Pocket

 

公開セックス
画像はイメージです

 

高校になってもヤンキー女子から呼び出された

 

僕は小学校低学年の時からクラスの男子からイジメられていましたが、高学年になると女子からもイジメられるようになりました。

 

同じクラスに、とても態度が大きいリーダー的なミカと言う女子がいました。

 

しかもミカは顔も綺麗で可愛くもあり、家もお金持ちということもあって、いつもクラスの中心的存在でした。

 

しかし、僕はいつもミカとその取り巻きにイジメられていました。

 

中学生になっても、公立なのでミカと同じ学校になり、僕へのイジメは続きました。

 

しかもミカは中学校に入ったらヤンキーっぽい雰囲気になったので、イジメはもっとエスカレートしました。

 

放課後になるとミカ達の使いっパシリをさせられて、荷物も持たされ、宿題もさせられていました。

 

もう人間としての扱いではなく、家畜みたいな扱いを受けていました。

 

それだけじゃなく、性的なイジメも受けていて、女子の見てる前で公開せんずりをさせられた事もあります。

 

しかも一回してしまうと恒例行事のようになってしまい、何度も公開せんずりさせられました。

 

実は僕は背は小さいほうなんですが、チンポが大きくて困っていました。

 

プールの時間には、男子からも巨根をからかわれていました。

 

大人になれば自慢にもなりますが、子供の時は本当に恥ずかしかったです。

 

でも、いじめられる生活も中学校で終わりです。

 

僕はミカと違う高校に行くことが決まっています。

 

僕は卒業する日を楽しみにしていました。

 

そして高校生になると、僕は同じ中学出身の人が少ない男子校に通っていたので、何の心配もなく高校生活を送っていました。

 

しかし、そんな生活は1学期だけでした。

 

夏休みになると、ミカから携帯に電話がかかってきて、呼び出されてしまいました。

 

行かなければいいんですが、それまでのイジメからの恐怖で、断ることができませんでした。

 

僕は一気にガッカリした気持ちになりましたが、仕方なく呼び出された場所に行きました。

 

そこはミカの家でした。

 

ミカの家はかなりの豪邸で、ミカの部屋が離れになっていたので、他の家族と会うことはありません。

 

僕がミカの部屋に入ると、中はかなり広くて、20畳ぐらいはあったと思います。

 

部屋には女の子だけで6人いて、何故か一人だけ床に正座していました。

 

明らかにミカ達ヤンキー女子とは雰囲気が違って、真面目そうな女の子でした。

 

久しぶりに見たミカはすっかり変わってしまい、髪を金髪に染めていました。

 

周りにいたヤンキー女子もほとんどが染めていて、真っ黒に日焼けしたギャルもいました。

 

僕は昔のいじめられた恐怖がよみがえって怖くなりました。

 

震えているとミカが、

 

「お前童貞だろ?今日で卒業させてやるよ」

 

といきなり言ってきました。

 

嫌がる女子が無理やり裸にさせられた

 

僕は突然のことに、

 

「え?何ですか?」

 

と聞くと、ヤンキー女子達はニヤニヤしていました。

 

そして一人のヤンキーが、正座してる女の子を蹴飛ばして、

 

「おい、服脱げ!」

 

と命令しました。

 

僕はやっと状況を理解しました。

 

(ここに正座してる女の子は、ミカ達のイジメに遭ってるんだ。そして新旧のイジメの対象がこの部屋に呼ばれたんだ)

 

イジメられてる女子は、幸恵(さちえ)と言われていました。

 

幸恵は泣きながら拒否していましたけど、皆に押さえつけられて、無理矢理服を脱がされ、全裸にされました。

 

ひどい状況ですが、僕は初めて目の前で女子の裸を見たので、あっという間にチンポが勃起してしまいました。

 

するとミカは、僕にも裸になるように命令してきました。

 

僕はミカに逆らうことができないので、言われた通り裸になりました。

 

僕の勃起した巨根を初めて見たヤンキー女子は小声で、

 

「マジででけー」

 

と言っていました。

 

そしてミカに命令されて、僕と幸恵はキスをさせられました。

 

僕はミカに命令されると、絶対に断れませんでした。

 

幸恵と言う女の子には申し訳ないですが、僕は嫌がる幸恵に無理やりキスしました。

 

幸恵は必死で、

 

