Pocket

 

アナル中出し
画像はイメージです

 

弓削道鏡なみの巨根を持つお坊さん

 

叔父さんの葬式で北陸まで行った時のことです。

 

お通夜の晩だというのに、そこのお寺の坊さんに私はナンパされ、誘いに乗ってセックスの快感をたっぷりと味わいました。

 

なんと彼のペニスは、弓削道鏡並みかと思うほど、物凄いスリコギたいな巨根でした。

 

弓削道鏡(ゆげのどうきょう)とは、奈良時代に実在した人物で、大阪の八尾市の生まれで、その時の女帝であった孝兼天皇に取り入り、その馬並みといわれた巨根を使って虜にしたといわれています。

 

かなり昔の話なので真相は不明ですけどね。

 

またロシアでもラスプーチンという怪僧が、その時の女帝に取りいって、物凄い巨根で狂わせたそうです。

 

そういう話は知っていたんですが、まさにそのお坊さんが巨根だったのです。

 

かなりの巨根で、それをいやらしく見せつけるように振り回して、私のオマンコの中に挿入してきたのです。

 

以前の私なら、

 

「絶対に入らない」

 

と思って拒否していたところですが、ディルドで鍛えていたため、難なくオマンコに入りました。

 

一度アダルトショップで、道鏡を模したディルドを見てみて下さい。

 

一般の男性であんな巨根の持ち主がいたら、ほとんどの女性はセックスを拒否をするんじゃないでしょうか。

 

私はこのディルドで鍛えていたため、男性が欲しくなると、巨根を求めてしまいます。

 

普通の男性のペニスサイズじゃ物足りないのです。

 

そんな時に出会ったお坊さんが巨根だったのです。

 

その夜は午前2時ごろまで、本当に何回もイカされてしまい、旅館に戻って寝たのは3時ごろでした。

 

翌日の告別式は午前11時からでしたので、午前9時に朝食を終え、旅館の着付け師にお願いして喪服を着る予定でした。

 

ところが9時半に催促の電話が入りましたが、私はまだ寝ぼけていて、昨夜のお坊さんとの激しいセックスの疲れで、なかなか起き上がることができなかったのです。

 

なんとか起きて遅い朝食を済ませ、着付けをしてもらって11時前に、お寺に駆けつけることが出来ました。

 

お寺ではあの巨根のお坊さんが、笑顔で出迎えてくれました。

 

昨夜の丸い頭を撫でながら、腰を思いっきり振った物凄いセックスはなんだったのでしょうか。

 

お経をあげてもらい、親族だけで火葬場に行きました。

 

お坊さんが、

 

「私の車でご一緒しましょう」

 

と、みんなを差し置いて私を誘ってくれました。

 

火葬場は山の中にあり、車でも30分ほど掛かります。

 

車の中でお坊さんが、

 

「昨夜のあなたの乱れようは、凄かったですね」

 

と言ってきました。

 

「本当にあんなに乱れるとは私も思いませんでした。普段はまったくセックスをしていないのと、お坊さんのテクニックと立派な男性器で、何度も極楽浄土を見させて貰いました」

 

と、お坊さんの股間を触りながら、私はお礼を言いました。

 

「今日お帰りですか?」

 

と聞かれて

 

「どうしようか迷ってましたけど、今日も泊まって、明日は観光でもしてから帰ろうかと思ってます」

 

と返事しました。

 

「それはいいですね、じゃあ、昨夜の続きとして今夜もどうですか?」

 

と誘われて、お坊さんは私の旅館に18時に来てくれることになりました。

 

それからは火葬場に付いてから、ずっとお坊さんとのことを考えて、オマンコがジュンジュン濡れてしまいました。

 

着物姿ではショーツをつけていないので、愛液で借りた着物が汚れないか心配でした。

 

クラブのママともエッチな関係?

