Pocket

 

バック
画像はイメージです

 

ネットで知り合った人妻とホテルへ

 

僕は高校を中退してから、1年近く家に引き篭もっている。

 

冴えないのは自分でも分かっているけど、中学の時、なぜか女子に告白されたことはある。

 

けど、付き合うとか分からなかったし、以来ずっと彼女なし。

 

ニートでインターネットばっかりやっていて、何人かの人と知り合いにもなった。

 

その中に33歳の人妻(ユミさん)がいる。

 

お互い顔も知ってる間柄。

 

親がいない時にエッチな画像見てムラムラした時に、ユミさんとスカイプして、思い切ってエッチな発言してみた。

 

「女の人の身体触ってみたい」

 

とか、

 

「ユミさんとセックスしたい」

 

って言ってたら、向こうは、

 

「そんなこと言われたの久しぶりー」

 

って笑ってた。

 

ゲラゲラ笑うから、こっちも冗談のつもりで、

 

「セックスさせて~!」

 

って言ったら、ユミさんは急にマジなトーンで、

 

「本気?」

 

って聞いてきた。

 

焦ったけどセックスしたいのは事実だから、

 

「ほ、本気だよ」

 

て言うと、

 

「ニートが交通費もホテル代も出せるの?」

 

「・・・」

 

「私に全部出させる気なの?ねえ?」

 

「ご、ごめんなさい」

 

「あはは、じゃあ、いつがいい?」

 

て、結局会ってくれることになった。

 

駅のホームで12時に待ち合わせ。

 

ホームに着いたら電話するように言われてたんで、ケータイ取り出そうとしたら後ろから肩をトントンって叩かれた。

 

振り向いたら笑顔のユミさんがいた。

 

顔は知ってたけど初対面なのでお互いニヤニヤ。

 

でも僕はかなり緊張していた。

 

ユミさんが、

 

「結構背高いね(僕は175cm)。顔だけだと、もっと小さいと思ってた」

 

だって。

 

「どう?私の体型、想像通り?」

 

「コート着てるから分かんない」

 

って言ったらユミさんはコートの前を開けた。

 

「そのコート、暖かそうだね」

 

ってどうでもいいこと言ってしまったけど、

 

「そう?」

 

ってコートで包むように僕を抱き締めてきた。

 

「暖かい?」

 

「柔らかい」

 

えへへへって二人で笑う。

 

ちょっと和んだ感じ。

 

そのままユミさんに引っ張られてラブホテルに行った。

 

緊張して勃起してなかったけど…

 

「来たことあるの?」

 

って聞いたら、

 

「あるよー」

 

って。

 

僕は初めてで、部屋の装飾品が豪華で驚いたんで、

 

「スゲェーッ」

 

って見たり触ったりしてたら、

 

「そんなのいいから」

 

って手を引っ張られて、ベッドに押し倒された。

 

それまで余裕あるフリしてたけど、一気に緊張感が出て固まってしまった。

 

ユミさんの顔をまともに見れなくなって視線を外したら、顔を近づけてきてキスされた。

 

もう心臓がドックンドックン鳴ってるのがはっきり分かる。

 

「初めてでしょ?」

 

「分かるの?」

 

「キスの仕方でわかるわよ」

 

って言った後、ニッコリて笑って、

 

「前に彼女いたことないって言ってたでしょ、引き篭もりのニートだし」

 

って。

 

セックスの手順についてネットで調べてきてた僕は、まずシャワーを浴びるはずって思ってたんだけど、いきなり僕のベルトに手をかけて外し始めるユミさん。

 

「ちょ、ちょっと!」

 

「え?」

 

「恥ずかしい」

 

「このくらいで?」

 

「うん」

 

「じゃあ、止める?」

 

「え?」

 

「する気ないんなら帰る」

 

「そんな・・・」

 

「本当にセックスしたいの?」

 

「う、うん」

 

「じゃあ謝って」

 

「・・・ごめんなさい」

 

完全にペース握られてる。

 

ズボンも上も脱がされて、最後にパンツ下ろしたら、まだ勃起してなくて、

 

「私じゃ興奮しない?」

 

って聞くから、

 

「そんなことない・・・緊張してる」

 

って答えた。

 

本当にガチガチに緊張してた。

 

でもユミさんにチンポを手でシゴかれると簡単に勃起して、

 

「緊張してるんじゃなかったの?」

 

って笑われた。

 

フェラチオってこんなに気持ちいいんだ

 

「今度は私を脱がして」

 

そう言われても、女性の服の脱がし方なんて分からない。

 

ユミさんも教えてくれないし、モタモタしてると、

 

「もう!」

 

って言って自分で脱ぎ出した。

 

ユミさんの身体は・・・おっぱいは大きくてちょい垂れ気味。

 

乳輪は大きめ。

 

脇腹にはちょっと贅肉が。

 

おっぱい触らせてもらったら超柔らかい!

