カテゴリー:女子大生(女性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:女子大生(女性告白)

妹の中学生の彼氏を巨乳で誘惑したらむしゃぶりついて中出しまで

巨乳揉み
画像はイメージです

 

妹の彼氏にノーブラのおっぱいを見られました

 

私は20歳の女子大生です。

 

私には中学生の妹がいます。

 

私の通う大学は家から遠いので一人暮しをしているんですが、長期の休みの時期は実家に帰って過ごしています。

 

これは、この前の夏休みの時の話です。

 

7月に前期試験が終わり、実家に帰省した私はのんびり過ごしていました。

 

中学生の妹にはいつの間にか彼氏が出来ていて、夏休み期間中ということもあって、妹はよく彼氏を自分の部屋に呼んでいるみたいでした。

 

そんなある日、妹は遊園地でデートだといって彼氏と出かけ、両親も出かけていたので、家には私ひとりになりました。

 

私が居間でテレビを見ていると、まだお昼だというのに、妹が彼氏を連れて家に帰ってきました。

 

しばらくは帰ってこないだろうと思っていた私は、短パンにキャミソールというラフな格好でいました。

 

妹と目が合ったので、彼氏を紹介されて軽く挨拶をしたら妹が、

 

「やだ!お姉ちゃんノーブラじゃん、乳首出てるよ」

 

と言ってきました。

 

(しまった、忘れてた!)

 

と思ったときにはもう手遅れです。

 

妹の彼氏、ユウト君も私のおっぱいを見たのを確認しました。

 

自分で言うのもなんですが、私はスレンダーで巨乳なので、

 

(中学生の男の子には多少刺激が強すぎたかなぁ)

 

と思い、ユウト君の方を見ると、慌てて目を逸らしていました。

 

その日はそれで終わったのですが、数日後のことです。

 

ユウト君が妹を尋ねて家にやってきました。

 

どうやらデートの約束をしていたようなのですが、妹は完全に忘れて買い物に出かけてしまっていました。

 

慌てて妹に電話をすると、

 

「ごめん!あと1時間くらいして帰るから、ユウトに待っててもらって」

 

と言いました。

 

でも、妹のいる場所から家までは、どんなに急いでも2時間くらいはかかります。

 

仕方ないので、ユウト君をとりあえずリビングに案内しました。

 

ユウト君に、

 

「妹はあと3時間くらい帰ってこない」

 

と言うと、少し怒ったような顔をしましたが、待ってると言いました。

 

ユウト君に飲み物を出し、妹が帰ってくるまで、のんびりと居間で二人でテレビを見ていました。

 

まだ先日紹介されたばかりなので、そんなに会話もなく、重い空気が漂っていたので、私はユウト君に妹との交際について、どんな感じなのかを聞いてみることにしました。

 

照れてなかなか話そうとしないユウト君ですが、私はからかうように、

 

「妹とはどこまでいったの?」

 

と聞いてみると、恥ずかしそうに

 

「キスはしました」

 

と答えました。

 

「エッチはしてないんだ?」

 

と聞くと、

 

「まだそこまでは・・・させてもらえません」

 

と言いました。

 

我が妹よ、なかなか固いわねぇ。

 

私はウブなユウト君に意地悪な質問をしてみました。

 

「ユウト君この前、私の胸見たでしょ?」

 

するとユウト君は、

 

「ご、ごめんなさい・・・」

 

と言い、顔を真っ赤にして下を向いてしまいました。

 

すごく可愛く思えました。

 

私はさらに、

 

「謝らなくてもいいよ、私が見せたようなもんだし・・・で、どうだった?」

 

と聞くと、

 

「え?・・・いや・・どうって聞かれても・・・」

 

「なぁに?」

 

「大きいなぁと・・・思いました」

 

ユウト君はモジモジして、恥ずかしそうに答えました。

 

「本当?」

 

「は、はい」

 

「大きい胸は好き?」

 

と聞くと、ユウト君はコクンと頷きました。

 

「ユカリ(妹)は小さいもんね?」

 

と言うと、ユウト君は首を振って、

 

「胸は関係ないです!僕、ユカリのこと好きですから」

 

とキッパリと言いました。

 

