Pocket

 

包茎チンポ
画像はイメージです

 

後輩女子が看病に来てくれた

 

俺は大学3年生の時、アパートで一人暮らしをしていた。

 

ある日、かなりひどい風邪を引いてしまい、熱も出てるのでベッドに寝ていた。

 

結構な高熱だったので、大学にも行けなかった。

 

その時の俺は彼女と分かれたばかりだったので、食事も取ることができない状態だった。

 

二日間ずっと風邪で寝込んでいるとき、夕方くらいに玄関のインターホンが鳴った。

 

ふらふらしながらベッドを出て玄関を開けると、大学の後輩の千夏が立っていた。

 

「おー、どうした?」

 

「二日間も学校に来てなかったからちょっと心配になって。E(俺)さん、風邪ひどいの?」

 

千夏は心配そうな顔で言ってきた。

 

「ああ、サンキュー、大丈夫とは思うけど、まだきついかな」

 

俺はまだ熱があるため、頭がボーっとしていた。

 

「ごはんきちんと食べてる?」

 

千夏はいつも俺には半分ぐらいタメ口だった。

 

「うーん、ほとんど食ってないかな」

 

「やっぱり!わたしお粥か何か作りますね」

 

「え?いや、いいよ。なんか悪いし、風邪うつるぞ」

 

「大丈夫、大丈夫!おじゃましまーす」

 

そう言うと千夏は勝手に部屋に上がって来た。

 

俺は本当にきつかったので、後輩の相手をする気力もなく、正直言って帰って欲しかったという気持ちもあった。

 

しかし、メシを食ってないのも事実なのでここは千夏に甘えることにした。

 

俺は、

 

「俺マジできついから、すまんけど寝ててもいいかな?」

 

千夏は、

 

「もちろん寝てて下さい。出来たら起こしますね」

 

俺はベッドに入り、すぐに眠りに入った。

 

やはりきつかったので、かなり爆睡してしまった。

 

どれくらい時間が経ったのか、気が付くと、千夏の声で起こされていた。

 

それでも眠気が取れず、横になったままボーっとしていた。

 

「うーん、大丈夫かなー」

 

と言いながら、千夏は俺のおでこに手を当ててきた。

 

「あら、結構熱あるね。それにすごい汗!」

 

そう言うと千夏は、

 

「着替えどこですか?」

 

と聞いてきたので、俺が指をさすと千夏は適当に着替えとタオルを取り出した。

 

しかも、

 

「汗拭いてあげるね」

 

と言ってきた。

 

俺は驚いて、

 

「いや、いいよ、それぐらい自分でするし」

 

と言った。

 

しかし千夏は

 

「いいから、いいから!病人なんだからー」

 

と言いながら俺のシャツを脱がしてきた。

 

包茎がバレた

 

俺はベッドに仰向けで寝ている状態である。

 

マジで動くのも辛かったので、

 

(まあいいか)

 

と思考回路もほとんどボケた状態だった。

 

千夏は俺の首から胸にかけてタオルで拭いてくれた。

 

うつ伏せになって背中も拭いてもらい、お腹の辺りも拭き終わると、千夏は俺のスウェットに手をかけてきた。

 

「ちょっとだけ腰浮かせてね」

 

俺は軽く腰を浮かせた。

 

ちょっと恥ずかしくもあったが、やっぱり熱のせいで思考回路がおかしくなっており、されるがままだった。

 

というより、むしろ楽で助かった。

 

千夏は俺の足の先から膝、太ももを拭いてくれた。

 

性的な感じではなく、本当に気持ちよかった。

 

足を拭き終わると、千夏は少し考え込む様子で、

 

「まあしょうがないか」

 

と一人でつぶやき、俺のトランクスに手をかけてきた。

 

「パンツも汗で濡れてるから交換しますね」

 

と言ってきた。

 

思考回路がボケていた俺だが、さすがにそれはまずいと思い、

 

「それはいいよ!自分で穿き変えるよ!」

 

と言って千夏の手を掴んだ。

 

千夏は、

 

「もうパンツ見ちゃってるし、今更何言ってんのー。病人なんだし、全部してあげるから寝てて!恥ずかしがらないの、先輩でしょ!」

 

というような、訳の分からないことを言ってた気がする。

 

でもやっぱりきつかったので、それ以上抵抗できなかった。

 

千夏は俺のトランクスを一気に下げて、足から抜き取った。

 

俺は今、真っ裸で後輩の女の子の前で横になっている。

 

