カテゴリー:女子中学生(男性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:女子中学生(男性告白)

ヤンキーの彼女に「セックスまではダメ」と言われたけど童貞の俺は…

ヤンキーの彼女
画像はイメージです

 

童貞なの?

 

それは高2の時の話。

 

仲間内の一人が、マンモスヤンキー校として悪名高いN高の奴と揉めた。

 

仲裁を頼んで紹介されたのが、最強ヤンキーの呼び声高い石田君。

 

別に番長とかそういうのではないけど、石田君にはたぶん誰も逆らえないってんで。

 

それで石田君ちに行った時に、彼の彼女もいたわけ。

 

まだ中3だけどアイドルみたいに可愛いし、ヤンキー特有の色っぽさっていうか、

 

(さすがに最強ヤンキー、彼女も違うぜ・・・)

 

と思った。

 

それが俺の筆おろしの相手だった。

 

会ってみると石田君はとってもいい奴で、仲裁を快く引き受けてくれて仲良くなった。

 

んで俺が乗ってきたバイク(兄貴のだけど)をすごく気に入って、

 

「乗せてくれ」

 

って言うんでOKした。

 

「1時間くらい乗せてな」

 

と言われ、ビビリも入ってた俺は、

 

「いいよ、待ってるから」

 

と石田君の部屋で、彼女と二人で待つはめになった。

 

さすがに最初気まずかったが、彼女の方から話し掛けてきた。

 

彼女の名前は真由ちゃん。

 

真由「K高なん?頭いいんやね・・・」

 

俺「いや、すでに落ちこぼれやし・・・」

 

真由「彼女とかおるん?」

 

俺「おらん。恥ずかしいけど女と付き合ったことない・・・」

 

真由「うそお?カッコいいのに・・・じゃ童貞なん?」

 

(いきなりですか?さすがヤンキー)

 

俺「童貞どころか、キスもしたことないわ・・・」

 

真由「ええ~?本当に~?あはははははは・・・」

 

こんなに可愛いコに言われると余計凹む。

 

顔を離すと、俺の胸にしなだれて、笑った。

 

真由「ねえ・・・ちょっとだけ触ってもええよ、胸」

 

俺は答えられなかったが、恐る恐る胸に手を伸ばした。

 

もう言われるがままだった。

この体験談の続きを読む

ヤンキー女に「セックスしろ」と無理やり脱がされたらデカチンが出てきて…

ヤンキー女子高生
画像はイメージです

 

お前らキスしろ

 

あれは中二の頃だからもう20年ぐらいも昔の話。

 

俺は都内の公立の中学校に通ってたのね。

 

ウチの学校は、周辺の学校に比べるとヤンキーが多くて(と言っても、今から考えれば可愛いもんだが)イジメとかもまぁ割とあった。

 

ていうか、イジメというか、暴れ者が何人かいて、気に入らない気分のときにその辺の奴を殴ったり、そんな感じで俺も何度か殴られた事ある。

 

俺は成績はそこそこ良くって、中学受験を失敗して公立に入ったクチで、成績はクラスのトップか2番、学年でも上位一桁に入るくらいだった。

 

ただ、俺は、小学校高学年の頃から、女子に

 

「キモイ」

 

「変な顔」

 

とか言われて、すげぇ傷ついていて、自分でも自分自身に自信が無かった。

 

(ブサメンだし、どーせ女子はイケメン男の所に行くんだろ!)

 

って感じで、女とかは縁が無かったのね。

 

で、ある日の放課後、ヤンキー女が俺の所に来て、

 

「ちょっと来い!」

 

って言われて腕をつかまれて引っ張っていかれた。

 

何かやられるんじゃないかと思って緊張した。

 

廊下の方に連れて行かれると、ヤンキー女のグループが、俺の小学校時代からの同級生のY子も連れてきていた。

 

俺はヤンキー女に腕を押さえられ、Y子もヤンキー女たちに腕をつかまれてる。その状態で相対している状態。

 

(何をされるんだろう?)

