Pocket

 

駅弁ファック
画像はイメージです

 

ブーメランパンツのモッコリが気になって…

 

私は32歳の主婦です。

 

小学2年生の子供が通うスイミングスクールのコーチが凄いんです。

 

何がって、ブーメランパンツを履いた股間のモッコリがとにかく凄いんです。

 

見ているこちらが恥ずかしくなるぐらい、モッコリと膨らんでいるんです。

 

私はコーチのモッコリを見るために、子供を通わせているといってもいいぐらいです。

 

(あのモッコリに触りたい、勃起したらどれぐらい凄いんだろう)

 

といつも気になっています。

 

そんなある日、コーチと子供の進級について個人面談をする日が来ました。

 

面談の日は、朝から私はドキドキしていました。

 

シャワーを浴び、勝負下着を着け、お気に入りのミニのワンピースを着て、入念に化粧をして行きました。

 

(何を期待しているんだろう?)

 

と思いながらも、ウキウキしている自分がいるのです。

 

名前を呼ばれ、私はコーチ室へ入りました。

 

コーチはパーカーを羽織っていますが、下半身はいつものブーメランパンツのみです。

 

すぐに目がいってしまいます。

 

近くで見ると、形がくっきり浮かび上がっているのが分かります。

 

何度も視線はコーチの股間のモッコリに行ってしまいます。

 

子供の進級の話を、ほとんど上の空で聞いていました。

 

「何かお子さんのことで、気になることや聞いておきたいことはありますか?何でも構いませんよ」

 

「私は・・・コーチに興味があります」

 

そう言って私はコーチの近くに寄り、股間のモッコリに手を伸ばしてしまったのです。

 

おちんちんををスリスリしたり、キュッキュッと握ったりしていました。

 

まだ勃起してないのに、デカチンであることは間違いありません。

 

コーチは初め驚いた表情でしたが、私のされるがままになり、

 

「おおうっ」

 

と喘ぎ出しました。

 

私はコーチの耳元に甘い吐息を吹き掛けました。

 

コーチのパーカーを脱がせ、乳首を舐めてあげました。

 

右手の中のおちんちんは、パンツの中ではち切れんばかりに硬く勃起してきました。

 

私はコーチの手を取り、おっぱいに押し付けるとモミモミと揉んでくれます。

 

だんだんと積極的になってきたコーチは、私のミニのスカートの中に手を入れ、パンティーの上からオマンコを弄ってきました。

 

すでに濡れているのが分かったはずです。

 

私はコーチを立ち上がらせ、ブーメランパンツを下げました。

 

勢い良くカチカチに勃起したデカチンが飛び出してきます。

 

想像していたよりもはるかに大きくて、隆々とそそり立つおちんちんを見て、思わず生唾を飲んでしまいました。

 

咥えてもお口に入りきりません

 

「コーチ、凄い!大きなおちんちんですね!どうしてもらいたい?見てるだけでいいかしら?」

 

本当は私がデカチンにむしゃぶりつきたくてたまらないのに、コーチに言わせるように仕向けました。

 

「シゴいて・・・ほしいです」

 

「シゴくだけでいいの?」

 

「あっ、いや・・・しゃぶってほしいです、お願いします!」

 

若干照れながらお願いするコーチがとても可愛く見えましたが、目の前のデカチンは男らしく天をも突き刺す勢いです。

 

(お口に入るかな?)

 

と思いながら、舌先でカリ首を舐めてあげました。

 

カウパーが出てきましたが、かまわず綺麗に舐めました。

 

「奥さん、気持ちいいです!奥さんのフェラチオは最高です!裏筋も舐めて下さい!あぁ、たまらん!気持ちいい!」

 

コーチが気持ちよさそうに悶える姿に私も嬉しくなり、いっぱいデカチンをしゃぶってあげました。

 

コーチの手は私のおっぱいを鷲掴みにしています。

 

お口いっぱいのデカチンは、喉の奥まで咥えても全部入りきりません。

 

本当に凄いおちんちんで、しかも硬くて熱いんです。

 

私はおちんちんから口を離し、立ち上がってコーチにキスを求めました。

 

その間もおちんちんは握りしめたままです。

 

コーチは私の身体を撫で回し、ワンピースのファスナーを外そうとしていますが、不慣れなのか上手く外せません。

 

私は後ろを向いてあげ、外しやすいようにしてあげました。

 

コーチはやっと私のワンピースを脱がし、ブラも外してくれました。

 

すると夢中で乳首に吸い付いたり、甘噛みしたりしてきます。

 

