カテゴリー:女子大生(女性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:女子大生(女性告白)

露出願望のある私は混浴温泉で中学生の少年をフェラチオして中出しセックスもしました

混浴 フェラ 中出し
画像はイメージです

 

混浴温泉に行くと少年が2人いました

 

私は大学生のころ露出に興味があり、初めての体験の場として混浴温泉がある旅館に行きました。

 

しかし、やっぱり女一人で混浴というのは勇気がいるもので、なかなか決心ができず、実行したのは誰も温泉に入っていない深夜でした。

 

残念と安心が混ざったような気分で混浴温泉に向かうと、深夜にも関わらず少学生か中学生の少年2人の男の子が、混浴温泉に入っていくのが見えました。

 

(これはチャンス!)

 

と思い、私も急いで混浴温泉に向かうと、ここで一つの予想外の事がありました。

 

脱衣所が男女共同だったことです。

 

私が扉をあけると、全裸の男の子が2人こちらを見て硬直していました。

 

そんな2人に驚きつつも、気にしないふりをしながら、私は浴衣を脱ぎ出します。

 

当然、男の子二人の視線が私に突き刺さります。

 

子供相手に裸になっていく自分の行為に興奮が隠しきれず、男の子の反応をチラっと見てみると、薄っすらと毛が生えているおちんちんが勃起していました。

 

下着姿のまま焦らしながら脱ぎつつ2人の様子を見ると、彼らと目が合ってしまい、それに気付いた2人は急いで温泉に入っていきました。

 

(失敗したかな~)

 

と思いつつ私も後を追うと、小声で2人の会話が聞こえました。

 

「マジで女の人がいた!裸見れるかな?」

 

「お姉さんのおっぱいとパンツ見ちゃった!温泉だから絶対見れるよ!」

 

と、どうやら女性の裸を見たくて混浴に来たみたいでした。

 

裸を見たい少年2人と、見られたい私、という利害が一致していることに嬉しくなり、私は思い切って、

 

「こんばんは~、夜遅くに温泉?ご両親は?」

 

と話しかけました。

この体験談の続きを読む

焦らしと寸止めに連続射精で失神!Mな彼の涙ぐむ顔を見るのが私の喜びです

焦らし 寸止め 連続射精 失神
画像はイメージです

 

Mな彼とSな私

 

私の彼はどうやらMだったみたいで、私もSなので相性良かったんです。

 

初めて彼とセックスした時は、まだ彼がMだってこと知らなかったので、ノーマルにやってました。

 

2回戦目が終わったあたりから、何か彼の様子が普通?とは違ってきて、やけに私に責めさせるんです。

 

それで私が、

 

「もしかして責めて欲しいの?」

 

って聞いたら彼は、

 

「実は俺Mなんだ、ごめん」

 

って言うんです。

 

私はSですからもちろんOKって感じになって、その時から射精責めをする事にしました。

 

私とセックスする時は事前に1週間くらいオナ禁で溜めさせておいて、やる時はもう本気です。

 

最初は、ゆっくり1時間くらい勃起したオチンポには触らずに彼を焦らしていって、そ
の後で彼が音を上げて我慢が出来なくなってからが本番です。

 

「お願いだから出させてくれ!」

 

って言い出したら、ちゃんと手で握ってあげます。

 

でも念のために、彼の両手両足をベッドの端っこに紐で括りつけて、大の字に寝かせます。

 

オチンポを擦り始めると、もうだいぶ焦らしちゃってるから、先っぽからガマン汁が結構出てるんですけど、これがローションっぽくなっていい感じみたいです。

 

でもすぐイっちゃいそうになるから、限界が来たら手を離して、収まってきたらまた擦ってっていう寸止めを何度も繰り返します。

 

この時の彼の、

 

「お願いだからイかせて」

 

っていう悲痛な声が堪らないんですよね。

 

私の方も段々興奮してきちゃうんです。

 

そうなったら私の方が手コキしてるだけじゃ物足りなくなっちゃうから、下半身だけ裸になり、彼の顔に顔面騎上してオマンコ舐めさせます。

 

彼もイきたい衝動に駆られてるから、本気でペロペロ舐め続けてくれます。

 

でもこれって、気持ちいいけど彼の声が聞けなくなっちゃうのがちょっと・・・もっといい方法はないか模索中です。

 

それで時間にすると・・・やっぱり1時間くらいかな?

 

それくらい焦らしてると、彼が本当に辛くなるみたいで、私が何か話し掛けても、

 

「うー」

 

とか

 

「あー」

 

しか言わなくなっちゃうんですね。

 

ちょっと獣じみてる感じです。

 

仕方ないからとりあえず顔面騎上はやめて、そろそろオマンコにガマン汁でベトベトのオチンポをハメてあげます。

この体験談の続きを読む

風俗店で働く私は電車内で若い男性の巨根をフィンガーテクニックで射精させました

痴女 電車
画像はイメージです

 

おちんちんがお尻に当たってる

 

私は女子大生ですが、風俗で働いています。

 

お店では手コキにフェラチオはコンドームを装着してですが、チップいただければ生フェラに口内射精、ゴックンもしちゃいます。

 

がんばって指名トップ3内に入っています。

 

この間、初めて電車で痴女っちゃいました。

 

私は埼京線を利用しているのですが、男の痴漢が多いことでも有名です。

 

