Pocket

 

医者とセックス
画像はイメージです

 

医者もED治療薬を飲用していました

 

「倉田さん、倉田典子さん、診察室へお入り下さい」

 

私は名前を呼ばれましたが、やっぱり恥ずかしさもあって、自分でも顔が赤くなっているのを感じながら、診察室へ入りました。

 

「どうされましたか?顔が赤いですけど・・・」

 

「あの~、えっと、その・・・主人なんですけど・・・」

 

「ご主人がどうかされましたか?」

 

「主人がですね、最近・・・その・・・ダメなんです、勃たないんです・・・」

 

「あぁ、EDということですか、大丈夫ですよ。そういう相談も多いですし、何も心配することないですよ、ハハハ」

 

男性のお医者さんでしたが、あっけらかんとして言われ、それまでの恥ずかしさが一気に消えてしまいました。

 

「今はいい薬がありますからね、直ぐに治りますよ」

 

先生は棚から錠剤を取ってきて、私に見せてくれました。

 

「この薬は副作用もなく、EDの男性に効果があります」

 

「飲むだけでいいんですか?」

 

「そうです、営みの一時間前ぐらいに飲むだけで効果ありますよ。薬の効果も24時間ほど持続します。」

 

私はすっかり興味津々になってしまい、食い入るように先生の話を聞きました。

 

「実は私も愛用してるんです。恥ずかしながら私もEDでしてね、効果を見てみますか?ちょうど一時間ぐらい前にこの薬を飲んでましてね。ほら、こんな具合です」

 

先生はズボンのファスナーを下げ、勃起したオチンポを取り出しました。

 

旦那がEDになってからというもの、長い間勃起したオチンポを見ていなかった私は、食い入るように見てしまいました。

 

旦那のオチンポよりも大きく、しかも反り返っています。

 

「ちょうど効果が出るころに、奥さんみたいな色っぽい女性が来られたもんですから・・・」

 

(私を見てこんなに勃起したのかしら)

 

そう思うと嬉しくなり、触りたくなっていました。

 

「さぁ、硬さも確認してくださっていいですよ。実際に触ってみて下さい。薬の効果が分かりますから」

 

私は言われるがまま手を伸ばし、先生のピンピンに反り返ったオチンポを握りしめました。

 

「ほうっ・・・どうですか?硬いし良く効いているでしょう?もっと近くで確かめていいですよ、遠慮はいりません」

 

顔をオチンポに近づけると、男性フェロモンをプンプン感じます。

 

久しぶりのオスの匂いです。

 

私の大好きな匂いです。

 

私は先生のオチンポからタマタマまで、鼻をくっつけるようにクンクン匂いを嗅いでから、オチンポを咥え込みました。

 

反り返ったチンポにむしゃぶりつきました

 

「おほうっ・・・硬さを実感しましたか?おおぅ・・・気持ちいい」

 

先生はそう言いながら、私の太ももに手を伸ばして撫でてきました。

 

しかも、だんだんと足の付け根の方へ移動してきます。

 

私も触ってほしくなっていたので、脚を少し開き、先生の手が奥まで届くように誘導しました。

 

スカートの中に指先が進入し、すでに湿り気を帯びていたオマンコをサワサワと撫でてきます。

 

「ああん、気持ちいいわ、感じちゃう!もっと触ってください!」

 

私はオチンポをチューッと吸い込み、カリ首に舌をまとわりつかせてレロレロ舐めたりしながら夢中でしゃぶりました。

 

先生は私を後ろ向きに立たせ、机に手を付かせてお尻を突き出させました。

 

そしてパンツを脱がされた私は、自分から足を大きく開き、先生の反り返ったオチンポの挿入をおねだりしました。

 

「先生、もう入れて!薬の効果をオマンコで感じたいの!その硬いオチンポ早く下さい!」

 

私のスケベなお願いに、先生はお尻を撫でながら言いました。

 

「分かりました、お尻をもっと突きだして下さい・・・ほぉ、こんなに濡れてたんですね。典子さんも相当欲求不満だったんですね。まったくいやらしいオマンコだ」

 

そう言って先生は、オマンコを眺めながらしばらくお尻を撫で回しています。

 

私のオマンコは、早く入れて欲しくて愛液が溢れてきています。

 

ようやく先生はお尻を掴み、オマンコの割れ目に反り返ったオチンポを擦り付けてきました。

 

(やっと入れてもらえる)

 

と思って私はお尻を突きだしたのですが、先生は亀頭の部分までしか入れてくれません。

 

一気に奥まで突いて欲しい私は、お尻を押し付けるように後ろに腰を動かしますが、先生は腰を引いて焦らし、意地悪してくるんです。

 

「いや~ん、先生!意地悪しないで早く入れて!」

 

私は悲痛な叫び声を上げていました。

 

今考えても私は、ただのメスになっていました。

 

久しぶりのチンポにイカされました

 

そんな私をニヤニヤしながら先生は、

 

「いやらしい典子さんだね・・・ほうらっ」

 

と言って、一気にオチンポをオマンコの奥まで突き入れてきました。

 

