カテゴリー:女子中学生(男性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:女子中学生(男性告白)

初めての射精が逆レイプで中出し 中学生の時に性の知識がない僕を女子2人がグルになって…

逆レイプ
画像はイメージです

 

女子がチンコを触ってきた

 

僕が初体験をしたのは中学2年の時です。

 

当時、僕のことを好きになってくれたアケミという女の子がいました。

 

アケミとはクラスが同じで席も隣同士だったため、とても仲の良い友達だった。

 

そしてアケミの親友のミカとも仲良しでした。

 

アケミはとても積極的な女の子で、周りだけでなくモテたことのなかった僕ですらアケミの好意に気付いてしまうほどでした。

 

僕の中学では委員会に入るのが義務付けられていたため、楽だと思われた図書委員に入り、僕につられてアケミも図書委員に入りました。

 

しかし現実は楽どころか、委員会の顧問の先生に気に入られていたために委員長をやる羽目になりました。

 

さらにアケミも自ら立候補して、副委員長をやることになりました。

 

これが初体験の第一歩でした。

 

図書委員では、基本的に当番に関係なく委員長と副委員長は放課後に毎日図書室に行くのが決まりでした。

 

そのため、僕とアケミは毎日放課後に図書室に行って、当番の人たちと作業をしていました。

 

そんなある日のことです。

 

アケミと僕は隣同士に座り、向かい合って後輩が座り、話し合いをしていた時でした。

 

アケミが突然僕の体をくすぐってきたんです。

 

「ヒロちゃん、くすぐっちゃぇー!」

 

「うわ!や、やめろって!」

 

「反応うけるー、コショコショ・・・」

 

「ま、まじ無理!やめろって!くすぐったい!」

 

「ちょっと先輩!ちゃんと話し合いしましょうよ!」

 

アケミの突然の攻撃に焦った僕でしたが、後輩の一声で止めてもらえました。

 

しかしアケミは、よほど僕の反応が気に入ったのか、後輩に気付かれないように膝をくすぐってきました。

 

僕は我慢して話し合いを続けました。

 

しかし、段々アケミの手が僕の太ももへと伸びてきました。

 

隣でアケミは僕の反応を見てニヤニヤしています。

 

僕はそれでも無視して作業を続けました。

 

でも体は正直で、股間近くを女の子に触られたことなんてないので、チンコが熱くなってきたのを感じました。

 

そして完全に勃起してしまいました。

 

僕は恥ずかしさと気付かれたくないという思いで、なおも我慢していました。

 

しかし、そんな僕の気持ちなど知らず、アケミの手はさらにチンコへと接近してきました。

 

僕はこの状況に限界を感じ、半泣き状態でアケミを見ながら小声で、

 

「お願い、本当に止めて」

 

と言うと、アケミは半泣き状態の僕を見ると素直に止めてくれました。

 

その日はここで終わりましたが、次の日から毎日のように足をくすぐってきました。

 

放課後だけでなく、授業中や休み時間、隣にいる時は常しょっちゅうくすぐってきます。

 

それに慣れてきた僕は、逆に仕返しすることにしました。

 

アケミは驚いたのか、くすぐる手を止めてやられるがままになっていました。

 

「んっ・・・やあん・・・だめ」

 

震えながら小声で言ってきました。

 

「なにがダメだよ!?いつもの仕返しだ!」

 

するとアケミが、震える手で僕のチンコを触ってきたんです。

 

僕は体がビクッとして、くすぐる手を止めて席を立ちました。

この体験談の続きを読む

中学生の姪と中出しセックス!好きと告白されて一緒にお風呂に入って・・・

中学生の姪 中出し
画像はイメージです

 

中学生の姪と二人きり

 

妻の姉の娘、つまり姪の聡美ちゃんが家に遊びに来ました。

 

聡美ちゃんは中学3年生で、小さい頃から私にもよく懐いていました。

 

小学1年からクラシックバレエを習っていて、背は高いですが痩せています。

 

小学5年で少し胸が膨らんできたころまで、一緒に風呂にも入っていました。

 

当時は、

 

「聡美ちゃんも大人の女性の体になってきたから、もう俺と一緒にお風呂に入るのはまずいよ」

 

「おじちゃんは好きだからいいの」

 

なんてやり取りがありました。

 

先日、妻と義姉が実家へ行くということで、聡美ちゃんも連れて行こうとすると、

 

「受験勉強があるから」

 

という理由で、仕事で行けない私と2日間一緒に過ごすことになりました。

 

妻たちが出かけた日の夜、仕事から帰ると、聡美ちゃんがエプロン姿で夕食の準備をしていました。

 

