Pocket

小学生フェラチオ
画像はイメージです

 

小学生の男の子がおねしょ

 

私は小学校の教員ではあるのですが、とにかく少年が大好きなのです。

 

しかも包茎の男の子なら、なおさらです。

 

女性の多くは、変態って思うかもしれません。

 

でも、好きなものはどうしようもありません。

 

大人の男性とは違う魅力があります。

 

汗の匂いやおしっこの臭い、思春期の男の子ならではの独特の甘い精子の臭い、それら臭いを嗅ぎながら、少年のおちんちんの先に舌を這わせてフェラチオしてあげます。

 

想像しただけでも、オマンコが濡れてしまいます。

 

私が今、関係を持っているのは、小学校の教え子ではなく、近所に住んでいる宏君です。

 

驚くことに今の子供って、早い子では、小学4年生でおちんちんが勃起もするし、射精もするんです。

 

子供でも気持ちよくなって、精液ピュッピュッて飛ばしちゃうんです。

 

女の子の生理も、小学3年生で始まる子もいます。

 

信じられないでしょ?今の子供は発育が早いのです。

 

宏君とは、ここ1年ぐらい、エッチな関係にあります。

 

最初は地域の子供会のスキー旅行で、宏君の両親がどうしても行けなかったため、教師でもある私と、私の父が面倒を見たのがきっかけでした。

 

宏君はお泊まりは初めてと言う事で、バスの中でも緊張していましたが、スキー場に着くと、子供らしく元気いっぱいに滑っていました。

 

飲み込みも早くて私よりも上手で、私が

 

「宏君、滑り方教えてよ」

 

って言うと、

 

「うん、お姉ちゃん一緒にすべろ」

 

なんて無邪気な笑顔で私の手を取り、丁寧に滑り方を教えてくれました。

 

ホテルに戻ると、たくさん汗をかいたので、私は温泉に入りに行きました。

 

部屋に戻ってくると、さっきまで大はしゃぎで遊んでいた宏君は、お風呂も入らずに、そのまま布団でぐっすりと寝ていました。

 

部屋は私の父と私、そして宏君の3人だけでした。

 

夕食は大人数なので宴会場で食べる予定なのですが、宏君が起きないので、父だけ宴会場に行って貰い、私は宏君と部屋に残る事にしました。

 

父は浴衣に着替えると、

 

「じゃあ、夕飯は後で食べに行くか、買ってくるかしなさい」

 

と言って、私に5千円を渡してくれて、宴会場に向かいました。

 

父が部屋から出て行ってから、すぐのことでした。

 

なにか、

 

ジョ、ジョー

 

という音が聞こえてきたんです。

 

(なんだろう?)

 

と思ってキョロキョロしていると、宏君が目を覚ましたみたいです。

 

時間は夜の6時過ぎでした。

 

「あれ?宏君、起きたんだね」

 

と私は声を掛けましたが、宏君は寝ぼけているのか、一言もしゃべりません。

 

むしろ、落ち着きがない感じでした。

 

寝ぼけているのとは明らかに違います。

 

私は

 

(もしかして?)

 

と思い、宏君に近づいて布団に手をかけました。

 

すると宏君は、

 

「やめてー」

 

と大きな声で嫌がると、真っ赤な顔をしながら私の手を掴んで払いのけました。

 

私は何も言わずに立ち上がり、部屋のお風呂場からバスタオルを取ってくると、

 

「大丈夫よ」

 

と言って、布団をめくりました。

 

そうです、宏君は「おねしょ」をしてしまったんです。

 

恥垢の臭いに興奮して濡れる私

 

でもその時の私は、宏君のおしっこを全然汚いとは思いませんでした。

 

おねしょしてしまったことは仕方ないので、宏君を説得して立たせると、ズボンをタオルで拭いてあげました。

 

「洗うから脱いで、お着替えしようね」

 

と言うと、宏君は素直にズボンを降ろしました。

 

白いブリーフが黄色く滲んでいるのを見て、私は思わず息を呑みました。

 

これまで何人かの男性とお付き合いした経験がありますが、この時は、今までにない変な興奮がありました。

 

(小学生の男の子のおちんちん、一度でいいからフェラチオしたい)

 

無性にそう思ってしまい、気が付いた時、私の理性は吹き飛んでいました。

 

おしっこでビチョビチョに濡れたブリーフを脱がすと、宏君のおちんちんを触りました。

 

すると宏君のおちんちんは大きくなり、まだ小ぶりですが、しっかりと勃起しました。

 

