カテゴリー:女子大生(女性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:女子大生(女性告白)

【欲求不満】久しぶりの彼氏とエッチする前からオマンコが濡れる私

寝バック
画像はイメージです

 

彼氏の部屋を掃除してたらエッチなDVDを発見

 

私は都内の大学4年生です。

 

高校の時から交際している彼氏がいるんですけど、高校を卒業してからはお互いの進学先は別々になり、彼氏は遠く離れた九州へ行ってしまいました。

 

彼氏と離れて最初の2,3ヶ月は、頭がおかしくなるくらいに欲求不満で、毎日毎日オナニーしていましたが、数年経ったので今では慣れてしまいました。

 

高校時代の彼は制服が大好きで、制服を着たままのセックスは当たり前でした。

 

夜にはこっそりと公園でエッチしたり、海に泊まりで行った時も、岩陰に隠れて持ってきていた制服の格好にさせられて、エッチしたりしていました。

 

彼のおちんちんは、長いというか太いんだと思います。

 

初めて彼氏とセックスしたときは、彼のおちんちんを咥えるのが苦しくて、フェラチオするときはアゴが抜けるくらい大きく口を開けないと咥えられなかったんですが、それも慣れですね。

何度もフェラチオに挑戦していると、口も大きく開くようになって、彼のおちんちんの亀頭もスッポリと口の中に入れることができ、グチュグチュといやらしくフェラチオをしたものです。

 

あーん、もう、なんか彼のおちんちんを想像するだけで、オマンコが濡れてきちゃいましたが、とにかく彼氏とのセックス想像すると、いつもオマンコがジュンッて濡れてくるんです。

 

彼氏は大学には行かず、専門的な仕事がしたいと言って、父親の知り合いの九州にある会計事務所に就職することになりました。

 

彼氏の父親も会計士なのもあって、将来は税理士になりたいようで、彼氏は本当は大学に行きたかったみたいです。

 

25歳までに税理士の資格を取る目標で、実務を兼ねて下積みに行ったみたいなんです。

 

私は大学に行っていますし、彼氏も大学に来て欲しかったんですが、他人の家のことまで、あれこれ口出しするわけにはいきません。

 

彼は筋の通った父親の言うことを素直に聞いて、九州に行く決断をしました。

 

本当はゴールデンウィークに顔を合わせる予定だったんですが、勉強が忙しく会えずじまいで、ようやくのこと会えたのはお盆になってからです。

 

私は大学は実家から通っていたので、お金はかかりませんが、アルバイト代は九州に行くために毎月貯金していました。

 

そしてコツコツ半年間貯金して、25万円を越えました。

 

そして、ようやく九州に行く事ができました。

 

1週間の予定で九州に滞在することにしたのですが、でもそのうち3日間は彼は仕事です。

 

その間は、彼のマンションに泊まっていました。

 

しかし、部屋を訪れてみると、やはり男の1人暮らしは汚いですね。

 

掃除だけで2日間を費やしてしまいました。

 

それで、掃除をしているとき、男性なら当たり前のものが見つかりました。

 

引き出しを開けるつもりはなかったんですが、掃除機が引っかかって引き出しが開いてしまい、エッチなDVDが2枚出てきたんです。

この体験談の続きを読む

【カリデカちんぽ】雷が怖くて抱きついた勢いでセックスしちゃいました

対面座位
画像はイメージです

 

雷が怖くて抱きついたら着替え中でした

 

私は都内の女子大に通っています。

 

この前、アルバイト先の人とエッチしちゃった体験談を書きます。

 

相手は3つ年上の男性で、お兄ちゃんの様に慕っていて、てっちゃんといいます。

 

てっちゃんとは普段からすごく仲良しで、一緒に帰ったり飲みに行ったりもしています。

 

てっちゃんには同棲してる彼女がいて、私にも彼氏がいるんだけど、そんなの気にせず本当の兄弟みたいに、いつも気さくな感じです。

 

その日もバイト上がりの時間が同じで、終わってからしばらく休憩室でテレビを見てて、他の人は全員帰りました。

 

「俺たちもそろそろ帰ろうか」

 

って言ってそれぞれ更衣室へ行きました。

 

更衣室で着替えてたら、ピカッ・・・ゴロゴロ、ドッカーン!

 

突然大きな音で雷が鳴ったんです。

 

雷が大っ嫌いな私は悲鳴をあげました。

 

てっちゃんが私の悲鳴に心配して、隣から飛んで来てくれて、怖かった私は泣きながら抱きつきました。

 

「メグは怖がりだなー」

 

って泣いて震える私を抱きしめて、髪を撫でてくれたんです。

 

そして近くにあったジャケットをかけてくれて、てっちゃんが戻ろうとしたけど、また雷が鳴ったんで怖くてさらにしがみついたんです。

 

「もうちょっとだけいて」

 

て言うとてっちゃんは、

 

「いや、無理だよ」

 

そう言って離れようとします。

 

「やだ、怖いよ」

 

「いや、マジでやばいって」

 

「いやだぁー」

 

「無理だって」

 

「いいのー」

 

「よくねぇよ!」

 

そう言っててっちゃんは無理やり離れたんです。

 

「何でー?」

 

「メグ、そのかっこ・・・」

 

気付いたら私は下着だけ、てっちゃんもパンツにTシャツだけだったんです。

 

「ごめん!」

 

ようやく我に返り、恥ずかしくて真っ赤になりました。

 

「あー、もー無理」

 

今度はてっちゃんに抱きしめられたの。

 

「ちょ、ちょっと!!」

 

「俺、ちんぽ勃っちゃった」

 

「いやだー」

 

「メグのせいだぞ」

 

「そんなこと言われても・・・」

 

(離れなきゃ!)

