Pocket

 

電気アンマ
画像はイメージです

 

ヤンキー女子のボスに騙された

 

あれは俺が高校3年生の時、クラスのヤンキー女子集団のうちの一人を、俺が好きだということが、その中のボスにばれてしまったんだ。

 

当時俺は暗くて、クラスに友達と呼べるやつが一人もいなかったし、休み時間も寝たりして一人で過ごしていた。

 

ボスは俺に、

 

「クラス中にばらしていいか」

 

と言ってきた。

 

「それはやめてくれ」

 

ということで、仕方なくボスのいうことを聞くことにした。

 

ボスからの命令が下った。それは、

 

好きな子(Aさん)の体操服を盗めと言うものだった。

 

そんなことはしたくないが、弱みを握られた俺は、仕方なく指定された土曜日に、ボスと一緒に教室へ行った。

 

「誰も来ないか見張っててやるから」

 

とボスは教室の前で見張り役。

 

俺は急いでAさんの体操服を手に取り、教室を出た。

 

ボス「何してんの?」

 

俺「え?」

 

ボス「それ、着なよ」

 

俺「それは・・・いくらなんでも無理だよ」

 

ボス「あ、そう、バレしてもいいんだ」

 

この辺りから、

 

(バラされたほうがましだったかも・・・)

 

と思い始めたが、仕方なく着ることにした。

 

しかも、

 

「上下とも肌に直接着ろ」

 

とボスは言ってきた。

 

今の俺に、断ると言う選択肢はない。

 

その当時は、体操服をハーフパンツでも、見せパン用としてブルマを穿いている女子が大半だったと思う。

 

俺はAさんの体操服に、上下とも着替えた。

 

当たり前だが、生まれて初めてブルマを、しかもフルチンから直接穿いた。

 

この状態からどうすればいいのか分からなかったが、とりあえず体操服の上から制服を着て、ボスに報告しようと思った。

 

制服を着ようとした瞬間、教室の戸が開いた。

 

俺がモタモタしてるから、ボスが見に来たのかと思った。

 

だが、違った。

 

俺は、絶句した。

 

俺の好きなAさんを含む、ヤンキー女子5人が入ってきた。

 

彼女らも、絶句していた。

 

電気アンマの激痛に耐えて射精

 

A「え?・・・ちょっと、意味分かんないんだけど・・・」

 

B「こいつ、キモー」

 

C「変態じゃん!」

 

他の女子をB、C、D、Eとする。

 

それはもう、思い出したくないほど汚い言葉で罵倒された。

 

俺「ち、ち、違うんだ、ボスに言われただけなんだ!」

 

A「嘘つけ!信じるとでも思ってんの?」

 

D「穿いてんの事実じゃん、認めないとか、もう人間腐ってるよね」

 

E「A、もうそのブルマ汚くて穿けないよねー」

 

A「最悪っていうか、もうさ、おめぇ虫けら以下だよ」

 

当時俺は、Aさんが本気で好きだった。

 

俺の方が成績は良かったので、よく宿題や提出物を頼まれていた。

 

それは、利用されているだけだと言うことは、十分に分かっていた。

 

でも、相手してくれているだけで嬉しかった。

 

そんなAさんに言われた「虫けら以下」の言葉は堪えた。

 

今でも心に傷を付けたままだ。

 

一旦制服を着ろと言われて従い、ボスを含め6人と一緒に、理科室へと連れて行かれた。

 

そして、

 

A「完全に犯罪だし、警察に言っていいよね?」

 

俺「お願いします、警察だけは・・・許してください」

 

A「このままじゃ、私の気が済まないんだよねー、そのブルマ、もう穿けないし」

 

俺「ブルマは・・・弁償します」

 

B「そういう問題じゃねえんだよ!」

 

その瞬間、俺は、

 

「ハウッ!」

 

となって、股間を押さえてうずくまった。

 

Bが俺の股間を蹴り上げてきたのだ。

 

悶絶する俺を見て、彼女らは爆笑していた。

 

そして、

 

「抵抗したら、警察に連れ出すからな」

 

と言われ、制服のネクタイで、両手を拘束された。

 

仰向けにさせられ、手は上に伸ばしたまま、足は広げられて動かせない。

 

