Pocket

泥酔
画像はイメージです

 

泥酔状態の私を童貞君が迎えに来てくれた

 

お酒の失敗談なんですど、この前泥酔してしまい、年下の童貞君の筆下ろしをしちゃいました。

 

私は22歳の大学生で、敦志という彼氏がいます。

 

彼とは卒業後に結婚を約束していて、既に同棲中です。

 

そして問題の童貞の哲夫は、20歳の大学生でアルバイト先の後輩です。

 

私は彼氏ともそのアルバイト先で知り合い、哲夫も彼氏と仲が良く、三人で遊びに行くこともしばしば。

 

そんなある日、高校時代に仲良かった男友達と久しぶりに飲みました。

 

向こうは一旦別れた元カノと復縁し、こっちは婚約ということで、お互いのお祝いしようって感じで地元の居酒屋に行って二人で飲みまくりました。

 

お互い幸せなのもあって、テンション高くハイペースで飲んでいると、店を出るころには二人ともフラフラでした。

 

向こうは彼女が迎えに来てくれるそうで、私も終電が近かったので、

 

「また飲もうねー」

 

と軽い挨拶をして別れました。

 

地元から敦志と同棲しているアパートまでは、電車で1時間以上かかり、泥酔している私は電車内で気持ち悪くなってしまいました。

 

酔っ払っている時に、電車のあの揺れはヤバすぎます。

 

吐き気を何度か催してしまいましたが、途中の駅で降りて吐こうにも、終電なので下りたら終わりです。

 

タクシーで帰ったら、いくらかかるか分からないし・・・

 

仕方なく我慢するしかありませんが、もう気持ち悪すぎて動くだけで吐きそうでした。

 

結局無理で、とっさにカーディガンで全て包みました。

 

高かったけど、ゲロまみれで洗うのも面倒だし、トイレのごみ箱に捨てちゃいました。

 

電車を下りてもフラフラで、歩くのも辛いんです。

 

もうね、目の前がふわふわしてました。

 

敦志に迎えに来てもらいたかったんですが、そんな日に限って夜勤だったんです。

 

とりあえず迎えに来てくれそうな人はいないかスマホを取り出し、履歴を調べていると、良さそうなが哲夫がいました。

 

電話しました。

 

「もしもし」

 

「お願い、迎えに来てぇ」

 

「はぁー?俺今から寝るとこなんすけど」

 

「でも帰れないの~…無理~」

 

「はぁ!?知りませんよ、もう、今どこですか?」

 

「駅~早く~お願い~」

 

「もう!自分で帰れるでしょ!」

 

結局哲夫は5分位で来てくれました、しかもバイクで。

 

私はゲロのせいでヒートテック一枚になってしまっていましたが、哲夫は上着まで貸してくれて、そのまま家まで送ってくれたんです。

 

哲夫ちょー優しい。

 

勃起してるのに気づいた

 

ちなみに私、初めてのタンデムで完全にハイテンションでした。

 

キャーキャー叫びながら、さらに酔いも回ってたような気がします。

 

「ほら着きましたよ!鍵持ってますよね?」

 

「ありがとー!」

 

「っとにもう、ちゃんとしっかりしなさいよ!大人でしょうが!」

 

「早くー、ベッドー!」

 

「はー、もう…」

 

肩を担がれて、ベッドに連れられて来たんですけど、

 

私を放り出す瞬間に、バランス崩してそのまま哲夫と一緒に倒れこみました。

 

「ちょっと!俺までこけたし!」

 

「服汚いのにベッド入りたくない!脱ぐー!」

 

「はいはい、もう…ここで脱がないの!あっち行きなさい!」

 

この時は、完全に哲夫は母親状態です。

 

それに私は、

 

「哲夫ー、パジャマはー!?」

 

と甘えまくってました。

 

「俺が知るわけないでしょ、もう!…これですかね、ほら!」

 

哲夫は照れ隠しなのか、爆笑しながらベッドにあったスウェットを持って押しつけてきました。

 

「大丈夫!哲夫は童貞だから襲ってこないって信じてる!ヘタレだし!」

 

「俺のこと馬鹿にしすぎでしょ!そんなこと言ってると襲いますよ!」

 

「襲うの!?」

 

「そりゃ俺だって襲いますよ、男だし!ほら、もう早く着がえて」

 

「んー、でも哲夫だったらいーかも」

 

「馬鹿か!」

 

「あれ?哲夫、もう勃ってんじゃん」

 

「うわ、ちょっ!」

 

哲夫のおちんちんは、もうズボンの上から見ただけでも分かるくらいもっこりしていて、ズボン越しに触れてみると、ビクってなったのが分かりました。

 