勃起しても皮をかぶっていて、とても可愛らしく見えました。

 

もう私は、宏君の顔を見る事が出来ず、子供の包茎おちんちんに夢中になっていました。

 

4年生の宏君は何も分からず、ただ私にされるがままの状態でした。

 

おちんちんの先まですっぽり包み込んだ包皮を、ゆっくり剥いていきます。

 

真性包茎ではないように感じるのですが、すんなりとは剥けません。

 

「痛い?」

 

と宏君に聞くと、

 

「痛くはないけど、何してるの?」

 

と不安そうな声で答えました。

 

私は、

 

「絶対内緒だからね、もし宏君が気に入ったら、また今度もしてあげるから」

 

と言い、そのままおちんちんを触り続けました。

 

明るい室内で、宏君のおちんちんがピクピクと脈を打っているのが分かります。

 

もう1度手を触れて、先を指でつかみ、ゆっくり優しく剥いていきました。

 

ニチャッと音を立てながら、包皮を下まで剥いていくと、ピンク色の亀頭が露出しました。

 

するとそこは、普通の女性なら目を覆いたくなる光景が広がっていました。

 

私も同年代の彼氏のおちんちんだったら、思わず目を覆ったと思います。

 

黄色と白で濁ったべとべした恥垢が、今にも剥がれ落ちそうなくらい、皮とカリ首の間に溜まっていたのです。

 

ツーンとした刺激臭が私の鼻を襲います。

 

でもその臭いが、私の興奮をかきたてました。

 

私のパンツは愛液ですでにビショビショに濡れていて、太ももに垂れてきているほどでした。

 

小学生のおちんちんに夢中な私は変態

 

(もしここで誰かが来たら?)

 

なんてことも、まったく考えることが出来なくなっていました。

 

目の前にある小学生の勃起したおちんちんと恥垢の臭いが、私を狂わせ、理性を崩壊させたんです。

 

思い出すだけでも濡れてしまいます。

 

恥垢の臭いに引き寄せられるように私は顔を近づけ、そのままおちんちんを咥えました。

 

小ぶりでも硬いおちんちんです。

 

私はフェラチオしながら恥垢の所に舌を絡め、ゆっくりと削ぎ落としていきます。

 

梅干しにレモンをしぼったような、さらに苦みも加えたような・・・

 

不思議ですが、本当に美味しいと思っておちんちんに舌を這わせていました。

 

普通だったら、強烈な臭いと味に吐いてしまうかもしれません。

 

私は少しずつ恥垢を削ぎ落とすと、唾液を含ませて一緒に飲み込みました。

 

喉を通る間に、こってりと熱く、粘り気があるのを感じました。

 

私は宏君のおちんちんがどんどん愛おしくなり、そのままフェラチオを続けました。

 

すると突然、おちんちんの先から熱い液体が吹き出して来たんです。

 

私は一瞬ビックリしましたが、おちんちんを口から離しませんでした。

 

ビクンビクンと脈を打つ度に、私の喉奥に放出される宏君の精液。

 

先ほどの恥垢の甘さとは比べものにならないくらい、甘くて美味しいんです。

 

個人差はあると思いますが、精液の味を私は甘く感じます。

 

宏君の精液は、まるで本物のヨーグルトのように粘り気があり、固まりになっているものもあり、ドクンドクンと7回ほどに分けて射精していたと思います。

 

昔の彼氏の部屋で見たエッチビデオで、数人分の男の人の精液をコップに取って飲むシーンを見たことがありましたが、宏君は1人で3人分くらいの量が出ていたように感じました。

 

私は口の中でいっぱいになった精液を、じっくり堪能してから飲み込ました。

 

宏君の顔を見上げると、はあはあ言いながら汗びっしょりになっていて、私の顔をまじまじと見ていました。

 

それから1年ほど、何度か会って宏君の精液を飲んでいます。

 

でもまだセックスはしていません。

 

フェラチオで射精してくれた精液を飲むだけです。

 

宏君がイク瞬間に、おちんちんを根元まで咥えて唇でキュッと締め付けると、とっても気持ち良さそうに射精してくれます。

 

その様子を見ながら精液をごっくんするのが、何よりも好きなんです。

 

自分でも変態だと思うし、そう思われても仕方がないと思っています。

 

この間に大人の男性と関係も持ったのですが、宏君ほど興奮しませんでした。

 

やっぱり私にとっては、小学生の男の子が最高なんです。