「いやっ!いやっ!」

 

と言いながら顔を左右に振っていましたが、ヤンキーに押さえられたので、僕は舌を入れてキスをしました。

 

僕のチンポはビンビンに勃起していて、すでに我慢汁が出ていました。

 

僕が幸恵にキスをした後、皆から

 

「胸を舐めろ」

 

と言われたので舐めました。

 

幸恵は小さく震えていて、ついに泣き出してしまいました。

 

幸恵には申し訳ないんですが、僕はその時すごく興奮していて、少しミカに感謝したぐらいです。

 

どうしてかというと、幸恵は結構可愛くて、真面目そうで僕の好みの女の子だったんです。

 

こんな事でも無い限り、僕が女の子とセックスできる機会なんてあり得ません。

 

僕は夢中で幸恵の乳首を舐めまわしました。

 

周りではミカ達が茶化したりしている中、幸恵は泣きながらも乳首を固くしていました。

そして今度は幸恵のオマンコを舐めるように命令されました。

 

もう心臓がドキドキしました。

 

それまではインターネットでしか見た事無かったので、目の前で見る初めての女性器でした。

 

周りのヤンキー女子も協力して、幸恵の足を広げました。

 

もちろん激しく抵抗していましたけど、ミカに怒鳴られて大人しくなりました。

 

と言うよりも、脱力したような感じでした。

 

そして僕は興奮しながら、じっくりと幸恵のオマンコを見つめました。

 

初めての感想は、

 

(何がどうなってるのかよく分らない)

 

でした。

 

幸恵は以外と毛深くて、足を開いただけの状態ではビラビラも閉じていたので、どこが穴なのか、どれがクリトリスなのかもよく分りませんでした。

 

初めてのフェラチオで大量射精

 

すると、日焼けしたギャルが、

 

「取り敢えず指で広げてみろ」

 

と言ってきたので、僕は指でビラビラを広げてみました。

 

そしたらオマンコの中が見えてきたので舐めようとすると、そのギャルが色々と場所の説明をしてくれました。

 

最初にクリトリスを舐めるように言われたので、僕はよく分からないながらも一生懸命舐めました。

 

幸恵は何も反応しませんでした。

 

当然かもしれませんが、幸恵は全く濡れていませんでした。

 

ただ僕が舐めたせいで、唾液でベチャベチャになっていましたが、その時は良く分かりませんでした。

 

その頃から、幸恵はまったく抵抗しなくなりました。

 

次はオマンコに指を入れろと言われたので、指を入れました。

 

幸恵は痛そうな顔をして我慢していました。

 

だから全然濡れないので指を入れづらく、途中で止めてしまいました。

 

すると今度は僕が寝かされ、幸恵に僕のチンポを舐めるように命令していました。

 

僕はこの時にはすでに、幸恵に対して可愛そうという感情がなくなってしまっていて、早くチンポを舐めてほしくてたまりませんでした。

 

幸恵は泣きながら僕の勃起した巨根を両手で掴むと、小さい口に無理矢理入れられていました。

 

でも、僕のチンポは幸恵の口に入る大きさでは無かったので、先端だけを含んでモゴモゴしたり、ペロペロと亀頭の周りを舐めていました。

 

僕はそれだけでも初めての快感だったので、めちゃくちゃ気持ちよくて興奮してしまい、あっという間に射精してしまいました。

 

何も言わずに射精してしまったので、幸恵の顔やミカの部屋の床に大量に飛び散ってしまいました。

 

僕は性欲も強く精子の量が多いので、その時はミカに蹴られてしまいました。

 

一回射精してしまいましたが、フェラチオしてもらった興奮が続き、すぐにまた勃起しました。

 

ヤンキー女子に囲まれて公開セックスショー

 

次はいよいよ本番セックスです。

 

もちろん僕も幸恵も初めてです。

 

幸恵は大人しくなっていましたが、さすがにこの時だけは必死で抵抗していました。

 

しかし、四人がかりで押さえられてしまい、観念したのか大人しくなりました。

 

僕は言われるがままチンポを幸恵のオマンコに入れようとしたのですが、まったく入らなくて困りました。

 

大きさも全然合いませんし、なにより幸恵のオマンコは濡れていません。

 

するとミカが部屋を出ていき、戻ってくるとローションと思われるボトルを持ってきました。

 