 

と思ったら、

 

「ほら、お前らキスしろ!」

 

って、俺とY子は突き飛ばされてぶつけられる。

 

Y子とぶつかった俺は、

 

「ちょっと待ってよ…何するんだよ」

 

と言うと、

 

「Y子はお前の事が好きなんだろ?だったらキスしちゃえよ」

 

とか言われて、Y子は顔を真っ赤にしている。

 

このY子っていうのは、凄く大人しくてほとんど口を利かないような子。

 

特段可愛い訳でもないが、ブサでもない。

 

どういった事情でそこに連れてこられてるか知らないけど、そんな事があった。

 

俺はそのとき、今から思えばチューしちゃえばよかったんだろうけど、まだオコチャマだったんで、どさくさに紛れて逃げ出した。

この体験談の続きを読む

【童貞喪失】ヤンキー女子に逆レイプされたのは告白を断ったから

女子高生 騎乗位
画像はイメージです

 

女子からの告白を断ったらヤンキー女子に囲まれた

 

僕が中学3年生の時の話です。

 

当時僕は、卓球部のキャプテンをしていました。

 

ある日、女子卓球部のキャプテンのヒトミから、

 

「付き合って欲しい」

 

と告白されました。

 

同じ卓球部のキャプテン同士で話をすることも多く、ヒトミは活発な女の子だったんですが、僕はあまり好きではありませんでした。

 

彼女は結構わがままで、勝手にいろんなことを決めたりするので、うんざりすることもあったんです。

 

するとその翌日、なんと同じ卓球部の千鶴からも告白されました。

 

千鶴は元々タイプではなかったので、すぐに断りました。

 

しかし、それが逆レイプと童貞喪失の始まりだったのです。

 

数日後ヒトミが、

 

「洋一、今日部活終わったら、ちょっと時間くれない?」

 

また、有無を言わさぬような言い方をしてきます。

 

「ああ、まあ、いいよ」

 

本当は気が進まないけど、いつものことです。

 

そしてその日は土曜で、部活が終わるとすぐにヒトミがやって来て、

 

「洋一、行こう」

 

「へ?どこへ?」

 

「いいから付いて来てよ」

 

なんの用事なのかまったく分からず、ヒトミに引っ張られていきました。

 

「どこ行くんだよ」

 

「体育倉庫、ちょっと用意したいものがあって、男手が必要なの」

 

仕方なくヒトミに付いて行きました。

 

「何をすんだよ?」

 

「ちょっと移動させたいものがあるの」

 

ガラガラガラ・・・・・

 

体育倉庫のドアが開きました。

 

中は真っ暗で何も見えません。

 

するといきなり、後ろからヒトミに押し倒されました。

 

「うわーっ!」

 

さらに急に何人かがあらわれ、僕を押さえつけてきたんです。

 

あまり力が強くない僕は、おそらく両手両足を1人づつで押さえ付けられました。

 

「イテテテッ、何するんだよ!」

 

後ろで体育倉庫の扉が閉まる音がして、鍵をかける音も聞こえました。

 

どうやら女子ばかりみたいでした。

 

そして素早くロープで手と足を縛られ、僕は身動き出来なくなりました。

 

「もういいわよ」

 

ヒトミの声でした。

 

すると一斉に電気が付けられ、女子5人に囲まれていることが分かりました。

 

そして先日、告白を断った千鶴もいました。

 

残りの女子は、由梨、富子、彩の3人でした。

 

みんな知っている顔で、しかもこの中学のヤンキー女子でした。

この体験談の続きを読む

中学の修学旅行で童貞の僕は処女に囲まれて生セックスショー

修学旅行
画像はイメージです

 

女子が全裸で部屋にやってきた

 

僕の初体験は、中学2年の時の修学旅行でした。

 

僕の中学は、修学旅行の最後の夜は先生もうるさく言わず、夜も見回りをしないというので、みんな夜更かしして遊ぶ予定でした。

 

夕食が終わると、同部屋の友達とこっそり買い込んでいたビールなんかを飲みながら、誰かが持ってきたエロDVDを、部屋に備え付けてあるDVDプレイヤーで見ていました。

 

1本目が終わったところで3人がトイレに行き、1人は売店にジュースを買いに、もう1人は別の部屋に遊びに行きました。

 

部屋に僕1人だけが残り、次に見る予定のDVDをチェックしているところへ、突然誰かが部屋に飛び込んできました。

 

見ると、同じクラスの女子である君子が全裸で、両手で股間を隠して立っていました。

 

僕は一瞬目が点になり、唖然としてしまいましたが、

 

「ああ、よかった。信二(僕の名前)いたんだ」

 

と君子。

 

なにかとんでもないことが起きたんじゃないかと思った僕は君子に、

 

「ど、どうしたんだよ、その格好?」

 

と尋ねると、

 

「女子の部屋でトランプして遊んでるんだけど、罰ゲームで脱がされちゃったんだ。とりあえず一緒に来てくれない?」

 

