lowcomme.netが投稿した記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

投稿者:lowcomme.net

泥酔した僕を逆レイプで中出しさせたお姉さんたちに数年後出合うと衝撃の事実が!

逆レイプ 中出し
画像はイメージです

 

泥酔した僕はお姉さんたちの部屋に

 

僕は受験勉強を頑張った甲斐があって、某国立大学に合格することが出来ました。

 

当時、僕は母と二人暮らしの母子家庭でした。

 

僕がまだ小さい頃に父が交通事故に遭い、亡くなったからです。

 

母に苦労をかけたくないとの思いから、塾にも行かず必死に勉強し、大学に合格する事が出来ました。

 

看護師だった母に連絡して合格を伝えると、

 

「本当に頑張ったね」

 

と泣いて喜んでくれました。

 

そして、母と次の日にレストランでお祝いをしようと話をしました。

 

その日は母が夜勤で、朝まで仕事だったからです。

 

その当時、僕達家族は、4世帯が入居するアパートに住んでいました。

 

中年夫婦とお婆さんの1人暮らし、それに友達同士で同居する20代後半位のお姉さん達、そして僕達親子です。

 

中年夫婦は水商売の仕事をしていて、ほとんど顔を合わすことがありませんでした。

 

お婆さんとお姉さん達には日ごろから親しくして貰っていて、3人とも僕の合格を知ると、我が事の様に喜んでくれました、

 

特にお姉さん達は、色々と大学の事などを聞いてくれました。

 

「良かったね~」

 

と抱きしめてくれたりしました。

 

高校生の僕には刺激的でしたが・・・

 

夕方ごろ友達から電話があり、合格祝いをカラオケ店でしてもらえる事になり、皆で騒ぎました。

 

みんな受験が終わって進路が決まっていて、ホッとたんで騒ぎたかったんだと思います。

 

その時、初めてお酒を飲みました。

 

耐性が無かったのかアルコールに弱い体質なのか分かりませんが、直ぐに酔っ払ってしまい、友達に担がれて帰るハメになりました。

 

「大丈夫か!ちゃんと鍵開けて寝ろよ!鍵も閉め忘れるなよ!」

 

と友達の声が聞こえていました。

 

「はーい」

 

と返事はしたものの、自分のアパートの部屋のドアにもたれて、そのまま寝てしまいました。

 

朦朧としながらも意識が戻ってくると、大きなベットの上に寝かされていました。

 

しかし、自分の部屋ではありません。

 

すると女の人達の声が聞こえてきました。

 

同じアパートのお姉さん達だと分かりました。

この体験談の続きを読む

高校生の弟とお風呂に入って射精するのを見て興奮してお互い求め合ってセックスしました

姉弟 近親相姦
画像はイメージです

 

弟と一緒にお風呂に入りました

 

私が高校3年の夏の事でした。

 

両親が親戚の結婚式に行っていたので、一晩だけ私と弟と二人で過ごしたことがありました。

 

弟は高校1年生で、高校生になったぐらいから、なんとなく男っぽくなってきた感じがしていました。

 

朝とか、おちんちんが勃起(朝立ち?)してるのを見かけたりしたことがあったので、私の方が弟の体に興味がありました。

 

弟とは中学1年まで一緒にお風呂に入ってましたけど、

 

(久しぶりに入りたいなあ)

 

って思って軽い気持ちで、

 

「一緒に入ろっか」

 

って声を掛けました。

 

すると弟も、

 

「いいよー」

 

って軽く応じてくれました。

 

さっそくお風呂沸かして二人で入ったんですけど、なんだかお互いすぐにドキドキしてました。

 

弟は私の胸(Dカップ)が気になってしょうがないみたいだし、私は弟のおちんちんが凄く大きくなってるのをチラッて見ちゃいましたし・・・

 

でも、もうこういうチャンスはないと思って、明るく背中を洗いっこしたり、交代で湯船に入ったりしてました。

 

弟は手でしっかりおちんちんを押さえているので、時々チラッて見えるくらいです。

 

私はもっと見てみたかったので、いきなり弟の脇腹をくすぐってやりました。

 

弟はくすぐったがりで、脇腹がすごく弱いのを知っていたからです。

 

弟はくすぐったがって暴れて、その勢いで肘で私の胸を思いっきり打ったので、私は転んで壁に頭をぶつけてしまいました。

 

胸も頭も痛くて、泣きそうでした。

 

しかも私は足を広げてしまっていて、恥ずかしい格好でした。

 

それを弟は見ちゃったんです。

 

弟もびっくりしたのか、

 

「ごめん・・・」

 

と私を両手で引っ張ってくれたけど、そのとき、弟のおっきいおちんちんが目に入って、私は真っ赤になりました。

この体験談の続きを読む

【逆レイプ】水泳で鍛えたマッチョでイケメンな俺のチンポを姉と女友達が…

逆レイプ 姉と友達
画像はイメージです

 

マッチョなイケメンが近くにいる?