千夏は俺の股間をチラッと見ると、”あっ”という顔をした後にニヤついて、

 

「先輩、なんか・・・可愛い」

 

と言った。

 

実は俺は仮性包茎であり、しかも今は風邪を引いて熱もあるので元気がない。

 

つまり、いつもよりもふにゃふにゃチンポになっていたのだ。

 

千夏は俺の顔を見て、

 

「Eさんの・・・なんか可愛い」

 

って言ってきやがった。

 

俺は恥ずかしくて、ただでさえ熱で赤い顔が、更に赤くなったと思う。

 

俺は焦って、なんか言わなきゃと思い、

 

「お、おう、今熱あってだいぶちっちゃくなってるし、包茎やしなー」

 

と言ってしまった。

 

それを聞いて千夏は、

 

「え?これが包茎なんですか?へぇーそうなんだー」

 

と妙に嬉しそうな顔して言った。

 

「包茎っておちんちんが皮被ってるってやつですよね?」

 

と興味ありげに聞いてきた。

 

「あ、ああ、そうだよ」

 

と、俺は結構焦りながら答えた。

 

更に千夏は、

 

「へぇー、Eさんて包茎なんだぁ」

 

とニヤニヤしながら言ってきた。

 

俺は恥ずかしくて、

 

「いいじゃねーか、うるせーなー!」

 

と軽く怒った口調で言った。

 

タオルで拭かれて包茎チンポが勃起

 

千夏は

 

「そんな怒らなくても・・・わたしこれ、可愛くて好きかも」

 

と言った。

 

俺は何も言えなかった。

 

さらに千夏は、

 

「先の方まで被ってるんですね~。あ、でもおしっこの穴が見えた」

 

などと言いながら俺のチンポを観察していた。

 

そして、

 

「先輩、風邪引いてからお風呂入ってないでしょ?ここも拭いてあげますね」

 

と言うと、お湯で絞ったタオルで、俺の金玉袋からチンポにかけて拭いてきた。

 

俺は温かいタオルと拭かれている気持ちよさで、若干チンポが勃起してきた。

 

「あれー、大きくなってきたー」

 

「そら大きくもなるだろ。触られてんだから」

 

更にチンポを観察しながら、

 

「先っちょが、ちょっと顔出してきたよ」

 

と言ってきた。

 

勃起してきたチンポの亀頭が、少し頭を出してきた。

 

俺はなんだか千夏の言葉に興奮してしまい、チンポがどんどん勃起していった。

 

「あーすごい!どんどん大きくなってきた!」

 

とのチンポが勃起していく様を見て、千夏は叫んでいる。

 

俺のチンポの皮は、勃起とともにだんだん剥けてきた。

 

「先っちょが出てきてる!がんばれ、がんばれ!」

 

と千夏はなぜか嬉しそうに応援している。

 

俺は可愛い後輩女子にチンポを見られてることに興奮し、完全に勃起してしまった。

 

しかしチンポの皮は、1/3ぐらいしか剥けていなかった。

 

千夏はそれを見て、

 

「あー、これ以上剥けないのかなぁ。これだとまだ包茎だよね~、先輩」

 

と悪戯っぽくニヤニヤして俺の方を向いて言ってきた。

 

俺は恥ずかしさと、後輩に弱みを握られた複雑な気分だったが興奮していた。

 

更に千夏は、

 

「これ以上剥けるの?」

 

と聞いてきたので俺は、

 

「うん」

 

と答えた。

 

「じゃ剥いてみますね」

 

千夏は俺のチンポを指で掴み、ゆっくりと下に下ろしていった。

 

皮が剥かれ、空気の冷たい感覚が俺の亀頭に伝わった。

 

「あ、剥けた!これで包茎じゃなくなりましたね。でもちょっと汚れてる、ここも拭きましょうね」

 

亀頭のカリの部分には、二日間風呂に入っていなかったため、白い恥垢が少しついていた。

 

千夏はタオルで、俺の亀頭を少し強めに拭いてきた。

 

「いてっ!」

 

「ごめんなさい、痛かった?やっぱりここは敏感なのかなぁ」

 

そう言うとゆっくりとチンポを拭いてくれた。

 

今度は気持ち良かった。

 

千夏は拭き終えると、また俺のチンポをじっと見て、

 

「すごく勃ってる」

 

と言ってきた。

 

射精の瞬間に咥えてくれた

 

俺も興奮して我慢できず、

 

「触って」

 

