Pocket

 

バック
画像はイメージです

 

(前回の続き)

 

↓ ↓ ↓

 

 

 

お前の処女は俺がもらったんだよ

 

僕は次の日、ミカの様子を見に行くことにしました。

 

とても緊張しました。

 

自分のしてしまった事の重大さを後から実感し、昨日はあまり眠れませんでした。

 

それどころか、

 

(もしかして警察が来るかもしれない)

 

とか、

 

(ミカの仲間が呼び出しに来るかもしれない)

 

とか考えてしまい、不安で仕方ありませんでした。

 

家にいても不安が募るので、朝早くから外に出て、しばらくブラブラしてから早めにミカの家に行きました。

 

もう覚悟を決めて、

 

(どうにでもなれ)

 

と思い、ミカの部屋に入りました。

 

部屋に入ると、ミカはパジャマ姿のままベッドの下に座り込んでいました。

 

僕の顔を見ると、ビクッと反応して立ち上がり、黙ったまま睨んできました。

 

意外な反応でした。

 

僕はてっきり怒鳴られ、蹴られるもんだと思っていました。

 

そうされる覚悟もしていました。

 

しかしミカの反応は、睨みながらも僕に怯えているようにも見えました。

 

ミカは若干震えたような声で、

 

「なんだよ、きもちわりー顔見せんじゃねぇよ」

 

と言ってきました。

 

僕は昨日から、強がってるミカが可愛く思えるようになりました。

 

そして変態扱いにされるのも、逆に快感に思えていました。

 

ミカは睨んでいますが、とても可愛く、愛おしく思い、僕はミカに飛びついてしまいました。

 

そして自分でも気持ち悪いと思うほどの言葉をかけました。

 

「ミカ、愛してるよ、ああ、ミカの体が忘れられないよ、昨日はたまらなかったよ」

 

と言いながら思いっきり抱きついて、ミカの体を触りまくりました。

夏場で薄い生地のパジャマを着ていて、ミカはノーブラでした。

 

パジャマの上からでも肉感がモロに手に伝わってきます。

 

ミカは抵抗して、引っ掻いたり叩いたりしてきましたが、痛みも心地よく感じ、むしろ興奮しました。

 

「てめぇ、マジで殺すぞ!」

 

と怒鳴ってきたので、

 

「ミカ、お前の処女は俺がもらったんだよ、みんなに言うよ?いいのか?お前の裸の画像もあるんだよ?」

 

と耳元で言いました。

 

ミカは一瞬固まり、

 

「てめぇ・・・殺してやる、マジで画像消せよ!ざけんなっ!」

 

と罵声を浴びせてきましたが、今までのミカとは威勢が違いますし、さっきより抵抗が少なくなりました。

 

僕はパジャマの上を捲くり上げて、生おっぱいをモミモミしてから乳首にむしゃぶりつきました。

 

ミカはまだ抵抗していますが、ベロベロ乳首を舐め続けると、ピンピンに勃起しました。

 

「ミカ、乳首すごい立ってるよ、感じてるんだね」

 

と言うと、

 

「ざけんな、んなわけねーだろ、うっ、あっ」

 

と言ってましたが、感じているのに我慢しているようでした。

 

抵抗しながらも濡れていた

 

僕はいつまでたってもミカの抵抗が続くので、パジャマの上を引きちぎり、両手を縛って拘束し、ベッドに固定しました。

 

これでゆっくりミカを責められます。

 

ミカは乳首も敏感で、指の先でコリコリと弄ると、面白いぐらいビクビク反応します。

 

すでに両方の乳首とも、ピンピンに勃起しています。

 

「ミカ、乳首がカッチカチじゃない、気持ちいいんだね?」

 

と自分で言いながら、引くような気持ち悪さでミカに話しかけます。

 

「ざけんなっ、マジでぜってー殺してやる、ああ、うっ、うぐっ、やめろっ、はぁうっ、あんっ」

 