もう、ユウト君がすっごく可愛くて、キュンキュンしちゃいました。

この体験談の続きを読む

彼とラブホでローションプレイに結合部丸見えエッチで興奮しちゃった

マングリ返し
画像はイメージです

 

彼とラブホでローションプレイ

 

私は関東に住む女子大生で、美和っていいます。

 

この前、彼とドライブで遠出しようと言ってたのに、私は寝坊しちゃったの。

 

それで予定変更で、ラブホデートすることになっちゃった。

 

それはそれで、ワクワクしちゃう。

 

彼とまだ行ったことのないラブホテルを見つけてチェックイン。

 

外装は可愛かったのに、中は狭くてちょっとガッカリ。

 

でも、バスルームは広くて、しかもラブマットがあったの。

 

しかもローションも一回分の分包じゃなく、ボトル1本分サービスだった。

 

家でエッチする時は、大量のローションなんて使えないから楽しみ。

 

まずは湯船にお湯を溜めてる間は、ベットでキスしたりお互いの体を触りっこしてイチャイチャ。

 

彼はブラのホックを外し、タンクトップの脇からスルリと抜くの。

 

タンクトップの下に着ていたチューブトップを下にずらされ、タンクトップの上から乳首を舐められちゃった。

 

私はうつ伏せになり、わざとおっぱいの谷間を見せながら、触らせないような体勢にしたの。

 

彼は私の上に覆いかぶさり、脇の下から手を入れて胸の方へ伸ばしてきた。

 

そしてピンピンに硬くなった乳首を指で摘んで、クリクリ弄りまくるの。

 

「いやんっ、あんっ!」

 

この時点で、私のオマンコこはジュンッと濡れてきちゃってた。

 

もっと愛撫してほしくて、

 

「脱ぎたい」

 

と彼に言うと、彼は私のパンティーの両サイドの紐を解き、スルリと抜いたの。

 

すでに私のパンティーにはいやらしいお汁がベットリ付いちゃってた。

 

「美和ちゃん、もうこんなに濡れちゃって、いやらしい子だ」

 

そう言うと彼は私を立たせて足を開かせ、オマンコに吸い付いてきたの。

 

ジュルジュルと、わざと卑猥な音をたてながら吸ったり舐めたり。

 

彼は手でオマンコを広げ、むき出しになったクリちゃんを指で擦り、舌先を尖らせてビラビラを舐め上げてきたの。

 

「あっ、あっ、気持ちいい、うぅ~ん」

 

キューンて感じで痺れが襲ってきて、もう立ってられないの。

 

イク少し前で、彼に愛撫を止められちゃった。

 

そして2人、全裸になってバスルームへ。

 

もう彼のおちんぽはビンビンで、嬉しくて移動中に握っちゃった。

 

バスルームでラブマットを敷き、私がうつ伏せになったところに、彼が背中にローションを垂らしてきたの。

 

エッチモード全開の火照った体に、冷たいローションの感触が、なんともいえない興奮が湧き上がって、ワクワクしちゃった。

 

彼は両手で、背中からお尻にローションを塗り伸ばし、お尻の割れ目からオマンコへ手を滑らせてきたの。

 

既に濡れてグチュグチュになったオマンコをなぞりながら、

 

「ローションなのか、美和ちゃんの愛液なのか分かんないね」

 

と意地悪なことを言いながら、更に擦り上げてるの。

この体験談の続きを読む

姉への嫉妬心から彼氏を誘惑して寝取りました、別れればいいのに

姉の彼氏を寝取る
画像はイメージです

 

姉の彼氏の家に強引に付いて行きました

 

私は19歳の女で、大学1年生です。

 

私には21歳になる2歳上の姉がいて、姉は大学3年生です。

 

でも姉と私は顔も性格もあまり似てなくて、姉はどちらかと言えば父親似で、私は母親似です。

 

絶対に私の方が美人で可愛いはずなんですが、姉には交際して1年以上になる彼氏がいます。

 

姉の彼氏は、我が家にも何度か遊びに来たこともあり、私も一緒に遊んだこともあるので、気心も知れています。

 

でも両親が留守にしている時に家に来たときは、二人だけで姉の部屋に閉じこもったまま、ずっと出て来ません。

 