私は、仰け反りながら、大声で喘いでしまいました。

 

「ああ~!いい~!き、気持ちいいわ、こんなに硬くて気持ちいいオチンポは久しぶり!たまんないっ!」

 

先生は、ズチュッ、ズチュッといやらしい音を響かせながら突いてくれます。

 

リズミカルに腰を動かしながら胸を揉んだり、乳首をキュッキュッと摘まんでくれました。

 

さらにクリトリスまで刺激された時には、あまりの快感に私は頭の中が真っ白になり、潮を吹いてしまいました。

 

「おほぅ、嵌めながら潮吹いたのは典子さんが初めてだ。本当に淫乱なオマンコだね。私も興奮するよ」

 

私は膝がガクガクして倒れそうになるのを堪えながら、激しく打ち突かれて絶頂を迎えそうになっていました。

 

「イキそうですか?イってもいいですよ!ほらっ、イキなさい!」

 

そういうと先生は激しく腰を突いてきて、同時にクリトリスも刺激され続けた私は、完全に壊れたようになっていました。

 

「イクッ!イクッ!イッちゃう!ダメェ、イクゥ!」

 

獣のような喘ぎ声を発しながら、絶頂に昇り詰めてしまいました。

 

先生は、膝から崩れ落ちそうになる私のお尻を抱えてくれました。

 

オマンコの中で、先生のオチンポはまだギンギンに勃起していました。

 

そうです、先生はまだ射精していないのです。

 

股間が繋がったまま暫く余韻に浸っていると、

 

「さぁ、これからが本番ですよ、薬の効果をじっくり試しましょう・・・次は僕と一緒にイキましょう」

 

もう終わりと思っていた私は、

 

(またイカせてもらえる!)

 

と心の中で喜びを噛み締めていました。

 

旦那と先生の分を処方して下さい

 

先生はまだまだギンギンに硬いオチンポを私のオマンコから引き抜き、椅子に座りました。

 

相変わらず反り返ってピンッと屹立したオチンポは、私の愛液でヌラヌラして、さらにいやらしく見えます。

 

(凄い、あんな立派なオチンポが入ってたんだ。私は逝ったのに、まだあんなにいきり立って・・・ああ・・・見てるだけでまた欲しくなっちゃう・・・オマンコ疼いちゃう!)

 

「さぁ、こっちへ来て。乳首を吸ってあげるから」

 

私は先生の一言一言に、体が過敏に反応するようになっていました。

 

先生の前に立ち、おっぱいを先生の顔に近づけます。

 

「乳首が勃起してますよ」

 

そう言うと先生は、舌先で乳首をチロチロと舐めたり、甘噛みしたりします。

 

「ああん、感じちゃう、おっぱいも揉んで!」

 

先生は両手でおっぱいを大きく揉み上げながら、乳首をチュパチュパと夢中で吸ってくれてます。

 

私も先生のオチンポを握り、手でシコシコ擦ってあげました。

 

「じゃあ、また入れてあげよう。今度は僕の上に跨がりなさい、チンポを自分でオマンコに入れなさい」

 

私は熱くて硬いオチンポを掴み、オマンコに狙いを定め、ゆっくりと自分の腰を下ろしていきます。

 

ギシギシと椅子が音を立てています。

 

私の濡れたオマンコは、硬いオチンポをヌルりと飲み込みました。

 

自分で腰を上下させ、一番気持ちいいスポットに当たるように動かしました。

 

しばらくすると先生は、繋がったまま私を抱き上げ、診察ベッドに寝かせました。

 

今度は正常位で、オマンコ奥深くまで突き刺されたのです。

 

腰を前後左右にグリングリン動かしながら、乳首を摘み、私のヨガっている顔を上から眺めています。

 

「典子さんのオマンコは締め付けがきつい、こんな気持ちいいオマンコは初めてだ。もう私もイキそうだ。一緒にイこう!」

 

そう言うと先生は、力強くピストンを繰り返して突き入れてきました。

 

「ああっ!もっと、もっと激しく突いて!私も一緒にイキたいの!ああ、凄い!いいっ!もうダメ!中に出して。オマンコの中にいっぱい出して!イクッ、イクッ、イクゥ!」

 

先生は激しく打ち付け、

 

「イクぞ!イクぞ、イクゥ!」

 

オマンコの中で一段と膨らんだオチンポから、勢いよくザーメンが飛び出したのが分かりました。

 

先生のザーメンは、オマンコの奥深くに注入されました。

 

暫く二人とも動くことができず、お互いはぁはぁ言いながら抱き合っていました。

 

「どうでしたか?ED治療薬の効果を実感出来ましたか?」

 

「ええ、凄くいい薬ですね、是非処方して下さい、この薬は毎日使っても大丈夫ですか?」

 

「ま、毎日?毎日だとちょっと体に負担がかかるかもしれませんね。せめて1日置き程度にしてあげて下さい。」

 

「分かりました、主人の分と先生の分も処方して下さい」

 

そう言って私は先生のオチンポを握りしめ、もう一回戦お願いしました。