ボス「じゃあこれから、変態君のお仕置きを始めまーす!」

 

みんな「イエーイ!」

 

最初は被害者ということで、Aさんが俺にお仕置きをすることになった。

 

Aは俺の両足を持つと、当時流行っていた真っ白なルーズソックスを、俺の股間に伸ばしてきた。

 

A「もう、こんなおちんちんいらないよね?うりゃーーっ!」

 

と言って、足の裏で強烈に刺激してきた。

 

俺の股間には激痛がはしった。

 

Aは完全に金玉を狙っていた。

 

手は縛られているし、抵抗するには身体を捻るぐらいしか出来ない。

 

それでも簡単に押さえつけられる。

 

まるで生き地獄だった。

 

電気アンマは、おそらく数分だったと思う。

 

だが俺には、果てしなく長く感じた。

 

電気アンマをされた経験のある男は分かると思うけど、金玉を狙われたら、痛くて泣きそうになる。

 

しかし、痛い中でも同時にチンポも刺激を受け、俺はAのブルマを穿いた状態で勃起していた。

 

そして、

 

「痛い!痛い!」

 

と泣きながらも射精してしまったのだ。

 

Aのブルマが、俺の出したザーメンで滲んでいた。

 

射精してあげたい?

 

それを見て女子達が悲鳴をあげる。

 

そしてみんな、

 

「きたねー!」

 

「へんたーい!」

 

とか言いながら、俺の股間を蹴りまくっていた。

 

だんだんと、痛さよりも嘔吐感が出てきた。

 

ついにザーメンで汚れたブルマを脱がされ、チンポ丸出しにされた。

 

そして、次はB、次はC、と順番に、一人一回ずつ俺を射精に導いた。

 

どうしても勃起しない時は手コキだったが、ほとんど電気アンマでやられた。

 

そして最後に、ボスの電気アンマで射精した。

 

もう、かなり意識が朦朧としていた。

 

ボス「ねえA、最後にもう一発やったら?」

 

A「え?・・・もういいんじゃね?こいつやばそうだし」

 

ボス「どうせ演技だよ!大好きなAにお仕置きされて、嬉しいに決まってんじゃん!よかったね、妄想が現実になって!」

 

A[じゃあ・・・]

 

と言いながら、Aは俺に小さな声で、

 

「ごめん」

 

と言った。

 

この時、きっとAもグルで、この計画を実行したんだと思った。

 

後に確認したが、やっぱりそうだった・・・

 

そして俺の股間に足をグリグリ押し付けてきた。

 

なぜか俺はその時、

 

(Aのためにも早く射精してあげたい)

 

と、訳のわからない気持ちになっていた。

 

ふと顔を上げると、ちょうどAのミニスカートの奥に、純白のパンティーが見えた。

 

もう6回も射精しているのに、また興奮して勃起した。

 

ボス「さあ、これが最後の射精だよー、大好きなAの電気アンマでイッちゃいなさい」

 

Aはさっきと違い、今度はチンポに刺激を与えて射精させようとしているようだった。

 

痛みよりも、気持ちよさが勝っていた。

 

そして、俺は射精した。

 

もう止めなよ、死んじゃうよ!

 

Aは、少し悲しそうな顔で俺を見た。

 

その表情は、

 

(ごめん)

 

と言っているように見えた。

 

ボス「いっぱい射精して気持ちよくなったし、もう大満足だよな?」

 

そういうと、ボスは俺の足の間に立った。

 

次の瞬間、

 

ドスン!

 

とすごい音がして、俺の上に乗ってきた。

 

激痛と嘔吐感が俺を襲った。

 

その後、BとCが加わって、俺の金玉を蹴り続けた。

 

俺は泣きながら、

 

「もうやめて・・・」

 

と懇願したが、彼女らは蹴り続けた。

 

そのころには、AとDとEは、

 

(さすがに、やりすぎじゃないか・・・)

 

と思っているのか、心配そうに俺を見つめていた。

 

(俺は殺されるのか)

 

と思い始めたとき、俺の様子を見ていたDが、

 

D「ちょっともうやめようよ!死んじゃうじゃん!」

 

と言ってくれ、ようやく俺は解放された。