Pocket

 

巨根
画像はイメージです

 

コンドーム買いに行ったら巨乳の店員がいた

 

俺が大学2年の時の話。

 

その当時、好きってわけでもないけど、なんとなく付き合っていた女(フリーター19歳の茶髪)がいた。

 

その彼女が一週間ぶりに俺の部屋に来ることになったんだが、コンドームを買い忘れていたことに気づき、急いでいつも買っている近所の薬局に駆け込んだ。

 

店に入ると、いつものハゲ親父ではなく、暇そうにしているお姉さんが白衣を着て座っていた。

 

いつもなら、

 

「おっちゃん、いつものやつ下さい」

 

「もう使いきったのか?エッチなことばかりしないで勉強もしろよ。このメガサイズは、あんたの為に仕入れてんだから、店変えんなよ、へっへっへ」

 

こんなやり取りをしている。

 

そう、自慢じゃないが俺のチンポはでかい。

 

ビッグサイズのコンドームでもきつかったので、この薬局にはメガサイズを頼んで置いてもらっている。

 

おっちゃんとは馴染みになっていたので、気軽に買っていたんだが、

 

(この女の人相手に買わなきゃいかんのか・・・)

 

と思うとちょっと気が重い。

 

「あの・・・」

 

「いらっしゃいませ」

 

と笑顔を見ると結構美人だ。

 

白衣の上からでもはっきり分かる巨乳もかなりそそられる。

 

アップにした髪も、19歳の俺の彼女にはない色気が漂っている。

 

ただ、俺はどちらかというとギャル好きで、AVでも熟女ものや人妻ものをほとんど見ない俺は、とにかくもうすぐ家に来るフリーターとのセックスのことで頭が一杯だ。

 

コンドーム買うのを恥ずかしがっている場合ではない。

 

「・・・スキン下さい・・」

 

と言うと、女性は顔色ひとつ変えず、

 

「どれにしましょうか?サイズやメーカーで、決めてるものはありますか?」

 

と聞かれたので、恥ずかしいのを我慢して、

 

「いつもここで買ってるんですけど・・・その、メガビッグボーイって奴を・・・」

 

とお願いすると、女性はまったく動じることなく、

 

「あー、聞いてますよ、〇大学の大石さんでしょ」

 

と言いながら、カウンターの下の棚から、象の絵が描かれた箱を取り出した。

 

(ハゲ親父・・・余計なこと伝えなくていいんだよ・・・)

 

と思ったが、なにはともあれ、メガコンドームをゲットした安心感から、

 

「あの、いつものおじさんどうしたんですか?」

 

と聞くと、

 

「夫婦で海外旅行に行っちゃってて、久しぶりに店番頼まれたの。だいたいこんな小さな店、旅行行ってる間ぐらい閉めちゃえばいいのにねー」

 

とお姉さんは愚痴っぽいこと言いながら、象の絵が描かれた箱を裏返して値段を確認していた。

 

「このサイズって、なかなか売ってないんすよ」

 

と言いながら金を出すと、そのお姉さんは、

 

「このサイズ買う人、初めて見た」

 

と言って笑いながらお釣りを渡してくれた。

 

お姉さんに誘われた

 

フリーターの彼女はバイトが3日連続で休みになったので、2泊3日で俺の部屋に泊まりに来た。

 

俺は巨根というだけでなく、性欲も強い。

 

2泊3日で彼女とセックスしまくり、12個入りコンドームを使い果たしてしまった。

 

彼女が俺の部屋を出る時、

 

「ヒロ大きすぎー、歩くとお股が痛いんだけど・・・」

 

と言いながら出て行った。

 

今度は慌てて買いに行かなくていいように、彼女が帰った日の夕方、大学からの帰り道に薬局に寄った。

 

(親父いてくれ・・・)

 

と思ったが、まだあのお姉さんが座っていた。

 

「あら、いらっしゃい」

 

と笑顔で言う彼女に、まだ少し恥ずかしさがあって、

 

「すいません、またこの前のやつ下さい」

 

と言った。

 

「えー!!もう使っちゃったの?」

 

とかなり驚いた様子、そりゃそうだよな。

 

「恥ずかしながら・・・」

 

「少しは勉強もしなよー」

 

ハゲ親父と似たようなことを言われた。

 

「そうですね、ハハッ」

 

「どうせ文系でしょ、〇大は単位取りやすいって聞くしね」

 

と若干失礼なことを言いながら、また新しい象の絵の箱のコンドームをカウンターの下から取り出して渡してくれた。

 