 

俺が高校1年の時の話です。

 

夏休みに水泳部の練習を終えて帰宅すると、姉が帰宅していました。

 

「おっ雅人!真っ黒に焼けて部活がんばってるな~!背もかなり伸びたんじゃない?」

 

姉は東京で一人暮らしをしていて4歳年上です。

 

姉は昔から美人でしたが、久しぶりに見る姉は、さらに美しさを増していました。

 

俺はちょっとドキッとして目を合わせる事が出来ず、適当に挨拶をして自分の部屋に逃げ込みました。

 

ベッドに転がってマンガを読んでいると、隣の姉の部屋が騒がしくなってきました。

 

「かんぱ~い!久しぶりだね~、みんな変わらないね~」

 

声を聞いただけで誰がいるか分かります。

 

姉の親友の由美さんと育子さんが来ています。

 

俺は小柄でかわいい由美さんが小学校の頃から大好きでした。

 

一方、育子さんはかなり太っていて顔も不細工です。

 

姉達の話も徐々に過激になっていきました。

 

「章子(姉)の彼氏、超イケメンだよね~!」

 

「でもあいつ顔だけでさ~、エッチ下手くそなんだよね~、チンコ小さいし~」

 

「エ~!そ~なの~?ギャハハ~」

 

(女は怖い、怖すぎる)

 

「育子はあの彼とはどうなってるの?」

 

「あいつとはもう別れたよ~、たまに来てエッチだけして私の財布からお金取って、もう~サイテーだったよ!」

 

「それって、育子の身体だけが目当てなんだよ~、サイテーだね~!」

 

(違う違う、お金お金)

 

「どっかに、マッチョなイケメンいないかな~」

 

「アッ!いるよ~」

 

「えっ!誰?章子、紹介してよ~」

 

そこからはヒソヒソと何か話しているようでした。

 

そしてしばらくすると、俺の部屋の扉がノックされました。

 

扉を開けると、姉がニヤリと笑いながら立っています。

 

俺は知っています。

 

あの笑いは何かイタズラを思いついた時の顔です。

この体験談の続きを読む

【3Pセックス】出会い系で知り合ったおじさんと居酒屋でエッチなことしていたら…

出会い系 居酒屋 3P
画像はイメージです

 

おじさんと居酒屋の個室へ

 

私の初体験は中学2年でした。

 

当時の彼氏とセックスしまくり、クリがとても敏感になって、すぐお漏らしをしてしまうエッチな体になりました。

 

家で普通にセックスするのも好きですが、少しアブノーマルなセックスも好きです。

 

セックス大好きで、彼氏がいなくてもセフレは絶え間なくいる私ですが、23歳の時に1度出会い系サイトで知り合った人とセックスしました。

 

ある日、チャットをしていると、

 

「こんにちは~23歳です」

 

「こんにちは、55歳です。大丈夫かな?」

 

(55!?正直ないわ・・・)

 

と思いました。

 

でも彼は誠実で、とても話しやすく、楽しくチャットをしていました。

 

そしてアドレスを交換しました。

 

彼は則夫と言います。

 

則夫は徐々に下ネタを言うようになりました。

 

私も、

 

(この人とだったらセックスしてもいいかなー)

 

と思い、会う約束をしました。

 

初めて会った則夫は紳士的で、とても渋いおじさんでかっこよかったです。

 

則夫に連れられ、個室の居酒屋に行きました。

 

則夫の行きつけらしいです。

 

始めは楽しく呑んでいたのですが、則夫は私の太ももを触り始めました。

この体験談の続きを読む

【近親相姦】中学の時オナニー中に母が部屋に入ってきてフェラされ・・・

近親相姦
画像はイメージです

 

オナニー中に母が部屋に入ってきた

 

僕が中学2年生の時、母とセックスをした体験談を話します。

 

母は当時37歳でした。

 

黒髪を長く伸ばし、細顔で目はクリッとして、爽やかな感じの母です。

 

友達が初めて母に会うと、

 

「お姉さん?」

 

と言われるくらい、若く見られます。

 

父は僕が小学生の時に蒸発して帰ってこなくなり、今は母と二人暮しです。

 

母とセックスをするようになったきっかけは、僕がオナニーをしているとことろを母に見られてしまったからです。

 

それは、夏休みに入ったばかりの、蒸し暑い夜でした。

 

夜10時頃、すでに母は寝室に入っていました。

 

僕は風呂から上がり、自分の部屋で素っ裸のまま明かりを消して、友達から借りたエロビデオを見ながらオナニーしていました。

 

すると突然ノブがカチャと回り、母が部屋に入って来ました。

 

おそらく部屋をノックされたと思いますが、ヘッドフォンを付けていて気づきませんでした。

 

「ユウちゃん、入るわね・・・」

 

僕は慌てましたが、素っ裸なのでどうしようもありませんでした。

 

「ああっ!」

 

僕は情けない声を出してしまいました。

この体験談の続きを読む