と言いながら千夏の右手を握り、自分の股間へ導いてみた。

 

千夏はまったく抵抗することなく、

 

「仕方ないなー。特別だよ」

 

と嬉しそうに言うと、右手で俺のチンポをゆっくり握ってきた。

 

「すごい硬ーい!それにすごく熱い!熱のせいもあるのかなぁ」

 

千夏はゆっくりと勃起チンポを扱いた。

 

途中で我慢汁が出てくると、

 

「うえー、手についたー!」

 

とか言いながら、止めることなく、シコシコと扱き続けた。

 

俺はもう、めちゃくちゃ気持ちよかった。

 

風邪でオナニーしていなかったせいか、あっという間に射精感が込み上げてきた。

 

「おぉ、もうイキそう!」

 

「え、え!?ヤバイ!?どうしよ?!」

 

「口でして!」

 

「えぇ!?ヤだよー!」

 

と焦っている千夏の右手に力が入り、俺のチンポはさらに強く握られた。

 

「あぁ、もうダメ!出る!出る!」

 

「え?!えっー!?」

 

千夏はとっさに俺のチンポをパクッと咥えた。

 

俺はその気持ちよさで、千夏の口の中に大量の濃い精液を発射してしまった。

 

このときの射精は最高に気持ちよかった。

 

千夏は俺の射精が完全に終わると、ゆっくりチンポを口から離し、手で口を押さえながら、

 

「ウーウー」

 

と言っていた。

 

急いでキッチンに行き、精液を吐き出して口をゆすいでいた。

 

さすがに飲んではくれなかったか。

 

「もー!びっくりしたー!いきなり出すんだもん!まずい~!」

 

と千夏は俺に言ってきたが、嫌そうではなかった。

 

「気持ちよかった?」

 

と千夏が笑顔で聞いてきたので俺は、

 

「ちょー気持ちよかった、ありがとう」

 

と答えた。

 

「そっか、よかった、じゃ服着せるね」

 

と言うと、上半身だけ服を着せてくれた。

 

包茎って言われて興奮してるでしょ

 

下は穿かせてくれなかったので、

 

「下も頼むよ」

 

と俺が言うと、千夏はニヤニヤしながら、

 

「下はまだだめ~」

 

と言ってきた。

 

そして俺のチンポを見ると、

 

「あー、ちっちゃくなってるー、また包茎に戻ったー」

 

と言いながら俺の顔を見てきた。

 

俺は再び恥ずかしくなって何も言えなかった。

 

「ねえ、包茎って言われると恥ずかしい?」

 

「そら、恥ずかしいに決まってるやろ!」

 

「へぇー、そうなんだー、じゃ、もっと言ってやろっと」

 

そう言うと、仰向けに寝ている俺の耳もとに顔を近づけてきて、

 

「ほうけー、ほうけー。Eさんのおちんちんは包茎でーす」

 

と言ってきた。

 

俺は恥ずかしさで何も言えなくなってしまった。

 

その様子を見て千夏は調子に乗り、

 

「Eさんのおちんちんは包茎だよね?先っぽまで皮被ってるよねー?」

 

と言ってきた。

 

どうやら千夏は完全にSのスイッチが入ったようだ。

 

俺は逆にMっ気が出てきた。

 

「ね?包茎でしょ?ハイは?」

 

「・・・はい」

 

答えた後、めちゃくちゃ恥ずかしくなったが、同時に興奮もしていた。

 

千夏は、

 

「日本人の7割ぐらい包茎ってホントなの?」

 

と聞いてきた。

 

俺は、

 

「ま、まあそう言われてるけどな・・・千夏の彼氏はどう?」

 

と逆に聞き返した。

 

千夏は、

 

「うーん、小さくなったとこちゃんと見たことないしな~。分かんない。でもひょっとしたら、小さいときは包茎かもね~」

 

と俺を覗きこむように答えてきた。

 

「やっぱ剥けてる方がいいだろ。剥いとこうか」

 

と言いながら上半身を起こし、自分でチンポの皮を剥こうとした。

 

すると千夏は、

 

「あー!剥いちゃダメ!Eさんは包茎でいいの!」

 

と言いながら俺の手振り払った。

 

そのまま皮の先っちょを指で摘んで、

 

「こっちの方が可愛いし」

 

と言ってきた。

 

俺は、

 

「可愛いって・・・それってほめ言葉じゃねぇぞ。子供みたいってことか?」

 

と苦笑いで答えた。

 