ミカは真っ赤な顔になりながら叫んでいました。

 

僕は今度、パジャマのズボンを脱がせようとすると、ミカは無茶苦茶抵抗してきました。

 

「てめぇっ、マジでやめろおおお!」

 

とかなり暴れて蹴られたりもしましたが、ズボンを抜き取ると、パンツだけになった下半身の股を力ずくで思いっきり広げました。

 

すると予想通り、白いパンティーの中央に大きな染みが出来ているのがはっきり確認できました。

 

ミカは足に力を入れて抵抗していますが、本人は濡れているのがバレて恥ずかしいんでしょう、それだけは僕に見られたくなかったんだと思います。

 

そんなミカに対して僕は、

 

「うわぁ、ミカ、すっごい濡れてるよー、乳首責められて感じたんだねー、うわーコレがミカのマン汁の匂いかー、いやらしい匂いだねー、最高だよ」

 

わざと気持ち悪く、ねちっこい言葉責めをしました。

 

ミカは今回は何も言わずに横を向いて悔しそうな顔をしていましたが、足を閉じようともしていました。

 

僕は顔をミカの股間に近づけ、クンクン匂いを嗅いでからパンティーの上からクリを舐めると、ピクッと動いて、力が抜けるのが分りました。

 

そこで続けて責めると、

 

「うっ、ぐっ、あっ、うっ、やめっ、あっ、んぐっ、あっ、やめろっ」

 

と抵抗しながらも喘ぎ声が混じってきました。

 

まだ逃げようと暴れるので、パンティーを引っ張り下ろして全裸にしました。

 

すでにオマンコはビッショリ濡れていて、クリトリスを直接刺激すると、ミカはビクビク震えて、抵抗どころではありませんでした。

 

そしてクリトリスをベロの先端で高速舐めすると、ミカは完全に抵抗する力がなくなって、本気で感じ始めました。

 

「ああっ、ああああ、ダメッ、ああああ、やめっ、ろおお、ああああ、あああ」

 

と言いながら太ももをプルプル震わせると、あっという間にイキました。

 

イッた後しばらくミカは体に力が入らなくなるので、その間に太ももを持ち上げるようにして、マングリ返しの格好をさせました。

 

ミカは痙攣しながらも、僕を睨んでいました。

 

この体勢はミカの顔を見ながらクンニが出来るので、とても興奮します。

 

クリを指でイジりながらグチュグチュとオマンコを舐めまくると、睨みながらもすぐにまた感じ始めて、立続けにイキました。

 

フェラしてくれるならイカせてやる

 

僕は今日こそはミカにフェラチオさせてやりたいと思っていました。

 

でも今のタイミングでは、ミカに無理やりしゃぶらせたら絶対に噛まれるのがオチです。

 

そこで考えたのは、徹底的にミカを焦らして寸止めし、フェラチオしたらイカせてやる状況に追い込むという方法です。

 

ミカの両手は縛っているので、今度は両足を広げさせた状態でベッドに固定しました。

 

これで、両手・両足が固定されたことになります。

 

そして、舌を使って乳首の周りや脇の下を舐め、指先でソフトに内ももを撫で回しました。

 

内ももを撫でながらオマンコ付近に近づくと、マンコから愛液が溢れてきます。

 

ミカは先ほどから静かになっていて、叫ばなくなりました。

 

しっかりと歯を食いしばり、眉間にシワを寄せて、感じているはずですが、無反応を決め込んでいるようでした。

 

そして、肝心なところを触りそうで触らないという焦らしの作戦は徐々に効果が出てきているようです。

 

触ってない乳首はピンと勃起していて、触ってないいオマンコからは愛液がどんどん溢れてきます。

そして時々乳首やクリトリスをちょっとだけ触ると、

 

「あうっ」

 

と敏感に反応します。

 

ミカがずっと何も言わないので、僕は1時間以上も焦らし寸止めを続けていました。

 

そうするとミカが、

 