 

乳首吸ってみたけど特に味はしない。

 

マン毛は薄いほうかなと思う。

 

寝転がらされて覆いかぶさられ、ディープキスされた。

 

超興奮した。

 

ユミさんの肌にチンポが当たってビンビンに勃起してしまい、モゾモゾ体が動くたびに擦れて、それだけで射精しそうになる。

 

「イキそうになった」

 

って言ったら、

 

「もう?若いね」

 

って言ってチンポ触ってくれた。

 

「ふふっ」

 

て笑って、

 

「イキたくなったら我慢しなくていいよ」

 

って言われた。

 

上半身のあちこちにキスされた後、ユミさんの顔が下半身へ移動し、ついにチンポをパクリ。

 

「はぁ~」

 

フェラチオってすごい!!

 

狂いそうになった!!

 

あまりの気持ちよさに、

 

「あぅぅ」

 

って声が出ちゃって、たぶん1分も持たずにイッちゃいそうになった。

 

我慢しなくていいって言われたんでそのまま口に出したら、

 

「イク時は言って!」

 

って怒られた。

 

ユミさんは、イッてもビンビンに勃起したままの僕のチンポを握って、

 

「すごい、あいつのとは全然違う!」

 

って言って笑ってた。

 

(あいつって?)

 

て一瞬思ったけど、あえて何も聞かない。

 

ていうか怖くて聞けないし。

 

腰の動かし方が分からない

 

ユミさんはマンコを開いて見せてくれた。

 

なんだかグロく感じた。

 

触ったらグニグニしてた。

 

濡れてなかったので、

 

「濡れてないの?」

 

って聞いたら手を掴まれて、

 

「指入れてみて」

 

って、オマンコの中に指入れてみたら結構濡れてた。

 

「じゃあ、入れてみる?」

 

「うん」

 

コンドームの付け方を教えてもらって、ついに挿入した。

 

ぬるま湯?

 

なんか暖かくてヌルヌルしてる。

 

ユミさんが動いてくれて、ちょー気持ちいい。

 

「イキそうになったら、ちゃんと言ってね」

 

って今度は念を押された。

 

またすぐにイキそうになったので、

 

「もうイキそう」

 

って言ったら、

 

「え!?」

 

って動きが止まったけど、イッちゃった。

 

「もう、私、全然まだまだだよ、まあ仕方ないか」

 

コンドーム付け替えて、もう一度挑戦。

 

今度は正常位。

 

AVで見たような、体を密着させて、腰をズコズコピストンするのがやってみたかったので挑戦してみる。

 

ユミさんの身体が柔らかくていい感触。

 

でも、うまく腰を動かせない・・・。

 

仕方ないので、身体を起こして腰振ってみたけど、なんだか上手くいかない。

 

ギクシャクしてると、ユミさんが起き上がってきて、僕は仰向けに倒され、また騎乗位。

 

ユミさんはグリグリ腰を動かしてくる。

 

めちゃくちゃ気持ちいい。

 

「ああ~、気持ちいい~」

 

って言いながら今度はユミさんがイク。

 

しばらくしてユミさんが、

 

「バックの方がやりやすいかな?」

 

って僕に向けてお尻を突き出してきて、

 

「練習していいよ」

 

って言われたから、バックで入れてみた。

 

やっぱりうまく腰を動かすことができなくて、リズムが取れなくて、AVみたいにパンパンって感じにできない。

 

しかも疲れる。

 

それと、AV見てる時は、バッグでするより女性の顔が見える正常位の方がいいじゃん、って思ってたけど、実際にしてみると、バックの方がオマンコ締まる感じがするし、尻肉にぷにって当たる感触が気持ちいい。

 

だんだん慣れてきた感じがしてきたら、ユミさんが、

 

「あん・・・いいよ、その調子」

 

って言ってくれたけど、その数秒後にイッてしまった。

 

(早漏なのかな?)

 

心配になった。

 

ホテルから出たら、空がとても綺麗に見えた。