カテゴリー:外国人女性(男性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:外国人女性(男性告白)

夫と不仲の在日韓国人女性が中出しを求めてチンポにむしゃぶりついてきた

中出し ホールド
画像はイメージです

 

本当に私を満足させてくれるの?

 

私は今までに、5人の外国人女性とセックス経験があります。

 

何度か韓国に出張で仕事に行った時、現地妻として相手をしてくれた22歳と26歳の独身女性。

 

二人ともかなりスタイルが良くて美人でした。

 

たぶん、整形はしていると思いますけどね。

 

日本では、ロシア系の人妻T37歳、在日朝鮮人妻K32歳と、これから紹介する忘れられない女性として思い出に残る在日韓国人妻H36歳です。

 

もう20年以上も前のことですが、Hとはテレクラで知り合いました。

 

会った時は、どうやら旦那と喧嘩してムシャクシャしていたようです。

 

憂さ晴らしのために、浮気するつもりでテレクラを利用したらしいです。

 

「会って楽しみたい」

 

とHから誘ってきましたから。

 

待ち合わせ場所であるホテルのロビーで出会いました。

 

少しグラマーですがスタイル抜群で、キリッとした美人が近づいてきました。

 

ちなみに私はごく普通のおじさんで、背も165cm、見た目も全然パッとしません。

 

彼女はそんな私を見てニコリともせずに、

 

「本当に私を満足させてくれるの?」

 

と会ったことを後悔するかのような、吐き捨てる言い方でした。

 

「ああ、後悔はさせないよ」

 

と私はまったく怯むことなく、ニヤリとしながら答えました。

 

そんな私の自信ありげな態度に、

 

「なら、いいわ。行きましょう」

 

と納得して、私が用意した13階の部屋へと向かいました。

 

私はセックスのテクニックには自信があり、これまで経験した女性で満足しなかった人はいません。

 

私とのセックスが忘れられなくて、ストーカーまがいに追いかけられたこともあります。

 

部屋に入るとすぐに、私は彼女のブラウスを捲くり上げ、ブラジャーもずり上げて、年齢の割には張りのある大き目の乳房を鷲掴みにし、薄い茶色の乳首を吸いました。

 

舌を這わせ、軽く甘噛みをすると、

 

「ああ~、ああ」

 

と彼女の口から喘ぎ声が漏れました。

この体験談の続きを読む

外国人女性集団にチンポが勃起しなくなるまで精液を搾り取られた

外国人女性
画像はイメージです

 

外国人女性に全裸を見せ付けられた

 

僕が高校生だった時の話です。

 

近くの二階建て一軒家の二階に、外国人女性5~6人がグループで借りている家がありました。

 

近所と言っても、二軒分ぐらいの距離です。

 

その間に一軒家がありましたが、そこは平屋だったので、私の二階の部屋から向こうの二階の部屋は窓が開けば見えます。

 

女性達の年齢は、みんな20代じゃないかと思います。

 

仕事は細かいことは分からないけど、蝶ネクタイ付けた男性が車で夕方迎えに来て、夜中の2~3時ぐらいに帰宅してまいた。

 

どこかの外国人ダンサーのショーパブみたいなとこで仕事していたのかもしれません。

 

夏場はエアコン代節約のためか、大きい窓は開けっ放しにしている時が多かったです。

 

仕事に行く前と仕事から帰ってきた後に、シャワー浴びて着替えてるんだけど、ちゃんとカーテンを閉める人もいれば、開けっ放しで着替えてる人もいる。

 

夏休みの間、まだ童貞だった僕は家にあった双眼鏡で、彼女達の部屋を覗くのが趣味みたいになっていました。

 

仕事の練習なのか、音楽を流しながらダンスしたり、バスタオル姿、時には生着替えも見れる時があって、興奮しながら覗いていました。

 

ある日の深夜、外国人の彼女達が帰ってきたんで、受験勉強の手を休めて覗いていると、一人が下着姿で煙草を吸いに窓際にやってきました。

 

そしてこちらをチラっと見たかと思うと、再びこちらを目を凝らしながら見始めました。

 

(やばい、気付かれたか?)

 

と思ったけど、そのまま部屋の奥の方に戻っていきました。

 

(よかった、バレてない・・・)

 

と思ったら、すぐにみんなを窓際に連れてきたんです。

 

しかもこっちを指差しながら・・・

 

(完全にバレてる)

 

見たら、バスタオル一枚を体に巻いた一人が前に出て、露出狂がやるようにタオルをガバッと開いて全裸を見せつけてきました。

 

彼女達は笑い声を上げ、そのままカーテンを締めました。

 

(えっ、もう終わり?)

 

残念な気持ちと、

 

(深夜の今からこちらに怒鳴りこんでくるかも・・・)

 

とビビる気持ちになりましたが、その家から音楽が流れてきて、カーテン越しに部屋の中の色がピンクに変わりました。

 

すぐに双眼鏡を覗きなおしました。

 

カーテンが開かれました。

 

そこに女一人がバスタオル姿のまま後ろ向きで立っていて、音楽に合わせてクネクネとエロチックなストリップみたいなダンスを踊り始めました。

 

さらに数人が加入して踊り始め、いきなり全裸になる女もいれば、一枚一枚挑発するように脱いでいく女もいました。

 

双眼鏡を食い入るように覗き込んでいた僕の童貞チンポは、ビンビンに勃起しました。

 

もうこらえ切れなくなり、夜中に家族を起こさないようにそーっと家を出て、その家の前まで行きました。

 

二階の窓際の下に行くと、最初にバスタオルを露出狂の様に、全裸を見せてきた女が見下ろしてきました。

 

一階には勝手口があり、そこから別の女が下着姿で出てきて、挑発するように招きしながら、

 

「いらっしゃい」

 

と普通に日本語で招かれました。

この体験談の続きを読む