千夏はふふっと笑うと、

 

「そう、子供のおちんちんみたい」

 

と俺の顔に近づきながら言ったかと思うと、そのまま唇を重ねてきた。

 

「!!」

 

俺はびっくりした。

 

千夏は口を離すと、そのまま顔を近づけたまま、

 

「Eさん、私に包茎って言われて興奮してるでしょ?分かるよ」

 

気づかれていた。

 

しかし、千夏も興奮しているのは分かっている。

 

「もっと言ってあげる、ねー包茎君?小学生のおちんちんだねー。僕は包茎ですって言ってごらん?」

 

と千夏はニヤニヤしながら近距離で囁くように言ってきた。

 

俺は恥ずかしくて、

 

「やだよ」

 

と言うと千夏は繰り返し、

 

「言いなさい」

 

と睨みながら言ってきた。

 

俺は興奮して戸惑いながらも、

 

「ぼくは・・・ほう・・・けい・・・です」

 

と答えた。

 

後輩の女の子に自分が包茎であることがバレてしまい、そしてそれを無理矢理言わされているのだ。

 

しかも興奮している俺。

 

それを聞くと千夏は、

 

「そうだねー、Eくん(くんになってる)のおちんちんは、すっぽり皮を被った包茎おちんちんだもんねー」

 

と言いながら、俺の首筋辺りに舌を這わせて舐めてきた。

 

包茎おちんちんだってみんなに言っていい?

 

徐々に顔を下にもっていき、着替えたばかりのシャツのボタンを外すと、俺の乳首を舐めてきた。

 

俺は

 

「あぁっ」

 

と声が漏れた。

 

そして千夏は俺の乳首から口を離すと、チンポを見ていた。

 

「あー、また勃ってる。でもやっぱりほとんど皮被ってるね」

 

更に、

 

「ねえ、E先輩は包茎ですってみんなに言っていい?」

 

と意地悪で、小悪魔的な表情で俺に言ってきた。

 

でもその顔が、めちゃくちゃ可愛く見えた。

 

俺が何も言えずにいると、

 

「ねえ、Eさんは包茎おちんちんだったよってみんなに言っていい?おちんちん勃起しても皮が剥けませんって言っていい?」

 

また同じ可愛い表情で言ってきた。

 

俺は、

 

「いや・・・やめて下さい」

 

と敬語で言った。

 

それを聞くと千夏は、

 

「やっぱ恥ずかしいんだね。包茎ってばれたら恥ずかしいんだぁ。しょうがないなー、私だけの秘密にしといてあげる。小学生おちんちんのEせ・ん・ぱ・い」

 

と満足気にニタニタといやらしい笑顔で言ってきた。

 

俺は恥ずかしかったが、ものすごく興奮して、すでに完全に勃起していた。

 

「大人のおちんちんにして欲しい?」

 

「してほしい」

 

「じゃあ、私にお願いして、おちんちんの皮を剥いて下さいって」

 

俺が言えないでいると、

 

「言わなかったら、ずーっとこうだよ!」

 

そう言いながら、俺のチンポの皮を指先で摘み上げ、少し剥けて見えていた亀頭部分も完全に隠してしまった。

 

「ほーら、包茎くーん。言わなかったらみんなに小学生のおちんちんみたいだったって言っちゃうよー?」

 

俺は、

 

「おちんちんの皮を・・・剥いて・・・ください」

 

と興奮しながら言った。

 

千夏はそれを聞いて満足したのか、

 

「はい、よく言えましたねー。じゃ、剥いてあげますねー」

 

と言うと、チンポの皮をゆっくりと剥いていった。

 

完全に剥けると、

 

「はーい、剥けましたー。でもなんか可愛くないよねぇ」

 

と不満そうだった。

 

包茎おちんちんにイかされちゃった

 

俺はこの時点で、めちゃくちゃ興奮していた。

 

ギンギンに勃起していたし、我慢できずに、

 

「千夏・・・お願い!入れさせてくれ!」

 

と言った。

 

千夏は、一瞬えっという表情を浮かべたが、

 

「うーん・・・でも、ゴムはしてね」

 

と言ってきた。

 

俺は

 

「もちろん」

 

と答えると、分かれた彼女とセックスしていたときの残りのコンドームを取り出し、いつでも付けれる状態にしておいた。

 

そして上半身を起こし、そのまま千夏を仰向けに寝かせ、今までと逆の体勢になった。

 