「はぁはぁ、てめー、ヤルならとっととやれよ、そんでさっさと帰れ、はぁはぁ、ふざけんな」

 

と言ってきたので僕は、

 

「そっか、じゃあ、もう止めて帰ろうかな」

 

と言うとミカは驚いた表情で、

 

「えっ!?」

 

と言いました。

 

そこで僕は、

 

「ミカがフェラチオしてくれるならイカせてやってもいいよ」

 

と言うと、

 

「ふざけんな、誰がてめーの、汚ねーのなんか・・・」

 

と強がっていました。

 

僕は取り敢えずパンツを脱いで、ビンビンに勃起したチンポをミカに見せつけました。

 

ミカはジッと僕の巨根を見ていて、僕がミカの顔を見ると、目を逸らしました。

 

そしてまた、ミカの体をゆっくりと焦らすように触り始めました。

 

しかしよく見ると、両手と両足を縛っているパジャマがゆるくなっていました。

 

力いっぱい引っ張れば、拘束が解ける気もするのですが、何故かミカは逃げようとしません。

 

(もう逃げようと思ってないな)

 

と僕は確信して、思いきって拘束を解き、シックスナインの体勢を取ろうとしました。

 

もちろんミカは嫌がっています。

 

「ふざけんな、おめえのなんか舐めるか、ばーか」

 

と少し抵抗したんですが、無理矢理押さえ付けると、体勢だけはシックスナインになりました。

 

ミカはまだ何か言っていましたが、僕がクンニを始めると、すぐに喘ぎ出しました。

 

シックスナインの体勢になっても、ミカは頭を横にして、僕のチンポを 見ようとしませんでした。

 

僕はクンニを続けると、ミカはピクピク反応しています。

 

さすがに1時間以上も 焦らされて、イキたくなっているんでしょう。

 

敏感に反応して、自分からオマンコを顔に押し付けてきている感じがしました。

 

でも、フェラチオしないことにはイカせるつもりはないので、イキそうになったと思ったらクンニを止めてました。

 

寸止めを繰り返すとミカも我慢出来なくなってきて、何とかして顔に股間を押し付けてきましたけど、僕は相手にしませんでした。

 

そんなやり取りを何度か続けていると、とうとうミカが僕のチンポを握り出しました。

 

時々離したり握ったりして、ミカが感じてくると強く握るようになってました。

 

そしてミカも我慢の限界が来たのか、僕がクンニを止めた瞬間、亀頭を舐められた感触がありました。

 

とうとうミカが僕のチンポを舐め始めました。

 

僕はさらにオマンコを舐めながら、クリトリスを指で弄っていると、ミカは段々先っちょを咥えようとしていました。

 

ミカの小さい口では僕の巨根は全部咥えることは出来ないと思いますが、それでも一生懸命しゃぶろうとしていました。

 

ミカは昨日まで処女でしたから、当然フェラチオも初めてでしょう。

 

知識だけで色々挑戦していて、他のヤンキーギャルや幸恵に比べたらまだまだ下手くそですが、可愛いミカが僕のチンポをフェラチオしてると思うと、たまらなく興奮します。

 

ミカもイキそうになっていて、声を漏らしながら一生懸命しゃぶっていました。

 

実はドM?

 

僕はミカがとても愛おしくなって、イカせてやることにしました。

 

「ミカ、イカせてやるよ」

 

と言うと意外にも、

 

「えっ、うん・・・あっ、あんっ、ああああ、ダメッ!」

 

と素直になった気がして、今までみたいに

 

「やめろ」

 

とか

 

「ふざけんな」

 

とか、罵声を浴びせる言葉を使わなくなっていました。

 

そして激しくオマンコを責め立てると、

 

「ああっ、あんっ、ああああ、いやああああ、そこっ、ああああ、ダメ、もうダメ、ああ、ああっ、すごっ、ああああ、イクッ、ああああ、イク、うううう、うぐっ、

 

ふぁああああああ、イク、イク、ああああああ、うぐっ、うっ、うっ、ううう、はぁはぁ、んっ、はぁはぁ」

 