もちろん私はコーチのデカチンを握って離しません。

 

コーチは私のパンティーを脱がし、片脚を机の上に上げさせ、股間に潜り込み、下からオマンコに舌を這わせてきました。

 

音を出してむしゃぶりつくように舐めてきます。

 

めちゃくちゃ気持ちよくて喘ぎまくり、とめどなく愛液が溢れてきました。

 

コーチの口の周りは、私のいやらいい液でベトベトです。

 

オマンコの中でデカチンが暴れています

 

そしてコーチは机に手をつかせ、立ちバッグでデカチンをオマンコに挿入してきました。

 

あの大きなおちんちんが入ってくると、体中が痺れるような感覚になりました。

 

「太い!大きい!ああん、壊れちゃいそう!奥まで入れて!子宮まで突いて!」

 

コーチの腰が大きく動き、オマンコの奥まで熱いデカチンで突き刺されます。

 

私は気持ちよすぎて頭の中が真っ白になりました。

 

コーチはガンガン腰を打ち付けてきます。

 

しかもクリトリスをコリコリ刺激してくるのです。

 

クリを弄られた途端、あまりの快楽に膝から崩れ落ちそうになりました。

 

コーチは私が崩れないように腰をしっかり抱き上げ、今度は机の上に私を座らせ、前から挿入してきました。

 

私は両脚をコーチの腰に回し、腕は首に巻きつけ、落ちないような態勢になりました。

 

するとコーチは私を抱え上げ、ダッコチャンスタイルでガンガン突き上げてきました。

 

いわゆる駅弁ファックです。

 

私にとっては初めての経験です。

 

浅く深くピストンしてくるので、ストロークが長く、オマンコの入り口から奥まで擦られて超気持ちいいんです。

 

コーチはそのままの態勢でソファーに座り、対面座位で突き上げながらおっぱいを揉み、乳首にしゃぶりついてきました。

 

オマンコの中ではデカチンが暴れまくっています。

 

お尻を鷲掴みにして上下させると、子宮にガンガン当たります。

 

「ああっ!コーチ、凄くいいわ!もっと突いて!当たる!奥に当たるの!たまんないっ!」

 

私は自分で動きたくなったので、コーチをソファーに押し倒し、騎乗位になりました。

 

私は腰を大きくグラインドし、クリトリスを擦り付けるように動きました。

 

コーチが下から突き上げてくるたびに、喘ぎ声が大きくなっていきました。

 

「ああん、も、もうイキそうよ!このまま一緒にイッて!お願い!」

 

コーチはおちんちんを抜くことなく私をソファーに寝かせ、上からガンガンと杭を打つように突き刺してくれました。

 

デカチンがオマンコに出入りするところが丸見えです。

 

しかもニチャッ、ニチャッといやらしい音が聞こえてきます。

 

興奮状態もマックスです。

 

腰を打ち付けているコーチは、苦悶の表情を浮かべ、汗だくになってきました。

 

「奥さん、イキますよ!もう我慢出来ません!ダメです!イキますよ!イクッ!イクゥ!」

 

一段と大きくなったおちんちんから、ドバドバッと大量の精子が放たれ、子宮に当たっているのが分かります。

 

オマンコの中でビクンと跳ねながら、ドクンドクンと脈打ちながら射精しています。

 

コーチがおちんちんを抜くとき、思わず声が出ました。

 

「あんっ!凄く気持ち良かったわ。まだアソコに何か入っているみたい。こんなに感じたのは久しぶりよ」

 

コーチはオマンコから溢れ出てきた自分の精液を、ティッシュで丁寧に拭いてくれるのです。

 

こんなことされたことがありません。

 

私はとても感動しました。

 

「ありがとう!コーチって優しいのね、おちんちんも大きいし・・・私、嵌っちゃいそう」

 

照れるコーチの首に抱きつき、舌を絡めてディープキスを求めてしまいました。

 

「私も綺麗にしてあげるね!」

 

一度射精したおちんちんはさすがに萎えていますが、それでも主人が勃起したときと変わらないほどの大きさです。

 

丹念にカリ首から裏筋、タマタマの方もお掃除フェラしてあげました。

 

コーチもウットリとした表情で、余韻を楽しんでいるようでした。

 

「次の面談はいつかしら?楽しみにしてるわ!なんだったら外での面談でもいいわよ」

 

と言うとコーチは、

 

「はいっ!こちらこそよろしくお願いします!」

 

と言ってくれました。

 

暫くはデカチンを楽しめそうです。