そして下にバスタオルを敷いて、僕のチンポに大量にローションをかけました。

 

初めてかけられたローションは、正直気持ち悪いと思ったんですが、言われるがままにオマンコに挿入すると、さっきとは違ってチンポの先端が少し入りました。

 

それでも幸恵はかなり痛いみたいで、泣き叫んでいました。

 

しょうがないので、時間をかけて奥までゆっくり挿入し、何とか入れる事が出来ました。

 

だいぶ時間をかけたので、正直言ってその時はあまり気持ち良く無かったです。

 

ただひたすら疲れました。

 

そして今度はチンポを引き抜くと、竿の部分に血が着いていました。

 

それを見た時は、

 

(本当に血がでるんだ)

 

って思い、なんか生々しくてちょっとだけ引いてしまいました。

 

そして何回か出し入れを繰り返すと、だんだん気持ち良くなってきて、ついには異常なほど気持ちよくなりました。

 

でも幸恵は、必死で痛みに堪えているようです。

 

僕は、

 

「もう出る、出ちゃう!」

 

と言うとミカが、

 

「いいよ、中に出しちゃえ」

 

と言いました。

 

幸恵は必死で首を振って嫌がっていますが、その時にはもう遅く、僕は幸恵のオマンコの中に大量の精子を放出していました。

 

そしてあまりの気持ち良さに、幸恵に抱きつくように倒れ込み、ビクッ、ビクッと痙攣しながら射精していました。

 

周りのヤンキーからは、

 

「気持ちワリー」

 

とか

 

「きったねー」

 

とか言う声が聞こえていましたが、この時はそんなのどうでもいいと思う程めちゃくちゃ気持ち良かったです。

 

結局その日はそこまでで、セックスが終わったら掃除をさせられ、ミカの部屋を追い出されました。

 

幸恵も僕と一緒に追い出されました。

 

僕は幸恵に必死に謝りましたが、幸恵は無言で帰っていきました。

 

いじめられっ子同士で付き合うことに

 

しかし、それは夏休みの序章にしか過ぎませんでした。

 

なぜなら、翌日から僕と幸恵は、毎日ミカ達に呼び出されるようになってしまいました。

 

そして、毎日幸恵と公開セックスショーをさせられて、それをミカの友達みんなに見せていました。

 

幸恵は最初のうちは嫌がっていましたが、毎日セックスし続けていると、5日目ぐらいからローションが不要になるぐらい濡れるようになりました。

 

そしてだんだんと感じるようになってきたみたいで、必死で声を押さえてるふうにも見えました。

 

僕も余裕が出てきて、公開セックスショーにも馴れてきたので、自分から体位を変えたりして楽しんでる部分もありました。

 

そして何日も経ってそんな関係に馴れてくると、見ているヤンキーの様子も見えるようになってきました。

 

今まではひたすら幸恵とセックスしていましたけど、幸恵のオマンコに挿入するあたりから、周りのヤンキー達の様子がおかしい事に気付きました。

 

今までは散々茶化したり騒いでいたのに、段々と静かになっていき、よく見るとスカートのポケットに手を突っ込んで、オマンコを弄ってオナニーしているように見えるヤンキーもいます。

 

ズボンを穿いてきているギャルも、足を閉じてモゾモゾさせ、股間を擦り合わせるようにしていました。

 

どうやら僕達をイジメの対象というよりも、ストリップショーのように見ている感じでした。

 

夏休みも中盤になってきたころ、ほとんど毎日のように幸恵と公開セックスショーをさせられていました。

 

そして周りのヤンキー達の中には、堂々とオナニーをするようになったギャルもいました。

 

しかしミカだけは、そんな素振りも見せませんでした。

 

実はその頃には、僕は幸恵と付き合っていました。

 

めちゃくちゃな出会い方ですけど、考えると自然な流れでした。

 

それは毎回僕と幸恵は一緒に部屋を追い出されて二人きりになる時間があり、そして毎日のようにセックスしている関係の二人ですから、そうなるのが自然ともいえます。

 

最初はセックスを嫌がっていた幸恵も、日を追うごとに感じるようになり、いつしか僕の巨根の虜になっていました。

 

とてもまともな恋愛じゃありませんでしたけど、結果的に僕たちはすごく愛しあっていました。

 

もちろんミカ達には内緒です。

 

