Pocket

母乳 セックス
画像はイメージです

 

色っぽい主婦の格好に勃起した

 

僕は高校1年の時、父の仕事の関係で、社宅に住んでいました。

 

とても綺麗な社宅とはいえず、あまり良い環境でも無かったです。

 

外に出ると、スケスケのネグリジェ1枚で涼んでいるお母さんがいたり、家の壁が薄いせいか、お隣でセックスしている声が聞こえてきたりもしました。

 

それをオナニーのおかずにしたこともありますけどね。

 

ちなみに僕は童貞ではありません。

 

中学3年の時、憧れていた友達のお母さんに、筆下ろししてもらった経験があります。

 

そのお母さんとは、一回だけの約束だったので、それ以降はセックスしてません。

 

今回は、母親の友達がこの社宅にいたんですが、その女性(明子さんとします)とのエッチな体験談を話したいと思います。

 

明子さんは主婦で、母の友達といっても、僕と母の中間ぐらいの年齢だったと思いますので、僕にとってはお姉さんのような存在でした。

 

僕の家にも頻繁に出入りしていましたし、主婦なのに色気もあって、僕に親しく接してくれました。

 

母は夕方6時から夜10時まで、近所の食堂でパートをしていました。

 

僕の家は鍵をほとんど掛けることがありません。

 

当時は社宅で鍵を掛ける家はほとんど無かったんです。

 

ある日、母がパートに出てからしばらくして、突然明子さんが家にやって来て、

 

「まーくん、ちょっと家に来て!」

 

と、かなり慌てた様子で呼び出されました。

 

明子さんの家に行くと、大きな蜘蛛が台所にいました。

 

「もう、怖くて・・・」

 

僕は新聞紙を丸めて叩き潰しました。

 

すると明子さんは、

 

「あ~良かった、ありがとう!」

 

と言って、僕に抱きついてきました。

 

大人の女性の香りを感じました。

 

明子さんが僕の家に来るようになって、何度もズリネタにしていたので嬉しかったです。

 

明子さんには子供がいて、生後5ヶ月位の女の子です。

 

女の子は新聞紙で叩く音にビックリして、泣き出してしまいました。

 

「ビックリしたね~、よしよし、お腹も空いてたかな~、おっぱいあげようね」

 

と言って明子さんは豊満なおっぱいを出して、女の子に飲ませ始めました。

 

僕は明子さんのおっぱいや乳首を見てしまい、ドキドキしてしまいました。

 

バッチリ目に焼き付けたので、

 

(帰ってオナニーしよっかな)

 

と思って帰ろうとしたら、

 

「ちょっと待って、もうすぐ飲み終えるから」

 

と言われて居間を見てみると、食事中だったようで、ビール瓶もありました。

 

僕は座って待つことにしました。

 

「まーくん、ごめんね、おばさんと一緒にご飯食べない?」

 

「はい」

 

とちゃぶ台の前に行き、座りました。

 

母が明子さんは以前、ホステスしていたと聞かされていました。

 

「まーくん、ビール飲んだこと有る?」

 

「ありますけど、苦くてあんまり好きじゃないです」

 

「じゃ、飲みやすくしてあげるわ・・・あっ、未成年にお酒勧めちゃまずいかな・・・ま、いっか」

 

と言って、明子さんは台所に行きましたが、その姿を見て、僕のチンコは勃起してしまいました。

 

明子さんはピッチリしたホットパンツに、ゆるゆるのTシャツ一枚で、しかもノーブラなんです。

 

さらに、台所のシンクの下にある物を取り出そうとして、突き出したお尻がこちらを向いていました。

 

まるで僕を誘惑しているかのようで、エロすぎてたまりませんでした。

 

母乳を飲ませてもらった

 

明子さんは梅酒を持ってきて、

 

「梅酒をビールで割るとおいしいのよ、作ってあげるから飲んでみて」

 

と言って、それを作ってくれました。

 

(さすが元ホステスだな)

 

と思いました。

 

飲んでみると、ビールの苦さが減り、梅酒の甘さもあって、美味しくて一気に飲んでしまいました。

 

「あら、強いじゃない」

 

とまた作ってくれました。

 

「ゆっくり飲まないと酔っちゃうわよ」

 

ちょっと酔ってきたみたいなので、ゆっくり飲みました。

 

「まーくん、彼女いるの?」

 

「いませんよ」

 

「じゃ~、まだ女知らないんだ、童貞ちゃんなんだね」

 

僕はからかわれていると思って、

 

「童貞じゃないですよ!」

 

と、ちょっと大きな声を出してしまいました。

 

明子さんはちょっと驚いたみたいで、

 

「そうなの?誰としたの?もしかして、お母さん?」

 

「そんなわけないでしょ!」

 

「じゃ誰なのよ!」

 

となぜか強い口調で聞いてきました。

 

明子さんは、すでにビール3本目に突入です。

 

友達のお母さんだなんて言える訳もないので、

 

「誰かは言えませんけど、年上の人です」

 

「そうなんだぁ、まーくん、経験済みなんだ・・・まーくんの童貞狙ってたのに、残念だわ~、大人の女教えてあげようと思ってたのに・・・」

 

「からかわないで下さいよ」

 

「からかってないわよ、本気だったのよ、ごめんね」

 