その間に少し話すと、お姉さんはハゲ親父の娘さんで、結婚して別の街に住んでいたが、離婚して帰ってきたということだった。

 

娘が帰ってきたことで、ハゲ親父は娘に店番を任せ、念願の海外旅行に出かけたらしい。

 

相変わらず白衣の上からでも巨乳が目立っている。

 

コンドーム代を払うとお姉さんは、

 

「もう店閉めちゃおっかな」

 

と言いながら立ち上がった。

 

俺が、

 

「じゃあ、また来ます」

 

と言って帰ろうとすると、

 

「また彼女が来てるの?」

 

と聞いてきたので、

 

「いや、来てないっす」

 

と答えた。

 

「じゃあ、少し暇潰しに上がっていかない?どうぜ暇なんでしょ?」

 

と急に馴れ馴れしく話しかけてきたけど、巨乳のお姉さんに誘われて断るはずがない。

 

「いいんすか?」

 

と言ってそのまま中に上げてもらった。

 

俺を誘惑してる?

 

まだ夕方で外は明るいが、お姉さんはいきなりビールを出してきた。

 

白衣を脱いでエプロンをつけたお姉さんが、台所で適当につまみになるものを作ってくれた。

 

わりと気さくな女性で、年上が苦手な俺でもビールを飲んだこともあって調子が出てきて、彼女のことなど結構いろいろしゃべってしまった。

 

「離婚しちゃったんですか?」

 

「そうなの、もう、無理だった」

 

「お子さんはいないんすか?」

 

「うん、いたら別れなかったかも・・・それに・・・」

 

とビールをグイっと飲みながら、

 

「子供ができるようなこと、だいぶしてなかったしねー」

 

と笑いながら言った。

 

お姉さんが作ってくれたもの食いながら何となく話していると、

 

「旦那がキャバクラ好きでお金使いすぎ」

 

とか、

 

「両親は2週間帰ってこないから、私も家に帰らない」

 

とか、

 

「結婚して2年で、めっきり夜の営みが減った」

 

とか、酒の勢いもあるかもしれないが、平気で話してくれた。

 

アホな俺でも、少し興奮してきた。

 

しかし、10歳近く年上の女性と話すことに慣れていない俺は、うまく会話を繋げられない。

 

「俺だったら、そんなことないんすけどねー」

 

と恥ずかしくなるぐらいベタなことを言ってしまった。

 

床にぺったり座ったお姉さんは、ニッコリしながら、

 

「そりゃ彼女が19なら、何回でもできるよねー」

 

と言ったが、俺は見たことのない大人の色気を感じた。

 

「いや、お姉さん相手でも、何回でもできるっす」

 

と言ったあと、

 

「あ、すいません」

 

と謝ると、

 

「ほんとに?」

 

と箸の先っぽを色っぽく舐めた。

 

その妖艶さに、俺のチンポはピクッとなった。

 

するとお姉さんは、ちゃぶ台の下で俺の手を握ってきた。

 

「昔付き合ってた人と、似てるんだよねー」

 

と顔を近づけて言われ、俺はドキドキでチンポはビンビンになった。

 

「お風呂行こっか」

 

と急にお姉さんは立ち上がり、俺の手を引っ張っていった。

 

「お父さん、お風呂だけは気合入れて作ったから、広いよー」

 

と言いながら浴室に向かった。

 

(お姉さんが誘ってる!)

 

19歳の彼女にはない色気さを持つお姉さんのペースから逃げられないし、逃げる気もなかった。

 

上手すぎるフェラで口内発射

 

二人で脱衣所で裸になった。

 

「この年にしては結構なもんでしょ」

 

とお姉さんは体をひねり、おっぱいを手で上げてみせた。

 

俺も一気にズボンとパンツを脱ぐと、ピョーンと勃起した巨根が飛び出した。

 

「すごい!すごい!」

 

とお姉さんは嬉しそうだ。

 

「このおちんちん、19の子には大きすぎじゃない?可愛そうだよー」

 

と言いながら、軽く握って擦る。

 

しっとりと濡れた手が気持ちいい。

 

「確かにメガサイズだわねえ・・・」

 

風呂場で椅子に座らされた俺は、お姉さんの手で体中を洗われた。

 

風俗も年上も未体験、しかも女性経験たった2人、年下の高校生とフリーターのみの俺には、巨乳のお姉さんがあまりにも刺激的だ。

 

お姉さんに後ろから抱きつかれ、巨根を丁寧に洗われると、思わず

 

「おうっ!うはぁー」

 

と声を出してしまった。

 

「うふふ、元気元気・・・」

 

お姉さんの巨乳が、俺の背中に当たって興奮しまくり。

 