タンクトップにショートパンツ姿です。

 

バレエで鍛えられた引き締まったスレンダーボディーに中3の姪ながらドキドキしました。

 

「おじちゃん、お仕事お疲れさまでした」

 

と聡美ちゃんがビールを注いでくれ、二人だけで焼肉を食べました。

 

「勉強ははかどった?ひとりだから寂しくなかった?」

 

「勉強は順調。おじちゃんと一緒にいれるから寂しくないよ」

 

と嬉しいことを言ってくれます。

 

「聡美も少しだけビール飲んでいい?」

 

「えぇ~子供はダメだよ、俺が叱られちゃうし」

 

「大丈夫、ちょっとだけ、ね~お願い!」

 

仕方なく、小さなグラスに半分くらい注いであげました。

 

「苦っ!でも好きかもしんない」

 

とチビチビ飲んでました。

 

頬がほんのり赤くなると、学校のことや進路のことなど話し始めました。

 

「聡美ちゃん、ボーイフレンドは?」

 

「片思いの人はいるよ」

 

「そっか、そういうお年頃だもんな、どんな人?」

 

「えぇ~?ナイショ」

 

「えぇっ?教えてよ、ビール飲んだことチクるぞ」

 

「ダメだよ、ママには真面目でいい子にしてるんだから」

 

「じゃ~教えてよ」

 

「えぇ~恥ずかしい」

 

「いいから誰?」

 

「おじちゃん」

 

「はぁ?ビールで酔ったんだな、でもありがとう、そういえば小5の時にそんなこと言ってたな。いやぁ~こんな若い女性に告白してもらっちゃった」

 

と笑いながら言うと、

 

「あの時からずっと好きだったの・・・もちろん今でも」

 

と突然泣き出したんです。

この体験談の続きを読む

中学生の時に逆レイプでヤンキー女子軍団がチンコを擦って跨ってきました

ヤンキー女子 逆レイプ
画像はイメージです

 

ヤンキー女子軍団に連れられて

 

僕が中学の時、女子から男子に逆レイプすることが流行っていました。

 

僕が所属するテニス部でもあったのですが、上級生の女子が下級生の男子を集団で地面に押し倒して、短パンやジャージの上からチンコを擦りまくるというものでした。

 

僕も何度かやられたことがありますが、これをやられた男子は必ず勃起してしまいます。

 

ただ、勃起したことが分かった時点で、解放されていました。

 

いつしかこの光景は、あまり珍しいものではなくなっていましたが、次第にクラスの女子までもが、イタズラ半分にマネをするようになっていました。

 

教室で行われた時は、自分も狙われてしまうせいか、誰も助けてくれないこともあります。

 

しかし、ヤンキー女子軍団に捕まった時は悲惨でした。

 

ある時、旧校舎の付近を友人と歩いていると、3人ほどの先輩女子がやってきて、

 

「ちょっとこっちに来なよ」

 

と言って、僕たちを連れて行きました。

 

そこには女子が7~8人ほど集まっていて、明らかにヤバい雰囲気でした。

 

逃げられないので大人しくしていると、その中の1人が僕たちに、

 

「お前ら、見ててやるから、あたしらの前でオナニーしてみろよ」

 

と言ってきました。

 

当然僕たちは出来るわけもなく、ただ固まっていたのですが、友人の1人が3人ほどに押さえつけられました。

 

すると短パンとパンツを脱がされ、僕たちの前で無理やりチンコをシゴかれ始めました。

 

友人は最初暴れていましたが、しばらくすると泣きはじめて、

 

「うわぁぁっ」

 

と叫んだかと思うと、精液を勢いよく飛び散らせました。

 

そのときにヤンキーの1人に精液がかかってしまったので、僕ともう1人の友人は、短パンの上からチンコを擦られてしまいました。

 

悲しくも、ぼくもあっという間にパンツの中に射精してしまい、とても気持ち悪かったです。

 

しかしあと1人の友人がなかなか射精しなかったみたいで、そのことが女子たちを一層、エスカレートさせたようでした。

 

その友人はなかなかのイケメンで、女子にも人気があったので、ヤンキーの女子たちも前から目を付けていたみたいでした。

 

ヤンキーのリーダー格の女子が、

 

「いただいちゃおうか」

 

というと、いきなり自分のセーラー服のスカートを捲り上げて、ブルマとパンツを脱ぎ出したのです。

この体験談の続きを読む

ヤンキーの彼女に「セックスまではダメ」と言われたけど童貞の俺は…

ヤンキーの彼女
画像はイメージです

 

童貞なの?