ミカは大量の潮を僕の顔に噴きかけて、もの凄くビクビクしながらイッてしまいました。

 

僕はお構いなしにそのまま舐め続けると、ミカは声も出せずに、立続けに3回もイッたみたいです。

 

僕はぐったりして動けなくなったミカを仰向けにして足を開かせ、正常位の体勢で、

 

「入れるよ」

 

と言うと、ミカは無反応でした。

 

たぶん聞こえてるんでしょうけど、まだ僕を受け入れていないのかもしれません。

 

僕はビンビンに勃起した生チンポをミカのオマンコに入れると、

 

「うああああ、あーんっ」

 

と大きな声で喘ぎました。

 

昨日でだいぶ馴れたオマンコに巨根を容赦なく打ち込んでやると、早々とビュッ、ブシャッとハメ潮を噴き出して感じていました。

 

僕は正常位のままミカにギュッと抱きついて、思いっきりキスすると、昨日は必死に抵抗して暴れていたのに、今日は大人しく口を閉じてるだけでした。

 

無理矢理口に舌をいれると、嫌々ながらも舌を絡ませてきました。

 

さすがに

 

「気持ちいい?」

 

と聞いてもそれには答えてくれませんが、時々

 

「ああああ、あんっ、ああ、いいっ、ああああ、すっごい、ああああ」

 

と言うようにはなりました。

 

そしてバックの体勢になって出し入れしている時に、変化が起こりました。

 

ミカの尻を掴んでズボズボとピストンしていたんですが、気が付けば強く尻を掴んでしまいました。

 

おそらく普通の女性だったら

 

「痛いっ」

 

て言うぐらいの強さだと思います。

 

でもミカは、

 

「いやああ、いいっ、すっごい、ああああ、それええええ」

 

と、さっきよりも大きな声で叫んだんです。

 

その時に僕は、

 

(ミカは実はドMなんじゃないのか?)

 

って思いました。

 

何度かAVで見た事のあるけど、

 

(ケツを叩いたりすると喜ぶドM女かも?)

 

僕は試しにお尻をパチンと叩いてみました。

 

ミカは、

 

「ひぃぃいい、ああああ」

 

と言ってるだけでしたが、嫌がってる様子もなく、それよりも段々僕に対して従順になってる気がしました。

 

そこで僕はエスカレートさせて、何度も思いっきりケツを叩いてやりました。

 

僕はミカに対して初めてこんな暴力的な事をしました。

 

叩くたびに興奮する自分がいて、気がつくとかなり強めにミカを叩いていて、お尻が真っ赤になってしまいました。

 

でもミカは、

 

「止めて」

 

とは一言も言いません。

 

僕はさらに興奮してしまい、

 

「何だよ、俺を散々イジメてきたくせに!お前はいやらしくチンポに腰を振り、ケツを叩かれて喜んでる変態女じゃないか!昨日まで処女だったくせに、何度も何度もイキまくって!」

 

と暴言を吐いてしまいました。

 

初めてミカに強気なことを言ったのかもしれません。

 

しかしミカは驚く事に、

 

「ああ、そんな、ああ、いやああああ、ゴメンなさい、ああああ、言わないで、ああああ、いい、すっごいいいの、イッちゃう、もうイッちゃう、イク、イクぅぅううう」

 

と言って泣きながらイッていました。

 

僕の知ってるミカとは別人のようでした。

 

いじめっ子だったヤンキー女子に何度も中出し

 

ミカは尻を突き出したまま、プルプル震えていました。

 

僕はまた突き始めました。

 

「何だよ、今まで散々バカにしてきやがって!イジメてきた俺のチンポがそんなにいいのか?デカいチンポが好きなのか?こんなにビチョビチョにマンコ濡らして、どこまでいやらしい女なんだ!」

 

「ああん、ああ、もう言わないで、ああああ、すごいの、ああああ、気持ちいいの、お願い、みんなには言わないで、何でもするから、お願い、ああんっ」

 