朝夕のラッシュ時はとても人が多いので、ドアが閉まらないくらい満員になります。

 

電車内はギューギューなので、私もしゅっちゅう痴漢被害に遭っています。

 

もっとも私も普段から。黒レザーのピチピチホットパンツにロングブーツ、ラメ入りストッキングといった格好なので、男性を挑発してるせいもあると思います。

 

その日はお店が早番だったので、朝の満員電車に乗合わさなければなりませんでした。

 

最初は痴女をしようなんてまったく思っていませんでしたが、ふと気がつくと、固くなったモノが私のお尻に押し当てられてくるではありませんか。

 

すぐにそれが勃起したおちんちんだと分かりました。

 

くすぐったいやら、気持ちいいやら・・・。

 

偶然なのか痴漢なのか分かりませんでしたが、ちょっぴり悪戯心が芽生えて、私の方からお尻をスリスリ密着させて、ちょうどホットパンツのお尻の割れ目のところに、勃起をハマらせたのです。

 

車内が揺れる度に、ピッチリしたお尻の間に挟みこんだおちんちんを擦り上げる格好になっていました。

 

男性の股間の疼きが、私のお尻を通じてビンビンに伝わってきます。

 

相手がどんな男か確かめたくて、わざと足を踏んで後ろを振り向いて

 

「ごめんね」

 

って言ったら、相手はちょっと頭を下げるようにしました。

 

なんと私好みのイケメンで、大学生風の若い純情そうな男の子でした。

 

ピッチリした黒の革パンツを履いていたので、もっこりくっきりと勃起したおちんちんの形が浮き上がっています。

 

しかも凄く大きくて巨根でした。

 

彼のおちんちんの熱さが、ヒップに伝わってきています。

 

おまけにどんどん固くなってきてます。

 

キツキツの革パンツの前を、もっこり押し上げてきちゃうほどです。

この体験談の続きを読む

エッチな女になりたい!彼氏と女友達が口内射精や中出ししてるのを見て…

女友達に寝取られ
画像はイメージです

 

彼氏の女友達がフェラチオしている

 

私が大学1年生の時のことです。

 

当時大学4年生の彼氏がいて、夏祭りでデートしていたとき、急に

 

「ちょっと待ってて」

 

と言われ、一人にさせられて待たされました。

 

10分くらい経ったころ、彼が戻ってきたと思ったら、何故か女の人を連れてきて、

 

「同級生のあずみちゃん」

 

と紹介されました。

 

彼とは小、中学生時代の同級生で、今は県外の大学に行っているそうです。

 

ちょうど帰省していて、連絡を取り合ったみたいです。

 

あずみさんと話すとすごく優しい感じで、大学のこととかバイトのこととかお姉さんみたいに相談に乗ってもらいました。

 

でも、私はちょっと拗ねていました。

 

彼に待たされたこともあるし、あずみさんと彼が話してるととても楽しそうで、彼に時々スキンシップもしていたからです。

 

お祭りを一通り楽しみ、彼の家に行くことになりました。

 

あずみさんも一緒に来ました。

 

彼と

 

(エッチしたいなぁ)

 

と思っていたのに、出来なくなりました。

 

私はアルコールに弱いのに、たくさん飲んでしまって、いつの間にか眠ってしまいました。

 

何か物音がしたみたいで目を覚ますと、衝撃の光景でした。

 

なんと彼が全裸で仁王立ちしていました。

 

そしてその前にあずみさんがひざまずく形で、手は彼の腰に回しておちんちんをフェラチオしていたんです。

この体験談の続きを読む

勃起が収まらない新入生のデカチンに興奮してオマンコがビチョビチョに濡れました

デカチン
画像はイメージです

 

新入生の男の子はデカチン

 

私は大学の4年生ですが、ゴールデンウィークが過ぎて無事に就職活動が終わったので、久しぶりにサークルの飲み会に顔を出しました。

 

入学したばかりの初めて会う1年生の子もたくさんいて、ちょっと新鮮です。

 

やっぱり男の子も女の子も、みんな可愛いく感じます。

 

そんな新入生の男の子の中で1人、明らかに私を気に入ってくれた子がいました。

 

べろべろに酔っ払って、

 

「サヤカさん好きです」

 

とか言いながら私に甘えてくるので、可愛くなちゃって。

 

なんとそのI君、ズボンがもっこりしてたんです。

 

もう半分くらい寝てたし、私も軽く酔ってたから、冗談半分でズボンの上からポンポンって勃起してるおちんちん触りました。

 

そしたら、

 

「今日、俺のうちに来てください」

 

って寝言みたいに言ってきたんです。

 

ちょっとビックリしたけど、顔は結構タイプだし、やることなすこと可愛いので、

 

(1回くらいなら、いっかなぁ)

 

て思っちゃいました。

 

それに就職活動から開放されて、自由を満喫したかったのもあります。

 

「いいよ」

 

って言っちゃいました。

 

1人暮らしのI君の家は私と方向が同じだったので、誰にも怪しまれることなく行けました。

 

とりあえず私はシャワーを浴びさせてもらってたら、I君も一緒に入ってきたんです。

 

もうおちんちんはビンビンです。

 

しかもデカい!

 

あんまり男性経験のない私だけど、それでも今まで見たなかでダントツのデカチンです。

この体験談の続きを読む