フェラしてたら濡れてきちゃった

 

「何すんですか!敦志さんに怒られますよ!」

 

「哲夫のおっきいんだね」

 

「あーもう…知りませんからね!」

 

「何が?」

 

「もういいんですね…触るならちゃんと触ってください…」

 

「はーい」

 

哲夫のズボンを脱がせて、ボクサーパンツの上からおちんちん触りました。

 

哲夫はずっと切なそうに吐息を漏らしてて、

 

「あー…うわー」

 

とか言ってました。

 

「パンツの上からなのに…気持ちいい…」

 

「直接触ったげるねー」

 

「…はい」

 

そのままパンツずり下ろしたら、

 

「うわー!」

 

とか言ってました。

 

勃起したおちんちん咥えたらビクって跳ねて、哲夫は私の肩をギューッて掴んできました。

 

先っぽ舐めたり亀頭だけ咥えたり、しばらく好きなようにフェラチオしてたけど、喉の奥まで咥えてジュポジュポしたら気持ちよかったのか、私の頭を抑えて少し腰を動かしました。

 

その間、哲夫の吐息が漏れまくりでなんか可愛かったです。

 

私は音を立ててフェラチオするのが好きで、かなり卑猥な音がしまくってたと思います。

 

哲夫が吐息を漏らしながら気持ち良さそうにしていたので、しばらくずっとフェラチオしてました。

 

童貞とエッチするの初めてだったんですけど、哲夫の反応が可愛すぎて、フェラチオしてる間にめちゃくちゃオマンコ濡れました。

 

我慢できずにセックスしたけど…

 

「あの…」

 

「ん?」

 

「…おっぱい触ってもいいですか」

 

「いーよ、はい」

 

「うわっ…めちゃくちゃ柔らかい」

 

仰向けに寝てる哲夫を起こして、後ろから抱っこするような態勢になってました。

 

哲夫の触り方は、本当にぎこちなくて、恐る恐るおっぱいの感触を確かめる、みたいな触り方でした。

 

なんか私も新鮮でした。

 

でも不意に乳首を摘まれておっきい声を出した途端、哲夫もビックリして手付きが変わってなんかこう、こねくり回すような弄り方になっってました。

 

指先で乳首をコリコリしながら、手のひらでおっぱいを揉まれてました。

 

酔ってたのもあるかもしれないけど、これが結構気持ちよくて、最初は声抑えてたんですけど、途中から我慢できなくて普通にアンアン喘いでました。

 

「ね、おちんちん入れていい?我慢できなくなっちゃった」

 

「本当にいいんすか?」

 

対面座位の体勢に向き直して、哲夫のおちんちんを私のオマンコにあてがい、軽く擦りながらディープキスしました。

 

哲夫はぎこちないながらも、一生懸命舌を絡ませてきて、それがやたらと可愛いしエロくも感じて、オマンコがさらに濡れました。

 

「入れるよ…」

 

「うわ、入ってく…気持ちいい…」

 

哲夫のおちんちんがすっぽり私のオマンコの中に入りました。

 

気持ちよくって、挿入されてる実感をじっくり味わいたくて、そのまま動かずに抱きついたら、哲夫に押し倒されて、そのまま正常位でガンガン突きまくられました。

 

哲夫は童貞ってのが嘘みたいに、めっちゃ早く動いてました。

 

私も信じられないくらい感じてました。

 

敦志への背徳感はありましたが、私の興奮度は半端じゃなかったです。

 

もう哲夫の動きに合わせて喘ぎ、悶えまくってました。

 

「あー気持ちいい!俺もう出ちゃいます、あ、出るっ!」

 

哲夫が射精すると同時に、私もイキました。

 

もう、めちゃくちゃ気持ちよかったです。

 

哲夫はちゃんとイク瞬間、私のお腹に射精してたけど、ビュッビュッて量が半端なかったです。

 

ちなみに私は生まれつき子供ができない体で、生理不順もあってピルも服用してるので、避妊に関してはまったく問題ないんです。

 

でもやっぱり、ゴムつけないでセックスしたのは、かなり浅はかでした。

 

結局哲夫とは、セックスしたことはなかったことにして、今でもこれまで通り普通に遊んでます。

 

当たり前だけど、敦志には絶対この話は言えないし、一生黙っておくってのは、哲夫との暗黙の了解になってます。

 

今だに結婚前に、彼氏に悪い事したなーってかなり後悔してます。

 

酔った勢いとはいえ、まさか自分が浮気するなんて思いもしませんでした。