おそらく、

 

(セックスしてるんだろうな)

 

と思っていました。

 

そういう時は、凄い嫉妬してしまいます。

 

別に姉に彼氏がいるのはいいんですが、私に彼氏がいないことが腑に落ちないんです。

 

そういう日を何度か重ねていき、姉への嫉妬心が増幅していったんです。

 

私は幼い頃から姉に対抗心を持っていましたので、姉が彼と部屋にこもる度に、

 

(私も彼氏欲しいし、セックスしたい)

 

と思うようになっていきました。

 

そこで私は、姉の彼氏にもっと近づいて、あわよくば寝取ってやろうと思いました。

 

彼も大学生で、アパートで一人暮らしをしているということは知っており、彼の住む部屋の近くの書店でアルバイトしているということも知っていました。

 

私は思い切って、バイトに入っている日を狙って、その書店に行ってみました。

 

姉の彼は、その書店のレジにいました。

 

私を見るなり、彼も驚いていました。

 

「真樹ちゃん、どうしたの?」

 

「近くに用事があって、ついでに寄ってみちゃった」

 

「ああ、そうなんだ」

 

「バイト何時まで?」

 

「9時までだよ、あと10分だね」

 

知っていました。

 

勤務時間も聞いていたので、わざとバイトが終わる直前の時間を狙って行ったんですから。

 

「そうなんだ、じゃ待ってるね」

 

彼は気さくないい人で、彼女の妹ということもあって、まったく疑ってもないようでした。

 

バイトが終わった彼と、近くのカフェに行ってコーヒーを飲んで普通に会話し、カフェを出た後でした。

 

私は意を決して言いました。

 

「ねぇ、部屋見にいってもいい?どんな所かなと思って、ちょっとだけ」

 

「ええ?汚い部屋だよ」

 

「平気、平気!男の一人暮らしなんて、そんなもんでしょ」

 

彼女の妹でもあるし、無下に断ることもにもできないと思ったのか、彼はすんなりとアパートに連れていってくれました。

 

2階建ての小さなアパートでしたが、思ったよりも部屋の中は綺麗に片付いていました。

 

姉もここには頻繁に来ているはずです。

 

そう思うと、また私の中で強烈な嫉妬心と対抗心が沸いてました。

 

私はさらに決意しました。

 

私は部屋の中にあるベッドの上に腰かけ、ピョンピョンと飛び跳ねました。

 

結構なミニスカートを履いていたので、パンティーが見えたかもしれません。

 

もちろんそれも狙いでした。

この体験談の続きを読む

セフレ交換(スワッピング)でデカチンに顔射された友達がザーメンマニアに

顔射
画像はイメージです

 

デカチンのセフレが友達に顔射

 

私は都内の大学3年生で由梨っていいます。

 

この前初めて、友達とお互いのセフレを交換しあいました。

 

スワッピングっていうんですかね。

 

親友の純子に、

 

「私のセフレはおちんちんが大きくて気持ちいいよ」

 

って話したら純子が

 

「味見したい」

 

って言うんです。

 

(余計なこと言うんじゃなかった)

 

ってちょっと後悔したけど、私も純子のセフレが気になったし、セックス大好きだからOKしました。

 

最初は渋々だったけど、実際にホテルに行って4人でスワッピング始めると、ものすごく燃えちゃいました。

 

自分がセックスしてるの見られたり、親友がセックスしてるの見たりするのって、めっちゃ興奮します。

 

私は純子のセフレの隆志君とセックスしました。

 

おちんちんの大きさはまあまあでしたが、私がイク前に自分だけイっちゃって、私のお腹にザーメンを発射しちゃいました。

 

隆志くんは、

 

「由梨ちゃんのオマンコ、めっちゃ締まりがよくて我慢できなかった」

 

って誉めてくれたのはいいけど、私はまだイケてなかったので欲求不満でした。

 

隣では純子が、私のセフレの裕太君のデカチンで激しく感じていました。

 

喘ぎ声はすごいし、純子のオマンコに裕太君のデカチンがズボズボ出たり入ったりしてるのが丸見えでした。

 