言われるまま立ち上がると、お姉さんは俺のチンポについた泡をシャワーで流して、無言のままチンポを咥えてきた。

 

フリーター彼女のフェラチオは、歯が当たって痛かったり、すぐ止めちゃったりであまり気持ちよくなかったんだが、お姉さんのフェラは凄い。

 

カリ首を丁寧に舐めながら、金玉をナデナデしつつ、時々根元まで咥え込む。

 

悶絶しそうになるほど上手いフェラチオ。

 

太ももやケツも撫でられると、なんかゾクゾクしてたまらん。

 

そんなフェラチオをされると、あっという間にイキそうになる。

 

(やべえ)

 

と思った瞬間、止めることができず、お姉さんの口の中にドピュドピュ発射してしまった。

 

「!!・・・んー!・・・」

 

お姉さんは一瞬顔をしかめたが、そのまま俺を見上げて最後にチューッと吸い上げると、ゆっくり口を離し、手のひらに精液を全部出した。

 

「ちょっとーー!」

 

「す、すいません!気持ちよすぎて、止めれなくて・・・」

 

「口に出すのは別にいいんだけどね・・・準備しないと飲めないでしょー」

 

と言いながら、シャワーで口をゆすいでいた。

 

彼女を無視してお姉さんとセックスしまくった結果…

 

「もしかして早漏?」

 

と言われたので、俺は少しムキになって、

 

「いや、いつもは違うんす、俺の彼女、あんまりフェラしてくんないし、それに・・・」

 

「フフッ、いいって、いいって」

 

とほとんど聞かずに、お姉さんは浴槽に脚を広げて座り、

 

「私にもして」

 

と恐ろしく色っぽい目をしながら俺にお願いしてきた。

 

汚名挽回のチャンスと思い、俺は普段あまりしないクンニを頑張った。

 

「はん、あーん」

 

とお姉さんは悩ましい喘ぎ声を出しながら時々俺の顔をつかみ、気持ちよいポイントに誘導した。

 

シャワーで汗を流したばかりなのに、二人とも汗が滲んできていた。

 

しばらく舐め続けていると、お姉さんはついに、

 

「ああもう、欲しくなっちゃった」

 

と言って、お姉さんは浴槽に両手をつき、白くて丸いプリプリしたお尻を俺の方に突き出した。

 

「あ、ゴム取ってきます」

 

「いいの、大丈夫・・・」

 

何が大丈夫か分からないが、俺も早く入れたくてたまらん状態になっていたので、お姉さんのクビれた腰をつかんで、オマンコめがけて一気にチンポを突っ込んだ。

 

「あっ!おっきいーーー!」

 

と叫ぶお姉さんの声に気分がよくなり、俺は夢中で腰を振った。

 

「すご・・・いよ・・・大石君・・・いい・・・おっきいー」

 

俺はどんどんピストンのピッチを上げていった。

 

彼女とのセックスでは考えられない速さで限界が来ていた。

 

「いいよ・・・そのまま出して・・・」

 

と言われたので、お言葉に甘えてお姉さんのオマンコの奥にたっぷりと精液を注ぎ込んだ。

 

その後は部屋に戻ってベッドに行き、お姉さんのおっぱい、乳首、お尻、オマンコを朝まで目一杯堪能しまくった。

 

何度射精しても、お姉さんが手と口と、巨乳を使って勃起させてくれた。

 

限界を感じても、お姉さんの白い太ももが俺の腰を挟んでホールドしてくると、密着感が気持ちよすぎて射精した。

 

その日からハゲ親父が帰ってくるまで約2週間、俺とお姉さんはほぼ毎日セックスしまくった。

 

その間、彼女から連絡が来ていたが無視していたら、そのうち電話も来なくなった。

 

俺はお姉さんの口にも巨乳にも、もちろんオマンコの中にも、ケモノのようにむさぼりついて何度も射精した。

 

そして、お姉さんは結果的に妊娠してしまい、俺は20歳で29歳の妻と一人の娘を持つことになった。

 

大学を卒業した後、薬学部に入学しなおし、卒業後はおじさんの跡継ぎになることが決まっている。

 

「まったく、兄ちゃんは油断もすきもねぇな」

 

と今は義父となったハゲ親父は笑ったが、すぐに引退して趣味の旅行に生きる毎日を楽しんでいる。

 

子供が2歳になったころ、お姉さん、いや奥さんは、また俺の巨根を求めるようになった。

 

俺が経験したことのない、さまざまなテクニックがどんどん出てくるので、2人目を妊娠するまでそれほどかからないだろう。