見ていなかったので、自分から喋りかけることはほとんどなく、挨拶程度の関係だった。

 

古い話なので、最初に話した時のことはあまり覚えてないが、たいした内容ではなかったと思う。

 

でも、突然向こうから話し掛けてきたので、驚いたことはハッキリと覚えている。

 

その頃からだったと思うが、その子を女として見るようになった。

 

だんだんと話すうちに仲良くなっていき、

 

「今度カラオケでも行かない?・・・他の友達誘ってもいいからさ」

 

って感じだったと思うが、俺はその子にカラオケに誘われた。

 

すでに意識していたので、もちろん俺がそれを断るはずはない。

 

快くOKした。

 

俺が友達を誘わなければ二人きりになれるし、向こうが友達誘っちゃってもハーレムだし、

 

(ウハウハー)

 

みたいな若者特有のアホなノリでいた。

 

けど、二人きりになりたいって気持ちは表に出さず、その時は、

 

「じゃー男友達誘ってみるよ」

 

と明るく返事しておいた。

 

もちろん友達なんて誘わずに、当日メールで、

 

「ゴメン。男友達の都合がつかないっぽい!」

 

と送ると、

 

「じゃ二人だけのデートだね」

 

そのメール見て、思わず部屋で一人ガッツポーズ。

 

その日、なんか気合い入れてカッコつけて勇んで家を出たの覚えてる。

 

待ち合わせ場所にいたその子は、いつもとは違う雰囲気で“女”って感じがした。

 

いざ一対一となると、抱きたいとかキスしたいとか触れたいとか、色々なこと考えちゃうわけですよ。

 

カラオケが混んでくれてれば二人しか入れない狭い部屋だったのに、不運にも普通に空いてて広い部屋。

 

(あーあこれじゃー近くに座るのも難しいかも)

 

とか思ってるとすぐ隣に座ってきた。

 

(え・・・ちょ・・・まじ?)

 

とか思いながら幸せいっぱい。

この体験談の続きを読む

大学の同級生女子2人に童貞をからかわれてフェラと騎乗位で襲われた

3P
画像はイメージです

 

童貞の俺をからかい、下着を見せつけてきた

 

俺が大学生の時の話です。

 

在学中は理系で運動部に所属していて、割と真面目な学生生活を送っていました。

 

所属している学部は人数があまり多くなかったので、学部内の同級生はみんな知っていたし、皆仲が良かったです。

 

「誰が誰を好き」

 

なんて話はすぐに広まり、俺も同じ学部内のある女の子の事を好きだった事はバレていました。

 

これでも俺は告白されたことがあるんですが、好きな子がいたので告白されても断っていました。

 

でもヘタレだったので、好きな子には告白することができませんでした。

 

そんなある日、同級生の女子2人が、突然夜遅くに俺の住むアパートを訪ねてきました。

 

酒やらおつまみやら持参しています。

 

一人は背が170cmぐらいあって空手部所属のA子、もう一人は背は低めで飲み会で知り合った文系のB子です。

 

2人とも結構可愛いです。

 

翌日は休みだし、一緒に飲むことにしました。

 

酔ってくると、やっぱり恋話になるんですよね。

 

俺の好きな子のことはバレてるし、俺の恋愛のヘタレっぷりをからかいながら、飲みのネタにされていました。

 

そういう話をしているうちに、俺も酔っていたせいか、ついつい童貞である事をしゃべってしまいました。

 

「へー、そうなんだ」

 

「○○ちゃんの前の彼氏はエッチ上手そうだよ?」

 

「もし付き合えても困るんじゃない?」

 

「仕方ないだろ、そん時はそん時でがんばるさ」

 

「付き合うつもりなの?」

 

「もしもの話だよ」

 

みたいな会話だったと思います。

 

俺は上がり症なので、おそらく2人とこんな会話してた時も、顔が真っ赤になっていたと思います。

 

「ふーん、それじゃあさ、女の子に免疫つけとかなきゃ・・・ほら、ほら」

 

と、なんとA子がシャツの前をはだけてブラジャーを見せてきました。

 

「ちょっ、何やってんだよ!変なことすんなってば!」

 

と言いましたが、しばらくじっと見てしまった俺は、まともに直視したせいで、かなり顔と頭に血が上っていたような気がします。

 

B子はしばらく笑いながら見ていたけど、なんとB子も脱ぎ始めました。

 

「わ、お前まで何やってんだよ!やめろよ!」

 

2人が下着を見せつけてきたので、俺はどうしていいか分からずにオロオロしてしていました。

 

その時の2人の楽しそうな顔はよく覚えています。

 

顔を真っ赤にして心臓がバクバクいってるし、想定していない状態に晒されるとほんとにパニクってしまうもんです。

 

俺は目をつぶって、その場を凌ぐことにしました。

 

本当は見たいんですけどね。

 

「もうバッチリ免疫ついたから、もういいだろっ!」

 

「ウソばっかりー、顔真っ赤じゃん」

 

「あははは」

 

そして、2人は目を開けない俺をくすぐり始めました。

この体験談の続きを読む