Pocket

巨根の高校生
画像はイメージです

 

華奢な少年のおちんちんが立派だった

 

私は32歳の主婦です。

 

あれは9月に入った蒸暑い日の昼過ぎでした。

 

雷が鳴ったと思ったら、急にバラバラと音を立て、激しい夕立が降ってきました。

 

しばらくして私は洗濯物を干したままなのを思い出し、急いで取り込みに裏庭の物干し場に行くと、軒下に男の子が立っていました。

 

「あら、どうしたの?」

 

と声をかけると、

 

「突然の雨で濡れちゃって」

 

と困った顔をしています。

 

あどけない顔の少年は、全身ズブ濡れで立ち尽くしています。

 

「まぁ、かわいそうに。急な雨だし、傘を持ってなかったのね」

 

私はまだ高校生と思われる少年が可愛そうになって、家に招き入れました。

 

少年は下校途中だったらしくて、タオルを渡して頭を拭きましたが、服もかなりビショ濡れで、袖の先からポタポタとしずくが垂れているほどです。

 

私は、

 

「まぁ、大変!中までビショビショじゃないの?これじゃ風邪引いちゃう!」

 

と上着を脱ぐように言いました。

 

Yシャツもズボンも、かなり濡れてしまっていて、少年はくしゃみをしました。

 

「とりあえず、シャワー貸してあげるから浴びてきなさい。その間に乾燥機で乾かしてあげるから」

 

少年は最初遠慮していましたが、私が3回ほど促すと脱衣所に行きました。

 

「ほら、早く濡れた服を脱いで!」

 

と言うと、少年は私に背を向けてパンツまで脱ぎました。

 

少年が浴室の扉を開けて入って行く時に、股の間からぶら下がっているものが見えました。

 

少年は華奢な体格ですが、おちんちんはとても大きく立派なものでした。

 

私は一瞬で体が火照ってしまいました。

 

脱いだ服を乾燥機に入れ、すりガラス越しに浴室内を見ると、シャワーを浴びる少年の姿が映っています。

 

すりガラス越しでも、巨根の先からボタボタとお湯がしたたっているのが分かります。

 

私は興奮して荒い息を吐きました。

 

結婚したのは4年前です。

 

毎日濃厚なセックスを楽しんでいたのに、私は妊娠しませんでした。

 

妊娠しない私が不妊症だと、病院の検査で分ったのが約1年前のことです。

 

子供を望んでいた主人はその日を境に別人のように変わり、帰宅が毎日のように深夜になり、私が使っていない香水の香りを感じることもありました。

 

辛かったですが、自分に非があると思って我慢しています。

 

しかし、不妊症でも感じるところは感じるのです。

 

私の体はどんどん欲求不満がつのっていきました。

 

そんな中に現れた、若い男性の立派な巨根を見てしまい、いけない気持ちがふつふつと起こってきました。

 

(もう1年も・・・ご無沙汰だわ・・・)

 

そう思うと、今にも全裸になって浴室のガラス戸を開けてしまいたい!

 

少年に抱きつきたい!

 

(で・・・でも・・・い、いけない・・・で・・・でも、でも・・・・あぁ・・・・)

 

すると、

 

ガラッ!

 

扉が開く音で、私はハッとしました。

 

私がいることに驚いた少年は、全裸のままバツが悪そうに立っています。

 

「ご、ごめんなさい!」

 

私は用意しておいたバスタオルを渡し、すぐに脱衣所から出ました。

 

急いでリビングに戻った私は、正面からモロに見てしまった少年の巨根が目に焼きつき、両手を顔に当ててソファーに座り込んでしまいました。

 

体が火照って誘惑しました

 

もう胸はドキドキで、体はカーッと火照っています。

 

リビングに少年が入ってきた気配を感じたので私は顔を上げると、幼い顔の少年は笑顔で、

 

「ありがとうございます」

 

と言ってくれました。

 

少年は腰からバスタオルを巻いた格好で、上半身は裸でした。

 

「あ、乾かしてる途中だから、何か着るものを持ってくるわ」

 

「いえ、いま暑いから、このままでいいです」

 

気がつくと、少年の目がチラチラ私の胸元を見ているようでした。

 

「ん?・・・」

 

「あ・・・いえ・・・・」

 

私が振り向くと少年は目をそらすけれど、やっぱりチラチラ見ています。

 

高校生の男の子からすれば、私なんかおばさんに見られてると思ってましたが、これはチャンスとばかりに、私は思い切って誘惑しました。

 

「・・・ふふ、興味あるの?」

 

「え?・・・」

 

少年は、顔を真っ赤にしてうつむきました。

 

「見たい?」

 

「・・・いや・・・その・・・」

 

私は、自分の中で何かが弾けたようにときめきを覚え、心が踊りました。

 

ボタンを外し、ブラウスを脱いだ私のブラジャー姿を、少年はじっと見つめています。

 

私はソファーの上で後ろ向きになり、

 

「触ってもいいのよ」

 

と言ってしまいました。

 

自分でも、ここまで大胆になれたことにビックリです。

 

少年は恐る恐る手を伸ばしてきて、ブラジャーの上からおっぱいを触りました。

 

「ふふ、直接触りたい?」

 

少年にフブラのフックを外させ、ぷるんと露になったおっぱいを、背後から両手で掴ませると、

 

「ほら、女性の胸は、こうやって揉むのよ」

 

私は少年が掴む両手の上に手をやって、下から押し上げるように回しながら、ゆっくりと力を入れました。

 

背中に少年の胸板を感じながら、しばらくおっぱいを揉まれ続けると、興奮して両乳首がピンと勃起してしまいました。

 