と言って、明子さんは僕に近寄ってきて、もたれかかってきました。

 

僕は再びンビンに勃起しました。

 

酔っていたこともあり、

 

「僕にもおっぱい飲ませて下さい」

 

と思い切って言ってみると、

 

「いいよ、大きな赤ちゃんにも、おっぱい飲ませてあげるね」

 

明子さんはTシャツを捲り、僕に向けて、巨乳と少し黒ずんだ乳首を見せてくれました。

 

僕は片手で巨乳を掴み、片方の乳首に吸い付きました。

 

甘い母乳が出てきて、美味しく感じました。

 

一緒に絶頂を迎えた

 

母乳を吸いながら、巨乳をモミモミしました。

 

すると明子さんは、

 

「あんっ、気持ちいいわ、本当に女を知っている感じね」

 

そう言うと明子さんは、僕のズボンに手を入れ、勃起したチンコを触りながら、もう片方の手でオマンコを触り始めました。

 

僕は乳首を舐めながら、ホットパンツの中に手を入れ、オマンコを触ってみると、すでに濡れていました。

 

「もう濡れてる」

 

「は~ん・・・まーくんのおちんちん触ったからよ」

 

明子さんは、ホットパンツを脱ぎました。

 

白のパンティーの横から指を入れ、クリトリスを弄っていると、

 

「あんっ!まーくん上手よ、気持ちいいっ!そこ気持ちいいの!ん~」

 

僕はオマンコに指を入れ、グチュグチュと掻き回しました。

 

「まーくん、ダメッ!イッちゃうっ、イッちゃうぅ~、イク~!」

 

明子さんは絶頂を迎えました。

 

イッたあとで、明子さんは全裸になり、僕も脱がせてくれました。

 

「若いおちんちん、素敵だわ~」

 

と言って、僕の勃起したチンコをフェラチオしてくれました。

 

めちゃくちゃ気持ちよくて、これ以上ないぐらいに、チンコはガチガチに硬くなりました。

 

そして明子さんはコンドームをつけてくれました。

 

「まーくんも舐めて」

 

と言われたので、シックスナインをしました。

 

指でクリトリスを触りながら、同時にオマンコにも舌を入れて舐めまわします。

 

明子さんは再びイッてしまいました。

 

「まーくんはマダムキラーね、もう我慢できないわ、おちんちん入れて」

 

ガチガチに勃起したチンコを、ビショビショに濡れた明子さんのオマンコに沈めました。

 

「あ~ん、まーくんのおちんちん、大きい~、気持ちいいわ~」

 

僕が激しく動くと、明子さんも腰を動かしてきて、途中何度か抜けたりもしました。

 

「あ~ん、またイク~!イッちゃうよ~」

 

明子さんの腰の動きは一旦止まりましたが、僕もイキたくなってきたので、腰を動かし続けていると、

 

「また、イッちゃう~」

 

「僕もイキそうです」

 

「一緒に一緒いこ~」

 

「あ~、出る、出ちゃいます!」

 

「いく私もイクぅ~」

 

僕は明子さんのオマンコに包まれたまま、コンドームの中にドクドク射精しました。

 

「嬉しかったよー、一緒にイッタね」

 

明子さんは僕のチンコからコンドームを外すと、

 

「わ~、いっぱい出たね」

 

明子さんは、僕の精液が入ったコンドームを揺らして見せてきた後、キスしてくれました。

 

妊娠して出産していた?

 

舌を入れあってディープキスすると、またチンコが勃起してきました。

 

「すごい!若いっていいわ~」

 

またコンドームを装着し、僕は、

 

「今度は後ろから入れたい」

 

と言ったら、

 

「いいわよ、いっぱい突いて」

 

明子さんが四つんばいになったところを、後ろからズボズボ挿入しました。

 

明子さんも気持ちよくなったみたいで、自分から腰を振っていましたが、しばらくすると、

 

「私が上になってあげる」

 

と言って、今度は明子さんが騎乗位で腰を振りました。

 

僕も下からガンガン突き上げました。

 

僕はそろそろイキたくなったので、

 

「上になりたい」

 

と言って、僕が自由に動ける正常位の体勢になり、明子さんのオマンコを突きまくりました。

 

明子さんは、

 

「もっと、もっと突いて、もっともっと突いて」

 

と激しく求めてきます。

 

オマンコは、信じられないくらい愛液で溢れています。

 

「もっと激しく突いて、イキそうなの、もっと突いて~!」

 

「僕もイキそうです!」

 

二人でほとんど同時にイキました。

 

終わってから礼子さんが、

 

「よかったわ~、ほんとに上手よ~、子供生んでから旦那とはしてないから、まーくんがしたくなったり、私がしたくなったら、いっぱいしようね」

 

それから僕が大学に行くまで、頻繁に明子さんとセックスしました。

 

ただ1回だけ妊娠したことがあって、中絶させたこともありました。

 

僕は遠方の大学で一人暮らしをすることになったんですが、しばらくすると風の噂で、明子さんは社宅を離れ、別の町に住んでいるようです。

 

なんと浮気と妊娠がバレて、旦那から離婚されたようなんです。

 

僕の大学入学祝いの時に、中出しセックスさせてもらったんですが、まさかその時に出来た子供では・・・

 

明子さんは、今は僕の子供かもしれない子を産み、水商売をしながら育てているみたいです。