ギャル達が顔面騎乗で迫ってきた

 

ある時、ミカの仲間の一人がセックスショーの最中に、

 

「あたしこいつに舐めさせよっかな」

 

と言い出しました。

 

すると周りのヤンキーも笑いながら、

 

「いーじゃん、結構クンニ上手いんじゃね?」

 

と言い出しました。

 

僕は何も言わずに黙っていると、言い出したヤンキーが、

 

「こいつに見られんのキモいから目隠ししようぜ」

 

と言って、僕はタオルで目隠しされた後に、

 

「舐めろ!」

 

と言って僕に顔面騎乗で跨ってきました。

 

幸恵が見ていますが、仕方ないのでギャルのオマンコを舐めました。

 

いつも幸恵のオマンコを舐めているように・・・

 

するとギャルは、さっきまで威勢がよかったのに、

 

「あんっ、ああっ!ああ~、何こいつ、あんっ!超やばいんだけど、あんっ、ああっ!」

 

と喘ぎだしました。

 

そのギャルは幸恵よりも全然濡れやすくて、すぐに愛液でオマンコがベチャベチャになりました。

 

周りのヤンキーに、

 

「すげー濡れてんじゃん!」

 

って言われると、

 

「濡れてねーよ!こいつの唾液だろ!」

 

と強がっていましたが、完全にこのギャルの愛液でした。

 

僕は今までの復讐というわけじゃないですけど、そんな気持ちで無茶苦茶に舐め回してやりました。

 

すると、

 

「あっ、あっ、何こいつ、あんっ!ムカつくんだけど、あんっ、いやっ!ああっ、やだ、イク、イクっ、ああっ!イクッ、ああーーっ!」

 

顔面騎乗してきたギャルは激しく痙攣し、僕の顔に思いっきりオマンコ擦りつけながらイッてしまいました。

 

すると、それを見ていた他のヤンキーも、

 

「あたしもやろうかな」

 

って言って出てきました。

 

おそらく、みんな毎日セックスショーを見て性欲がたまっていたんだと思います。

 

そして新しいギャルが僕の顔に股がってきました。

 

目隠しされていますが、濡れたオマンコを口に擦り付けてくるのですぐに分かります。

 

僕はさっきと同様に、夢中でベロベロ舐めました。

 

「あっ、ああっ、あんっ、やばい!あんっ、何これ、あんっ、ああ、ああっ!彼氏よりちょー上手いんだけど、あんっ、ああっ、あっ、あん、ああーーっ!」

 

僕は毎日幸恵とセックスするようになって、幸恵がどうやったら気持ちよさそうにしているか色々実戦していたので、それが思わぬ所で発揮されてしまいました。

今まで一度もイッた事がないというヤンキーも、あっという間にイカせてやりました。

 

「あっ、ああん、うそっ!ああん、ああっ、ああ、こいつやだ、ああっ!彼氏より全然上手い、ああっ、イク、イクっ!ああーー、イク、ああっ!」

 

その日からは今までと違い、僕が呼び出される理由が変わりました。

 

ヤンキーギャル達は僕の巨根でイキまくり

 

それから幸恵はミカの家に呼ばれなくなり、僕だけが呼ばれるようになりました。

 

部屋に入ると全裸になり、目隠しをされて、毎日のように集まるギャル達のオマンコを舐めさせられました。

 

大体5人位のギャルが交代しながら、顔面騎乗で僕に股がってきます。

 

一人一回とは限らないので、貪欲なギャルは何回もクンニさせてきます。

 

何日もクンニしていると、目隠ししていても声で誰だか判別がつくようになり、そのギャルの感じやすい所も分かってきて、短い時間でイカせる事が出来るようになりました。

 

両手が自由だったので、手探りでおっぱいやアナルを触りながらクンニすると、以外にも怒られることもなく、そのまま触りながらイカせました。

 

それからは、比較的自由に触りながら、オマンコを舐めてイカせていました。

 

毎日のようにクンニを繰り返すと、かなり上達したみたいで、ギャル達が話していたのを聞くと、

 

「彼氏じゃなかなかイカないのに、こいつだとすぐイク」

 

とか

 

「やみつきになってヤバい」

 

とかしゃべっているのが聞こえてきました。

 

毎回彼女達が満足するまで、何度もイカせて帰りました。

 