 

葬式のすべてが終わり、参列した皆さんは、午後4時ぐらいに飛行機かJRで帰っていきました。

 

親族の方から、

 

「これからどうされるの?」

 

と聞かれたので、

 

「久し振りの北陸なんで、今日も宿泊して明日観光してから帰ります」

 

と返事しました。

 

そして夕方18時に、お坊さんが私の宿泊する旅館まで迎えに来てくれました。

 

繁華街の有名なお寿司屋さんに連れていってもらい、日本海の海の幸をいっぱい戴きました。

 

日本酒の大吟醸も飲ませてもらいました。

 

二人で結構な量飲んだと思います。

 

私はお酒には強いほうですが、冷や酒にはかなりご機嫌になってしまいました。

 

その店を出て、お坊さんの知っているクラブに行きました。

 

店に入ると、

 

「あらぁ、お久しぶりね、お元気だったのかしら?」

 

と愛想のよいママが出迎えてくれました。

 

昔はダンサーだったというママは、今でこそ60歳ぐらいだと思いますが、いまだに美人でスラリとしています。

 

会話の内容から、どうもお坊さんとはエッチな関係もありそうな感じでした。

 

「こんな若い娘を捕まえて、いけないお坊さんね」

 

なんてことも言ってました。

 

1時間ぐらい飲みましたが、私は酔った勢いもあって抱いて貰いたくなり、旅館に帰ることになりました。

 

アナルまで開発されてしまいました

 

部屋に入り、お風呂にお湯をためて、すぐにお坊さんに抱きつきました。

 

すでにオマンコからは愛液が溢れてきています。

 

オマンコから流れ出した愛液は、太ももの内側まで垂れてしまっていました。

 

その蜜を味わうために、彼は太ももからオマンコに向かって舐めあげていきます。

 

お坊さんはオマンコを左右に開くと、さらに愛液が溢れ、ジュルジュルと尖った舌先で小陰唇を擦られ、尿口をほじり、オマンコを舐め回します。

 

お坊さんはビチャビチャと卑猥な音を立てながらオマンコに貪りつき、チューチュー吸って胃袋に流し込んでいました。

 

するといきなり、アナルに指を入れ出しました。

 

私はアナルは処女だったので驚き、お坊さんの指を押しだす様に挿入を拒みました。

 

するとお坊さんは舌をあてがい、アナルをペロペロと舐め始めました。

 

菊皺の一筋一筋を舌先でほじくる様に出し入れします。

 

「お願い、お尻は処女なんです、お坊さんの様な巨根は無理です、裂けちゃいます」

 

と哀願しました。

 

でも舐められている内にかなりの快感が押し寄せ、もっといじめてほしいという気持ちになりました。

 

お尻を腰高に突き出すと、激しくオマンコを舐められた時みたいに、ベロベロとアナルを舐め回されました。

 

「ああっ」

 

私は声を上げてしまいました。

 

ついにお坊さんは立ち上がり、その硬直した巨根を取り出しました。

 

愛液と彼の唾液でヌルヌルになったアナルが、亀頭から受け入れていきます。

 

オマンコの時とは違い、やはりアナルではかなりきつく、まさにメリメリと言わんばかりに軋んで挿入されました。

 

「ああっ!いやー!」

 

お尻がキュッ締まる感じがしました。

 

薄い粘膜を隔てて、オマンコの中に彼の指が入ります。

 

指と粘膜を隔てて擦れ合うと、段々と快楽に見舞われ、狂いそうに感じだしました。

 

「ああっ、死んじゃう!はあっ、イクー!凄い波が来てるの!来るーっ、わたしもうダメみたい、だめっ、あーっ!ごめんなさーい!」

 

一気に絶頂に達して、尿道口からも潮をたっぷりと吹いてしまいました。

 

私は失神してしまい、しばらくうつ伏せになってて、何も覚えていませんでした。

 

「大丈夫ですか?私もあなたのアナルに中出してしまいましたよ」

 

生臭い男の精液が、私のアナルから吐き出されていました。