 

と思った瞬間キスされたんです。

 

「!!」

 

前に酔ってキスしたことがあるんだけど、てっちゃんはキスが上手かったの。

 

舌も入れられて、ピチャピチャという音が響いていました。

 

「んんっ、ふぅ・・・」

 

声が漏れます。

 

頭がボーッとしててっちゃんの首に手を回します。

 

慣れた手つきでブラジャーを外され、唇が離れます。

 

「すげー、きれー」

 

てっちゃんはそう言うとおっぱいにしゃぶりついてきて、そのまま畳に押し倒されちゃいました。

この体験談の続きを読む

ウヴな後輩を誘惑したら巨根だったので我慢できず即エッチしました

図書館セックス
画像はイメージです

 

ウヴな男の子を誘惑しました

 

私は大学3年の女子大生です。

 

今年の春に入ってきた1年生の後輩男子と、エッチな関係になったのでその話をします。

 

彼を初めて見た時、

 

「うわぁ!」

 

って思いました。

 

うちの学校はあんまり偏差値高くないし、遊んでる男の子が多いんですけど、その子は無茶苦茶まじめでウブそうだったんです。

 

飲み会とかでお話ししても、童貞なのが分かるんですよ。しかも素直だし。

 

それで6月くらいに私の方から強引に誘ってみることにしたんです。

 

私もちょっとムラムラしてて、軽くエッチなことを匂わせてみたら、結構食いついてきたんです。

 

(あ、やっぱり男の子なんだ)

 

って思いましたね。

 

こんなウヴそうな子でも性欲はあるんですね。

 

それでラブホテルに行こうかとも思ったんですけど、ちょっと気が変わりました。

 

あんまりその子が童顔であどけない男の子だったので。

 

いまどきこんな貴重な男の子と普通にセックスするだけじゃもったいないなって思っちゃったんです。

 

そこで図書館に誘ってみたんです。

 

エッチなことするのになんで図書館?って思うでしょ。

 

それが賢くない学校なので、試験前でもない6月なんて誰も勉強してないわけですよ。

 

だから、図書館に行っても一人もいないなんてちょくちょくあることなんです。

 

もちろん受付に人はいますけど、図書館がある程度広くて死角も多く、誰も入ってこないような箇所があるんですよ。

 

だからこの時期なら、絶対というほど大丈夫なんです。

 

こんな馬鹿大学にあんな立派な図書館なんて、とんでもなく無駄だなぁって思っちゃいますけどね。

 

猫に小判、豚に真珠、馬の耳に念仏ですよね。

 

それで、その図書館の誰も来ないスポットに彼を連れて行ったんです。

 

ちょっとオロオロしてましたけどね。

 

「女子大生が誘ってるんだよ?」

 

って耳元で言ったら、

 

「は、はい」

 

て素直に後をついてきました。

 

ガチガチに緊張してるのが分かりましたね。

 

でも、それと同じくらい興奮してるのも分かりました。

 

顔も結構赤くなってたし。

 

それで、本棚の陰で誰からも見えないことを確認してから、いきなり彼のズボンの上からおちんちんを触ったんです。

 

びっくりしてめっちゃ戸惑ってましたけど、構わず触りました。

 

やっぱり勃起してました。

 

ズボンの上からでもすごく固くて、それに意外と大きいんです。

 

しばらくスリスリ撫でてから、チャックを下ろしました。

 

もう興奮してましたね。

 

特に抵抗したりしなかったですし。

 

ただ、息はもう、

 

「ハァハァ」

 

て言ってて、ちょー可愛かったです。

 

すると勢いよくおちんちんが飛び出してきました。

この体験談の続きを読む

【近親相姦】寝てる弟のおちんちんに興奮して触っていたら・・・

近親相姦
画像はイメージです

 

寝ている弟のおちんちんにいたずら

 

私は女子大生で、4つ下で高校2年生の弟がいます。

 

水泳部で逆三角形の鍛えられた体をしていて女の子からも結構モテてるみたいです。

 

姉の私から見ても、最近いい男になってきたなと感じてはいました。

 

そんな弟なんですが、いけないなと思いつつも、時々すごくHな目で見てしまう時があるんです。

 

夏には毎晩のように、弟が風呂上りにトランクス一枚でウロウロしているんです。

 

そしてソファーに腰を下ろすと、トランクスの隙間から明らかにタマタママとおちんちんが見えるんですよね。

 