 

それは高2の時の話。

 

仲間内の一人が、マンモスヤンキー校として悪名高いN高の奴と揉めた。

 

仲裁を頼んで紹介されたのが、最強ヤンキーの呼び声高い石田君。

 

別に番長とかそういうのではないけど、石田君にはたぶん誰も逆らえないってんで。

 

それで石田君ちに行った時に、彼の彼女もいたわけ。

 

まだ中3だけどアイドルみたいに可愛いし、ヤンキー特有の色っぽさっていうか、

 

(さすがに最強ヤンキー、彼女も違うぜ・・・)

 

と思った。

 

それが俺の筆おろしの相手だった。

 

会ってみると石田君はとってもいい奴で、仲裁を快く引き受けてくれて仲良くなった。

 

んで俺が乗ってきたバイク(兄貴のだけど)をすごく気に入って、

 

「乗せてくれ」

 

って言うんでOKした。

 

「1時間くらい乗せてな」

 

と言われ、ビビリも入ってた俺は、

 

「いいよ、待ってるから」

 

と石田君の部屋で、彼女と二人で待つはめになった。

 

さすがに最初気まずかったが、彼女の方から話し掛けてきた。

 

彼女の名前は真由ちゃん。

 

真由「K高なん?頭いいんやね・・・」

 

俺「いや、すでに落ちこぼれやし・・・」

 

真由「彼女とかおるん?」

 

俺「おらん。恥ずかしいけど女と付き合ったことない・・・」

 

真由「うそお?カッコいいのに・・・じゃ童貞なん?」

 

(いきなりですか?さすがヤンキー)

 

俺「童貞どころか、キスもしたことないわ・・・」

 

真由「ええ~?本当に~?あはははははは・・・」

 

こんなに可愛いコに言われると余計凹む。

 

顔を離すと、俺の胸にしなだれて、笑った。

 

真由「ねえ・・・ちょっとだけ触ってもええよ、胸」

 

俺は答えられなかったが、恐る恐る胸に手を伸ばした。

 

もう言われるがままだった。

この体験談の続きを読む

ヤンキー女に「セックスしろ」と無理やり脱がされたらデカチンが出てきて…

ヤンキー女子高生
画像はイメージです

 

お前らキスしろ

 

あれは中二の頃だからもう20年ぐらいも昔の話。

 

俺は都内の公立の中学校に通ってたのね。

 

ウチの学校は、周辺の学校に比べるとヤンキーが多くて(と言っても、今から考えれば可愛いもんだが)イジメとかもまぁ割とあった。

 

ていうか、イジメというか、暴れ者が何人かいて、気に入らない気分のときにその辺の奴を殴ったり、そんな感じで俺も何度か殴られた事ある。

 

俺は成績はそこそこ良くって、中学受験を失敗して公立に入ったクチで、成績はクラスのトップか2番、学年でも上位一桁に入るくらいだった。

 

ただ、俺は、小学校高学年の頃から、女子に

 

「キモイ」

 

「変な顔」

 

とか言われて、すげぇ傷ついていて、自分でも自分自身に自信が無かった。

 

(ブサメンだし、どーせ女子はイケメン男の所に行くんだろ!)

 

って感じで、女とかは縁が無かったのね。

 

で、ある日の放課後、ヤンキー女が俺の所に来て、

 

「ちょっと来い!」

 

って言われて腕をつかまれて引っ張っていかれた。

 

何かやられるんじゃないかと思って緊張した。

 

廊下の方に連れて行かれると、ヤンキー女のグループが、俺の小学校時代からの同級生のY子も連れてきていた。

 

俺はヤンキー女に腕を押さえられ、Y子もヤンキー女たちに腕をつかまれてる。その状態で相対している状態。

 

(何をされるんだろう?)

 

と思ったら、

 

「ほら、お前らキスしろ!」

 

って、俺とY子は突き飛ばされてぶつけられる。

 

Y子とぶつかった俺は、

 

「ちょっと待ってよ…何するんだよ」

 

と言うと、

 

「Y子はお前の事が好きなんだろ?だったらキスしちゃえよ」

 

とか言われて、Y子は顔を真っ赤にしている。

 

このY子っていうのは、凄く大人しくてほとんど口を利かないような子。

 

特段可愛い訳でもないが、ブサでもない。

 

どういった事情でそこに連れてこられてるか知らないけど、そんな事があった。

 

俺はそのとき、今から思えばチューしちゃえばよかったんだろうけど、まだオコチャマだったんで、どさくさに紛れて逃げ出した。

この体験談の続きを読む