「じゃあミカは僕のペットになれ、いつでもマンコ犯してやるから」

 

「はいい、分りましたああ、ペットになりますっ!、ああああんっ、だから誰にも言わないで、ああああ、気持ちいい、すっごい気持ちいい、セックスって気持ちいい、ああん」

 

「じゃあ、今日も中に出すぞ」

 

「えっ、それは、ああんっ、あっ、ダメッ、できちゃう、あんっ、ダメ、あんっ」

 

「いやなら中学の同級生みんなにこの事バラすからな」

 

「そんな、いやあ、お願いします、ゴメンなさい、それは止めて、あんっ、ああん」

 

「じゃあいいな?思いっきり出してやるからな」

 

「あんっ、ああ、はぁはぁ、分りました、出して下さい、いっぱい、あんっ、出して、ああっ、ああ」

 

「ああ、イクぞ、いいか?もっとお願いしろ、イクぞ」

 

「ああ、はい、いいっ!、いっぱい、出して下さい、ああん、あっ、あっ、中に、ああっ、出してっ!、ああああ、中に出して、ああん、ああ、いい、すごい、ああああ、

 

出して、イクッ!、イク、イクッ、ああああああ、イクぅっ!、ああああ、あっ、あっ、あっ」

 

ミカがイクと同時に、ドックンドックンとたっぷりオマンコの中に精子を注ぎ込みました。

 

この時からもう、昔のイジメられっ子の関係ではなくなりました。

 

その日は、夜まで何度もミカとセックスしました。

 

強気でヤンキーだったけど、綺麗でも有名だったミカの事が好きだった同級生の男子はいっぱいいました。

 

中学の時はクラスでも、

 

「ミカもいつかは誰かとセックスするんだな」

 

なんて男子同士で話していたのを聞いた事もありました。

 

僕もミカみたいな女がセックスする相手なんて想像出来ませんでしたけど、ミカは今、僕に何度もイカされて中出しもされて喜んでいます。

 

みんな僕の巨根に夢中

 

その日を境に、ミカの部屋でヤンキーギャル達の性処理相手をする事はなくなりました。

 

でもギャル達は会わなくなると、個別に僕を呼び出すようになりました。

 

僕にはミカも幸恵もいるので、ギャル達なんて会う必要がないので最初は断っていました。

 

すると、5人いたギャル達の3人は、強気な口調から優しい言葉に変わっていき、

 

「会いたい」

 

とか

 

「お願い」

 

とか言うようになってきました。

 

仕方なく話を聞くと、みんな彼氏がいるんだけど、僕とセックスしてからは彼氏とのセックスが満足できないみたいなんです。

 

僕は幸恵とミカとほとんど毎日セックスしてるので、その合間を縫ってギャル達に会うことにしました。

 

するとギャル達も、個別に会うと今までの態度とまったく違い、どちらかと言うと甘えてきました。

高校生でお金もあまり持ってないので、セックスする場所は夜の公園とか、トイレとかが多かったです。

 

久しぶりにギャル達とセックスすると、狂ったようにイキまくって、

 

「彼氏よりちょー気持ちいい」

 

とみんな言ってました。

 

僕はもうこの3人と会う必要はないので、セックスした時はいつも勝手に中出ししていました。

 

もちろんギャルは最初怒りましたけど、それでも僕に会いたがるんです。

 

「安全日だからエッチしてほしい」

 

と言われるのも当たり前のようになりました。

 

ひどいことに彼氏に貢がせて、そのお金でラブホテルに行って思いっきり中出しセックスすることもありました。

 

ミカにもそのうち、イケメンの彼氏が出来ましたけど、彼氏とセックスした後は必ずというほど僕を求めてきました。

 

ミカも幸恵もヤンキーギャル達も、僕の巨根とセックステクニックから逃れられなくなってしまいました。

 

僕は最高の高校生活を送る事ができました。