めっちゃいやらしい光景だったので、思わず自分でオマンコ触ってたら、また濡れてきちゃいました。

 

隆志君もじっと見ていて、射精したばかりのおちんちんが、またムクムクと勃起していました。

 

お互いに目が合ったので、隆志君に

 

「もう一回入れて」

 

って勃起したおちんちん握って言ったら、すぐに私のオマンコの中に突入してきました。

一回射精してるので、今度は隆志君も余裕があったみたいで、いっぱい腰を動かしてくれたのでちょー気持ちよかったです。

 

隣では相変わらず裕太君が、自慢のデカチンを純子のオマンコにズボズボ突き刺していました。

純子は、

 

「こんなすごいの初めて~、気持ちよすぎて壊れちゃう~」

 

とか叫んで、髪を振り乱して泣きじゃくるように喘いでいました。

 

(やっぱ裕太君のおちんちんて大きくていいのかな)

 

でも隆志くんのおちんちんも、裕太君ほどは大きくないけど、硬くて気持ちよかったです。

 

私もいっぱい声を出して感じちゃいました。

 

部屋中に、純子と私のいやらしい喘ぎ声が響いていました。

 

そのうち裕太君に限界がきたみたいで、純子のオマンコからデカチンを引き抜いて、純子の顔にザーメンを発射しちゃいました。

この体験談の続きを読む

小学生の男の子に体を見せつけて勃起したおちんちんを入れてもらいました

小学生の男の子
画像はイメージです

 

小学生の男の子に体を見せ付けました

 

私が大学1年の時の話です。

 

私は高校の頃から、人に見られたいという願望があることに気づいたんですが、大学受験もあったので、それまでは頑張って勉強に打ち込んでいました。

 

そして無事に大学に入学することができたので、見られたい欲求を叶えるべく、冒険してみることにしました。

 

ノーパンのまま、黒タイツにミニスカートを穿いて散歩に出かけました。

 

可愛い男の子を物色しながら歩いていると、向こうから小学5、6年生ぐらいの男の子が歩いてきました。

 

私は

 

(この男の子だったらいけそう)

 

と思って、声を掛けました。

 

「どこ行くの?」

 

と問いかけると、

 

「塾の帰り」

 

と答えました。

 

私は

 

「お姉ちゃんと遊ばない?」

 

と言うと、

 

「うん、いいよ」

 

と言いました。

 

女性に興味を持ち始める年頃なのか、意外とうまくいったんです。

 

そして男の子を連れて、私の家に向かいました。

 

(この男の子に私の体を見せつけちゃおっと)

 

と思ってワクワクしながら歩きました。

 

家に着いて、玄関で私が靴を脱ごうとする際に、わざとしゃがんでお尻を突き出すような体勢になりました。

 

男の子には、黒のパンスト越しにオマンコが見えたはずです。

 

中に入ると、

 

「お姉ちゃん、すぐ着替えてくるから」

 

と言って、もっと露出の激しい服に着替えました。

 

上はノーブラにちびTシャツ、下はベージュのストッキングに、白のパンティだけで、男の子の前に行きました。

 

すると男の子が私に、

 

「パンツ見えてるよ」

 

と恥ずかしそうに言いました。

 

目を逸らしながら言う男の子の姿にキュンときて、オマンコが濡れてきてしまいました。

 

「女の子のパンツ見るの初めて?」

 

と聞くと、

 

「お母さんのは見たことあるけど」

 

とまた恥ずかしそうに、下を向いて答えました。

 

私は、

 

「もっとじっくり見ていいんだよ」

 

と言って近くに寄ると、やっぱり興味はあるのか、チラチラとパンティを見ています。

 

もう私はそれだけでオマンコがビショビショです。

 

そして男の子の前で一回転したり、腰を振ったり、いろんなポーズをしました。

 

男の子はそのうちじっくり見るようになり、おちんちんはちょっと勃起しているみたいでした。

 

そこで思い切って、

 

「一緒にお風呂に入らない?」

 

と聞くと

 

「いいけど・・・」

 

と困惑したように小さな声で言いました。

 

「恥ずかしいの?」

 

と聞くと、

 

「うん」

 

と小声で頷きました。

この体験談の続きを読む