Pocket

おばちゃんにぶっかけ
画像はイメージです

 

柔らかい垂れ乳でギンギンに勃起

 

僕んちの近所の巨乳おばちゃんが、フェラ抜きしてくれた体験談を話そうと思います。

 

僕が高校2年のとき、学校から自宅に帰って来る時間には、まだ親は帰ってきていませんでした。

 

学校から帰ると、友達にもらったエロDVDをおかずに、毎日オナニーして2発は抜くのが日課になっていました。

 

そんなある日、学校から帰って来て、

 

(今日もオナニーするぞ)

 

と足早で自宅マンションに入った時、ちょうど同じマンションで、お隣に住んでいるおばちゃんとバッタリ出くわしてしまいました。

知っているおばちゃんなので、

 

「こんにちは」

 

と軽く挨拶すると、おばちゃんはニヤニヤしながらこんなことを言ってきました。

 

「ここんとこ、ずっとエッチなビデオ見てるでしょ?隣まで音が漏れて聞こえてるのよ」

 

どうやら、興奮してオナニーに夢中になり過ぎていた僕は、音量も気にせずエロDVDを観ていたようです。

 

おばちゃんには、オナニーしているのがバレバレでした。

僕はあまりの恥ずかしさに言葉が出ず、顔を真っ赤にしてしまい、すぐにその場を立ち去ろうと思いましたが、おばちゃんは、

 

「おばさんでよかったら、おちんちん気持ちよくしてあげようか?」

 

と笑顔で言ってきました。

 

僕が返事をする前に、お隣のおばちゃんは僕の右手を引っ張って、そのままおばちゃん宅まで連れて行かれました。

おばちゃん宅に上げられ、リビングに通されてソファに座らされました。

 

するとおばちゃんは、早速僕のズボンのベルトを外してチャックを下ろし、ズボンとパンツを同時に引きずり下ろしてきました。

 

まだ小さいままのチンコが丸出しです。

恥ずかしくてチンコを手で隠していると、おばちゃんは自分の服を脱ぎ、ブラをはずしておっぱい丸出しの格好になりました。

 

巨乳ですが、さすがに年のせいか垂れ乳です。

 

そしてその垂れ乳を、僕の顔に押し当ててきたんです。

「ねぇ、おっぱい舐めて・・・吸って・・・」

 

僕はおばちゃんに言われるがままに、垂れ乳を舐めて、吸い付きました。

 

童貞だった僕にとっては、垂れ乳でも初めて触って舐めたおっぱいです。

 

柔らかいし揉み応えもあるし、かなり興奮して、チンコはあっという間にギンギンに勃起しました。

 

おばちゃんの顔がザーメンまみれ

 

おばちゃんは、そんな僕の勃起したチンコを見て嬉しそうに笑いながら、チンコを握ってゆっくりしごき始めました。

自分でしごくよりも、比較にならないほど気持ちよくて、僕のチンコはますます硬くなっていきました。

 

「うわぁ、すごい硬い!美味しそうなおちんちんね」

 

と言って、しゃがんでそのまま僕のチンコをパクっと咥え込みました。

フェラチオ初体験です。

今まで自分の手でしごく快感しか知らなかった僕にとっては、初めて味わう生温かい口の感触に、気持ちよすぎて頭の中が真っ白になってしまいました。

 

おばちゃんは感じている僕の反応を楽しむかのように、舌先で裏筋をチロチロ舐めたり、亀頭を口で吸い上げたりと、さまざまなフェラテクで僕を悶絶させてきます。

そして、おばちゃんのフェラチオの動きがどんどん速くなってきて、ボクはもう我慢できなくなってしまいました。

 

僕のそんな様子を察してか、おばちゃんは口からチンコを離して、

 

「出したいなら出していいのよ、ほら、おばさんの顔にザーメンいっぱいかけて!ほら・・・かけて・・・」

 

と言って、おばちゃんは自分の顔に向けて、僕のチンコを高速手コキでしごきました。

 

ボクはもう我慢できなくなり、おばちゃんの言葉の直後に、顔めがけてドピュッ、ドピュッとザーメンをぶっかけました。

 

ザーメンが放出された瞬間に、おばちゃんは目をつぶり、

 

「キャッ!…うわぁ…いっぱい出てる」

 

と言って、顔中ザーメンまみれになっているのを、満足そうな表情で喜んでいました。

そしておばちゃんは、ザーメンまみれの顔を指で拭い、美味しそうに指を舐めながら、

 

「うわぁ、こんなネットリした濃いザーメン、久しぶりだわ」

 

と感心しながら、独り言のようにつぶやいていました。

 

その後、ザーメンを出したばかりの僕のチンコを、

 

「お掃除フェラっていうのよ」

 

と言いながら再び咥え、綺麗にしゃぶってくれました。

「どう?気持ちよかったでしょ?今日はこれでおしまいね」

 

と言われたので、ズボンとパンツを履いて、おばちゃんの部屋を後にしました。

それ以降、おばちゃんとは関係を持っていませんが、今ではエロDVDよりも、おばちゃんにフェラチオされて、ザーメンぶっかけたことを思い出しながら、オナニーしている毎日です。