「あん・・・そう・・・上手よ・・・とっても上手」

 

時々少年の指先が、完全に勃起した乳首を触ってきます。

 

「あっ!・・・い・・・いいわ・・・あん・・・た、たまらない・・・」

 

私はもう、頭の中が真っ白になって、

 

(未成年、しかも高校生の男の子に、こんな事させてはいけないのに・・・)

 

と頭の中では分っていても、もう止められず、女としての欲望に突き進むしかありません。

 

あっけなく中出し

 

私は自分から、おっぱいを揉む少年の右手を取って下半身に誘導し、スカートを捲くらせて、白いパンティーの上から、オマンコを触らせてしまっていました。

 

少年に左手で左のおっぱいを揉まれ続けられながら、右手でオマンコをまさぐられた私は、もうメロメロです。

 

とうとう自分から服を脱ぎ捨て、スッポンポンの産まれたままの姿になって、ソファーの上で、少年の目の前に両足を大きく広げるという、大胆な行動を取ってしまいました。

 

少年の目は、初めて目の前で見るのかもしれないオマンコに集中しています。

 

すでに腰から巻いたバスタオルは床に落ち、私に興奮している少年の巨根は驚くほど屹立しており、華奢な体とは不釣合いなほど、隆々とそそり立っています。

 

(すごい!・・・こんな立派なおちんちん、初めてだわ・・・)

 

私は少年をソファーに仰向けにさせ、馬乗りになって、巨根をオマンコにあてがいました。

 

「は~ん!・・・あ・・・あ~・・・」

 

腰を落とすといきなり、脳天が痺れるほどの快感が襲ってきました。

 

腰を上下させる度に、ズブズブといやらしい音を立てて、私の体の奥深くまで快感が襲ってきます。

 

すると何回か上下させた時、生温かいものをオマンコの中に感じました。

 

(あっ!・・・出ちゃったかな?)

 

若い高校生ですから、仕方がありません。

 

腰を上げておちんちんを引き抜くと、ドロリと白い精液が溢れ出てきました。

 

何度も求めてくる少年

 

少年は仰向けのまま、真っ赤な幼い顔で私を見つめていました。

 

私は、可愛い目に視線を合わすと、

 

「気持ちよかった?」

 

と聞きました。

 

少年は、

 

「はい」

 

と答えてくれました。

 

ティッシュを取っておちんちんを拭いてあげた後、私もオマンコを拭いていると、急に少年は私に抱きついてきました。

 

「え?」

 

少年は今度は、私を仰向けにソファーに押し倒すと、上から覆いかぶさって抱きついてきました。

 

太ももに硬いものを感じました。

 

(まぁ!・・・こんなに早く)

 

「いいわ、じゃ、今度は私が下ね。こうしてね」

 

私は仰向けで足を少し広げ、少年の巨根に手を添えてオマンコに当てると、腰を前に動かす様に教えました。

 

「あ~ん!」

 

少年は、突き入ったままじっとしています。

 

「前後に動かしてみて」

 

と言うと、少年はゆっくりと腰を前後に動かし始めましたが、徐々にスピードを上げていきました。

 

何回かピストンした後には、私に声を出させるまでになっていました。

 

「あ・・・ああぁぁぁん!・・・す、すごい・・・気持ちいい!」

 

今度は、さっきよりも長持ちしました。

 

2回目の射精が終わり、丁寧に拭き終わったころ、少年はまたムクムクと勃起していました。

 

「え?・・・も、もうなの?」

 

今度も、私が受けとめる形で挿入してきました。

 

「あっ・・・あうん・・・あっ・・・あっ・・・・」

 

今度は腰をズボズボ突っ込みながら、両手を伸ばしておっぱいを揉んできました。

 

私はあまりの快楽に、段々と全身の力が抜けていくような気がしました。

 

「はぁ、はぁ、はぁ・・・」

 

少年は3回目の射精が終わっても、すぐにまた私の体を求めてきました。

 

「はぁ、はぁ・・・ちょ・・・ちょっと待って!」

 

少年が4回目の射精を迎えたとき、私はとうとう、イッてしまいました。

 

指でもイカされました

 

少年はクリトリスの存在も知っていたみたいで、私がブルッと全身を震わせたので、何度もクリを刺激するようになりました。

 

私は、クタクタに疲れてしまったので、体が言う事をきません。

 

それなのに、少年は、またも私を求めてきたのです。

 

「も、もう止めて!・・・お、お願い」

 

やっとそれだけ言うと、私はソファーから転げ落ちるように、床の絨毯にうつぶせに寝転がりました。

 

するとオマンコの割れ目の間に、少年の手の感触を感じました。

 

「・・・え?・・・な、なに?」

 

言葉にならない声でつぶやくと、オマンコの中に、おちんちんではない感触を覚えました。

 

「あっ・・・うん・・・」

 

うつ伏せのままの私は、オマンコの中を自由に動き回るものが、少年の指だと分るのに時間はかかりませんでした。

 

「ひあっ!・・・そ、そんな・・・」

 

オマンコの中で少年の指が動き回るたびに、私は段々と腰をくねらせてしまいました。

 

堪らなくなってお尻を突き上げると、少年の指がまたクリトリスを刺激してきます。

 

「あんっ!・・・あぁぁ・・・あぁぅぅぅぅぅ・・・」

 

気がつくと、私は絨毯の上で仰向けのまま、天井の蛍光灯の眩しさを覚えました。

 

ヨロヨロと起き上がると、ガクガクと震える足の間から、何度も中出しされた少年の精液が、ポタポタとしたたり落ちました。

 

窓からの日差しは途絶え、もうすっかりと夜のとばりでした。