Pocket

 

親友の奥さんと不倫
画像はイメージです

 

親友が浮気?奥さんが俺に相談してきた

 

俺の名前は伸一。

 

大学時代からの親友である太一とは、お互いの結婚後も家族付き合いをし、子供達同士も仲良く、日帰り旅行やキャンプ等でよく一緒に遊びに出かけた。

 

そんなある日、太一の奥さん、涼子から俺の携帯に突然メールが来た。

 

内容はというと、

 

(相談したい事があるので時間を作ってくれ

 

との事。

 

こんなことは今までなかったので、よっぽどのことか思いながら、数日後会社帰りに涼子と会った。

 

ファミレスで会った瞬間から涼子は涙目だった。

 

「どうした?何があったの」

 

「主人が浮気してるみたいなの…」

 

実はそうじゃないかと思っていた。

 

なんとなく親友の太一から、そんな話を聞いていたんだが、まったく知らないふりをして

 

「まさか~、あいつがそんなことするとは思えないけどな~」

 

「最近帰りが遅いし、怪しいと思って携帯をチェックしたの、お風呂に入っている間に携帯を見たら、知らない女から『今日は有難う、また会いたい』ってメールを発見したの、直ぐに主人を問い詰めようと思ったけど、本当だったら辛いし…」

 

「マジか?」

 

「ほんとだよ、まだ私にバレてないと思って今でも会ってるみたいなの。伸一さん、主人から何か聞いてない?」

 

「なんにも聞いてないし、本当だとしても言わないと思うよ」

 

「頭にきたから私も腹いせに浮気しちゃおっかな~。思い切って言っちゃうけど、最近主人はエッチの回数が極端に減ったの。だから絶対浮気女とエッチしてるんだよ。男ってそんなに浮気したいの?伸一さんはどう?」

 

「う~ん…返答に困るな~」

 

「ねぇ、飲みに行かない?今日は酔いたいの」

 

この時点で俺は、親友の妻と不倫関係になるのではないかと思ったが、いくらなんでも親友の妻とセックスするなんてとんでもない。

 

でも涼子から求められれば、俺も男だし、きっぱり断れる自信はない。

 

涼子は綺麗だし、太一と結婚した時は羨ましく思ってたから。

 

結局飲みに行き、お互い酒が進み、気が付けば涼子は泥酔状態。

「もう遅いから送るよ」

 

「やだ~、今日は帰りたくない、伸一の好きにして」

 

「それはまずいだろ、しっかりしなよ」

 

涼子は返事をしない、嫌がる涼子を無理やりタクシーに乗せた。

 

タクシー内では涼子が俺のズボン越しに股間を撫でてきた。

 

それだけじゃなく、ズボンのチャックまで下ろそうとしてきた。

 

浮気の腹いせに奥さんが俺と…

 

「ちょ、ちょっと、待って!分かったからここでは辞めてくれ」

 

「それじゃホテルに行きましょう~、運転手さんホテルまでお願~い」

 

仕方なく、近くにあるラブホテルまで行くことになった。

 

そこは駅の裏側で、よくあるラブホテル街だ。

 

酔った涼子を抱き上げ、大き目のホテルにチェックイン。

 

完全に泥酔して意識がないように思っていたが、部屋に入ってみるとそうでもなく、割としっかりしていた。

 

まさか演技だったのか?

 

「大丈夫かよ、そんなに飲んで」

 

「大丈夫だよ~、そんなに酔ってないよ、だってこれから伸一とセックスするんだからね~」

 

と言いながら、涼子は服を脱ぎ始めた。

 

俺もすでにこの時には、美人な涼子を抱く気になっていた。

 

涼子はあっという間にブラジャーとショーツだけになった。

 

腹の肉が多少は付いていたが、40歳手前の女で子供を二人産んでいるにしてはスタイルはいい。

 

「伸一も早く脱いでよ、私が脱がしてあげる~」

 

ズボンとパンツを下げられ、

 

「あ~っ、伸一のおちんちん、もうこんなに大きくなってる!なんだかんだ言ってその気だったんじゃない?」

 

「先にシャワー浴びようよ」

 

「終わってからでいいよ、早くエッチしたい」

 

もう、俺もやる気マンマンである。

 

涼子をベットに押し倒す。

 

ブラを取ると、茶色がかっているが小さめの乳輪と乳首、そしてEカップはあると思われる巨乳を鷲掴みにした。

 

おっぱいを揉みながら、舌を絡ませるディープキス。

 

ショーツの上からオマンコを触ると、すでに愛液でグショグショに濡れているのが分かる。

 

一気ににショーツを下ろして剥ぎ取り、両足を開かせてベロベロクンニしてやると、涼子は大きな声で喘ぎ出した。

 

「ああ~ん!気持いい、気持いい~、もっと、もっと舐めて~お願いもっと・・・」

 

と言いながら俺の頭を掴んで、オマンコに押し付けるようにしてきた。

 

俺はオマンコとクリトリスを舌と指で愛撫しまくった。

 

すると涼子は痙攣して潮を吹き、果ててしまった。

 

しばらくして起き上がると涼子が、

 

「気持ちよかった~、今度は私が伸一を気持ちよくして上げる」

 

と言って俺のチンポを咥えてきた。

 

涼子のフェラチオはめちゃくちゃ上手だった。

 

金玉袋や蟻の門渡り、そしてアナルまでベロベロ舐め回してくる。

 

最高に気持いい。

 

浮気がどんどんエスカレート

 

涼子が、

 

「伸一、気持いい?」

 

って聞いたので、

 

「気持ちいいよ、もう出そうだよ」

 

と言うと、涼子はさらにチンポを喉奥深くに咥え込み、激しく頭を振ってジュポジュポフェラチオしてきた。

 

限界だったので、

 

「もうダメ!イクぞ!イク~っ!」

 

喉奥にチンポを押し込むように腰を突き入れると、涼子はチンポを吸引するように唇で締め付けてきた。

 

真空状態になったような感じがした途端、ドクドクとザーメンが涼子の口に放出された。

 

涼子の口から少しだけ俺のザーメンがこぼれ、豊満なおっぱいに垂れたが、吐き出すことなく全部飲み干した。

 

にっこり笑う涼子がとても可愛く見えた。

 

その後は浴室に行き、お互いにソープを付けて体を洗い合った。

 

俺のチンコと涼子のオマンコは、お互いの体を求め合い、ベットに戻ると激しく絡み合った。

 

涼子は騎乗位が好きみたいで、俺の上に跨って腰を動かし続けた。

 

その後は涼子をバックからガンガン突きまくった。

 

そろそろフィニッシュを迎えそうになったので涼子に、

 

「ゴム着けるからちょっと待って!」

 

と言うと、

 

「いや、抜かないで、このまま中に出して…」

 

「ダメだよ、万が一出来ちゃったら」

 

「今日は安全日なの、中に出して~」

 

最後は涼子から激しく腰を動かしてきて俺は我慢できなくなり、涼子にお願いされるままオマンコの奥に大量のザーメンを注ぎ込んだ。

 

涼子を家に送り届け、暫くすると携帯にメールが来た。

 

「今日はありがとう、また会いたい」

 

親友太一に送信されてきた不倫相手からのメールと同じ内容だった。

 

親友の妻である涼子との関係はどんどんエスカレートし、不倫だからこそ、何でも言い合えるセックスを楽しめた。

 

もう、別れられない関係にまで発展してしまった・・・