ただし、ミカだけは絶対に参加しませんでした。

 

周りのギャルに薦められても、

 

「あたしこいつが小っちゃい頃から知ってるし、マジでキモいんだよ!」

 

と頑なに拒否していました。

 

ただ、ミカが席を外してる時のギャル達の会話を聞いていると、どうやらミカだけが処女らしくて、それを皆に隠してるみたいですが、皆は知ってるらしいです。

 

(女は恐い)

 

と思いました。

 

あんなに仲良しにみえるのに、居ないとこでは何を言うか分りません。

 

そして僕は解放されると、遅い時間でなければ幸恵に会いにいきます。

 

そして幸恵といっぱいセックスします。

 

もちろん幸恵は、僕が何をしてきたか知っているので理解してくれています。

 

幸恵も僕のクンニのテクニックが上達したことに喜んでくれて、何度もイクようになりました。

 

そしてある日、いつものようにミカの部屋でギャル達の性欲処理をしていた時のことです。

 

「つーかこいつのチンコでけーしな、あたいの彼氏これの半分もねーんだけど・・・ちょっと入れてみよっかな」

 

と言い出しました。

 

他のギャル達は

 

「マジで?入れちゃう?」

 

とノリノリな感じで言っていました。

 

僕はどうなるか心配でしたが、彼氏とのセックス用に携帯しているコンドームをつけることになり、結局僕のチンポを入れることになりました。

 

しかし、僕は巨根なのでなかなかコンドームが装着できず、しかも破れてしまったので、

 

「もう、いいや!」

 

って言いながら、生で僕のチンポに跨って挿入しているようでした。

 

「うわっ、何これ!入んない、痛っ、すげっ、はぁはぁ、超固い、何これ、あっ、ヤバいヤバい!ああーっ、マジすっげぇ、ああーーっ!」

 

「マジで?どう?気持ちいいの?」

 

「ヤバい、すっごい奥まで刺さる、しかもちょー固い、彼氏より全然気持ちいいわ、あんっ、ああーっ!イイ、すっげぇでかい、ああああ、あんっ!」

 

ギャルは激しく腰を動かして、あっと言う間にイッてしまったみたいです。

 

さっきまであんなに強気な態度だったのに、イッた瞬間は僕の胸に抱きつきながら小さく震えていました。

 

そしたら、それを見ていた他のギャルも、僕のチンポに股がってきました。

 

「痛っ、うわっ、よくこんなデカいの入ったな、ヤバい!あっ、うっ、はぁはぁ、すっごいこれ、あんっ、ああーっ!すっごい、ああーー、奥までくるっ、あんっ、ああーっ!」

 

そのギャルも、激しく腰を振り出しました。

 

「やばい、何なのよこいつ、このチンコすごいっ、ああん、あっ、ああ、ホント彼氏より全然いい、ああ、ヤバい、もうイキそう、ああっ、イキそう、ああ、ああーっ、あんっ、ああ、ヤバい、イク、イクっ、あああーー、イク、ああーーっ!」

 

二人目もすぐにイッてしまい、同じように僕にしがみついてきました。

 

結局この日は、ミカを除く他の5人のギャル全員とセックスしてしまい、僕の経験人数は一気に6人まで増えました。

 

最初は僕と幸恵にセックスショーをさせていたギャル達は、最終的に僕をチンポ奴隷の性欲処理係として使うようになりました。

 

僕は毎日のようにギャル数人を相手にセックスしていましたが、僕がイクかどうかは関係なく、ギャルが満足すれば終わりなので、その後は幸恵ともセックスしていました。

 

性的イジメとはいえ、毎日のように5人以上の女子高生とセックスしていると、童貞を捨てたばかりの僕でも、セックステクニックがメキメキと成長していきます。

 

僕もギャル達をもっとイカせてやろうと、自分でもテクニックを勉強するようになりました。

 

そのせいか幸恵に対しては、潮吹きやアナルセックスまで出来るようになりました。

 

ミカの仲間のギャル達も簡単にイカせる事が出来るようになり、経験の少ないギャル達の彼氏には、テクニックでもチンポのデカさでも絶対に負けない自信があります。

 

ギャル達も心と体は別のようで、僕の巨根とテクニックを求めてくるようになりました。

 

(次回に続く)

 

↓ ↓ ↓