「いまみんなでDVD見てるとこなんだけど・・・」

 

もうすぐトイレや買い物に行った連中が戻ってくると思い、僕は君子にそう言いました。

 

そう言いながらも、僕の視線は君子の胸に釘付けでした。

 

君子はクラスで一番の巨乳で、顔も結構可愛いので、男子の間ではかなり人気がありました。

 

その君子が、乳首も見えている状態で僕の目の前にいるのです。

 

「理由は後で話すから、お願い!とにかく来て」

 

と言って、君子は片手で股間を隠しながら、片手で僕の手を引っ張って、女子の部屋の方へと引っ張っていきます。

 

君子が全裸になっているぐらいだから、

 

(他の女子もひょっとしたら・・・)

 

という思いが頭をよぎり、僕は訳がわからないけど期待しながら、女子部屋に行くことにしました。

 

女子部屋へ行くと、僕の目は再び点になりました。

 

男子も女子も6人ずつで部屋が割り振られており、そこには君子を入れて6人の女子がいたのですが、1人を除いて全員全裸になっていました。

この体験談の続きを読む

【ヤンキー女子中学生】チンポ大好きビッチとカーセックスで生中出し

ビッチとカーセックス
画像はイメージです

 

13歳のヤンキー女子がとんでもなくエロい

 

俺が20代前半の頃の話です。

 

18歳のサヤって名前の女の子と出会い系サイトで知り合い、実際に会う約束をして、ラブホテルに行く事になりました。

 

夜コンビニで待ち合わせしたんですけど、現れたサヤは金髪でヤンキーな女の子でした。

 

金髪ヤンキーなのに、デニムのミニだったからなんか違和感があったんですが、顔はどう見ても18歳には見えないし、もっと幼い感じがします。

 

疑いつつも、とりあえず車に乗せて、まずは車を走らせます。

 

「お前、18じゃないだろ?本当は何歳?」

 

「ホントは・・・13・・・」

 

「マジか!?13て事は中学生か!?」

 

「そう・・・中1・・・別に良いじゃん、女だし、何か問題あんのかよ!」

 

やっぱりヤンキーだから、かなり口が悪いです。

 

「問題あるに決まってるだろ!バレたらヤバいじゃねぇか、それにセックスしたことあんのかよ?」

 

「小学生んときからヤリまくってるよ!バレるわけねぇし・・・いいから早くラブホ行けよ!ヤリたいから来たんだろ?アタシも早くチンポ欲しいし・・・」

 

そう言いながらサヤは、助手席でデニムのミニを捲って、パンツの上からマンコを触り始めました。

 

そんなビッチなサヤを運転しながらチラ見していたら、俺もムラムラして来て、オナニーしてるサヤのマンコを触ってみました。

 

サヤのマンコは、パンツの上からでもすでにビショビショに濡れています。

 

もう、お漏らししてるみたいに濡れまくっていた。

 

「あー、ちょー気持ちいい!早くチンポ欲しい~!あ~たまんない!」

 

(中1でどんだけエロいんだよ)

 

と思いながら、サヤのパンツの隙間から指を入れてクリトリスを刺激したり、マンコに指を出し入れしたら、サヤは大きな声を出してイッてしまったみたいです。

 

「あ~気持ち良かったぁ~!でもまだチンポ入ってないし、ラブホまだかよ?」

 

「あと15分はかかるかな」

 

「あ~もう我慢の限界、チンポ入れたい!どっか人いない所に車停めろよ!」

 

サヤは我慢できないらしいので、近くの広い駐車場の隅っこに車を止めて、カーセックスする事にしました。

 

車を止めた途端、サヤは俺のジーンズとパンツをあっという間に脱がせ、チンポにむしゃぶりついてきました。

 

チンポが大好きなようで、ヨダレを垂らしながら卑猥な音を立て、ジュルジュル舐めまわします。

 

ビンビンに勃起したら俺が我慢できなくなり、助手席のシートを倒してサヤに覆い被さっていきました。

 

覆い被さったのは良いんですが、サヤはまだパンツを穿いたままでした。

 

ミニ捲ってパンツの隙間からチンポを挿入しようとしたら、サヤは自分でパンツをヒザまで下ろし、俺のチンポを掴むと、ビショビショに濡れまくっているマンコに生で導いてくれました。

 

ヌルンッ!

 

入った!

 

(き、気持ちいい~!)

この体験談の続きを読む