俺は千夏にキスをしたり、胸を揉んだりしながら服を脱がせていき、おっぱいを露わにすると、たまらずむしゃぶりついた。

 

千夏は

 

「あぁん!」

 

と可愛い声を漏らした。

 

しばらくおっぱいを揉みながら乳首を舐め、千夏の下半身に手を伸ばしていき、スカートの中に手を入れた。

 

パンティーの上からオマンコの割れ目をなぞり、クリトリスの辺りを擦る様に軽く撫でると、千夏は

 

「ああん、いやん!」

 

といやらしい声を上げた。

 

パンツの上からでもはっきり分かるくらい濡れていた。

 

俺は千夏のパンティーを脱がし、直接オマンコに触れた。

 

すでにグショグショに濡れていた。

 

俺はコンドームを装着すると、千夏のクリトリス辺りにチンポの先を擦りつけ、焦らしてやった。

 

「入れて欲しいか?」

 

「あ~ん、いじわるぅ」

 

千夏は早く欲しいとばかりに、腰をくねらせている。

 

「入れて欲しいか?」

 

「入れて下さい」

 

「じゃあ、『E先輩のおちんちんを千夏のオマンコに入れて下さい』ってってみな」

 

今度は俺にSっ気が出てきた。

 

千夏は、

 

「E先輩の、おちんちんを・・・千夏の・・・オ・・・コに・・・」

 

「ん、千夏のどこだって?ちゃんと言わないと入れねぇぞ!」

 

俺は相変わらずチンポの先を千夏のクリトリスに擦りながら言ってやった。

 

しかし、千夏も腰を動かしてくるので、俺も入れたくてたまらなくなっていた。

 

「千夏の・・・オマ・・・ンコ・・・に入れて下さい」

 

俺はそれを聞き終えると、

 

「ようし!」

 

と言うと同時に千夏のオマンコに一気に挿入した。

 

千夏は

 

「はあ~ん!」

 

と声を上げ、俺はそのまま正常位でズコズコ腰を動かした。

 

しばらくピストンしていると、千夏はすでにかなり興奮していたのか、

 

「あぁん、もうイキそう!」

 

と言うと、オマンコの締め付けがきつくなった。

 

俺もその締め付けに

 

「おおっ!」

 

と声が出てしまってイキそうになったが、なんとか耐えて腰を振ってると千夏は、

 

「あぁ、あぁっ!ああああ!」

 

という叫び声と共にはぁはぁ言いながらグタっとなった。

 

俺はそれを確認して腰の動きを早め、そのまま射精を迎えた。

 

千夏はぐったりと横たわっていて俺は、

 

「気持ちよかったか?」

 

と聞くと、千夏は

 

「すごい気持ちよかった」

 

と小さい声で答えた。

 

そして、

 

「包茎おちんちんにイかされちゃった」

 

と笑いながら言いやがった。

 

俺は、

 

「このやろう~」

 

と言いながら、千夏に唇を重ねた。

 

包茎と言われて興奮する俺

 

2回射精して興奮が冷めてくると、また風邪のしんどさが戻ってきた。

 

俺も千夏の横に寝転んで、

 

「俺のちんこ勃起しても小さくない?彼氏のとどう?」

 

と聞いてみた。

 

千夏は、

 

「んーどうかなー、ふふっ」

 

と意味ありげに笑った。

 

俺は、

 

「くそー」

 

と悔しそうに言うと、

 

「まあまあ、そんなこといいじゃないですか、皮被りの包茎せんぱい!」

 

とまた悪戯な顔で俺の目を見て言うと、俺のチンポの皮の先を手で摘んで引っ張ってきた。

 

俺は再び恥ずかしさと興奮が込み上げてきた。

 

それからというもの、千夏はたまに俺の部屋に来ては、俺のチンポで遊び、包茎を罵り、言葉責めを行った。

 

セックスもしている。

 

大学でも二人で話してるときに、俺が少し千夏に文句を言うと、

 

「そんなこと言うなら、おちんちんの皮の先縛っちゃうよ~」

 

「みんなに小学生みたいな包茎くんだってばらしちゃおっかな~」

 

「そういう生意気な事は、皮が剥けてから言って下さぁ~い」

 

なんて言ってくるようになり、完全に先輩としての威厳はゼロになってしまった。

 

それでもそれを言われる度に、心臓がドキドキして興奮している俺ってなんなんだろうか。

 

しかし、千夏とは結局付き合うことはなかった。

 

付き合わないからこそ、お互い良かったのかもしれない。