その光景を横目でチラチラ眺めて、私は興奮して度々濡れていました。

 

お盆がきて両親が田舎に帰り、私と弟二人きりになった時のことでした。

 

弟に、

 

「パンツの隙間からおちんちん見えてるよ」

 

って言うと、

 

「あれ、そう?まあ、見せて減るもんじゃないし、姉ちゃんなら気にならねぇ」

 

と言って、そのまま普通にテレビを見ていました。

 

そしてしばらくして、弟はソファーで寝てしまいました。

 

見たいテレビも終わり、とりあえず弟をそのままにして私はお風呂に入りました。

 

そしてお風呂の中で、弟に対してHな想像をしてしまいました。

 

(弟のおちんちん見たいな。お風呂上がってまだソファーに寝てたら、パンツ下ろして見ちゃおうかな)

 

なんてことを考えていました。

 

そしてお風呂からあがると、まだ弟は寝ていたので、そっと近づきました。

 

Tシャツとトランクス姿で寝ていましたから、風邪引かないようにそっとバスタオルを掛けます。

 

そして、トランクスを少しずつズリ下げました。

 

トランクスを下ろすと、横向きに寝ていた弟が、仰向けに寝返りを打ったものですから、弟のおちんちん私の目の前に現われました。

 

私はおちんちんをじっと見て興奮しました。

 

私はこれまで男性経験は1人だけなんです。

 

弟のおちんちんは、その男性よりも大きくて立派なんです。

 

トランクスをおろしても、弟は起きずにスースーと寝ています。

 

私は、弟のおちんちんに手を伸ばし、軽く触り、撫でてみました。

 

そうやっていると、おちんちんが徐々に大きく、硬くなってきたんです。

 

(すごい、こんなに勃起しちゃった)

 

と思ったタイミングで弟が目を覚まし、

 

「姉ちゃん、気持ちいいじゃん」

 

って言ってきました。

 

「ごめん、寝てたから風邪引いちゃいけないと思って、起こそうとおちんちんにいたずらしちゃった」

 

と言ったら、

 

「なんか気持ちいいから、そのまま、チンコ触ってていいよ」

 

と言いました。

 

私は弟のその反応にちょっと驚きましたが、内心は嬉しくて、そのままおちんちんを触り続けました。

この体験談の続きを読む

彼氏の目の前で浮気セックスして興奮する性癖の私は最低女です

彼氏の目の前でセックス
画像はイメージです

 

(前回の続き・・・)

 

↓ ↓ ↓

 

 

私が浮気しても別れられない彼氏

 

後日、当然ながら彼は私を責めました。

 

「俺、あの日見たんだからな・・・・・・うわあああ!」

 

後半からは何を喋っているか不明であるほど、泣きじゃくる彼です。

 

何度も言いますが私は彼が大好きなんです。私は別れたくないのです。たぶん彼もそうでしょう。

 

しかし私が謝罪して、また浮気の繰り返しというのはつまらないし、そうしたら彼もさすがに愛想を尽かせてしまうかもしれません。

 

そこで私は博打に打って出てみました。

 

最悪の場合彼と別れることになる可能性があるけど、上手くいったら今よりも、これまで以上にすごい行為が叶うかもしれないと。

 

「だってさあ、タケシ君セックスしてもすぐに出しちゃうじゃん?」

 

彼は一瞬ビックリの表情をしましたが、すぐに歪んだ情けない顔になり、涙を浮かべました。私はその様子を見てあろうことかゾクゾクしてしまいました。

 

「おちんちんも小さいし・・・」

 

そういうと私は無理矢理に、彼のおちんちんをズボンの上から掴みます。

 

「ああ!」

 

彼が弱々しい声を出します。彼のおちんちんはギンギンに勃起していました。私は彼のおちんちんを擦りながらさらに罵倒を続けました。

 

「智也君のおチンチン見た?タケシ君の倍くらいあったよね?タケシ君とはケタが違うくらい大きかったんだよ?」

 

「うう、うううわあああ!」

 

彼は幼子の用に声を出して泣きました。ここでやめてしまっては彼の心を破壊して終わりです。そう思った私はさらに言葉を続けます。

 

「でも浮気したのは私だもんね・・・もう別れよっか?」

 

「い、嫌だ!」

 

間をおかずに、彼ははっきりと言いました。

 

(彼に別れる気はないわね!)

 

私はほくそ笑みました。

 

「私もタケシ君のこと大好きだよ?本当だよ?」

 

私はそう言って彼をギュッと抱きしめます。

 

「うう、ううう」

 

彼は私に顔を埋めながら泣きじゃくります。私は無言で彼の頭を撫でてあげます。

 

(なんてかわいい男の子なんだろう)

 

私は子供の用に泣くじゃくる彼を本当に愛おしく思っているんです。

 

「うう、でも、もうしないでよ」

 

彼は聞き取れないほど小さい声で呟きました。

 

「ねえ、タケシ君あたしから提案があるだけど」

この体験談の続きを読む